「キューティ・ブロンド」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

キューティ・ブロンドの概要:一見おバカそうなブロントガールが、愛しの彼を取り戻す為奮闘する!軽快かつ痛烈なコメディ要素がクセになること必至。何事にも全力な主人公の姿は、誰の目にも好感的に映るのでは。

キューティ・ブロンドの作品情報

キューティ・ブロンド

製作年:2001年
上映時間:96分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:ロバート・ルケティック
キャスト:リース・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソン、セルマ・ブレア、マシュー・デイヴィス etc

キューティ・ブロンドの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『キューティ・ブロンド』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

キューティ・ブロンドの登場人物(キャスト)

エル・ウッズ(リーズ・ウィザースプーン)
ファッションが大好きな学校の人気者。しかし、恋人ワーナーに振られたことで、再び彼を取り戻すべく、彼の通うハーバード大学のロースクールを受験する。
エメット(ルーク・ウィルソン)
ロースクールでエルと知り合った男子生徒。心優しく、他とは違うエルに興味を持っている。
ヴィヴィアン(セルマ・ブレア)
エルと別れた後、ワーナーの新しい婚約者。エルにワーナーを取られるのではないかと焦り、エルに嫌がらせをする。
ワーナー(マシュー・デイビス)
エルの元彼。ブロンドは弁護士の妻には相応しくないという理由でエルを振った。

キューティ・ブロンドのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『キューティ・ブロンド』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

キューティ・ブロンドのあらすじ【起】

学校に存在するカーストの頂点、そこに君臨するのが主人公エルでした。エルは常に全身をブランドもので固め、ファッションに誰よりも気を使い、そして「デルタ・ヌー」という社交界クラブの代表も務めていました。そしてエルにはワーナーという政治家を志している頭の良い彼氏がいます。まさに彼女のスクールライフは完璧……の筈でした。

しかし卒業を間近に控えたある日、なんとワーナーが「ブロンドの女性は政治家の妻に相応しくない」と髪の毛の色を理由に振られてしまうのでした。ショックのどん底に陥れられるエルでしたが、どこまでもポジティブ思考なのがこのエルという少女です。エルは、だったら自分も彼と同じロースクールに通って、自分がただのブロンドではない、”頭も良いクールなブロンドだ”という事を見せつければいいのだと考えます。

そしてクラブの仲間たちの力も借り、エルはロースクールに受かるべく猛勉強を始めました。そして見事決死の努力が実を結び、あのハーバード大学のロースクールに合格を果たしたのです。

キューティ・ブロンドのあらすじ【承】

ですが、エルの派手好きという根本からの性格は変わりません。相変わらずブランドものを身にまとい、そしてペットの犬を連れて学校に通うという破天荒ぶりを初回から発揮します。そんなエルが教師の目に止まらない訳はなく、初日からエルはこっ酷く怒られてしまいました。

納得の出来ないエルが不満を零していると、エルを面白いと感じたエメットという男子生徒が声をかけてきます。エメットに、色々な教師の対処方を教えてもらっていたエルでしたが、何と、その場に追い求めていたワーナーが通りかかりました。エルがロースクールに受かった子に驚くワーナーでしたが、なんと彼の横には彼の婚約者であるといいヴィヴィアンという女性が立っていました。

落ち込むエルでしたが、面白く思っていないのはヴィヴィアンも同じでした。自分の”最高の彼”を盗られるのではないかと考えたヴィヴィアンは、何かとエルに冷たく当たります。そしてある日、ヴィヴィアンはエルに、「今度学校でコスプレパーティーをやる」と伝えます。

キューティ・ブロンドのあらすじ【転】

しかし、実はそのパーティはコスプレパーティーではなく普通のパーティで、まんまと騙されバニー姿で会場に向かったエルは赤っ恥をかきます。しかしそれで心折れるエルではありません。エルはワーナーを見返すべくひたすら努力を続けます。

そして、その頃キャラハン教授が、自分の担当する殺人事件弁護の助手を探していました。エルの頭じゃ無理だと笑うワーナーに対して、エルは徹底的に法律を勉強し、そして見事助手の1人に選ばれたのでした。その弁護の対象は、夫を殺したと容疑をかけられている女性で、その女性に会いに行ったエルは驚きます。何と、その女性はかつて自分が運営していたデルタ・ヌーのメンバーだったのでした。

エルは彼女が無実と信じ、独自で調査を進めます。そして、彼女にはアリバイがあるという事まで突き止めますが、他の人にはそれを口外できない理由がありました。そこでエルは、他に何か証拠になるものがないか、と同じく助手に選ばれていたエミットと共に行動を始めるのでした。

キューティ・ブロンドの結末・ラスト(ネタバレ)

新しい切り口で、次々と事件を二転三転させていくエルは、周りから高く評価されるようになって来ました。しかし、何とキャラハン教授がそんなエルを気に入り、身体の関係を迫って来たのです。そんな教授に幻滅したエルは、ショックのあまり大学を止めようとまで考え始めました。そんなエルを止めたのは、共に行動していたエメットです。

エメットは、エルには守るべき女性がいるだろうと止め、メリットに後押しされてエルは法廷へと向かいました。そして、容疑者の女性がエルを弁護士として雇うといった為、エルは初めて弁護士として法廷に立つことになったのです。そして、エルは容疑者の義理の娘の聴取から始めました。すると、エルの得意であるファッション面の供述において、彼女の供述は辻褄が合わないということに気が付き、彼女が真犯人であるという確証を持ったのです。その綻びから、義理の娘は自分が父親を殺した事を認め、事件は解決しました。

そして時は経ち、エルは卒業の日を迎えました。一躍有名人となったエルに再びワーナーが交際を申し込んで来ますが、エルはその誘いを断り、エメットと婚約するのでした。

キューティ・ブロンドの感想・評価・レビュー

バカだと思われていたブロンドの女の子が彼に振られたことがきっかけに、有名大学へ進学、弁護士になるという、いかにもハリウッドなサクセスストーリーだが、今作は何年経っても色褪せない。

主人公エルのどんなに打ちのめされても目標に向かって頑張る姿からは勇気をもらえるし、どこにいても自分のスタイルを貫く姿は格好いい。現実は映画のように簡単にはいかないとわかっているけれど、エルのように生きれたらと思う。この映画をバイブルのように繰り返し見ている女性は少なくないはずだ。

元気がない時、頑張らなくてはいけない時に観たい作品。(女性 30代)


女性には見てほしい、とても勇気を貰える映画である。主人公のエルのポジティブさや頑固さ、努力を惜しまない強い気持ち、周りからは批判されるが、貫き通す姿勢は見る人を魅了させる。どうせ無理だろうと挫折をする場面に遭遇するが、そんなことには怯まなく、前向きにどんどん挑戦していく。彼女だからこその目線も面白く、それを生かしている。最後の場面で、元彼から再び告白されるが、きっぱりと断る姿は特にスカッとする気持ちになる。(女性 20代)


リーズ・ウィザースプーンをラブコメの女王に位置付けたこの作品。「女は知性とハートで勝負する」のキャッチコピーに違わぬ、女性が生きる上での最大の課題、“外見と内面”をコメディタッチながらも丁寧に描いている。

リーズ演じる主役のエルのファッション、持ち物、部屋などがとにかく可愛い。女の子なら一度は憧れるピンクでロマンティックな世界観が何度見てもワクワクさせてくれる。
女性としての在り方、良くも悪くも可愛くっておしゃれなだけだった主人公が、今まで自分になかったものを自分の力で手に入れる全女性を幸せな気持ちにしてくれる映画。(女性 30代)


