「ジェニファーズ・ボディ」のネタバレあらすじ結末と感想

ジェニファーズ・ボディの概要:悪魔召喚の儀式にて犠牲となった美女の魂に悪魔がとりついてしまい、美貌と命を永らえるために若い男を襲うようになる。美女の幼馴染であるヒロインは親友の秘密を知り、恋人を救うために幼馴染と対峙する決意を固めるのだった。

ジェニファーズ・ボディの作品情報

ジェニファーズ・ボディ

製作年:2009年
上映時間:103分
ジャンル:コメディ、ホラー
監督:カリン・クサマ
キャスト:ミーガン・フォックス、アマンダ・セイフライド、ジョニー・シモンズ、J・K・シモンズ etc

ジェニファーズ・ボディを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ジェニファーズ・ボディ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

ジェニファーズ・ボディの登場人物(キャスト)

ジェニファー・チェック(ミーガン・フォックス)
黒髪の美女でニーディとは幼馴染。お洒落で妖艶。自分が美人であることを自覚しており、プライドが高く強気。ニーディのことをとても大切に思っており、魂に悪魔が憑りついても幼馴染だけは襲わない。
アニータ・レスニキ(アマンダ・セイフライド)
通称ニーディ。ジェニファーとは幼馴染で親友。色白で金髪だが、メガネをかけており少し地味。いつもジェニファーと比べられ、引き立て役のような位置づけにいる。
チップ(ジョニー・シモンズ)
ニーディの恋人。ジェニファーの魅力に惹かれず、ニーディを一途に愛している。普通の好青年。

ジェニファーズ・ボディのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ジェニファーズ・ボディ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ジェニファーズ・ボディのあらすじ【起】

ミネソタ州デビルズ・タウン。高校生のジェニファー・チェックとアニータ・レスニキは幼馴染で親友だった。ジェニファーは黒髪で美しく妖艶。対してアニータ、愛称ニーディは色白の金髪であったものの眼鏡っ子で地味目な女の子。実に対照的な2人であったが、共通の趣味を持ちいつも一緒に行動していた。
ある日、ニーディはジェニファーからインディーズバンドのライブへ行こうと誘われる。彼女は基本的にジェニファーの誘いは断らないので、二つ返事で了承した。

着飾ってライブが行われるバーへ。ジェニファーの目当てはボーカル兼ギターリストだったが、ニーディには彼が良い男とはとても思えなかった。そうして、いざライブが始まると歌声に魅了される2人。しかし、ライブの最中にバーで火災が発生。ニーディは唖然としているジェニファーを連れて、命からがら外へと逃げ出した。だが、そこへバンドのボーカリストが現れ、ジェニファーだけを車に乗せ連れ去ってしまうのである。

ニーディは帰宅し深夜にも関わらず、恋人のチップに電話をしてそのことを報告。だがその途中、外から物音がしたため、電話を切って様子を見に行った。しかし、そこには人影もなく。気のせいかとキッチンへ向かったニーディ。ふと、気配を察して振り返ると、そこにはジェニファーが立っているのだった。

彼女の衣服はボロボロで全身が血まみれである。ジェニファーは不気味な笑みを見せ突然、ニーディの家の冷蔵庫を漁りチキンを見つけて齧り付く。異様な行動に親友を心配したニーディだったが、ジェニファーは獣のような咆哮を上げ、黒い液体を大量に吐き出すのだ。明らかにおかしな様子のジェニファーに恐怖を抱き始めた頃、ジェニファーは彼女を襲う素振りを見せ帰って行くのだった。

ジェニファーズ・ボディのあらすじ【承】

翌日、学校へ登校したニーディの前にいつものジェニファーが姿を現す。昨夜とは一転、爽やかな様子だった。
放課後、ジェニファーは親友を失ったアメフト選手を森に誘い、慰めるふりをして彼を捕食。その悲鳴を耳にした教師が不審に思い、向かった森の中で生徒の惨殺死体を発見する。

バーの火災で多数の被害者と死傷者を出した上に惨殺死体が発見されたことで、事件は全国的に報道され田舎町は一躍有名になる。火災時にライブを行っていたバンドも取り上げられ、彼らの曲は軒並み売り上げを伸ばした。

1か月後、事件の騒動は落ち着きを見せていたが、ジェニファーは疲れ果てたように輝きを失っていた。彼女はモーションをかけてきたロック少年を自宅へ招くことにする。

夜、ニーディがチップの自宅で彼といちゃついている頃、ロック少年はジェニファーの自宅を訪ねる。だが、彼女の自宅周辺には明かりが1つもなく、人影も見えない。どこか閑散とした不気味な様子であったが、彼はジェニファーと会い数分後には餌食となってしまうのだった。

チップと体を重ねていたニーディ。彼女は最中であるにも関わらず、ジェニファーがまた誰かを襲っている予感に苛まれる。恐怖に駆られた彼女は、チップの家から逃げるように帰路へ就き、その途中でまたも血塗れのジェニファーの姿を目撃。慌てて自宅へと逃げ帰った。

