映画『息もできない』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「息もできない」のネタバレあらすじ結末と感想

息もできないの概要:父親のDVにより大切な家族を亡くし、父を恨みながら暴力的に育ったサンフン。ひょんなきっかけで出会った女子高生ヨニとの間に、不思議な縁を感じ互いに惹かれ合う。それぞれに悲惨な境遇を抱えつつも、生きる希望を見出した矢先に悲劇が襲い掛かる。

息もできないの作品情報

息もできない

製作年:2008年
上映時間:130分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ヤン・イクチュン
キャスト:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク etc

息もできないの登場人物(キャスト)

サンフン(ヤン・イクチュン)
短気で粗野。言葉遣いも悪く暴力的。優しい面があるも、優しくする術を知らないため、どうちらかと言うと攻撃的。ヨニと出会うことにより、愛情表現の仕方を少しずつ覚える。
ヨニ(キム・ヨッピ)
勝気で強気な高校3年生の女の子。その反面、傷ついた心を内に秘めており、必死に耐えている。優しく慈悲深い。
ヨンジェ(イ・ファン)
ヨニの弟。攻撃的で反抗的。友人に誘われサンフンの弟分になる。普段は大人しめだが、一旦切れると爆発するタイプ。
マンシク(チョン・マンシク)
サンフンの年の離れた幼馴染で、高利貸の社長。気前の良い性格で広い心を持っており、サンフンの面倒を見る。サンフンを心配し宥めたり、抑制したりしている。兄のような存在。
ヒョンイン(キム・ヒス)
サンフンの甥で幼稚園児。サンフンの姉の子供。叔父を怖がりつつも、不器用な優しさを察している。

息もできないのネタバレあらすじ

映画『息もできない』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

息もできないのあらすじ【起】

幼い頃、父親のDVにより母親と幼い妹を亡くしたサンフン。彼は父親を深く恨み、その憤懣を暴力に訴えることで生きてきた。
彼は年の離れた幼馴染マンシクが経営する、高利貸の会社で借金取りの仕事をしている。狂犬のように手がつけられないサンフンは、会社でも社長に次ぐ地位に就いていた。

若い社員よりも優遇された給料を手にするサンフンだったが、彼はその金を持って幼い甥ヒョンインの元へ通っている。サンフンの姉の子だったが、姉も夫の暴力に脅かされ離婚しており、今はシングルマザーでヒョンインを育てていた。
サンフンはそんな姉を支援するつもりで金を渡している。だが、優しくする術を知らないサンフンは、どうしても言葉遣いが乱暴になってしまうのであった。

その日も甥の元を訪れたサンフン。不器用な愛情で戯れた後、いつものように金を渡して去る。その帰りだった。たまたま擦れ違った女子高生に吐いた唾が飛んでしまい、呼び止められたサンフン。彼は明らかにチンピラ然としており、通常ならば誰も関わりたいと思わない風勢だったが、その女子高生は気丈にも突っかかってくる。思わぬ事態にサンフンはつい彼女を殴ってしまい、女子高生は気絶してしまうのだった。

気絶した女子高生ヨニをそのまま置いて去るわけにもいかず、サンフンは彼女の意識が戻るまで付き添うことにした。
目が覚めたヨニだったが、怯えるでもなくやはりサンフンに口答えしてくる。彼は仕方なく殴ったお詫びとして、彼女に飲み物を驕ってやったが、ヨニはそれだけで満足せず連絡先を交換することになった。

1カ月前、刑務所に入っていた父親が出所した。そのせいで、サンフンの精神状態は下降の一途を辿っている。甥に会ってからの帰り道、またしてもヨニと会ったサンフンだったが、彼女に八つ当たりし、通りかかった警官を殴り倒してしまう。そんな危険な彼の姿を目の当たりにしたヨニだったが、彼女の態度は変わらなかった。

息もできないのあらすじ【承】

ヨニには元兵士の父親と弟がいる。母親は彼女が幼い頃に亡くなっていたため、家のことは全てヨニがやっていた。弟のヨンジェは家にいて働きもせず、毎日金をせびってくるし、父親はベトナム戦争の後遺症で心を病んでしまい、母親が死んだことも分からなくなっている。ヨニは父と弟に板挟みとなり、苦しい生活をどうにかやり繰りしているのだった。

サンフンに弟分ができた。やり手の借金取りでもあるサンフンはすぐに手が出るため、他の組よりも回収が早い。新人はそんな彼に怯えつつも、上手くやろうと必死であった。そんなサンフンをマンシクはいつも心配しており、給料も弾んでくれるのである。

サンフンの父親は出所後、人が変わったように大人しい。自分がやった罪を心底悔いているため、息子の暴行を甘んじて受けている節があった。
一方、ヨニの父親とヨンジェは特に気が合わないため、いつも争っている。家の中の雰囲気は常に最悪だった。

父親がいないと近所の友達にからかわれているヒョンイン。そんな甥のためにサンフンは、欲しがっていたゲーム機を買ってやることにする。だが、彼は子供の扱いに慣れておらず、ヒョンインと上手くコミュニケーションが取れない。彼はヨニに助けを乞うことにした。
高校の授業を抜け出し、サンインとヒョンインに会いに行ったヨニ。3人はまるで親子のように、楽しい時間を過ごすのだった。

ヒョンインを家に送り、姉と遭遇したサンフン。すぐに帰ろうとするも、ヨニの言葉になぜか頭が上がらない。彼女はサンフンの恋人だと姉に笑って言うのだ。ヒョンインと姉はヨニとすぐに仲良くなる。その後、屋台へと入ったサンフンとヨニ。何だかんだと言い合いつつも距離を縮め、ここにきてようやく名乗り合うのだった。

息もできないのあらすじ【転】

友人に誘われ豪遊後、朝帰りしたヨンジェ。姉に再び金の無心をするも、ヨニは一向に金をくれない。ヨンジェは苛立ちつつも諦めて出かけ、友人と落ち合う。連れて行かれた場所はマンシクの事務所である。友人とヨンジェはサンフンと共に借金の集金へと向かうことになった。

サンフンには味方も敵もない。女も男も関係ない。歳上だろうが下だろうが、それも関係ない。ヨンジェは仕事が終わるまで、サンフンにやり込められる。その対価と言わんばかりに、マンシクは上機嫌で大金をくれるが、ヨンジェの中では怯えと苛立ちが募り始める。

マンシクから通帳と携帯を持てと言われたサンフン。姉が務める携帯ショップへ行き、流れで食事をしたサンフンだったが、姉の言葉に怒りを爆発させてしまう。
発奮させるために父親の元へ向かって拳を振り上げた。だが、父親を殴っている姿をヒョンインに目撃されてしまう。

毎日、サンフンの言葉と暴力にやり込められるヨンジェ。しかし、サンフンは他にやりようを知らない。彼は通帳を2冊作り、給料を交互に入れるようマンシクに頼んだ。そして、1冊を姉へ渡そうとするも、会社は昼までで帰宅したと言う。家へ行ってみると、父親と姉とヒョンインの3人で仲良くゲームをしていた。

その頃、ヨニは屋台でアルバイトを開始。帰宅するとヨンジェと小競り合い。ヨンジェは姉の心配を突っぱねる。
毎日毎日。弟と喧嘩して父親の世話をするヨニ。父親は母親が死んだことを信じず、他の男の元へ行っていると言う。疲れ果てて心の余裕を無くしたヨニは、とうとう憤懣を父親へとぶちまけてしまう。すると、父親は包丁を手に、娘へと迫るのだった。

自分がこんなに悩んでいるのに、3人で幸せそうにしていることが気に入らないサンフン。マンシクと一杯飲んで気を紛らわそうとするも、失敗。更に怒気を孕ませ、父親を殺そうと決心し家へ向かう。しかし、扉を開けると手首を切って自殺を図った父親を発見。サンフンはしばし逡巡し、父を背負って病院へ向かった。

息もできないのあらすじ【結】

包丁を突き付けられたヨニ。泣きながらどうにか、自宅を脱出。どこにも行けず、街角で座り込んでいると、携帯が鳴った。サンフンだった。

川原で落ち合った2人。互いの事情など一切明かしてはいなかったが、それでも何か通じるものがあった。いつものように会話をするが、いつもとは少し様子が違う。
サンフンは、どうしたらもっと良い生き方ができるかとヨニに問う。ヨニは笑って、私のためにお金を使えば幸せになれると言うのだった。
それでも、その一言がサンフンにとって救いになる。彼はヨニの膝に頭を乗せ、ひとしきり涙を流す。ヨニも彼の頭を抱き、涙に暮れるのだった。

翌朝、何事もなく生活が始まる。サンフンはヒョンインの元へ向かい、幼い甥に謝った。サンフンはヨニとヒョンインのために、今の仕事から足を洗う覚悟を決める。
マンシクの元へ向い、仕事を辞めることを告げた。すると、マンシクも一緒に今の仕事から足を洗って、焼き肉店を開店させようと考えていた。

その日の夕方はヒョンインの学芸会があった。日中の仕事が終わったら、学芸会へ向かうため、マンシクとヨニを誘ったサンフン。昼間の仕事を区切りとし、これから新しい日々が始まろうとしていた。

ヨンジェと共に集金へ向かったサンフンだったが、暴力を振るわないよう、帰るつもりだった。しかし、意に反してヨンジェが飛び出してしまう。その姿に昨日までの自分を見たサンフン。大人しく帰ろうとしたが、家の主からハンマーで殴られてしまう。それでも、ヨンジェを制止して家を去った。

後頭部を押さえたまま、車まで戻って来たサンフンだったが、眩暈と頭痛、鼻血まで出てくる。ヨンジェは紙を探すふりをして、ハンマーでサンフンを襲った。今までの鬱積と失望が折り重なって、止まらなかった。
一方的に殴られたサンフンは血塗れのまま動けず、学芸会へ行かなければ、連れてってくれと呟き、そして命を落とした。

サンフンに誘われた面々が、彼を幼稚園の門前で待っている。だが、当の本人は一向に姿を現さない。

しばらく後、マンシクの焼き肉店が無事に開店した。店は繁盛し、そこにはサンフンの家族が、祝いに駆けつけた。
あの日、学芸会が終わった後、サンフンの死を知った家族は、誰もが泣き叫び悲しんだ。無残な彼の遺体に縋り付き、いつまでも泣き叫んだのだ。

焼肉屋から出たヨニは、街角を歩いていて屋台を壊す一団を目にする。その中に弟ヨンジェの姿を発見し、茫然と立ち尽くす。ヨニは狂犬のような弟の姿に、サンフンの姿を重ね合わせるのだった。

この記事をシェアする