映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のネタバレあらすじ結末と感想

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルの概要:ジュマンジというゲームの世界に入ってしまった高校生4人は、さまざまな知恵とスキルを活用し、命がけでゲームの世界からの脱出に挑む。前作から約20年。今度はゲームの世界へ飛び込み、だれも見たことのないスリル満点の冒険がはじまる。

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルの作品情報

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

製作年:2017年
上映時間:119分
ジャンル:SF、アクション、ファンタジー
監督:ジェイク・カスダン
キャスト:ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、カレン・ギラン etc

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルの登場人物(キャスト)

スモルダー・ブレイブストーン(ドウェイン・ジョンソン) / スペンサー・グリフィン(アレックス・ウルフ)
ビビりで華奢な青年。ゲームの世界では、鋼の肉体と圧倒的スキルをもつブレイブストーン博士となる。
ムース・フィンバー(ケヴィン・ハート) / アンソニー・フリッジ・ジョンソン(サーダリウス・ブレイン)
アメフト部に所属する体格のいい青年。ジュマンジの世界では、小柄で荷物持ちが中心となるか弱い動物学者フィンバーとなる。
シェリー・オベロン(ジャック・ブラック) / ベサニー・ウォーカー(マディソン・アイスマン)
自分大好きなSNS依存の女子高生。4人のなかで唯一性別が異なるキャラクターになってしまう。
ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギラン) / マーサ・カプリー(モーガン・ターナー)
シャイな性格な女の子。運動嫌いな女の子だが、ゲームの中では運動神経バツグンの戦う女性ルビーへ変身する。
ヴァン・ペルト(ボビー・カナヴェイル)
ゲームの世界でのボスキャラクター。ジュマンジを手中に収めるため、スペンサー達がもつ宝石を狙う。

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルのあらすじ【起】

1996年、ビーチで男が『ジュマンジ』と書かれたボードゲームを拾い、息子のアレックスへプレゼントする。古いボードゲームに興味を示さなかったアレックスだが、ボードゲームがテレビゲームに変化したことで関心を示し、ゲームの電源を入れる。直後、緑の光が発生しアレックスは姿を消してしまう。

アレックスが姿を消してから20年。ゲーム大好きなオタクの高校生スペンサーは、友人のフリッジから頼まれ宿題の代行をしたことが学校にばれてしまい、フリッジと罰として居残りを命じられる。彼ら同様、授業中にスマホを使用した自分大好きなべサニーと体育の授業で先生へ反抗したマーサも居残りとなっていた。

4人は、罰として今は使用されていない薄暗いPCルームの清掃を命じられる。仕方なく掃除をしていると偶然、『ジュマンジ』というファミコンのようなゲームを発見した。彼らは各々キャラクターを選択し、ゲームを始めたところ、地鳴りのような音が鳴りはじめる。不安感をおぼえたスペンサーは、すぐに電源を抜いたが、一足遅く彼らの体はゲームの中へ吸い込まれてしまった。

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルのあらすじ【承】

ゲームへ吸い込まれたあと、空から落下し、地面に着地したスペンサーは、見たことのないジャングルの中にいた。さらに、自身の体も全く異なる筋肉質な体形となっていた。直後、スペンサーと同じく空から見たことのない3人の人間が落ちてくる。彼らも同様、周囲の環境と自身の体に困惑している。スペンサーは、自分たちがゲームで選択したキャラクターとなり、ゲームの世界に入ってしまったことに気がつく。本来、身長が高かったフリッジは小柄な動物学者に、運動嫌いな大人しいマーサは肌の露出が多く引き締まった体の女性に、容姿が良くスタイルに自信もあったべサニーはふくよかな男に変わっていた。

4人は、次々と襲いかかってくる野生動物たちから逃げているところをナイジェルという男に救われる。彼いわく、ジュマンジはかつて平穏な場所であった。だが、敵であるヴァン・ペルトがジャガー像にある宝石を奪ったことで生物を操る力を手にし、ジュマンジが崩壊の危機に直面しているとのこと。ジュマンジを救うには、宝石を元あったジャガー像に納める必要がある。スペンサーたちは、彼から宝石と一部分が破れたジュマンジの地図を渡されジャガー像を目指す。

3回死ぬとゲームオーバーとなり、2度と生き返ることのできない命がけのなか、4人はまず欠けた地図を捜しに行くのであった。

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルのあらすじ【転】

欠けた地図を捜しに4人は市場に着いた。そこで象をみたら登れというメッセージと象の置物を入手するが、ヴァン・ペルト率いる敵の集団に見つかってしまう。追い詰められたスペンサー達は、一人の青年に救われる。

青年はアジトへ案内し、自身がスペンサー達同様、ゲームの世界に入った現実世界の人間、アレックスであることを告げる。彼もゲームをクリアしようと試みたが、ライフが1つになり身動きが取れなくなっていた。ジュマンジに詳しいアレックスの存在こそ、欠けていた地図そのものであることに4人は気づいた。自身がゲームのクリアに必要な存在だと知ったアレックスは、覚悟を決め5人でジャガー像を目指す。

敵からヘリコプターを奪取し、ジャガー像の付近まで近づくことができた。直後、天敵である蚊に刺されたアレックスは瀕死状態に陥るが、ベサニーが自分のライフを分けることで一命をとりとめる。その夜、ついに5人は目先に見えるジャガー像に向かうのであった。

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングルの結末・ラスト(ネタバレ)

5人はジャガー像へ向かう。途中、敵のバイク軍団や野生のジャガーに襲われ、別行動を強いられながらもスペンサーはジャガー像のふもとについた。だが、ヴァン・ペルトにべサニーを人質にとられピンチに陥る。そこに巨大な象を引き連れたフリッジが現れ、ピンチを救う。

市場でみた「象をみたら登れ」のアドバイス通り、スペンサーはジャガー像をバイクでかけ登っていき、ついに宝石をジャガー像に納めることに成功する。その瞬間、ジュマンジ全体が緑の光に覆われ、ヴァン・ペルト達は消滅し平穏が訪れた。ゲームをクリアした5人は、現実世界に戻る。

ゲームから戻ったスペンサー達は、アレックスの存在が気になり、アレックスの家に行く。そこには中年の男性になっていたアレックスがいた。彼はゲームの中に入った1996年に戻れており娘もいた。4人の中でも一番アレックスのことを気にかけてくれたべサニーに恩義を感じていた彼は、娘にベサニーと名前を付けていたのであった。

4人は2度とゲームに入らないようジュマンジを破壊する。ゲームを通じ自分以外の人へ目を向けることの大切さを学んだ彼らは、人として成長し学校生活へ戻るのであった。

関連作品

前作 ジュマンジ

この記事をシェアする