ジェニファーズ・ボディのあらすじ【転】

ほっと安堵しベッドへ潜り込んだのも束の間、同じベッドにジェニファーがいることに気付き悲鳴を上げる。
幼馴染は美しさを取り戻し、機嫌も回復。彼女は親友に隠し事をしたくないと言い、連れ去られた後のことを語り始めた。

バンドメンバーの車に乗せられたジェニファーはあの後、町の名所であるデビルズ・レイクと呼ばれる滝へ連れて行かれる。彼らは自分達のバンドを売り出すために悪魔召喚の儀式にて悪魔を呼び出し、契約しようとしていたのだ。ジェニファーは生贄として拘束され、めった刺しにされてしまう。

その後の記憶はなく、気付いたらニーディの自宅にいたと言う。彼女は酷い空腹に苛まれていたが、親友を襲えるはずがなく。家から去った後、通りがかりの町民を襲った。満腹になったジェニファーは、驚異的な回復能力を持ち身体能力が大幅に増大。ニーディはその姿を目にして彼女が最早、人ではないことを認識。家から出て行くよう促すのだった。

以来、ジェニファーとは会話もしなくなったニーディ。彼女は密かに悪魔のことを単独で調べ上げ、チップにそのことを明かした。
悪魔召喚での生贄は、必ず処女でなければ成功しない。もし、生贄が処女でなかった場合、その生贄の魂に悪魔が宿り人間を襲うようになる。ジェニファーは処女ではなかったため、悪魔召喚は成功せず、彼女に悪魔が宿ってしまったのだ。

もうじき春のダンスパーティーが開催される。ジェニファーにとって、パーティーはご馳走を並べたビュッフェと同等である。故に、ニーディはダンスパーティーに参加せず、チップにも行かないよう促した。

ジェニファーズ・ボディの結末・ラスト(ネタバレ)

しかし、チップは彼女の話を信じようとせず、ダンスパーティーへの参加をとても楽しみにしている様子。ニーディは彼を守るため、恋人とは距離を置くことにした。
パーティー当日、ニーディはジェニファーを見張るため、ドレスを身に着け会場へ向かったが、いくら待ってもジェニファーは現れない。

同じ頃、会場へ向かっていたチップの前にジェニファーが現れる。彼女はニーディが浮気していると嘘を並べ、チップを精神的に追い詰めて篭絡。廃墟となった屋敷のプールへと連れて行った。しかし、チップが寸前でジェニファーを拒絶したため、実力行使へと移る。

その頃、これまでの経緯からジェニファーがとうとうチップを標的にしたのではないかと思い至ったニーディ。彼女は咄嗟に駆け出して恋人を探し回る。廃墟から彼の悲鳴が聞こえたため、急いでそちらへと向かいジェニファーに噛みつかれていたチップを救出した。

そして、かつての親友と対峙したニーディは、これまでの不満をぶちまけ怒りをぶつける。対してジェニファーもニーディの言葉に怒り狂い襲い掛かろうとした。だが、そこへチップが箒の柄でジェニファーを攻撃。彼女を追い払ってくれる。しかし、そのせいでチップは力尽きてしまい、ニーディに見守られ息を引き取るのであった。

このことにより恨みを募らせたニーディは、深夜にジェニファーの部屋へ侵入し、彼女の心臓を貫こうとする。悪魔は空腹で弱っている時にしか殺せないからだ。2人は揉み合いになるも、親友としての情を思い出し躊躇ってしまったジェニファー。彼女はニーディが持つカッターナイフにて、心臓を一突きにされ息絶えてしまう。

そうして、幼馴染の中に宿った悪魔は消滅。ニーディは殺人の罪により投獄されることになる。刑務所へ入った彼女は人が変わったように暴力的となり、刑務官の手を煩わせた。ニーディはジェニファーに噛まれ悪魔の力の一部を継承していたため、この力を使ってバンドに復讐しようと考えていたからである。故に、わざと刑務官に歯向かって独房へ入れられる日を待っていたのだ。そうして、彼女はまんまと脱獄を成功させ、人知れず復讐を果たすのだった。

ジェニファーズ・ボディの感想・評価・レビュー

インディーズのバンドマンが悪魔召喚の儀式を行い、名声を手に入れようと画策。その生贄として美女を捧げる。だが、儀式は失敗し美女の魂に悪魔が取り憑いてしまい、若い男を次々と襲って空腹を満たすようになるというホラー作品。

バンドマンは儀式後、事件のお陰で見事に名声を手に入れるので当然、儀式は成功したと思っている。だが、実は失敗していて最終的には、悪魔の力を一部継承したヒロインによって制裁されてしまう。美女が男を襲うシーンが多く描かれるため、忘れがちだが、全ての元凶はバンドマン達である。故に終盤で制裁されることで納得できるストーリーになっている。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする