映画『発狂する唇』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「発狂する唇」のネタバレあらすじ結末と感想

発狂する唇の概要:兄を連続少女殺人事件の犯人の家族と疑われ日々マスコミに追われ、嫌がらせを受けている倉橋一家。次女の里美は兄の無実を証明すべく怪しげな霊媒師に頼ってしまったことから予想も尽かぬ波乱に巻き込まれる。まさしく超展開の名に相応しきカルトムービー。

発狂する唇の作品情報

発狂する唇

製作年:1999年
上映時間:82分
ジャンル:ホラー、アクション
監督:佐々木浩久
キャスト:三輪ひとみ、夏川ひじり、由良宜子、吉行由実 etc

発狂する唇をフルで視聴できる動画配信サービス

映画『発狂する唇』を今すぐフルで視聴できる動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。各サービスには無料期間があり、期間内にキャンセルすれば料金は発生しません。詳しくは各リンクからご確認ください。
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

発狂する唇の登場人物(キャスト)

倉橋里美(三輪ひとみ)
倉橋家の次女。兄の無実を証明するため、そして何より姿を消した兄の行方を追うため霊媒師・間宮の元を訪ねたことから全てがおかしくなり始める。微弱ながら霊が見えるため、おかしな力が使えるようになる。
倉橋かおり(麻丘実希)
倉橋家の長女。やや高慢な性格で、里美が連れてきた霊媒師らを当初はインチキだと言っていたが……。
倉橋暎子(吉行由実)
倉橋家の母。霊媒師達のせいである意味1番悲惨な目に遭った人物だと言える。
倉橋美智夫(鈴木一真)
連続少女殺人鬼と疑いをかけられたまま姿を眩ませている倉橋家の長男。
間宮悦子(由良宜子)
怪しげな霊媒師で狂言回しとも呼べる存在。黒ずくめのローブに身を包み、「神を目覚めさせる」と意味深な発言と共に度々呪文と儀式を行う。かおりからは当初インチキ扱いされていたが、霊視の実力は本物のようである。
当麻平進(下元史朗)
間宮の助手。性欲旺盛で、何かと女性を強姦する下劣そのものと言っても差し支えない男。
成本(阿部寛)
FBI。間宮達が倉橋一家に近づき、何らかの恐ろしい計画を立てていることについて追っている。
ルーシー(栗林知美)
FBI。成本の相棒で、金髪がトレードマークの女性。胡散臭い英語で話すのが特徴。
大佐(大杉連)
テレビの中の中年男性キャスターと見せかけて、正体はFBIの大佐。成本らの上司にあたるようで、里美のことを監視していたという。

発狂する唇のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『発狂する唇』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

発狂する唇のあらすじ【起】

兄の美智夫が連続少女殺害事件の犯人として検挙され、そのまま失踪してしまった。倉橋一家はそのため過剰なまでの嫌がらせを受けていた。無実を信じる倉橋一家だったが本当の犯人を見つければ、この家を出て行かずに済む――しかし真犯人はどうやって見つける?そんな中、里美はとある人物に出会ってきたという。それは霊媒師を生業とする間宮という人物であった。助手の当麻に連れられ、奥へと通される里美。デスクに座っていたのは女性の霊媒師、間宮。怪しげながら、里美は犠牲者の少女らの写真を間宮に言われるまま眺める。間宮は「少女らには首がない」と霊視し、犯人は兄の美智夫ではないと霊視する。そして次の霊視には家族の協力が欲しいと言う当麻。促されるまま霊媒師を家へと連れて行くが、当然困惑する、長女のかおりと母親。するとそこへ1本の電話が入り、出ようとするかおりを間宮が止める。その電話は犯人からだという。できるだけ話を引き延ばし、犯人を惹きつけている間に、間宮が子機を使い「霊的逆探知」なる超能力で犯人を探り当て始める。しかし電話を途中で切られてしまったことから、決定打までは取り逃してしまうも犯人が女だという所までは掴めたらしい。

その晩、殺された少女達の降霊を行い兄の無実を証明するか否か尋ねる間宮。しかし、四十九日を過ぎていない霊は危険であるという。それでも兄のため、危険を承知で降霊を始める。やがて少女の霊が間宮に降りてきたが首がないため話せないのだと言う。間宮は少女の霊達にそれぞれ首を探しに行くよう言い、里美も少女らの霊の姿を目撃する。間宮曰く、少女の霊を使い魔にし、彼女達に犯人の元へ向かわせ首を取り戻しに行くのだという。一方で、姉のかおりは霊媒師達をインチキだと言い、高額の請求をされたと里美を責める。その裏では母親が当麻と性行為をして金額の交渉に応じていた。

発狂する唇のあらすじ【承】

翌日、滞在している霊媒師達に出て行くよう告げるかおり。母が止めに入るが、かおりは全て警察に任せた方がいいと反論する。間宮は冷静にかおりに「今回の件で男に捨てられたんでしょう」と言い返し、かおりは激怒する。間宮は当麻と共に高笑いと共に出て行く。そんな間宮達を追って、倉橋家の母は事務所までやってくるなり当麻に身体を求められる。それを傍らで見つめながら「娘の協力もいりますね。特に妹の方は素質十分だわ」と意味深な発言を残す間宮。

再び倉橋家へとやってきた間宮達だったが、入るなり突然母親が長女のかおりを取り押さえたかと思うと当麻が彼女の服を脱がせ始めほとんど強姦の勢いで性行為に及ぶ。驚く里美に間宮は儀式だと言い、そんな彼らの傍で呪文を唱え始める。その光景に吐き気を覚え、マスコミに囲まれながらも逃げ出してしまう里美。公園で口をゆすいでいると、兄の行方について追っている刑事に迫られる。里美が睨み飛ばすと、突如刑事が苦しみ出し首が捻じれ死んでしまう。何が起きたのか分からないでいる彼女の元へと、FBIだと名乗る成本という男、そして金髪で怪しい英語が特徴の女性・ルーシーが現れる。2人は里美の味方だと言い、間宮達を追っているのだと話す。成本の話によれば里美は自分に秘められた力に気付いていないと言い、知らないうちに憎しみの感情によって首無しの少女達の霊を動かし刑事を死に追いやったらしい。間宮達は倉橋一家に近づき何かを企んでいるとのことで、兄の事件も奴らが仕組んだのだと言う。そもそも里美は何故間宮の元を訪ねたのかと聞かれ、里美は只、兄のことを追いかけているうちに辿り着いたのだと言うが真実は違った。里美は知らない間に記憶を消されており、間宮達の事務所に向かう直前兄と電話で事務所に向かうよう会話していたらしい。FBIの話を信じ、一先ず家へと帰宅すると状況は一変していた。姉のかおりは当麻といちゃつきながら母をこき使っていた。里美が間宮に兄をどこへやったのかと尋ねると、間宮は里美の力を見くびっていたと言い使い魔にしていた少女達を返せと迫る。そこへ里美が殺害した刑事と同期だと言う刑事が現れ、仇を討ってやると里美を強姦しようとする。するとその背後から、当麻が刑事の首に縄をつけ首吊りさせて殺害する。すかさず当麻、かおり、母が里美を背後から押さえ刑事の首吊り死体と死姦させる。更に当麻にも背後から犯され、その背後では間宮、母、かおりが謎の呪文を唱え続ける。

里美が目を覚ますと、辺りには間宮達の姿はなく刑事の首吊り死体だけが残されていた。すると、つけっぱなしのテレビから突如キャスターが「こっちこっち。君を監視していると言っただろう?」と声を掛けてくる。誰なのかと尋ねるとその中年男性のキャスターは大佐といい、FBIの関係者らしい。傍にはルーシーがおり、大佐の話によれば今夜にも間宮らは行動を起こすだろうとのこと。そこへ母とかおりが戻ってきたため、慌てて大佐はルーシーと共にレオタード姿に着替えダンスをして誤魔化すのであった。

発狂する唇のあらすじ【転】

刑事の死体を風呂場で解体し、硫酸で溶かした里美だったが間宮が「もうすぐで首の場所が分かる」と呟く。里美は「犯人はあなたなんでしょう」と問い詰めるが、否定する。そして間宮は言う、自分と里美の兄・美智夫は将来を誓い合った仲なのだと。そして彼は逃げているのではなく、もっと大きな目的のために動いているのだと言う。

その晩、再び霊視を始める間宮。間宮に視えているのはどこかの廃墟で、斧を振るう女達の影だった。犯人達の姿を突き止めようとした矢先、マスコミ達が家の中に無理やり侵入してくる。里美は刑事を殺した時と同じ力を使い、次々とマスコミの人間達を「みんな大嫌い!」と殺害していく。

倉橋3人と霊媒師達は、間宮が突き止めた廃屋を探し出し出発し、FBIの成本とルーシーも車でその後を追うことに。倉橋家の車では、間宮の元に美智夫からの電話が入り慌てて一家がその電話に応じる。最後に美智夫は「よく辛抱してくれた。もうすぐでまた家族一緒になれる」と言い、合流することを言い残し電話は切れた。やがて辿り着いた廃屋を見て、何故か「前に夢で見たことがある」と言う里美とかおり。里美は導かれるように床板を外し、凶器の斧を見つけ更には少女の首を押し入れから見つけ出す。間宮は言う、「全部あなた達がやったのよ。親子3人でね……そして唯一まともだった美智夫さんに罪をなすりつけた」――間宮が仕切りのような幕を開くと、少女達の遺族だと思われる人々が複数座っており、少女の首を見るなり悲しみの絶叫を上げその首を拾い上げようとする。裁判を受けさせて、と泣きつく母と、そして絶句する家族の前に姿を現せたのは行方を眩ませていた兄の美智夫だった。

発狂する唇の結末・ラスト(ネタバレ)

泣き伏せる遺族らに当麻らが金属バットのようなものを配り始める。美智夫は歩きながら「儀式のためには母さんたちの呪われた血が必要だ。でもチャンスをあげる。戦うんだ、遺族と」。美智夫から武器を渡される里美達。かおりが悲鳴と共に逃げ出し、逃がすものかと追いかける遺族の男性を斧で躊躇いなく殺害する里美。里美は腰を抜かしている母の手を取りその場から逃げ出すが、遺族らがそれを追いかける。美智夫も間宮も当麻も続けざまにそれを追い、間宮は狂ったように高笑いしながら「もうすぐよ!もうすぐで私たちの神が降りてくる!」と天に向かって叫ぶ。

一方、FBI組はガソリンを入れ忘れたせいで往生していた。ルーシーは突如車から降りたかと思うと、「Kill them all!!」(皆殺しだ!!)と叫び出しショットガンを手に夜の森へと飛び込んでいくのだった。

怒りに燃える遺族らから追われ、捕まりリンチを受ける母を美智夫が救い出す。そして、倉橋一家対遺族による、壮絶な血しぶき満載のスプラッタ・アクションバトルが開始される!カンフーを駆使する遺族が現れ、里美もマーシャルアーツで善戦するが、追い詰められた所へ美智夫が棒術を駆使して助けに入る。両者ともに激しいカンフー・バトルの末に美智夫が勝利を制したのであった。しかし、母もかおりも暴徒と化した遺族に殺害されてしまう。やがて銃を乱射しながら大声で歌いつつ森を徘徊していたルーシーは当麻に背後から殴られ気絶し、レイプされた挙句に間宮に頭皮ごと髪を剥がされてしまう。それを被り、高らかに歌い出す間宮。一方で残された里美と美智夫だったが、里美がその場で嘔吐する。彼女の中には兄・美智夫の子が宿っているのだという。血の繋がりから産むことはできないだろうとする里美だったが、美智夫と里美は義理の兄妹のようで愛し合っていた2人は接吻を交わす――抱き合う2人を見つけた間宮は、斧を片手にそれを里美目掛けて振り下ろす。

一方、ルーシーを犯していた当麻を射殺する成本。成本は大佐に「ルーシーがガソリン入れ忘れちゃって」と報告した後、助けを求める彼女を射殺する。それから大佐との連絡中、「例のものなんですが――」と報告途中、何かに襲われ通信が途絶えてしまう。大佐側では、「もしもし。どうやら失敗しました例のものが地上に降りたと思われます。闇の世界が支配する前にミサイルを半径20キロ以内にお願いします。大至急よろしく」と言い電話を切る。それから、自身も銃で頭を撃ち自害する大佐。

そして例の森の中では里美と美智夫を含めた血まみれの惨殺死体が映し出され、死屍累々の光景が広がっていた。山を1人ふらふらと降りる間宮は、鳴り響くサイレンの音に「来るわ。来るわ。私には見える!」と叫びながらミサイルによって爆殺されるのだった。果してFBIの言う「例のもの」とは何だったのだろうか?間宮達の言っていた「神」とやらと関係があるのだろうか?全ての真相は闇の奥のまま、ミサイルによる閃光が全てを包み込む……。

発狂する唇の感想・評価・レビュー

初めはホラーだと思って鑑賞していたのだが、突然三輪ひとみが兄を求めてミュージカルを始めた辺りから「あ、そうじゃない」と気付いてしまったこの感覚をどう説明すべきなのか……お色気シーンからのカンフーアクション、スプラッターと監督の「好き」を詰め放題にしたまさにカルト的異色作。阿部寛演じるFBIとその相棒ルーシーもいい味を出していて、強烈なコンビが印象に残る。で、結局この映画の正しいジャンルは何なのだろう……。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする