映画『結婚(2017)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「結婚(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

結婚(2017)の概要:直木賞作家・井上荒野による同名小説の映画化。ディーン・フジオカ演じる古海健児は、数々の女を虜にし、結婚を切り出した途端に姿をくらます結婚詐欺師である。そして、最後に彼が結婚詐欺をする理由が明らかとなる。

結婚の作品情報

結婚

製作年:2017年
上映時間:118分
ジャンル:ミステリー
監督:西谷真一
キャスト:ディーン・フジオカ、柊子、中村映里子、松本若菜 etc

結婚の登場人物(キャスト)

古海健児(ディーン・フジオカ)
様々な顔を使い分け、女を虜にする結婚詐欺師。詐欺をする時の名前は、大海正次。結婚しているが、妻には秘密で結婚詐欺をして生計を立てている。両親はいない。
千石るり子(柊子)
古海の被害者の一人で、今は詐欺の相棒。ショートヘアの女。結婚している古海と一緒にいるために、詐欺の相棒になることを選ぶ。
工藤麻美(中村映里子)
古海のターゲット。家具屋で働く大人しい女性。古海を小説家だと思っている。
古海初音(貫地谷しほり)
古海の妻。古海の子供を流産し、それをきっかけに結婚した。
吉岡真奈(松本若菜)
古海が工藤と同時に狙うターゲット。元編集者でバリバリのキャリアウーマン。結婚願望はない。
穂原鳩子(安藤玉恵)
古海の被害者。役所で婚姻届けの受理をしている。ワインに詳しい。探偵に古海を探すよう依頼する。
柊泰江(萬田久子)
先立たれた夫の遺産で優雅な暮らしをしているマダム。偶然知り合った古海のことを気に入り、古海の過去を調べてくれる。

結婚のネタバレあらすじ

映画『結婚(2017)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

結婚のあらすじ【起】

黒いコートを着た古海健児という男が、港で『浜辺の歌』を歌っている。

バーでは工藤麻美という大人しそうな女が、大海正次のことを待っている。大海は、古海が詐欺をする時に使う偽名である。大海はなかなか来ないが、彼は電磁波アレルギーのため携帯を持っていない。そんな中、店にショートヘアの女が入って来た。すると、大海から麻美の携帯に電話があり、店を出るよう言われた。

麻美が街角で大海と合流すると、ショートヘアの女が追いかけてきた。彼女は大海に「早く書いてください」と言った。大海は、実は「大沢三雲」という人気ネット小説家だというのだ。大海はタクシーに乗り込み、その場から逃げた。

夜景の綺麗な場所で、大海は「結婚しよう」と言った。麻美は知り合ってひと月も経っていないからと動揺したが、大海の勢いに押された。

マンションのベランダで、古海は「敷金礼金の半分100万出すらしい」と、ショートヘアの女・千石るり子に報告している。彼女は、古海の結婚詐欺の相棒である。

麻美は寝具売り場で働いており、新婚生活のために社割でベッドを購入した。

古海とるり子はダンス教室で知り合った。彼女も元は古海の被害者の一人だった。

結婚のあらすじ【承】

古海が目を覚ますと、妻の初音が朝ご飯を作っている。彼は幸せな結婚生活を送りながら、結婚詐欺をしていた。

古海がコインロッカーを開けると、大量の携帯が入っている。その中から、彼は携帯一つと少年時代の写真を取り出した。

るり子が新しく見つけたターゲットは、吉岡真奈という女だった。古海は、ホテルのロビーで写真を眺める真奈に声をかけた。ダンス教室で知り合ったるり子のことを待っていた真奈だが、彼女の代わりに来た古海とお茶をすることになった。彼女は元々雑誌の編集者だったが、今はウェブの方に回されたという。キャリアウーマンの彼女は結婚願望がなく、古海は少し焦った。

幼い古海は、海辺の柵に座っている。母は「私幸せになるの」と言って古海を海へ突き落した。

穂原鳩子という女は、役所で婚姻届けの窓口をしている。彼女も古海の被害者で、今は古海と連絡が取れなくなっていた。

初音も実は古海のターゲットの一人であった。古海は、結婚指輪代として言葉巧みに100万円を奪おうとしたが、彼女は妊娠したという。しかし、その後流産して泣き崩れる初音を目の当たりにし、古海は本気で結婚することにした。

結婚のあらすじ【転】

鳩子が探偵に古海探しの依頼をしている。彼女はワインの試飲会で古海と知り合った。彼女は、彼の母の病気の治療費として、貯金していた約100万円を古海に渡したという。探偵がなぜ警察へ届け出ないか尋ねると、彼女は彼を刑務所へは入れたくないからだと言った。

麻美が編集社へ電話をかけてみると、大沢三雲は2年前からハワイにいると言われた。

古海は、真奈を空きスペースとなっている部屋へ連れて行った。古海はそこに自分の店を開きたいと言い、真奈にも協力してほしいと言った。真奈は、自分の力を見せつけるチャンスだと思った。

探偵は古海を探す麻美を見つけ、事務所で鳩子と合流させた。彼女たちは被害者の会を結成したが、麻美はまだどこかで古海のことを信じている様子である。

古海が、共同経営者となる真奈に結婚も提案すると、彼女は「合理的な結婚ならいいかも」と言った。すると突然、部屋の持ち主である柊泰江が入って来た。古海は適当にごまかし、泰江も彼に話を合わせた。

古海は部屋の近くで待っていた泰江に声をかけた。古海を気に入った泰江は、彼に名刺を渡した。

結婚のあらすじ【結】

泰江は、亡くなった夫の遺産で優雅な暮らしをしていた。古海は彼女に少年時代の写真を見られ、それが自分かも分からないと話した。泰江は古海の過去を調べることにした。

探偵は、真奈と歩く古海を見つけた。その写真を鳩子たちに見せると、彼女たちは「騙される馬鹿な女を見たい」と言った。

泰江から調査結果を受け取った古海は、初音に全てを告白した。すると、初音の姿が消えた。彼女は、古海が母の面影から作り上げた想像上の妻だった。

喫茶店で古海を待つ真奈を、鳩子と麻美が少し離れた所から見ている。そこに古海を探するり子がやって来た。るり子を見た鳩子たちは真奈のテーブルへ駆け寄り、全員古海の被害者だということが判明する。るり子は古海の携帯に映っていた「世界一周クルーズ」の画面を思い出した。

るり子たちが港へ行くと、泰江と一緒にいる古海がいた。女たちが揉めていると、古海は海へ飛び込んだ。

泰江は、古海が4歳から施設に入っていたこと、再婚が決まった母親が彼を殺そうとしたことを四人に話した。そして、彼が結婚詐欺をするのは、母への復讐なのではないかと言った。

どこかの港に打ち上げられた古海が意識を取り戻し、歩き始める。

この記事をシェアする