「心の旅」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

心の旅の概要:敏腕弁護士のヘンリーは仕事人間で、他人を思いやる気持ちが全くない人物だった。ある夜、強盗事件に遭遇し、瀕死の重傷を負う。ヘンリーは奇跡的に助かるが、記憶喪失になっていた。

心の旅の作品情報

心の旅

製作年:1991年
上映時間:106分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:マイク・ニコルズ
キャスト:ハリソン・フォード、アネット・ベニング、ビル・ナン、ミッキー・アレン etc

心の旅の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『心の旅』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

心の旅の登場人物(キャスト)

ヘンリー・ターナー(ハリソン・フォード)
敏腕弁護士。仕事人間で、他人を思いやる気持ちが全くない。家族に対しても辛辣な態度を取る。強盗事件で瀕死の重傷を負ってからは、性格が180度変わり心優しい人物になる。
サラ・ターナー(アネット・ベニング)
ヘンリーの妻。ヘンリーとの間に、レイチェルという名の娘がいる。強盗事件が起きる前は、夫婦の中は冷え切っていた。
ブラッドレー(ビル・ナン)
リハビリトレーナー。明るく陽気な性格。ヘンリーのトレーニングを担当する。記憶喪失になってからのヘンリーの良き理解者となる。

心の旅のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『心の旅』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

心の旅のあらすじ【起】

ヘンリー・ターナーはニューヨークで弁護士として働いていた。有能な人物であったが、家族や他人のことを顧みない冷たい人物だった。ある夜、ヘンリーは煙草を買いに出かけ、小売店で強盗に遭遇する。そして、犯人に撃たれてしまう。

ヘンリーは瀕死の重傷を負うが、奇跡的に目を覚ました。ヘンリーは言葉を話すことができず、神経をやられていたため体を動かすこともできなかった。さらに、記憶も障害を受けていた。妻のサラは医師から長期のリハビリが必要だと説明を受ける。ただ、体が動くようになる保証も記憶が戻る保証もなかった。サラは涙を流しながら話を聞いた。

サラはヘンリーの病室に通った。ヘンリーはサラのことも娘のレイチェルのことも忘れてしまっていた。サラは落ち込み、レイチェルの前でも取り乱してしまう。レイチェルは母を抱き締めて慰めた。

リハビリトレーナーのブラッドレーが、ヘンリーを担当することになった。ブラッドレーは明るい男で、話せないヘンリーに対しても気さくな態度を崩さなかった。ヘンリーは努力を続け、少しずつ言葉を話し補助付きで歩けるようになった。一方、サラは金銭面で困っていたが、周囲には心配させないように気丈に振る舞っていた。

心の旅のあらすじ【承】

ヘンリーは退院することになるが、知らない場所に行くのは嫌だと言って家に帰ることを嫌がった。ブラッドレーは興奮するヘンリーを宥め、家に帰らなければならないのだと諭した。そこに、ヘンリーを迎えにサラとレイチェルがやってくる。ブラッドレーは家族で話をさせるため、部屋を出て行った。しかし、サラが誘ってもヘンリーは家に帰るのを嫌がった。

ブラッドレーはレイチェルに声をかけ、レイチェルからヘンリーに話しかけることを勧めた。レイチェルは父の元に行くと、靴紐を結ぶのを手伝った。靴の結び方はヘンリーから教わったものだった。その時、ヘンリーは家のカーペットの色を思い出す。ヘンリーはサラ達と共に家に帰ることにした。ブラッドレーは退院祝いに、ヘンリーにウォークマンをプレゼントした。

ヘンリーは戸惑いながらもサラ達と生活を始めた。事件の前は一緒に朝食を食べることはなく、粗相をしたら怒られていたため、レイチェルは優しい父に困惑した。サラはレイチェルを学校に送るため、ヘンリーと家政婦のロゼラを家に残して外出した。ヘンリーは手持ち無沙汰だったため、自分は家でいつも何をしていたのかロゼラに尋ねた。ロゼラはずっと仕事をしていたことを教えた。

ロゼラが目を離した隙に、ヘンリーが家を出て行ってしまう。帰ってきたサラは心配し、取り乱した。レイチェルが学校から帰ってきても、ヘンリーはまだ帰って来なかった。サラが探しに行こうとしたとき、ヘンリーが購入した犬を抱えて帰ってきた。サラはヘンリーが帰ってきたことに安堵した後、どこに行くか告げて外出するよう怒った。ヘンリーはなぜ怒られたのか理解していなかった。レイチェルは遅くなるときは連絡するよう父に教えた。

心の旅のあらすじ【転】

レイチェルはヘンリーと一緒に図書館に出かけた。すると、ヘンリーが本を読まずに悪戯を始めた。レイチェルが怒って本を読むよう指示すると、文字が読めないと言われる。レイチェルは家に帰り、父と一緒に本を読んで発音を教えた。ヘンリーは文字が読めたことを喜び、レイチェル、サラ、ロゼラと一緒にはしゃいだ。

ヘンリーは弁護士事務所を訪れ、資料を確認した。ヘンリーは事件の前に手がけた、マシューズ対イーストショア病院のことが気にかかった。裁判は、ヘンリーが担当したイーストショア病院の勝訴で終わっていた。病院側はマシューズが糖尿病だと知らず、「処置に責任はない」と言っていた。しかし、資料にはその場にいた別の患者が「糖尿病の話を耳にしたことがある」と言っていたことが書かれてあった。看護師は糖尿病のことを記録しておらず、証言が確かなら病院側の責任だった。記憶を失う前のヘンリーは裁判に勝つため、故意に証言を握り潰していた。

レイチェルはもうすぐ寄宿学校に入学する予定だった。しかし、レイチェルは家から離れることを嫌がっており、寄宿学校に行きたくないと思っていた。ヘンリーはレイチェルと離れるのを嫌がるが、1人で決めていいか分からなかったためサラに相談した。サラは記憶を失う前のヘンリーも承諾したことだと言って、寄宿学校に行く進路を変えなかった。ヘンリーは不安がっているレイチェルを励まし、サラと一緒に学校の前で見送った。

心の旅の結末・ラスト(ネタバレ)

ヘンリー達は小さな家へと引っ越すことを決める。外出の際、ヘンリーはサラの手を握って歩いた。記憶を失う前のヘンリーは人前で手を握ることを嫌がっていたため、サラは驚いた。サラはヘンリーと楽しそうに歩き、キスをした。2人は幸せな日々を送っていた。しかし、友人の新居祝いパーティーに行ったとき、ヘンリーのことを給料泥棒でお荷物だと悪口を言われてしまう。サラは落ち込むヘンリーを慰めるが、ヘンリーの心は晴れなかった。

サラは落ち込むヘンリーのために、ブラッドレーを招いた。ヘンリーはブラッドレーに励まされ、元気を取り戻す。ある日、ヘンリーはレイチェルから手紙を貰い、学校に連絡した。落ち込んでいる様子だったため、励まそうとしたのだ。しかし、規則があったため、すぐに電話で話すことはできなかった。

ヘンリーは同僚のブルースから新居祝いの品と手紙を受け取る。その手紙と同じ封筒が、引き出しの中にあった。引き出しの中にあった手紙を確認し、ブルースとサラが浮気していたことを知る。ヘンリーはショックを受け、家を出て行った。

ヘンリーはリッツ・カールトン・ホテルが目に入り、そこに足を踏み入れた。すると、同僚のリンダが訪ねてきた。リンダはヘンリーと関係があり、リッツ・カールトン・ホテルで会っていたことを教えた。記憶を失う前のヘンリーは、サラと別れることを約束していた。ヘンリーはリンダの話を受け止めきれず、部屋を出て行った。

ヘンリーはマシューズの家を訪ね、看護師が糖尿病のことを知っていたという証拠の書類を渡した。マシューズは喜んだ。ヘンリーは事務所に行き、弁護士を辞めることを告げた。そして、リンダにもさよならを伝えた。ヘンリーはサラの元に戻り、仲直りをした。ヘンリーとサラはレイチェルを迎えに行き、連れて帰った。

心の旅の感想・評価・レビュー

記憶を失う前と失ってからのヘンリーの性格が180度違い、それをきちんと演じ分けていたハリソン・フォードが素晴らしいなと思った。仕事の同僚としては記憶を失う前のヘンリーの方が頼もしいだろうが、家族としては記憶を失ってからの優しいヘンリーの方が魅力的に感じるだろうなと思う。レイチェルの態度から見ても、そのことがよく表れている。心温まる話でラストもハッピーエンドだったため、疲れたときやほっこりしたいときに見ることをお勧めしたい。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする