映画『花宵道中』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「花宵道中」のネタバレあらすじ結末と感想

花宵道中の概要:吉原で働く朝霧という遊女は、体温が上がると体に花が咲くということで有名だった。男に溺れた母を嫌っていた朝霧は、半次郎という染物職人に恋をしてしまう。二人を待ち受ける壮絶な結末とは。

花宵道中の作品情報

花宵道中

製作年:2014年
上映時間:102分
ジャンル:ラブストーリー
監督:豊島圭介
キャスト:安達祐実、淵上泰史、小篠恵奈、三津谷葉子 etc

花宵道中の登場人物(キャスト)

朝霧(安達祐実)
山田屋の遊女。人気者の遊女で、体温が上がると、肌に花が咲くという噂がある。男に溺れた母親を嫌っているが、半次郎に恋をしてしまう。死んだ半次郎を思い、自殺する。
半次郎(淵上泰史)
霧里の弟。染物職人。朝霧と出会い、恋に落ちる。霧里を酷い目に遭わせた吉田屋に近づき、吉田屋を殺す。朝霧と結ばれた夜に捕まり、死刑になる。
八津(小篠恵奈)
山田屋の遊女。朝霧の妹女郎。男を信じやすい女で、夫婦になることを約束されたお客に裏切られる。朝霧のことを慕っている。
江利耶(三津谷葉子)
山田屋の遊女。気の強い性格だが、優しい心を持っている。落ち込む朝霧を慰めたり、八津を裏切った男を非難したりする。
吉田屋(津田寛治)
山田屋の上客。遊女を見受けし、自分の商売に利用する悪人。朝霧を見受けしようとするが、真実を知った半次郎に殺されてしまう。悪知恵の働く男。
霧里(高岡早紀)
半次郎の姉。朝霧を拾った遊女。吉田屋に見受けされるも、追い出されて野垂れ死んでしまう。

花宵道中のネタバレあらすじ

映画『花宵道中』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

花宵道中のあらすじ【起】

天保八年、吉原が炎上する。遊女として吉原の山田屋で働いていた朝霧は、久しぶりに吉原の外に出ることになる。山田屋の他の遊女達も、吉原の外に仮宅を作って営業を続けることにする。

朝霧のもとに新規のお客がやってくる。朝霧の服を脱がせるその男は、朝霧の体に浮かぶ噂の花を見て感動する。朝霧は人気者の遊女で、体温が上がると肌に花が咲くという噂を持っていた。

朝霧の妹分である八津が、八幡様に出店が出ているから一緒に行こうと朝霧を誘う。出店を見て回る二人。八津は、ギンマンの光る玉が欲しいと興奮している。すると人混みの中で朝霧がこけてしまい、二人ははぐれてしまう。

倒れてしまった朝霧を、半次郎という名前の男が抱き起こす。朝霧を心配する半次郎。片方の下駄を失くしてしまったという朝霧のために、半次郎は人混みの中へと入って下駄を見つけてくる。実はこの下駄の染物は、半次郎が染めたものだった。朝霧は、そんな優しい半次郎に心を奪われていく。

花宵道中のあらすじ【承】

翌日、朝霧は失くしてしまった簪を探しに外に出る。すると、再び半次郎に再会する。半次郎は朝霧の簪を見て、そのデザインに興味を示す。壊れてしまっていたその簪を直してくれるという半次郎。二人は、三日後に再会する約束をする。

朝霧と八津が、お店で甘酒を飲みながら雑談をしている。八津は、懇意にしている大島屋というお客から早くお見受けされたいと話す。八津は、大島屋といずれ夫婦になろうと約束をしていたのだ。

その夜、大島屋が他の遊女を連れて山田屋の前を通る。その姿を見た八津は、ショックで泣き崩れてしまう。その女々しい姿を見ていた江利耶は、男のことなんて信じるなと八津を非難する。朝霧は、八津の姿に実の母親の姿を重ね合わせる。朝霧の母は、男と酒に溺れた三流の遊女だったのだ。

半次郎との約束に遅れてしまった朝霧。約束の場所には半次郎はいなかった。その帰り道、半次郎が知らない女と親しげにしているのを朝霧は目撃してしまう。

花宵道中のあらすじ【転】

山田屋に、吉田屋からの宴会の仕事が入る。朝霧の姐女郎だった霧里という遊女が見受けされた程の大口のお客である吉田屋。病で亡くなってしまった霧里の話を聞きたいと、朝霧は少し期待する。

八津と共に、吉田屋の宴会へと向かった朝霧。そこには、吉田屋とその仕事相手である半次郎の姿があった。その場で朝霧と半次郎の関係に何かを感じた吉田屋。彼は、半次郎の前で朝霧を犯してしまう。朝霧は、その場で失神してしまう。

それから一年後、朝霧と半次郎が再会する。半次郎は、朝霧に簪を渡す。二人はお互いに抱き合いながら身の上話をする。朝霧を拾ってくれた霧里の花魁道中を見て、朝霧は花魁道中に憧れた。しかし、規制が厳しくなって花魁道中は禁止されてしまったのだ。一方の半次郎は、妹が売り飛ばされて遊女になり、自身は染め職人となって江戸に流れ着いた。

吉田屋が半次郎に、商売の力関係を利用して結婚の話を持ちかける。さらには朝霧への見受け話をも強引に決めてしまう。こうして吉田屋と朝霧、半次郎と吉田屋が紹介した女のお祝いが行われる。朝霧は、半次郎に裏切られた気持ちでいた。

花宵道中のあらすじ【結】

半次郎は朝霧に、霧里が実の姉なのだと打ち明ける。そのために吉田屋に近づき、霧里が死んだ本当の理由を探ろうとしていたのだ。決して朝霧を裏切らないと、半次郎はそこで誓う。

半次郎に乗せられ、吉田屋が真実を語る。吉田屋は、見受けした女郎を自分の商売に利用していた。霧里も、吉田屋に追い出されて野垂れ死んでしまったのだ。それを聞いていた朝霧が吉田屋の前に姿を現し、激怒する。さらに半次郎も激怒し、吉田屋を殺してしまう。逃げろと言う朝霧を残して、半次郎はその場を逃げ去る。

指名手配されてしまった半次郎。朝霧は仕事に身が入らなくなる。そんなある日、朝霧は半次郎から手紙を受け取る。その夜、二人は再会する。

花魁道中がしたかったという朝霧のため、自分で染めた着物を持ってきた半次郎。二人だけの花魁道中をした後、二人は激しく抱き合う。そして、半次郎がその場で捕まってしまう。

山田屋の狭い部屋に閉じ込められてしまった朝霧。八津が心配になって様子を見にくるが、朝霧は痩せ細って見る影もない。そして朝霧は、半次郎が打ち首になったことを知る。

ドブから死体となって発見された朝霧。彼女は自殺してしまった。可哀想だと話をする山田屋の遊女達。それを聞いていた八津は否定し、朝霧は見事に花を咲かせて散ったのだと話す。そして、朝霧の形見である簪を髪に刺すのだった。

この記事をシェアする