映画『マトリックス リローデッド』あらすじとネタバレ感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『マトリックス リローデッド』あらすじとネタバレ感想

映画『マトリックス リローデッド』の概要:1999年に公開され、その世界観やVFXが話題になって大ヒットした「マトリックス」の続編。暴走を始めるスミスや、救世主として覚醒したネオが設計者・アーキテクトに会うまでを描いた。

スポンサーリンク

映画『マトリックス リローデッド』 作品情報

マトリックス リローデッド

  • 製作年:2003年
  • 上映時間:138分
  • ジャンル:SF、アクション
  • 監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
  • キャスト:キアヌ・リーヴス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィーヴィング etc

映画『マトリックス リローデッド』 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

映画『マトリックス リローデッド』 あらすじ(ストーリー解説)

映画『マトリックス リローデッド』のあらすじを紹介します。

コンピューターの反乱によって戦争が続く世界。
ネオは、恋人トリニティーが命を落とす悪夢を頻繁に見るようになっていた。
ネブカドネザル号には、前任者ドーザーの遺言によって着任した新しいオペレーター、リンクが加わった。

預言者からの連絡が届き、ネオはマトリックスに入る。
彼女はネオに、“キー・メーカー”を探して“ソース”に会うよう助言をする。
しかしエージェントでは無くなったスミスが自分をコピーし続け、ネオを執拗に狙ってきた。
大勢のスミスに攻撃されるも、逃げる事に成功したネオ。

モーフィアス、トリニティー、ネオは、マトリックス内で大きな力を持ちキー・メーカーを捕らえているメロビンジアンに会いに行く。
彼は引渡しを拒否するが、妻パーセフォニーが独断でキー・メーカーを開放。

メロビンジアンの部下と増殖を続けるスミスたちに追われ、危機に陥るトリニティー、モーフィアス、キー・メーカー。
ネオはひとり遠くに飛ばされてしまうが、驚異的なスピードでトリニティーたちの元へ向かう。
助けに来たロゴス号とビジラント号のメンバーに助けられ、合流したネオがスミスたちを退けて、全員無事に現実世界へ戻ることに成功。

キー・メーカーの情報と作った鍵を利用し、進入が難しいソースの中核へ向かうことになった3つの船のメンバー。
トリニティーの危険を察知したネオは、彼女にマトリックスに入らないよう約束させる。
しかし、予想外のトラブルが起こりトリニティーがマトリックスに入ることに。

その頃、多くの犠牲をはらってソースの中核に存在する設計者と対面したネオだったが、驚愕の真実と選択を突きつけられてしまう。

映画『マトリックス リローデッド』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『マトリックス リローデッド』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『マトリックス リローデッド』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『マトリックス リローデッド』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

独特のアクションシーン

前作「マトリックス」同様に独特のVFXが多様され、特に有名な、流れるように銃弾をよけるシーンや、カンフーアクションシーンも登場する。
また、話の中でしか出てこなかったザイオンが登場し、近未来の人類が隠れて暮らす雰囲気がよく出ている。

異質な存在を削除する“エージェント”ではなくなったスミスが、他のエージェントも取り込んで増殖を続けながら、全員でネオを攻撃するシーンは圧巻。
モーフィアスとトリニティーがキー・メーカを守りながら、メロビンジアンの部下ツインズとカーチェイスを行う場面もハラハラさせられる。
ハイウェイでのカーチェイスというだけでも緊張感があるのに、透明化して物体を通り抜けて襲ってくるツインズ、そして彼らを見つけたエージェントや無数のスミスが襲ってくるという、普通のアクション映画には無い緊迫感を楽しめる。

モーフィアスが日本刀を手に戦うシーンは、日本人としてはちょっと嬉しいものがある。

難しいストーリー設定

宗教、哲学の言葉が多く登場するが、馴染みがないと理解に苦しむストーリー。
預言者オラクルがマトリックス内部の仕組みやコンピューターの話、哲学の話を延々と続けるシーンは、難しくてついていけない部分が多すぎる。

設計者アーキテクトの話も、世界が消滅と再生を繰り返していてネオには5人の前任者がいたというのはよくわかるが、それ以前の失敗についてが難しい。
また、世界を守ることを選ぶ場合の人数が、男性7人女性16人とキッチリ決まっているのも謎。
予知夢として、トリニティーがビルから落ちる場面を見ているネオに、トリニティーを助けにいく選択と世界を守る選択を与えるのは面白さに欠ける。

モーフィアスとナイオビ、彼らの上司にあたるロック司令官の3角関係は、VFX技術に重点を置く作品の中で貴重な人間味があふれるものになっている。


アクションやCGが派手で目を惹かれるけれど、ストーリーは深く難解で一度観ただけではよく理解できない作品です。
1作目と比べるとキャラクターが一気に増えるのでついていくのが大変です。
印象深いのは、オラクルのシーンとメロビンジアンのシーン。どちらもセリフが非常に抽象的でシリーズを何度も観ないといけません。ただ、たくさんの名言が散りばめられた場面です。
アクションではモーフィアスが刀を使うシーンがあります。ハリウッドの映画で刀を使うシーンでは首を捻ってしまう描写が多いですが、この作品では描写に違和感を抱きませんでした。(女性 30代)


三部作のうちアクションシーンが極まったなと感じたのが今作。大量のスミスとの息もつかせない長尺の戦闘シーンはボルテージが上がる。

アクションシーンは大満足なのだが、物語に少し不満点。恋愛とか愛を絡める話は別にいいのだがキャラクター同士の心の動きが読み取れなかったため、二人のキスシーンで置いてけぼりに。二人の関係はもともと定められたものだったという演出だったとすれば、それを読み取れていない自分はまだまだというところだ。

続編の定めだが中途半端なところで物語が終わってしまうのも少し残念。(男性 30代)


3部作の2作目、よって話は解決せずに終わる。しかしネオの無双ぶりを堪能できるのはこの2作目かもしれない。自在に空を飛び、新しい敵キャラのツインズや進化したスミスとのアクションも見物。高速道路やついに描かれたザイオンなどのシーンなど、映像的にも見所満載。
ただしストーリーというか「マトリックス」とは一体何なんだ、ということは一度観ただけでは分からないかもしれない。むしろ「アニマトリックス」等の他の媒体と合わせてようやく見えてくるような。そういった能動的な見方をすると楽しい1本。(男性 40代)

映画『マトリックス リローデッド』 まとめ

前作「マトリックス」よりもパワーアップしたVFX技術で見せる映像の数々は素晴らしく、カーチェイスや銃撃戦、カンフーアクションのシーンもしっかり撮影されている。
しかし、ストーリーが難しくなってきていて、仮想空間マトリックスと現実世界の両方の登場人物も増えるため、頭を抱える部分が多い。
前作で生き残ったキャストはほぼ全員が続投していているが、多すぎるとやはり収集がつかなくなる。

キー・メーカーが“いかにも日本のカギ職人”という風貌だったり、三船敏郎がモデルだという“ミフネ”という名前の登場人物が出てくるなど、馴染みやすいものも多い。
トリニティーがバイクに乗ろうとするとキー・メーカーがそのバイクのカギを手渡し、便利だと言われるシーンには笑ってしまう。

関連作品

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画アクション映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました