「勝手にふるえてろ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

勝手にふるえてろの概要:中学の時から好きな人をずっと思い続け、その人と妄想の中で恋愛を続けている良香。ある時、会社の同僚の男性から告白されたことで、彼女の心は揺れ動いてゆく。妄想系女子の主人公を、松岡茉優がチャーミングに演じている。

勝手にふるえてろの作品情報

勝手にふるえてろ

製作年:2017年
上映時間:117分
ジャンル:ラブストーリー
監督:大九明子
キャスト:松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海 etc

勝手にふるえてろの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『勝手にふるえてろ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

勝手にふるえてろの登場人物(キャスト)

江藤良香(松岡茉優)
24年間、恋人なし。処女。中学の時、クラスで人気者のイチを好きになり、10年間、彼を思い続けている。中学時代はイチをモデルに“天然王子”と題した漫画を描く根暗な少女だった。絶滅した動物が好きで、アンモナイトの化石を購入するほど。会社では経理課に所属。
イチ / 一宮(北村匠海)
良香がずっと想いを寄せる憧れの人。良香の妄想の中では、二人は想いあう仲なのだが。
ニ / 霧島(渡辺大知)
良香の会社の営業課に所属する。以前から良香のことが気になっており、良香に告白してくる。気が利くほうではなく、やや自己中心的で相手のことまで考えられない。そのため、嬉しくないプレゼントを贈ってしまったりもするが、基本的に善人。釣りが趣味。
クルミ(石橋杏奈)
良香の隣の席で、良香の今までの人生の中で唯一、なんでも話せる仲。ニから良香についてアドバイスを求められた際、つい良香が処女であることを言ってしまう。人並みにイジワル心を持っているが、良香のことは友人として大切に思っている。

勝手にふるえてろのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『勝手にふるえてろ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

勝手にふるえてろのあらすじ【起】

江藤良香は東京にある会社の経理課で働くOL。良香は中学の時から、ずっと想い続けている人がいた。当時、同級生たちから“イチ”と呼ばれていた一宮のことを、10年以上思い続け、彼も自分のことを慕っているのだと、脳内で勝手に妄想していた。

良香は周りの人々に、自分がどれだけイチのことが好きで、どれだけ想っているのかを延々と話す毎日を過ごしていた。ハンバーガーショップの女店員、駅員さん、出勤のバスで隣同士になるおばさん、いつも釣りをしているおじさん、和菓子屋の店員、コンビニのお兄さん、隣の部屋に住むオカリナ吹きの女性、みんなにイチのことを話し、みんな、その話を笑顔で聞いてくれていた。

ある時、経理課と営業課で社内合コンが行われる。会社で一番なかよしの同僚・クルミと参加した良香は、そこで営業課の霧島にLINEのアドレスを聞かれる。霧島は数字の2が独特の書き方のため、良香たちから“ニ”というあだ名で呼ばれていた。

ニに誘われて、クラブへと遊びに行った良香。店を後にした二人は、ホテル街へ踏み込んでしまう。その気はない良香は戸惑うが、ニはやる気満々。しかし、飲みすぎてしまったニは、ホテルの入り口で倒れてしまった。介抱する良香に、ニは立ち上がり“俺と付き合ってください”と告白。イチを想い続ける良香は、ニにはまるで興味もなく、恋愛対象としても見ていなかったが、人生初告白に有頂天。周りの人々にこの嬉しさと優越感を伝えて回る。

勝手にふるえてろのあらすじ【承】

良香はうっかり電気ストーブで布団を燃やし、自室でボヤ騒ぎを起こしてしまう。その一件で命の危険を感じたことから、やれることは今すぐやらねば、と考えるようになる。イチを遠くから想っているだけではダメなのだ。妄想ではなく、現実のイチと会って、愛を実らせなくては。そう決意した良香は、イチと接点を作るため、同窓会を開くことにした。

