「奇跡の絆」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

奇跡の絆の概要:実話を元に、小さな愛が起こした奇跡を映画化。浮気をした罰として、妻と共に給仕ボランティアへ参加した主人公は、そこでホームレスの黒人男性と出会う。彼のことを夢に見ていた妻は、夫に友人になるよう促すのだった。奇跡の友情と夫婦愛を描いた感動作。

奇跡の絆の作品情報

奇跡の絆

製作年:2017年
上映時間:119分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:マイケル・カーニー
キャスト:グレッグ・キニア、レニー・ゼルウィガー、ジャイモン・フンスー、ジョン・ヴォイト etc

奇跡の絆の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『奇跡の絆』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

奇跡の絆の登場人物(キャスト)

ロン・ホール(グレック・キニア)
テキサス出身。画商として成功を収めるも、損得勘定で動くようになってしまう。更に浮気をしたせいで離婚の危機に陥り、デビーに許してもらう代わりにホームレスの給仕ボランティアへ強制参加させられる。デンバーと友情を育むことで、考え方を変えていく。
デビー・ホール(レニー・ゼルウィガー)
夫にも称賛されるほど、広い心を持った女性でロンの妻。不思議な夢に導かれ、夫にデンバーと友人になるよう促す。慈愛に満ち、包み込むような愛情の持ち主。
デンバー(シャイモン・フンスー)
ホームレスの黒人男性。“自殺者”と呼ばれている。凶暴で手が付けられなかったが、ロン夫妻と関わることで落ち着きを見せ、理知的な面を見せるようになる。

奇跡の絆のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『奇跡の絆』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

奇跡の絆のあらすじ【起】

今から2年前、テキサス出身のロン・ホールは画商として成功を収め、美しい妻デビーと2人の子供達と4人で豪邸に住んでいた。
生活に不自由はなかったが、29年連れ添ったデビーとは夫婦関係が冷え切って久しい。
そんなある日、ロンの浮気が発覚し夫婦は激しい口論となる。その後、一旦冷静になり考え直したデビー。彼女はロンの浮気を許し、どうしたいかを夫に問うた。すると、ロンは妻と共にいることを選ぶのだった。以降、数カ月かけて夫婦は関係の修復に尽力する。

デビーは時々、不思議な夢を見る。彼女は見た夢をロンへと詳細に語り、とある場所へと夫を連れ出した。
そこは、ホームレスへ食事を無料で提供する場所。有無を言わせず、夫を手伝いに駆り出すデビー。不平を口にするロンだったが、浮気の罰であるため、強気に出ることができない。
仕方なく食事の提供を行うボランティアに参加。

しかし突如、食堂へとバッドを振り回しながら黒人男性が乱入して来る。彼は誰かに靴を盗まれたらしく、怒り狂っている。バッドで施設を破壊する姿に誰もが怯える中、果敢にもデビーが声を張り上げ、彼の行いを咎めた。すると、“自殺者”と呼ばれた男性は、彼女に叱られたことで攻撃を止め、荒々しい様子で施設から去って行くのだった。

デビーはロンに彼こそが夢に出て来た人だと言い、夫に男性の捜索をするよう願い出る。
妻の言い分に抵抗できないロンは、夜中にも関わらず“自殺者”を探しに出かけるも、突然現れた本人に襲われ、逃げ帰って来るのだった。

奇跡の絆のあらすじ【承】

その後もデビーと共にボランティアへ参加したロン。例の黒人男性がやって来たのでデビーが名前を聞くも、彼は今にも襲い掛かりそうな態度で教えてくれなかった。
資産家の妻でありながらも、優しく慈愛に溢れたデビーと触れ合うことで、ホームレスたちも少しずつ心を開き始める。

妻がどうしても“自殺者”に食事を持って行けと言うので、仕方なく持って行ったロンだったが、相手は酷く警戒しているようで無言で立ち去ってしまう。
だがその夜、ボランティア終了後にゴミ捨てをしたロンの前に“自殺者”が現れる。彼は夫妻から親切にされたことは理解しており、傷つける気もないらしい。ロンは思い切って友人になろうと声を掛けた。すると、相手は考えさせてくれと言い、デンバーという本名を教えてくれた。

立ち去ろうとしたデンバーへロンが夕食に誘うと、一緒にレストランへ付いて来てくれる。凶暴な面はどこにもなく、淡々と生い立ちを話し始めるデンバー。母親の顔も知らず、父親とは数える程度しか会ったことがない。デンバーは祖母によって育てられたが、その祖母も病を患っており火事で亡くなってしまう。その後は敬虔なクリスチャンである叔父に引き取られ、農場で働きながら週末には叔父と共に教会へ通った。
その日はそこまで話を聞いて帰宅した。

後日、ふと思い立ってその日の予定を全てキャンセルしたロンは、道端に座り込んでいるデンバーの元へ行き、彼を美術館へ誘う。すると、デンバーは数ある中から上等なジャケットを選ぶのだった。
美術館にて絵画を見たデンバーは感じたことを口にする。それを聞いたロンは、デンバーには優れた感性と審美眼が備わっているのを知る。更に彼は1枚のショック・アートの前で立ち止まり、不意に幼い頃の昔話を涙ながらに話すのだった。

彼が語る昔話は、人種差別に基づいた凄惨な記憶だった。故に、デンバーは白人とは友人になれないと言う。だが、ロンは彼にとって2人目の白人の友人であるようだった。

奇跡の絆のあらすじ【転】

デビーがボランティアで施設へ通うようになって、沢山のホームレスが希望を抱くようになった。
ホームレスたちは誰もが、過去に深い傷を抱えている。絶望を抱えながら、それでも生き続ける意味を毎日、問い続けていたが、デビーのお陰でそんな毎日にも光が差し込んでいるようだ。

妻とともにボランティアへ通うロンもまた、デンバーと友好を深めることで、それまでの考えを改めるようになった。今やデンバーの狂暴性は鳴りを潜め、ロンにも笑顔を見せてくれるようになったが、ロンやデビーがやっていることはホームレスの自立には繋がらない。デンバーは常に本質を見つめ、ロンに突き付け続ける。

ある日の夜、デビーが映画鑑賞会を開催。一家も参加し沢山のホームレスたちも集まり、鑑賞会は成功に終わった。しかしその帰り道、デンバーがいつもいる場所にて救急車を目撃。ロンはデビーに頼まれ、子供達を連れて先に帰宅。デビーはデンバーを探し出しその安否を確認。しかも、彼女はデンバーを自宅へと連れて来てしまう。

翌朝。黒人であるデンバーを快く受け入れてくれた夫妻に対し、デンバーは自らが犯した罪を告白する。
少年だった彼は農場から逃走し、町でバスを襲った。だが、すぐさま逮捕され、なぜか10年もの刑期を課せられる。収容された刑務所は極悪人ばかりが入るようなところで、生きるためには相手の命を奪うしかなかったと言う。仕方なかったこととは言え、人殺しであることに変わりはない。デンバーは涙ながらに語り終えた。

しかし、そんな彼をデビーが慰める。デンバーは悪人ではない。生きるためには仕方のないことだったのだ。心が強い人だと言うのだった。

デンバーが人殺しであっても、人格が変わるわけではない。ロンは彼との友好関係をその後も続けることにした。すると、彼も夫妻の思いに応え前向きになり、穏やかな気質へと変貌を遂げる。全てが順調に進んでいるかのようだった。
しかしそんなある日、デビーが癌に侵されていることが判明する。

奇跡の絆の結末・ラスト(ネタバレ)

ロンは家族の集まりにデンバーを連れて行くことにした。ロンの父親は否定的で不器用な性格であるため、口があまり良くない。そんな父に嫌悪感を抱いているロンだったが、それでも愛情はある。だが、父親がデビーの癌のことに口を出してしまい、和気あいあいとした食事会の雰囲気が一変。家族の集まりは早々に解散となってしまう。
デンバーはロンを励まし父親と歩み寄るよう話すも、父と息子の確執は根深いものだった。

数日後、町へ出かけたデビーは医師の妻という女性と遭遇し、自分が末期癌であることを知ってしまう。彼女は車でひとしきり泣いた後、デンバーの元を訪れた。
彼はデビーを労り、黙って傍にいてくれるのだった。

冷え切っていた夫婦関係はいつの間にか修復され、再び強い絆で結ばれている。ロンとデビーは改めて互いへの愛を確認。そして、デビーは子供達へ父親であるロンが自分の死後、愛する誰かと一緒になりたいと言った時は歓迎するよう話す。
デビーは家族や夫の幸せを一番に考えている。そして、デンバーをも一員として受け入れ、ロンに彼のことを託すのだった。

デビーの葬式には、デンバーを筆頭に大勢のホームレスが一張羅を着て参列した。故人のリクエストにより、デンバーが挨拶を行う。彼はデビーとロンに出会うことによって、自らの境遇から解放され、生まれ変わることができた。デビーは町のために、ホームレスのために尽くし、町を変えようとしたのだ。デンバーは彼女の意志を受け継いでいくことを宣言するのだった。

しかしその後、ロンはデビーとの約束を守らず、デンバーからもホームレスたちからも遠ざかってしまう。
そうして、2年が経過。彼はデビーとデンバーのことを書き残そうとしている。彼は思い立ってデンバーの元へ訪れ、戻って来た理由を話した。そして、今度は父親の元を訪れる。
両親は最愛の妻を亡くした息子を慰めてくれた。

その夜、ロンは親友となったデンバーと共にデビーの墓参りへ。2人で夜空を眺め彼らを引き合わせてくれたデビーとの思い出を語り合うのだった。
その後、ロンはデンバーの協力を得て、著書を完成させる。本はニューヨークタイムズでベストセラーとなり、ロンとデンバーは9年間、各地で講演を行ってホームレス支援の資金として8500万ドルを集めるのだった。

この記事をシェアする