「稲妻(1952)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

稲妻(1952)の概要:人と人との往来が盛んであった時代、男が尊厳を失ってゆく戦後の家庭を映した、成瀬巳喜男監督作品。家族のしがらみに悩まされながらも、逞しく自立してゆく女性の成長を、愛らしく痛快に描きだす。

稲妻の作品情報

稲妻

製作年:1952年
上映時間:93分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:成瀬巳喜男
キャスト:高峰秀子、三浦光子、村田知英子、植村謙二郎 etc

稲妻の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『稲妻(1952)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

稲妻の登場人物(キャスト)

小森清子(高峰秀子)
都内でバスガイドとして働く。四人兄弟の末っ子で、シングルマザーの家庭に育つ。兄弟とは皆父親が異なり、長女の縫子とは仲が悪い。苦労人の母の影響で、男性や結婚に対し嫌悪感を抱いている。周りから見合いを勧められるも興味がなく、一人暮らしに憧れている。
光子(三浦光子)
清子の二番目の姉。清子が心を開く、唯一の相談相手。夫を亡くしたうえ、兄弟や夫の愛人から保険金を当てにされる。後に資産家である綱吉の助けを借りて、神田に喫茶店を開く。
縫子(村田知英子)
清子の一番目の姉。金にがめつく自分勝手で、昔から清子とは反りが合わない。夫・龍三の事業を助ける振りをしながら、自らが綱吉に取り入り、新しい店を我が物にしてしまう。
おせい(浦辺粂子)
清子の母。四人の男と子供を作るも、現在は独り身。子供達の面倒見は良いが、問題が起きても傍観していることが多い。清子曰く、この母が有象無象を引き付けているという。
綱吉(小沢栄)
パン屋を営んでおり、35歳にして資産家。女と金への貪欲さは計り知れず、縫子には渋谷の温泉宿を、光子には神田の喫茶店を与える。二人と関係を持った後も、清子に固執して言い寄る。
嘉助(丸山修)
清子の兄。戦争での負傷を言い訳に、定職に就かず、日々パチンコに明け暮れている。実家に入り浸り、結婚の目処も立っていない。
龍三(植村謙二郎)
縫子の夫。綱吉と共同出資するが、妻に裏切られて失敗する。綱吉に縫子を取られ、酒浸りになった後も、おせいの元で面倒を見てもらう。
桂(杉丘毬子)
清子の実家の下宿人。書き物をして稼いでいるが、間代を貯めているため、部屋を出ていくことになる。
つぼみ(香川京子)
清子の新居の隣家に住む。両親はおらず、兄と二人で暮らしている。ピアニストを目指している。
周三(根上淳)
つぼみの兄。妹の夢を叶えるために働き、家事もこなす。清子にとても親切で、他の男たちとは違って紳士な振る舞いを見せる。

稲妻のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『稲妻(1952)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

稲妻のあらすじ【起】

小森清子はバスガイドとして、東京の町並みを案内する生活を送っていた。ある日バスの中から、二番目の姉・光子の夫が知らない女と歩いているのを見かける。実家に寄ると、そのことを母・おせいに相談し、結婚や男性への不信感を露わにする。同時に、おせいから綱吉という男との見合いを持ちかけられ、パチンコ帰りの兄・嘉助からも勧められるが、清子は興味を示さない。

清子の縁談は、長女・縫子の企みによるものだった。縫子は光子の店に上がり込むと、綱吉というパン屋は相当の資産家であると話す。縫子の夫・龍三は、綱吉の次なる事業展開に便乗しようと考えているらしい。綱吉との見合いを清子に促すよう、光子に念を押し、縫子は店を後にする。

おせいは四人の男と結婚し、それぞれの子供を産んだ。そのため清子たち四人の兄弟は、皆父親を異にしている。結局独り身となり、苦労する母を見て、結婚は不幸であると嘆く清子。そんな彼女を、おせいは「兄弟中で一番良い子」だと褒め、彼女の父親から貰ったというルビーの指輪を託す。

その頃、縫子は綱吉と二人きりで会い、龍三への不満をつらつらと語っていた。清子との見合いを交換条件に、綱吉は渋谷の店を縫子に任せると言う。縫子の今度の立ち回りは、夫のためではなく、己の利益のためだったのだ。

清子が光子の店に帰宅すると、光子は帰りの遅い夫を待ち侘び、気が気でない様子だった。清子は言いださないものの、光子の夫の浮気を思い出す。見合いの話になると、結婚への嫌悪感を募らせ、母を不幸な人だと言い放つ。だが光子は、今では夫を大事に思っていると話す。その直後に、龍三が店にやってくる。縫子も家に帰らないらしく、清子に酒を持って来させると、不安げに飲み干し、すぐに帰ってゆく。

道端で、捨て猫を拾う光子。結局、夫は朝になっても帰らない。明るく励ます清子を、光子は心細げに猫を抱きながら送り出す。

稲妻のあらすじ【承】

光子の夫は急死していた。泣き暮れる光子を他所に、おせいや縫子たちの手によって、葬儀の準備は速やかに進む。駆けつけた綱吉の姿に、清子は光子のいる二階へと逃げる。一方、一同は綱吉を囲み、酒を振る舞う。嘉助は就職のため、龍三と縫子はビジネスのため、綱吉を煽てるのに必死だ。縫子は、なかなか現れない清子に憤ると、二階まで押しかけて彼女の頬を引っ叩く。龍三は勝手にも、光子に保険金について聞きだそうとする。

光子の店に、見知らぬ女が訪ねてくる。夫の仏前に通してほしいという彼女を、光子は追い払うが、ついに清子から浮気相手の存在を打ち明けられる。女は夫の愛人であった。今の店を手放す決意をする光子だが、夫への愛情は尽きていないと語る。

縫子は保険金の件を、おせいにまで告げ口し、そそのかす。呑気なおせいは、龍三の事業の金だけでなく、嘉助の着物代まで光子にせがむ。居合わせた嘉助も就職金をねだり始め、参ってしまう光子。清子に猫を託すと、渋谷の店へ手伝いに出される。

清子の実家は、二階の一室を人に貸していた。桂という女性だが、間代を貯めているため、もうじき出てゆくという。独立して暮らす逞しい彼女に、清子は強い憧れを抱く。

稲妻のあらすじ【転】

渋谷の店で働いていた光子が、実家に戻ってきてしまう。縫子に離婚を切り出され、龍三が酒浸りなのを見ていられなくなったらしい。また厄介なことに、綱吉は縫子と関係を持ちながら、未だに清子を気にかけているようだ。

光子は例の愛人から、保険金を当てにする内容の手紙を受け取る。清子と共に、彼女の家を訪ねたところ、高額な生活費を迫られる。強気に対抗する清子だが、光子は彼女の赤ん坊に、夫の面影を感じて戸惑ってしまう。妻としての責任を果たすためだと言い、なけなしの金を彼女に差し出す。

光子は綱吉を頼って、自分の店を出すと言い始める。職を失った嘉助と、妻に逃げられた龍三は、酒を酌み交わしながら綱吉の陰口を叩く。だらしない男たちを見て、げんなりする清子。その時、光子を口実に綱吉がやってくる。懲りない龍三は綱吉に商売を持ちかけるが、相手にされない。縫子の話題を皮切りに口論となり、激しい取っ組み合いが始まる。綱吉は清子に下卑た視線を送ると、逃げるように帰ってゆく。

ついに清子は、独り立ちの決意をする。友人の住んでいた家を訪ねると、親切な大家の計らいもあって、見晴らしの良い二階の一室を借りることが叶う。窓から見える隣家には、仲の良い理想的な兄妹が住んでいた。妹・つぼみがピアニストを目指すために、兄・周三が家計を支えているという。心の平穏を手に入れる清子だが、大家に家族のことを聞かれると、いないも同然だと答え、顔を曇らせる。

稲妻の結末・ラスト(ネタバレ)

清子は荷物を取るため、久々に実家を訪れる。家族の変わらぬ近況をおせいから知らされ、実家を後にした清子は、新居に戻る途中、周三とばったり出会う。清子の荷物を爽やかに奪い取り、優しい笑みを浮かべる周三に、清子は顔を輝かせる。

ピアノの音が聞こえ、窓から隣家を覗くと、周三が庭で洗濯物を干している。清子は穏やかな生活を初めて手に入れたことを、訪ねてきた光子に話す。光子は羨ましがりながら、もうじき神田で開くという喫茶店に清子を誘う。

開店間近の光子の喫茶店には、綱吉の姿もあった。二人の夫婦のようなやり取りに、清子は絶句してしまう。綱吉は光子がいなくなると、すぐさま清子を口説き始める。店の様子を見にきた縫子には理不尽にも罵られ、清子は初めて強い言葉で反撃し、店を去ってゆく。残された縫子は、綱吉と光子の目も憚らず号泣する。

清子の部屋におせいがやってくる。おせいは、縫子だけでなく光子まで綱吉に利用されてしまったことや、未だに龍三の面倒を見ていることなど、清子が忘れたい家族のしがらみを語って聞かせる。清子はそれら全てをおせいの責任だと責め、不幸な人生を呪って泣いてしまう。おせいはもらい泣きし、清子が泣き止んでからも収まらない。外は強い雨が降り、激しい稲妻が闇を切り裂く。おせいは清子に「兄弟の中で一番悪い子だ」と言い放つ。

泣くだけ泣いて、二人はすっきりした顔を見せる。清子は少ない貯金を崩して、おせいに浴衣を買う約束をする。母娘はすっかり晴れた帰路を歩いてゆく。

稲妻の感想・評価・レビュー

どうにも断ち切れぬ血縁関係に追い詰められる清子だが、その様子はとても愉快に映る。昭和特有のセリフの言い回しは、他人を罵っている際も奥ゆかしさを感じさせ、いじらしいのだ。また、無力な清子や光子の姿を、捨て猫に投影させるシーンが随所に見られ、滑稽なまでに彼女たちの運命を暗喩しているのが面白い。成瀬巳喜男のこだわりは、猫に始まり、傘や着物などの細かな配色にまで及ぶ。特に縫子と綱吉が共謀する、東京の街のあるカットは、縫子の傘のくっきりとした大柄が空に映え、一枚の絵のようでとても綺麗だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする