「感染」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

感染の概要:患者の多さに対し、人も備品も足りない経営難の病院。医師も看護師も疲労はピークに達しており、それが招いた医療事故のせいで一同は絶望する。そんな中、1人の感染症と思われる患者が緊急搬送されて来たことで、悪夢は更に加速していく。

感染の作品情報

感染

製作年:2004年
上映時間:98分
ジャンル:ホラー
監督:落合正幸
キャスト:佐藤浩市、高嶋政伸、星野真里、真木よう子 etc

感染の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『感染』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年1月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

感染の登場人物(キャスト)

秋葉清一(佐藤浩市)
外科医。意識のなかった筈の患者がベッドから転落し、緊急手術を行った際に看護師に間違った指示を出してしまったことから、地獄のような一夜が訪れる。
魚住晴哉(高嶋政伸)
内科医。極限状態にある病院に嫌気が差しており、家族とはそれもあってなのか疎遠になっているような描写がある。
安積まどか(星野真里)
新人看護師で、おどおどとしている。採血の注射でさえ上手くできず、先輩の看護師・桐野からは意地悪く責められることが多い。
立花七恵(木村多江)
看護師。秋葉の指示に従った結果、患者を死なせてしまいパニックに陥る。反面、秋葉には惚れているような気配も見せる。
桐野優子(真木よう子)
安積にきつく当たる看護師。何かにつけ、彼女に冷たい言葉を浴びせる。
塩崎君江(南果歩)
看護婦長。常に冷静な態度を取り。特に備品管理には厳しく、また神経質になっている。
中園雪乃(羽田美智子)
脳神経外科の女医。痴呆の老人の面倒を見ている。夜勤ではないので、事件当日は不在。
赤井潔 (佐野史郎)
医師。未知のウイルスで運ばれて来た患者を研究しないかと、秋葉らに持ち掛ける。

感染のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『感染』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

感染のあらすじ【起】

患者の数に反して人手も備品・薬品も足りず、給料も3日支払えないという程の経営困難に陥っている総合病院。人間関係もぎすぎすとしており、更には院長と連絡がつかないという有様であった。

そんな中、意識が無く自分では動けない筈の全身大火傷の患者がベッドから転倒してしまう。容体が急変したその患者の処置に当たった際、外科医の秋葉が塩化カルシウムと塩化カリウムを間違えて指示を出してしまう。看護師の立花は言われた通りに投与するが、それが原因で患者を死なせてしまった。担当医の魚住は報告書を改ざんし、ミスを隠蔽しようとする。只でさえ人のいないこの状況で秋葉がいなくなれば、この病院は益々苦しくなってしまうのが目に見えている。立花は考えれば分かることだったと嗚咽し、婦長の塩崎は虚偽の報告はできないと冷静に言うが、魚住は反対する。どうせ延命しても意識が戻るかどうか分からないような患者だったのだから、何より医療ミスが発覚すれば、自分達も仕事を失くし先の行き場を失ってしまう――。看護師の桐野が、婦長にそっと口を挟む。この患者はここへ運ばれて以来、誰も見舞いに来ていない。家族も友人もいない……。死体の腐敗が始まれば、体内の塩化カリウムも流れ出る。そうすれば、ミスを隠すこともできるだろうが、この患者には引き取り手がいない。そのため、市の保健部に渡され、研究解剖に回される可能性がある。細胞が完全に溶けるまでには2日は要するだろうが、死後2日目に報告することはできない。そこで魚住は、遺体を温めて腐敗を促すことを提案する。元々、患者は皮膚に炎症を起こしていたのもあり、それが原因で腐敗の進行が早まったということにすればいい。口裏を合わせた一同は、患者を別室に移動させることに決める。

ヒーターで温めた部屋の中、1号室に患者の遺体を置いた一同。腐らせすぎると却って怪しまれると、秋葉が部屋に残ることとなる。

感染のあらすじ【承】

全身に謎の発疹のできた、感染症の疑いのある40代の男性が受け入れ先を探して搬送されてくる。秋葉は先の患者の件もあり受け入れを拒否したのだが、隊員達は秋葉達がいない間に患者を置いていなくなっていた。塩崎がそれを見つけ秋葉を呼びに行くが、患者の姿が見当たらない。そこへ、医師の赤井が秋葉を呼ぶ。その途中、謎の緑色の液体が床に滴り落ちているのを不審に思いながらも赤井の元へ向かう。赤井は既に帰った筈だが、と不思議に思う塩崎の問いに、赤井は病室のベッドで眠ってしまったと答える。それを聞いて、先程の医療ミスの件がばれているのではないかと思い、どの病室で眠っていたのか尋ねる塩崎。すると、例の先程の死なせてしまった患者のいた病室のすぐ隣の4号室にいたと答える。

それよりも、赤井はこの患者は何なのかと問いかけてくる。カーテンには緑色の液体が散っており、秋葉と塩崎が患者の様子を見るとあまりの状態に2人ですら眉をひそめ、吐き気を堪える程であった。赤井曰く「溶けて歪んでいる」らしい。秋葉は赤井に「私を見て笑いかけてきました」と言うが、赤井はこれまで見たこともない症例だと述べる。秋葉は衛生局に通報しようとするが、赤井は未知のウイルスの第一発見者になれるかもしれないと言う。

新人看護師の安積は、満足に血液採取の注射を打つこともできず、備品不足の状況にも関わらず自分の腕に刺して練習する等、精神的に追い詰められていた。そんな安積を更に追い込むのは、先輩看護師の桐野だった。安積にきつく当たる桐野は、安積が先程の火傷の患者の件を立ち聞きしていたのに気付いていた。桐野は安積に向かい、あの患者が死んだのは安積が注射も上手く打てずに痛くしたせいだと彼女を責めた。

感染のあらすじ【転】

魚住も呼び、先程の急患の患者を診るが同じよう戦慄する。赤井はこれをまたとないチャンスだと言う。この患者のウイルスを研究し、発表すれば自分達は功績を残せる。魚住は何の病気かも分からない、あんな状態の患者に触りたくないと言う。思いは同じだったが、秋葉は赤井が4号室で眠っていたことを話し、隠蔽を知られたかどうかは分からないが下手に逆らえる状態ではないと返す。赤井は患者にモニターを繋ぎ、塩崎に診ているようにと言いつける。言われた通りに患者の様子を見ている塩崎だが、冷静だった彼女も、疲労と何よりその凄惨な患者の有様に限界を迎えつつあった。実験器具を持って戻って来た秋葉達だが、塩崎が倒れており、例の患者がいなくなっていた。秋葉は溶けてしまったのではないかと思うが、赤井は逃げた可能性があると言う。見ればダクトの蓋が開いており、そこから患者は逃げ出したのではないかとされた。院内を手分けして探すが見つからず、秋葉は筋肉の組織が溶けているのだから動けるわけがないと思う。だが、魚住はそれ以前の問題で、そもそも自分達は本当にその患者を見たのか、と疑う。混乱していたせいで人の顔と思い込んだだけでちゃんと人間の形をしていたのかと。一方、塩崎は起き上がり、仕事に戻ると立ち上がる。

立花がナースセンターへ戻ると、塩崎が感染症の患者に使って破棄してあった注射器をゴミ箱から持ち出すのを見てしまう。塩崎は手に注射針が刺さっているにも関わらず笑顔を浮かべながら、「消毒すれば使えるじゃない。注射器が増えるわよ」とお湯の中に自分の手ごと入れ、立花は悲鳴を上げる。秋葉達が駆けつけると、塩崎は耳から感染症の患者のように緑色の液体を漏らしながら倒れてしまった。パンデミックを防ぐため塩崎を隔離し袋を被せるが、塩崎は同じように溶け出し内臓が無くなってしまう。パニックに陥った立花は説明を求め秋葉らに泣きつくが、そこへ赤井が戻って来る。衛生局に連絡した方がいいと叫ぶ秋葉に、感染者を出した以上、ウイルスの宿主を探すしかないと赤井は言う。嫌なら1号室から自分が探しに行こうと言う赤井に、慌てて立花が見に行くと言い1号室へ向かう。

一方、安積は塩崎が隔離されていた病室へ向かう。塩崎のいたベッドには緑色の液体が残されており、傍にはナースキャップが落ちている。安積がそれを拾うと、背後には感染した塩崎が佇んでいた。

桐野がナースセンターへ戻ると不気味な笑い声が聞こえてくる。奥の部屋で、安積が煙草を吹かしながら1人で笑っているのだ。桐野が叱り飛ばすと、振り返った安積の腕には何本も注射器が刺さっている。慌てて止める桐野だったが、安積の精神は既に崩れており、自分の身体に注射針を突き刺すと緑の液体を噴出させ死亡したのだった。

感染の結末・ラスト(ネタバレ)

スタッフ達の疲労はほとんどギリギリの状態で保たれていた。タイムリミットを決め、あと1時間で状況が良くならないなら通報して出て行く、と言う魚住を赤井は彼を責める。口論の末、飛び出した魚住にも感染の兆しが見え始めた。誰もいないベッドに向かい、過去に死なせてしまった患者へ謝罪を繰り返す魚住。秋葉が慌てて様子を見に行くと、魚住は「心に入り込んで、心を壊す」と言いながら顔中から緑色の液体を流し出した。

その頃、安積の緑の液体を浴びてしまった桐野にも感染が広がる。奇行の末、桐野は粘液塗れで天井から逆さで現れる。秋葉は立花を連れ、逃げようとする。立花は1号室で、火傷の患者に向かいぶつぶつと独り言を漏らしていた。立花は火傷患者に自分の血を与えており、その血の色が緑へと変色する。秋葉は、自分と赤井を除いて全員が感染してしまったと1号室を飛び出した。

やがて、赤井が姿を見せるが、秋葉は赤井が故意にウイルスを持ち込んだのではないかと疑問をぶつけた。赤井は鼻先で笑い、秋葉達が火傷患者を死なせた時のことを話し始める。赤井はあの時、傍にいて全てを知っていた。秋葉はそれとこれと何の関係があるのか問い、あれは事故だったと弁護する。赤井は死んでしまったのは仕方が無いが、問題はそれを隠そうとしたことにあると言う。それから、このウイルスは意識に感染するとも言った。秋葉は赤井を非難するが、その時、出勤してきた中園に誰と話していたのかと呼びかけられる。秋葉が赤井の名を出すと、中園は不思議そうに顔をしかめ、そこには誰もいないと言う。秋葉が改めて赤井のいた方を見ると、そこには鏡があり自分が映っていた。その時、中園が悲鳴を上げたので秋葉が向かうと看護師達の惨殺遺体が見つかる。どこにも緑の液体など無く、中園は全て秋葉の仕業だと警察を呼ぼうとするが、秋葉は全て感染症のせいだと訴える。警察を恐れた秋葉はとにかく火傷の患者を元の場所に戻さねばと焦り5号室のベッドへと移すが、その時、患者のネームプレートに『赤井』と書かれているのを見てしまう。まさか、と患者の顔の包帯を外すと赤井の顔がそこにはあった。……ウイルスというのはきっと、罪悪感から生まれたものなのだろう。最後まで秋葉が感染しなかったのも、彼が火傷の患者を死なせてしまったことを自身のせいだと認めなかったからではないだろうか?

悪夢のような一夜が明け、ニュースでは病院内で起きた惨殺事件だと取り上げられる。犯人は秋葉だとされており、現在行方不明になっている。ニュースでは救命士がインタビューに応じており、秋葉は急患を運んだ時から落ち着きがなかったと言い、「あんな所に患者を預けなくて良かった」と話す。一連の報道を眺めていた中園は、腑に落ちないように立ち上がる。しかし、中園は救急口で緑色に光る救急車を見つける。怯えた中園が引き返すと、院内には緑色が広がり、中園自身も緑の血を流し始めていた……。

感染の感想・評価・レビュー

『世にも奇妙な物語』の中の一編をリメイクした作品。ホラー特有の急に驚かせるような演出は無く、幽霊もいないので、怖い・怖くないで意見が分かれそう。個人的にはジメっとした薄気味悪さで、和製ホラー本来の不気味さが味わえた。夜の病院の閉鎖感や、感染者の「溶けながら笑っている顔」を一切見せないのもいい。「ウイルスの正体=罪悪感」というオチも視聴者任せだけど悪くないし、隠蔽された患者視点で観ると非常に怖い。醜悪な人間の方が恐ろしくて卑しい。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする