映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)」のネタバレあらすじ結末と感想

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)の概要:貧民街の花屋に務めるどん臭い主人公は、皆既日食があった日に不思議な植物を発見する。生育して店先に展示した途端、花屋は大繁盛。植物の栄養源が生血であることを知り生育を続けたが、実は地球征服にやって来たグリーンモンスターなのであった。

リトルショップ・オブ・ホラーズの作品情報

リトルショップ・オブ・ホラーズ

製作年:1986年
上映時間:94分
ジャンル:ミュージカル、ホラー
監督:フランク・オズ
キャスト:リック・モラニス、エレン・グリーン、スティーヴ・マーティン、ヴィンセント・ガーディニア etc

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

リトルショップ・オブ・ホラーズの登場人物(キャスト)

シーモア・クレルボーン(リック・モラニス)
ダウタウンで生まれ育った青年。どん臭く恋に奥手。珍しい植物を育てるのが趣味。職場の同僚オードリーに恋をしているが、告白できずにいる。
オードリー(エレン・グリーン)
サディストの彼と別れられずにいる金髪の美女。シーモアと同じ花屋で働いている。優しくて穏やかなシーモアに惹かれている。
ムシュニク(ヴィンセント・ガーディニア)
花屋のオーナー。シーモアを拾って雇うが、非常に厳しく人使いが荒い。オードリーⅡのお陰で店が大繁盛し、金の亡者へと変貌してしまう。
オリン・スクリヴェロ(スティーヴ・マーティン)
傲慢で暴力的。オードリーの彼氏だが、女を従わせることで満足感を得る。恐怖に歪む表情を見るのが好きな変態。恐怖の歯医者として恐れられている。
オードリーⅡ(リーヴァイ・スタッブス)
皆既日食と共に宇宙からやって来た不思議な植物。人の血が好物でシーモアに甘言を説き、生血を調達させる。実は地球征服にやって来たグリーンモンスター。

リトルショップ・オブ・ホラーズのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

リトルショップ・オブ・ホラーズのあらすじ【起】

貧民街ダウンタウンで生まれ育ったシーモア・クレルボーンは、珍しい植物を育てるのが趣味。彼はムシュニクに拾われ、彼が経営する花屋で働いているが、どん臭くいつも鉢を割っては叱られてばかりいた。同僚には金髪で美しい女性オードリーがいる。彼女に恋をしているシーモアだったが、奥手な彼は彼女に告白できずにいた。

オードリーには好戦的でサディストな彼氏がいたが、周囲にはいい加減に別れた方が良いと言われるも、別れられずにいる。本当はサディスティックな男とはきっぱり別れ、穏やかで優しいシーモアと付き合えたらと望んでいるのだった。

花屋のオーナームシュニクは、どん臭くて全く使い物にならないシーモアと、男のせいで遅刻してばかりいるオードリーを抱え、客の来ない店の経営に頭を抱えるばかり。どうにかして、売り上げを上げて有名店にしたいと考えているが、良い案は浮かばず店を閉めるしかないと覚悟を決める。

そんな時、店の地下室でシーモアが育てているという、謎の植物を店舗のウィンドウに展示してはどうかとオードリーが提案。ムシュニクはシーモアの植物、オードリーⅡを目にして一笑に付すも、どうせ閉店間際なのだからと半ば捨て鉢でそれを許した。

すると、不思議なことにオードリーⅡを一目見た身なりの良い紳士が突然、来店しバラを100ドル分購入すると言い出す。その後も次々とオードリーⅡを見た客が来店し、用意していた花が全て完売してしまう。

その後も店は連日、満員御礼。ムシュニクの花屋はたちまち有名店となった。だが、その代りオードリーⅡが萎れ始めてしまい、必死になって植物の世話をするシーモア。様々な方法を試すも、一向に元気にならないので頭を悩ませていたが、バラの棘で傷つけた指にオードリーⅡが反応することを発見。まさか、栄養は人の血液か。彼は思い切って2・3滴、血液を与え元気に大きくなれと願った。

すると、驚いたことに翌日、オードリーⅡが一回り大きく育っている。ムシュニクは植物が元気になったことで、商売繫盛にもろ手を挙げた。このことが話題となり、シーモアとオードリーⅡはラジオ出演にも招待され、更に花屋は名を広めることになる。

リトルショップ・オブ・ホラーズのあらすじ【承】

今やオードリーⅡを育てるシーモアも有名人。彼は先日あった皆既日食の際、謎の光と共に出現した植物を発見。中国の花屋の棚に並んでいたので、金を払って植物を購入した。そして、オードリーⅡと名付け育てたのである。
植物にはどうやら意思があるようで、シーモア以外の人間にも興味を示す。栄養源は人間の血液であるため、シーモアはオードリーⅡが欲しがるだけ自らの血液を与えて育て続けた。
それと同時に店も混み合ってムシュニクも笑いが止まらない。

連日、忙しく働くシーモアとオードリー。オードリーⅡは人の背丈ほどの大きさまで育ち、日に与える血液も増える。シーモアは疲れと貧血にて朦朧としていたが、そんな彼をオードリーが励ましてくれるのだった。

その日の夜、閉店後の片づけをしていたシーモアの前に、オードリーの彼氏オリン・スクリヴェロが現れる。オリンは傲慢で好戦的。女を従わせることを良しとしているのだった。シーモアはオリンに従わせられるオードリーを目にし、なんて酷い男なのだと呟く。すると、またもオードリーⅡが萎れてしまう。

シーモアは連日の出血で貧血気味。指も傷だらけで治る暇もない。回復を待って欲しいと声をかけると、空腹だと呟きが聞こえる。声の主はなんとオードリーⅡである。植物が話せるようになるとは。シーモアは驚愕したが、オードリーⅡは一晩中、生血を飲ませろと叫び続ける。生血など人を殺害する以外に調達できるはずがない。今や人間よりも成長したオードリーⅡは自由に蔓を動かし、自らどこへでも行けると言う。奴は甘言を説き、シーモアが思いを寄せるオードリーを苦しめるオリンを餌にすれば、苦しむことはないと告げるのであった。

リトルショップ・オブ・ホラーズのあらすじ【転】

暴力的なオリンが消えれば、オードリーには平穏が訪れる。シーモアはそう信じて、オリンが営む歯科医院へ。オリンは恐怖に歪む表情を目にすることで、快感を得る変態だった。彼はより多くの快感を得るため、笑いガスを多用。シーモアを恐怖に陥れようとしたが、ガスのバルブが故障してしまい、そのせいでガス中毒となり息絶えてしまう。

シーモアは自ら手を下すことなく、亡くなったオリンを花屋へ運び解体した後、オードリーⅡへと与えた。しかし、その様子をムシュニクが密かに目撃してしまう。
オリンが行方不明になったことでオードリーは涙に暮れていたが、シーモアはこの機に乗じて彼女を一心に励まし、心を射止めることに成功。2人は互いの望みを叶え、晴れて結ばれるのであった。

幸せな気分で帰宅したシーモア。だが、そこへムシュニクがやって来て、罪を告白しろと詰め寄る。彼はシーモアに銃口を向け警察に出頭するか、見逃す代わりにオードリーⅡを置いて行くかを迫った。シーモアは怯えながら嘘の手入れ方法を教え、ムシュニクをオードリーⅡの餌にしてしまうのだった。

リトルショップ・オブ・ホラーズの結末・ラスト(ネタバレ)

それからはスター街道へまっしぐら。シーモアには講演旅行の話や園芸ショーと題したテレビ番組、数々の取材の話が圧しも切らずに舞い込んでくる。彼は訳も分からず、連れ回されては報道陣に囲まれて今や時の人。だが、あちこちに引っ張り出されている間、シーモアⅡは家の天井につくほど成長したが、餌が切れてしまったために萎れてしまう。

シーモアは我に返り、報道陣や記者達を追い返した。冠テレビへの出演が決まれば大金が舞い込む。大金が手に入れば、貧民街からの脱出が叶うため、オードリーと結婚し幸せな家庭が築けるではないか。シーモアはオードリーから結婚の約束を取り付け、荷物をまとめて店から去ろうと決めた。

しかし、そうはさせまいとオードリーⅡ。シーモアに餌を強請り調達に行かせている間、電話にてオードリーを店に呼び出し、彼女をおいしくいただこうとする。そこへ、シーモアが戻りオードリーを救出。
彼女へと全てを明かしたシーモアだったが、オードリーは金銭目当てで彼と一緒になるわけではない。彼女は初めて会った時からシーモアに好意を寄せていたのである。2人は改めて互いの心を打ち明け合い、気持ちを確かめた。

そうして、シーモアはオードリーⅡと対決し、根絶やしにしようと考えるのである。だが、オードリーⅡは鉢を破壊し、根を足にして立ち上がる。それから、自分は宇宙から地球征服のために来訪した、グリーンモンスターなのだと明かし、シーモアを追い詰めておちょくるのであった。
そうして、花屋を根こそぎ破壊し、シーモアを生き埋めにしてしまう。だが、シーモアとてバカではない。彼は電線を手にオードリーⅡへと攻撃し、奴を爆発させ息の根を止めるのであった。

画して、シーモアとオードリーは予定通りに結婚し、夢のような幸せな家庭を築くのである。庭先にオードリーⅡの新芽があることなど、露とも知らずに。

この記事をシェアする