「狂覗」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

狂覗の概要:とある中学校の教師が瀕死の状態で発見された。教師たちは生徒を疑い、体育中の無人の教室で荷物検査を行う。しかし、生徒の荷物の中に思わぬ物を発見。教師たちの間には険悪な空気が漂い、言い合いが加速してゆく。

狂覗の作品情報

狂覗

製作年:2017年
上映時間:81分
ジャンル:サスペンス、ミステリー、ホラー
監督:藤井秀剛
キャスト:杉山樹志、田中大貴、宮下純、坂井貴子 etc

狂覗の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『狂覗』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年1月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

狂覗の登場人物(キャスト)

森由紀夫(田中大貴)
生活指導担当の科学教師。関西弁。
谷野十(杉山樹志)
一度教師を辞めたが、森に頼まれ臨時教師としてやってきた。教師をやめるきっかけになった過去の事件をやましく思っている。
橋本瑞穂(宮下純)
美術の教師。荷物検査にあまり協力的ではない。
管直樹(桂弘)
数学の教師。女子高生と関係を持っていることを隠したい。
校長(種村江津子)
上西の発見者。世間体を気にして、あまり事件を大事にしたくない。
上西譲(宇羅げん)
集団リンチを受けて瀕死状態になっている教師。盗撮犯。

狂覗のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『狂覗』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

狂覗のあらすじ【起】

豊玉第三中学校の校長室に、瀕死の状態の教師が倒れていた。発見した校長はすぐに警察に通報しようとしたが、ふと机の上のパソコン画面を目に留めた。「制服の下に隠された花びら」というタイトルのそのホームページは、女子学生のスカートの中が写された写真でいっぱいだった。

警察が調査をすれば、倒れていた教師・上西が生徒の盗撮を行っていたことにたどり着いてしまう。中学校の沽券に関わるため、校長は通報をやめた。上西を一旦保健室に運ばせ、暴行の犯人を探すために生活指導の森を呼び出す。

森は、体育の授業中に無人の教室で荷物検査をすることにした。荷物検査のため声をかけたのは、一度教師を辞めていた後輩の臨時教師・谷野。英語教師の片山、数学教師の管、そして美術教師の橋本もやってきたが、橋本は非協力的な態度で隅に座っていた。

生徒が知らないうちに、抜き打ちで荷物検査を行うことに気が引ける谷野。他の先生がどんどん生徒の荷物を漁っていくのを見ながら、仕方なく出てきたものを記録していった。

狂覗のあらすじ【承】

2年の生徒・万田は、芸能界からスカウトされるほどの美貌を持った成績優秀な女子だが、「猫を殺したことがある」などの妙な噂があった。万田の荷物の中にはカッターや画鋲があり、また手帳には「14歳に満たぬ者の行為は、それを罰せず」と書いていた。

万田の携帯にはロックがかかっていたため、先生たちはSDカードを取り出すことにした。慌てた管が「上西先生が万田とラブホテルに入るのを見た」という話をし始める。なぜそれを見ていたのか、なぜラブホテルにいたのか?と言われ、動揺する管。彼は、女子高生とホテルに入ろうとしていたところを万田に写真に撮られていたのだ。管は万田のSDカードを噛んで壊してしまう。

一方で黒板が汚いことに注目していた橋本は、消された文字の跡があることに気づいた。文字の跡をなぞってみると、どうやら「シネ」と書いてある。先生たちは、このクラスには万田によるいじめがあるのではないかと考え始めていた。

狂覗のあらすじ【転】

気分が悪くなってきた谷野は、記憶がフラッシュバックして幻覚を見る。窓の外を落ちてゆく女子生徒の姿。過去に教師をやめることになったきっかけの事件。

黒板を綺麗にすると、誰かが赤いスプレーをかけられたような跡が出現した。ゴミ箱の中からも、落書きされた教科書や髪の毛が出てくる。明らかないじめの痕跡に、先生たちはロックのかかっていない携帯から情報を得ようと探し始めた。

ロックのかかっていない携帯を発見すると、やりとりの履歴を表示させる。明らかになったのは、このクラスの生徒全員が上西の盗撮を知っており、集団リンチしているということだった。

そして、先ほどの万田の机が別人のものだったことも判明。万田の机はベランダから外に放り出されていた。万田はいじめをしていたのではなく、いじめを受けていたのだ。先ほど壊したSDカードが別人のものだったことに慌てた管が、万田の携帯を必死で探す。

一方で、生徒の持ち物から頭痛薬らしきものを飲んだ森は様子がおかしくなっており、谷野に「お前は生徒を殺害した」と言い放つ。谷野はまたパニックになり、事件がフラッシュバックしてしまった。

狂覗の結末・ラスト(ネタバレ)

肉体関係のあった教師が結婚することになって詰め寄った女子生徒が、運悪く屋上から転落した事故。谷野はかつてその現場を見てしまい、同僚の痴情のもつれがばれないよう「いじめによる自殺」と口裏を合わせていた。しかし、良心が咎めて耐えられなくなり、教師をやめたのだった。

ふと先生たちは、校庭に万田がいないことに気づいた。靴箱には靴がある。いじめによって服は破れている。つまり万田はどこにも行っておらず、この教室の中にいる。隠れる場所は一つしかない。授業が終わるチャイムが鳴った。

森は掃除用具のロッカーに近づいた。ロッカーの中の掃除用具はすべて外に出されている。ロッカーに開いた穴を覗くと、そこには目があった。先生たちのやりとりをすべて聞いていた万田は、「言ってやる」と小さく呟いている。

パニック状態で我を忘れた森は、掃除用具を掴むと穴に思い切り突き刺した。何度も何度も突き刺しているうちに、授業が終わった生徒たちが戻ってきていることに気づく。森は動転したまま後ずさりしていき、足を取られてベランダから落下。そのまま即死してしまった。

狂覗の感想・評価・レビュー

脛に疵を持つ者ばかりが集まる、終始どんよりした空気の会話劇。音楽の不穏さ、画面の陰鬱さ、回想や幻覚で混乱させるストーリーのなかで、一触即発の過激なやり取りが続く。

学校の抱える問題点を凝縮させて「実話に近い」テイストを作り出したものの、衝撃的なフィクションで締めくくるために見る人を退屈させない。シチュエーションが教室から離れないなかで、最低限のものを、演出で最大限にして魅せようという気概を感じさせた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする