映画『恋するベーカリー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「恋するベーカリー」のネタバレあらすじ結末と感想

恋するベーカリーの概要:ジェーンは離婚して10年経ち、子供も巣立ったため、新しいことにチャレンジしようとアグレッシブに動いていた。だがそんな時、息子の卒業式に参加するために泊まったホテルで、元夫と一夜の関係を持ってしまう。

恋するベーカリーの作品情報

恋するベーカリー

製作年:2009年
上映時間:120分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:ナンシー・マイヤーズ
キャスト:メリル・ストリープ、スティーヴ・マーティン、アレック・ボールドウィン、ジョン・クラシンスキー etc

恋するベーカリーの登場人物(キャスト)

ジェーン・アドラー(メリル・ストリープ)
ベーカリーショップの経営者。ジェイクとの間に、ルーク・ローレン・ギャビーという3人の子供がいる。3人の子供達が巣立ってしまったため、寂しい思いを持て余している。
アダム・シェファー(スティーヴ・マーティン)
建築家。真面目な性格。元妻が自分の親友と浮気をして再婚をしてしまい、心に傷を負っている。ジェーンの家の増改築工事を担当する。
ジェイク・アドラー(アレック・ボールドウィン)
ジェーンの元夫。弁護士。ジェーンと結婚していたときの浮気相手であるアグネスと再婚している。自分と血の繋がらない子供(ペドロ)を育てているが、世話に手を焼いている。家に居場所がなく、ジェーンに思いを寄せるようになる。
ハーレイ(ジョン・クラシンスキー)
ローレンの婚約者。ジェーンとジェイクがホテルに入って行くのを目撃してしまう。
アグネス・アドラー(レイク・ベル)
ジェイクの妻。ジェイクと25歳年が離れている。ジェイクとの子供を望んでおり、不妊治療を行っている。

恋するベーカリーのネタバレあらすじ

映画『恋するベーカリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

恋するベーカリーのあらすじ【起】

ジェーンは友人夫妻の結婚30年記念パーティーで、元夫のジェイクと再会した。離婚して10年も経っていたためお互い大人の対応をしていたが、ジェイクの現在の妻のアグネスが現れたことで状況が一変する。気まずくなったジェーンは友人に見送られ、パーティーを後にした。

ジェーンにはジェイクとの間に、ルーク・ローレン・ギャビーという3人の子供がいた。末っ子のギャビーが家を出て1人暮らしをすることになったため、ジェーンは家に1人になってしまう。子供達の前では心配させないように明るく振る舞っていたが、寂しさは拭えなかった。

ジェーンは10年前から構想していた家の増改築に着手することにした。設計士のアダムはジェーンの細かい希望もきちんと取り入れながら、設計図を書いてくれていた。ジェーンはそのことに安堵し、計画を進めることにした。その一方で、今まで反対していた美容整形にも挑戦することにした。だが、術後3~6か月頭痛が続くと言われ、慌てて病院を飛び出した。エレベーターに乗っていると、別の階でジェイク夫妻とその子供のペドロが乗り込んできた。ジェーンはジェイクが持っていたパンフレットを見て不妊治療の病院に行っていたことに気づくが、自分は歯医者に行っていたと嘘を吐き、美容整形外科に行ったことは誤魔化した。

ジェーンはルークの大学卒業式に出席するため、予約していたホテルを訪れた。久しぶりに子供達と夕食を食べようとするが、ルークは友人達とパーティーを開く予定を立ており、一緒には食べられないと断られてしまう。ローレン達もルークのパーティーの準備を手伝いに行くため、ジェーンは寂しく1人でいることになった。ジェーンは鬱積した気持ちを解消するため、レストランを訪れた。だが、席が埋まっており、バーで待つことになった。

ジェーンはバーでジェイクと再会する。ジェイクに押し切られ、一緒にお酒を飲むことになった。2人はお酒を飲みながら、かつて付き合った恋人のことや不妊治療の話をした。お酒はどんどん進み、酔っ払った2人はベッドを共にしてしまう。情事後、ジェイクは浮かれていたが、ジェーンは後悔で一杯だった。

恋するベーカリーのあらすじ【承】

ジェーンがランニングをしていると、アダムに呼び止められる。アダムと会う約束を、忘れてしまっていたのだ。ジェーンはアダムに謝罪をすると、車に乗せてもらい家に帰ることにした。すると、アダムの車のオーディオから、カウンセリングテープが聞こえてきた。アダムは2年半前に離婚した傷が癒えず、心を落ち着かせるためにテープを聞いていた。2人は離婚により心に傷を負ったという共通点があった。

ジェーンとアダムが、ジェーンの家で増改築の話を進めていると、ジェイクが現れる。ジェイクはアダムが帰った後、なぜ電話を無視するのかジェーンに問い掛けた。ジェイクはジェーンとの情事を忘れられずにいた。しかも、家庭も上手くいっておらず、ジェーンに救いを求めていた。ジェーンは不倫はダメなことだと突っぱねていたが、ジェイクに押し切られ、再びベッドを共にしてしまう。

ジェーンがアダムと増改築について話していると、ジェイクから電話が掛かってくる。だが、ジェーンは着信を拒否し、アダムといる時間を楽しんだ。ジェーンはアダムに夕飯を御馳走しながら、なぜ離婚したのか率直に尋ねた。アダムは妻が自分の親友と浮気をしたことを打ち明けた。アダムはジェーンとジェイクの仲良さげな様子を見ていたため、羨ましいと話すが、ジェーンは喜ぶことができなかった。その頃、家の外にはジェイクが来ており、窓の外からジェーン達の仲良さげな様子を眺めていた。

アダムが帰った後、ジェイクがやって来る。ジェイクはアグネスとは喧嘩ばかりで家では安らげず、血が繋がっていないペドロの世話にも手を焼いていた。ジェイクは愚痴を言いながら、過去のジェーンとの関係を懐かしんだ。ジェーンはジェイクのことを突っぱねていたが心から拒否することができず、キスを重ねてしまう。

恋するベーカリーのあらすじ【転】

ジェーンはジェイクとの問題を独りで解決することができず、精神科医のアレンに助言を求めた。不倫を続けるべきか止めるべきか尋ねるが、アレンはどちらも選ばなかった。ただ、ジェーンが不倫の関係に罪悪感と恐怖を感じていることを話すと、アレンは心のままにいるべきだとアドバイスを送った。ジェーンはアレンの言葉に勇気づけられ、ジェイクをホテルに呼び出した。

ハーレイ(ローレンの婚約者)はローレイとホテルで会食中、客室に向かうジェイクとジェーンの姿を見てしまう。ローレイに真実を明かすことはできず、動揺を誤魔化して悟られないようにした。ジェーンはジェイクと部屋に入るが、ジェイクが突然倒れてしまう。ジェーンは妻だと嘘を吐き、医師を呼んだ。診察の結果、飲んでいた薬が原因だと判明し、事なきを得る。ジェーンがジェイクと話をしていると、アダムから電話が掛かってきて映画に誘われる。ジェイクは会いに行ける日だったため断るよう、ジェーンに囁いた。ジェーンは仕方なくアダムの誘いを断った。だがその日、ジェイクは家を抜け出すことができず、ジェーンとの約束をすっぽかしてしまう。

ジェイクはジェーンに謝罪をした。だが、ジェーンの怒りと悲しみはとても深く、愛人関係を解消することを宣言される。ジェイクがいくら止めようとしても、ジェーンの決意は固かった。

恋するベーカリーのあらすじ【結】

ジェーンはハーレイとローレンが企画したルークの卒業記念パーティーに、アダムを誘った。ジェーンはジェイクが置いていった大麻をアダムと吸い、若い頃のようにハメを外して楽しんだ。それを知ったジェイクはジェーンを非難するが、飛んでいるジェーンは聞く耳を持たず、ジェイクにも大麻を吸わせた。部屋に戻った2人は音楽に合わせて仲良くダンスを踊っていたが、アダムに誘われジェーンはジェイクの元を離れていった。ジェイクはジェーンとアダムが仲良く踊る様子を淋しげに眺めていた。その様子をアグネスが見ており、ジェイクがジェーンに好意を寄せていることを知る。

パーティー終了後、アダムに“大好きだ”と告白されたジェーンは、自分も“大好きだ”と思いを返した。2人はジェーンが経営するベーカリーショップに行き、仲良くパン作りを楽しんだ。アダムは出来上がったパンを食べながら、ジェーンに彼氏がいる気配がしたことを打ち明けた。それを聞いたジェーンは、偶に会っている人がいたが終わってしまったと正直に告白した。アダムはその答えに安堵し、ジェーンにキスをした。

アグネスに家を追い出されたジェイクが、ジェーンの家にやって来た。両親の愛人関係を知らないルーク達が父に同情したため、ジェーンはジェイクを家に泊めなければいけなくなる。ジェイクはまだジェーンとの関係を諦めておらず、子供達が見ていないところで密かにジェーンにアプローチした。

ジェーンはパソコンで、アダムとテレビ電話を楽しんでいた。だが、お互いトイレに席を立った隙に、何も知らないジェイクが裸で部屋にやって来てしまう。アダムはジェイクの裸体を見て驚愕した。部屋に戻って来たジェーンもジェイクの裸体を見て悲鳴を上げたため、子供達が何事かと心配して部屋に集まって来てしまう。ジェイクは隠し通せないことを悟り、ジェーンと関係を持っていたことを打ち明けた。子供達はショックを受け、家を出て行った。

ジェーンは落ち込みながら眠るが、目覚めるとすっきりと気持ちが落ち着いていた。子供達に会いに行き、傷つけたことを謝罪した。そして、離婚した後、別々の道を歩んでいるとお互い理解するために必要なことだったのだと正直な気持ちを打ち明けた。ジェーンはこれ以上、ジェイクと関係を続けるつもりはなかった。子供達は母の謝罪を受け入れ、抱きしめ合った。

ジェーンはアダムに会いに行き、昨夜のことを正直に打ち明けた。アダムはジェイクがまだジェーンに思いを寄せていることを知り、ジェーンと別れることを決める。増改築の仕事も別の人間に引き継ぐつもりだった。ジェーンがショックを受けながら帰宅すると、ジェイクが待っていた。2人は穏やかに話し合い、関係に終止符を打った。

増改築工事の現場にアダムの姿があった。ジェーンは驚きながらも、アダムと微笑み合った。

この記事をシェアする