自分の名前で同窓会を開く勇気など持っていない良香は、中学時代にアメリカに転向したムラサキダニの名前を使い、彼女になりすましてSNSに登録。同級生たちに同窓会開催のメッセージを送った。

同窓会当日、良香はムラサキダニを風邪で出席できないことにして田舎へと帰省し、同窓会に参加。そこで、ついにイチと再会する。イチも東京で働いていることを知った良香は、東京組の仲間たちとLINEグループを作ることに成功。イチと会えるチャンスが多くなり、改めて彼のことが好きだと思う。

勝手にふるえてろのあらすじ【転】

年明け、東京組で集まることになり、着飾って出かける良香。だが、皆と馴染むことができず、良香は独りぼっちだった。そんな良香に、イチが声をかけてくる。イチは中学時代にイジメにあっていたので、同窓会も行きたくなかったと言った。良香は、周りから弄られる人気者だと思っていたので、意外に思う。良香はイチと話をするうち、お互いに好きなものが似ていることを知って歓喜する。ますます彼に惹かれていくが、イチが“君の名前、何だっけ”と言ったことで愕然としてしまう。良香の脳内では、二人は密かに想いあう仲だった。だが、その一言で良香の妄想恋愛は音を立てて崩れ去った。

この気持ちを誰かに話したい良香。しかし、聞いてくれる者は誰もいなかった。ハンバーガーショップの女店員、駅員さん、出勤のバスで隣同士になるおばさん、いつも釣りをしているおじさん、和菓子屋の店員、コンビニのお兄さん、隣の部屋に住むオカリナ吹きの女性。本当は、彼らとは一度も話したことなどない。話しかける勇気などない良香は、すべて妄想の中で彼らと話していたのだ。自室に帰ってきた良香は、ひとり、さめざめと泣いた。

ニが遊びに誘ってくれたので、ついていった良香。イチのことで空っぽになっていた良香だったが、不器用ながらも優しく接してくれる二のおかげで、笑顔を取り戻していく。良香はニと付き合うことにした。ニは大喜びし、思わず良香にキスをしようとするが、驚いた良香はそれを拒んでしまう。

二人は順調にいくように思えたが、ある時、ニが“良香は今まで誰とも付き合ったことがないから、優しくしてあげて”と、クルミからアドバイスを受けたと言ってきた。それを聞いた良香はショックを受ける。24年間、恋愛経験がないことはクルミにだけ話した秘密だった。それを易々と他人に話すとは。追い打ちをかけるように、ニが“処女ってところもかわいい”と言ったことで、良香の中で何かが壊れた。良香は全てがどうでもよくなり、ニにイチのことを話し出す。そして、“彼氏は二人もいらない。だから、さようなら”と、ニに別れを告げて去っていった。

勝手にふるえてろの結末・ラスト(ネタバレ)

自棄になった良香は、妊娠もしていなかったが産休届を書き、会社に提出する。だが、時期が早すぎるとして却下され、有休扱いになる。妊娠の噂は瞬く間に広がり、社内の者は白い目を良香に向ける。心配そうに声をかけるクルミに冷たい態度をとり、今まで会社に持っていた不満を大声でぶちまけた良香は、そのまま会社を後にした。

良香は初めて本当の孤独を味わった。自室に引きこもってから、2、3日経ったが、電話もメールも、誰からもこなかった。唯一、クルミだけが電話をくれたが、良香は無視。しかし、クルミの留守電メッセージを聞いて、心を動かされる。クルミにひどいことを言ったのに、彼女は良香を心配してくれていた。してもいない妊娠を心から祝福してくれ、友達の大切さを知った良香。

良香は、ニに電話した。雨の中を、ずぶ濡れになりながらニがやってきた。ニに、妊娠は嘘だったと告げると、ニは驚いて、悪魔だと怒り出す。良香は、ニのほうが悪魔だと叫ぶ。“処女だから私を好きなんでしょ。処女じゃなくなったら私の価値はゼロになってしまう。そんなのすごく怖い”と。ニの上から目線の物言いに、“傲慢さに震えがくる”と言い放つ良香。だが、ニはそれに負けず、自分がどれだけ良香のことを想っているかを必死に伝えてきた。“良香は珍しい。分からないことだらけで、一緒にいたくなる”と、泣きながら言ったニは、“俺との子供作ろうぜ”と大声で叫んだ。初めて、ちゃんとニと向き合った良香は“霧島くん”と名前を呼ぶと、そっと彼に触れて呟く。“勝手にふるえてろ”そして、二人は初めてのキスをした。

勝手にふるえてろの感想・評価・レビュー

独特な価値観で、性格をこじらせまくっている主人公・松岡茉優が、外見はすごく可愛いのに言動の全てがずれまくってて、観ていてクスッと笑わせられます。ただ、脳内での恋愛と、現実での恋愛があまりにもチグハグなので、人によっては痛々しい、イタイ女に見えるかもしれません。
好きな相手になかなか理想どおりに振る舞えないところとか、恋愛感情の有無で相手への接し方が辛辣に変わってしまう所とか、どこか共感できるような部分もあって面白かったです。原作の小説も読みたくなりました!(女性 20代)


この作品は、江藤良香という主人公が会社でニから告白されますが、良香はイチのことを片思いしているという状況から物語が始まります。

自分のことを好きな人と一緒になることが正解なのか、それとも自分が好きな人と一緒になることが正解なのかという葛藤が良香の中で生まれてしまいます。イチのためなら手段を選ばず行動する姿はとても見応えがあります。

最初は重い物語なのかと思っていましたが、とてもコミカルに描かれているためクスっと笑えてしまう仕上がりとなっていました。良香ほどではないかもしれませんが、女性なら一度は良香の気持ちに共感したことがあるのではないでしょうか。(女性 20代)


この映画はすべてがコントのようなリズムで物語が進んでいくが、その端々には無視できないメッセージが込められている気がしてならない。

ヨシカの妄想して期待して傷ついて絶望する、そんな彼女に共感してしまう部分が少なからず、誰もがあるはずだと思う。そして、ヨシカを面倒だと思う反面、羨ましいと思ってしまうのは何故だろう。

観た後は、きっと勝手にふるえてろと叫んでしまいたくなるに違いない。(女性 20代)


根暗なこじらせ女子の恋愛を描いたコメディ。毒のあるフレーズやミュージカル風の演出が印象的で、とにかく楽しくて笑える作品である。主演の松岡茉優もハマり役で素晴らしい演技力だ。

恋愛のストーリーだが、現実逃避を描いた作品でもある。妄想の世界に逃げていた主人公のヨシカは、現実と向き合って変わろうとする。無茶苦茶な行動ばかりだが、自分を見つめ直して成長していく姿は素敵だ。観たあとは、思い切って行動したくなる映画である。(女性 30代)


好き嫌いが分かれそうな作品。
感情移入してしまえばその人にとってはすごく良作になり、感情移入できなければ最後までモヤモヤするだろう。自分は後者だった。メッセージ性もテーマもきっちりあるのはわかる。だが主人公に感情移入できない。そのせいで主人公の行動に戸惑い、モヤモヤし、イライラもした。自分は観るべきではなかったのだろう。
松岡茉優の演技は本当に上手い。そこの部分はとても楽しめた。その他の俳優も良かったため、配役に関しては全く文句が出ない。(男性 20代)


北村匠海がイケメンすぎるに尽きる映画!妄想(思い出)だから、私の目にも美化して見えているのかな、と思うほどかっこよかった。
めっちゃ好き、という映画でもないけれど、ただ、ヨシカの行動や妄想癖には、わかる!と思うし、ヨシカのキャラの端々に共感できる部分と、自分のことかと痛みを感じるような部分(隠したいような部分)もあり、見ていていたたまれなくて苦しい。妄想とリアルのギャップと前半と後半のギャップが辛い映画でした。アパートの隣人を演じていた片桐はいりさんがつぼです。(女性 30代)

この記事をシェアする