「インシディアス 最後の鍵」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

インシディアス 最後の鍵の概要:インシディアスシリーズの第4作目。時系列的には第3作目と第1作目の間に起きた出来事。霊能力者エリーズに、かつての実家を購入した家主から依頼が入る。幼少期、その家で悪魔を招き入れたことがある彼女は、奴との決着をつけるべく悪魔へと立ち向かう。

インシディアス 最後の鍵の作品情報

インシディアス 最後の鍵

製作年:2018年
上映時間:103分
ジャンル:ホラー
監督:アダム・ロビテル
キャスト:リン・シェイ、リー・ワネル、アンガス・サンプソン、カーク・アセヴェド etc

インシディアス 最後の鍵の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『インシディアス 最後の鍵』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年4月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

インシディアス 最後の鍵の登場人物(キャスト)

エリーズ・レイニア(リン・シェイ)
幼い頃から霊能力を持ち、様々な体験をしている。母親は特別な能力だと受け入れてくれたが、父親からは虐待されて育つ。16歳で父親と弟を捨てて家出。以来、能力を生かした仕事で人助けをしている。
タッカー(アンガス・サンプソン)
エリーズの助手。眼鏡のオタク青年。機器類に強くセッティングやプログラム、検証などを一手に引き受けている。イモジュンと良い仲になる。
スペックス(リー・ワネル)
エリーズの助手。体格が良く調査係を務める。音響などに強い。出張用の車を用意したり、エリーズの家の修理を勝手にしたりするが、気の好い青年。
メリッサ・レイニア(スペンサー・ロック)
クリスチャンの娘でイモジュンの姉。金髪の美しい女性。鍵の悪魔に魂を捕らえられ、命の危険に晒される。心根が優しい。
イモジュン・レイニア(ケイトリン・ジェラート)
クリスチャンの娘でメリッサの妹。実は霊能力を受け継いでいる。大人しい性格で霊能力があることを秘密にしていたが、エリーズと出会ったことで光明を得る。
クリスチャン・レイニア(ブルース・デイヴィソン)
エリーズの弟。幼い頃から怖いことばかりを言う姉を慕いながらも、捨てられたことを恨んでいる。メリッサを助けたことをきっかけに和解する。

インシディアス 最後の鍵のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『インシディアス 最後の鍵』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

インシディアス 最後の鍵のあらすじ【起】

1953年、ニューメキシコのファイブキーズ。霊能力者であるエリーズは刑務官である父と専業主婦の母、弟クリスチャンの4人家族でその町に住んでいた。ファイブキーズには刑務所があり時々、死刑囚の死刑が行われる。エリーズは会ったことも話したこともない死刑囚の詳細を語り、父親から怪訝な顔をされていた。母は娘に特別な能力があることを受け入れ、父親は霊能力に理解がないため、能力のことは秘密にするよう言い聞かせていた。

その日の夜、エリーズは子供部屋にいる子供の霊に話しかけてみることにしたが、その子はクリスチャンがいつも持っている笛を奪い夜中にも関わらず吹き鳴らした。そのせいで、父親は激怒し言うことを聞かない娘に厳しい体罰を与え、地下室に閉じ込めてしまう。

地下室には発電機があったが、あまり役には立たない。そんな時、エリーズに明かりをあげると声がし、扉の向こうから光を照らした。鍵穴から光が漏れ出る。声に促されエリーズが鍵を開けると、扉の向こうから歪な形の手が現れ鍵を奪っていく。そして、彼女は扉から現れた悪魔によって囚われてしまい、娘を心配して地下室へ向かった母親もその悪魔によって殺されてしまうのだった。

年齢を重ねても、当時のことを夢に見てうなされるエリーズ。時は2010年。彼女はカリフォルニアに住んでいた。幼い頃に会った悪魔は指先の全てが鍵の形をしているという特徴があった。
その日も助手のタッカーとスペックスが家に訪れる。直後、彼女へとある男性から依頼が入るが、男性は幼少期にエリーズが住んでいた家の住人だった。

一度は依頼を断ったエリーズだったが、2人の助手へと幼少期に起こった凄惨な記憶を語り、この依頼は自分1人で立ち向かわなければならないと断言。翌朝、彼女は荷物を手に家を出たが、2人の助手はエリーズのために準備を整え、迎えに来てくれるのだった。

インシディアス 最後の鍵のあらすじ【承】

かくして、3人はエリーズの実家へ。家主は家の家具を当時のまま残していた。気に入って購入したが、引っ越してすぐに怪現象が発生したらしい。発生源は2階の部屋で、かつてはエリーズと弟の部屋だった。

日が暮れた頃、エリーズと助手は準備を行い子供部屋へ。部屋にはエリーズだけが入る。明かりがないため、電灯を点ける。助手たちは1階にて、エリーズが装着したカメラの映像をモニターで見ていた。

2段ベッドの下からクリスチャンの笛を発見し身に着ける。それから更に部屋を回り、父親の制服を見つける。服には鍵束が下がっていた。次に部屋から出て1階へ。洗濯室へと向かったが、モニターには女性が映っている。だが、エリーズには何も見えない。その瞬間、女性はエリーズへと背後から襲い掛かり、「助けてあげて」と叫んで笛を奪って行った。

女性とはエリーズが16歳の時、洗濯室で会ったことがある。母を亡くした父は、以前よりも増してエリーズに虐待を繰り返したため、エリーズは父へと反撃し弟を置いて家を飛び出したのだ。それっきり、エリーズは実家へと戻らなかった。

翌日、エリーズは助手たちを連れてクリスチャンとよく来ていたダイナーへ。そこで、メリッサとイモジュンという姉妹に出会う。彼女らの父親は弟のクリスチャンだった。弟と和解しようと必死に言葉を尽くしたエリーズだったが、クリスチャンは姉に対し恨みを抱えていた。しかし、姉妹にとっては良い父親のようでエリーズに謝罪してくれる。エリーズは昨夜、撮影した笛の写真を姉妹に渡し、クリスチャンに渡すよう頼んだ。

その日の夜も子供部屋の調査を行う。当時も赤いドアを見たエリーズは、これまでの経験により赤いドアは悪魔へと通じるドアだと言う。彼女は女性の霊へとコンタクトを取ることにした。すると、どこからか笛の音が聞こえる。音を辿ってスペックスと共に地下室へ。

はっきりと笛の音が聞こえた場所にはただの壁があった。質問を繰り返すと壁の向こうに見せたいものがあるらしい。エリーズは壁を探り、脆くなっていた部分に穴を開ける。すると、そこには鍵穴があった。2階にあった鍵束で扉を開く。電灯を手に先へと進んだ。すると、女性は部屋の隅に向かって蹲っていた。落ちていた笛を取ろうとすると、女性は伏せたまま手を上げる。笛を吹こうとすると再び、「助けてあげて」と耳元で叫ばれた。女性は電灯を手に助けを求める。ところが、相手は生きた人間の女性で家主に監禁されていたのだった。

インシディアス 最後の鍵のあらすじ【転】

慌てた家主が銃を手に現れ、スペックスとエリーズを脅して監禁部屋に閉じ込めてしまう。異変を察したタッカーは素早く身を隠し逃走。男へとクローゼットを倒して殺してしまった。ただちに警察へ通報し、エリーズ達は事情聴取を受けることになった。

エリーズから写真を受け取ったクリスチャンは、2人の娘を連れて笛を探しに実家へ。
メリッサが洗濯室へと迷い込み、鍵の悪魔に襲われる。悪魔は彼女の首に鍵を差し込み、悲鳴を止め次に胸元に鍵を差し込み彼女の魂を捕らえてしまった。そこへ、エリーズ達が帰宅し、真っ先に向かった洗濯室でメリッサを発見する。彼女はすぐさま救急搬送されることに。エリーズは怒りを胸に今夜こそ決着をつけると息巻く。すると、イモジュンも実は霊能力を持っていると明かしてくれ、エリーズの元に残ることを決めるのだった。

地下室の換気扇にて女性物の下着を発見した。それは、エリーズが16歳の時に見た女性の物だった。父もまた女性を監禁していたのだ。女性を助けられなかった後悔を嘆いたエリーズだったが、下着からほつれた糸が換気扇の奥へと続いている。そこにあった旅行鞄を開くと亡くなった女性の荷物と頭蓋骨が入っていた。その更に奥には数えきれない鞄が積まれている。それだけの被害者がいたということである。ところが、3つ目の鞄を開けたところで、エリーズは悪霊に襲われてしまった。

そこで、幼少期の自分と会い、悪魔の情報を得る。奴はあらゆるドアを開くことができ、幼少期のエリーズにそれを手伝えと言っていたらしい。しかしその後、エリーズは悪魔によって背後から捕まってしまう。

インシディアス 最後の鍵の結末・ラスト(ネタバレ)

意識を失ったエリーズが霊界へ行ったと悟った助手達だったが、彼らでは彼女を助けることができない。そこで、霊能力を受け継いだイモジュンが向かうことに。催眠状態に入り霊界へと踏み出した彼女は、被害者女性の導きによって先へと進む。赤いドアに辿り着くと、女性から明かりと笛を受け取りドアの中へ入った。その先はまるで監獄のようである。

その頃、意識を取り戻したエリーズは、首に錠前をつけられ檻の中にいることに気付く。悪魔は数多の檻に魂を閉じ込めコレクションしているようだ。他の檻には父親やメリッサがいた。父親の登場により虐待の記憶で苦しむエリーズは、悪魔の誘惑に乗って父親を何度も殴った。そこへ、イモジュンが到達。彼女のお陰で呪縛から逃れたエリーズ。だが、悪魔はイモジュンへと狙いを定め、姪を捕まえてしまう。

更に悪魔はメリッサをも連れ出し、姉妹をまるでペットのように扱う。エリーズは跪いて許しを乞うたが、悪魔は許さずメリッサの魂を傷つける。抵抗したイモジュンも殴り飛ばされ、次はエリーズの番かと思いきや、なんとそこへ父親が助けに入り魂を消滅させてしまう。

茫然とするエリーズに悪魔が襲い掛かり、声を消され魂を奪われそうになる。しかし、そこでイモジュンが笛の存在に気付き、彼女へと投げ渡した。エリーズはまず悪魔へと鉄棒を刺し、笛を思い切り吹く。すると、そこへ母親が現れる。母は明かりを手にして悪魔へと立ちはだかり、追い返してしまう。母に助けられた一行は赤いドアの1つを開けたが、そこでは少年が梯子から転げ落ちている。ここではないようだ。一行はそのドアを開けたまま、別のドアへ向かった。次のドアで病院へ向かい、まずはメリッサを身体へ戻す。

次は地下室へ。エリーズは母へと明かりを手渡し、別れを告げる。そして、イモジュンと共に身体へと戻った。現世界へ戻った一行はすぐに病院へ。メリッサが無事に回復した姿を見て安堵する。エリーズはクリスチャンへと笛を手渡し和解するのだった。

その後、無事に帰宅したエリーズだったが、ダルトンという少年が別の悪魔に狙われている夢を見る。直後、自宅の電話が鳴りロレインから依頼が入った。彼女の息子に起こったことが今度は孫に起こっていると言う。エリーズは二つ返事で依頼を受けるのだった。

インシディアス 最後の鍵の感想・評価・レビュー

シリーズ4作目となる作品だが、時系列では第1作目の前にあった出来事である。主人公は霊能力者のエリーズでリン・シェイが続投して演じている。今作はエリーズの幼少期から続く因縁の戦いを描き、家族崩壊へと至った原因を明らかにしている。更にラストシーンでは第1作目に至る経緯も描かれている。

今作は批評家の評価はあまり高くないものの、シリーズファンには納得のいく内容だと思われる。確かに恐怖感は少なかったが、充分に驚かされたし個人的にはエリーズに好感を抱いているので楽しませてもらった。助手達の掛け合いもお馴染みのもので、どこか安心感を与える。そして、今作にはエリーズに次ぐ能力者が登場。今後は姪が活躍するのではないかと期待が高まる。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 インシディアス 序章