完璧主義だが、ある意味天然で実は努力家という愛されキャラの主人公エルが、髪の色を理由に振られた事から始まる物語。最初は振られた相手ワーナーを見返すという理由で勉強して、ハーバードに入学したり、様々な結果を出していくうちに、自分自身が成長し、新しい相手を見つけ幸せに生きていくまでを描いている。努力は自分を裏切らないを体現しているエルを見て、ついつい自分もと影響を受けてしまう、とても前向きになれる映画である。(男性 30代)


アメリカ映画では、若くてブロンド美人でちょっとおバカな子が主役のロマンティックコメディはお馴染みだ。

映画タイトルと主人公が着ているド派手ピンクの服から、この作品もその類かと思っていた。いざ観てみたら全くの勘違いで、いやいや、大変しっかりしたサクセスストーリーだった。

今では超有名セレブ女優、リース・ウィザースプーンの出世作といえる。周りに流されず、見た目で判断されてもめげずに前向きに何事にもチャレンジし、努力して成功を掴んでいくリース演じるエルの姿に、女性ならば世代を問わず共感し、応援したくなるだろう。元気をもらえる映画だ。(女性 40代)


かなり元気を貰えました。最初はいかにもなギャルっぷりに、苦手意識がありましたが、気が付いたら彼女を応援してました。凄く強くて逞しい女性です。遊び以外にも情熱や努力を注げて、偏見ではなく尊敬を持って人と接することが出来るのが、エルの魅力ではないでしょうか。さらに、そのスタイルを曲げずに貫き、周りの人を惹きつけ盛り上げる行動の一つ一つが素晴らしいです。法廷に弁護士としてピンクのスーツで乗り込んだり、卒業式にペットを連れ込んだり、細かなところまで個性が際立っていて良かったです。気持ちの良い作品です。(男性 20代)


落ち込んでいる時にとても元気をもらえる映画です。最初は主人公のエルがセレブなおバカキャラなので途中で見るのをやめようかと思うのですが、元彼を追ってハーバードのロースクールに猛勉強の末、合格してしまうあたりから応援したくなります。入学後は歩き方や持ち物で周囲から浮いているエルですが、持ち前の明るさと努力で味方を増やしていくので見ている方もどんどんエルのファンになっていきます。
お薦めのシーンは、序盤のブティックで店員を撃退するところと、終盤のネイルサロンで教授に会うところです。(女性 30代)

関連作品

次作 キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. yukachi より:

    全米で大ヒット舌コメディー作品。笑いが絶えないが、そのサクセスストーリーがとても満足できる作品に仕上がっている。
    主人公のポジティブ思考や、何にでもチャレンジする精神は見習いたいところだ。チャレンジの最初の目的は元彼を見返し取り返すことだったが、自信をつけた彼女には、それ以上に大切なものが手に入ったのだろう。見ていてとてもスッキリした気持ちになれるのは、自分というものを失わない彼女に共感できるからだろう。

  2. ayumaru より:

    ポジティブになれる、頑張る女の子のサクセスムービー。
    ピンクだらけのファッションやインテリアも、刺激的でパワーがもらえる。

    失恋はとても悲しいし、自信を失い、何もやる気がなくなることもあるだろう。しかし主人公のエルは、失恋しても自分を曲げたりしないし、他の恋愛で埋めようともしない。自分のスタイルを貫いて努力し続ける姿がたくましく、勇気をもらえるのだ。

    恋愛に振り回されず、自分の人生を生きるべきだ。自分を見失いそうになった時は、何度でもこの映画を観たい。

  3. ひとみん より:

    観ると元気になれるサクセスストーリー。主人公のエルがとにかくエネルギッシュ。見た目だけで人間性を判断する人は現代にも多くいますが、そういう人達に屈せず目標に向かって突き進む姿は観ていて勇気がもらえます。低予算映画ながら、主人公の部屋や服装、小物などが可愛くてストーリーも面白く、満足度の高い作品だと思います。

    20年近く前の映画ですが、日本でもミュージカル化されていて人気の高さが伺えます。ティーンエイジャーの女の子に勧めたい映画です!