「ムーンライズ・キングダム」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ムーンライズ・キングダムの概要:ウェス・アンダーソン監督作品。ウェス・アンダーソンファミリーも多数集結しており、更にブルース・ウィリスなども出演している豪華俳優陣。監督特有の色彩の使い方も健在。

ムーンライズ・キングダムの作品情報

ムーンライズ・キングダム

製作年:2012年
上映時間:94分
ジャンル:ヒューマンドラマ、コメディ
監督:ウェス・アンダーソン
キャスト:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド etc

ムーンライズ・キングダムの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ムーンライズ・キングダム』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ムーンライズ・キングダムの登場人物(キャスト)

サム・シャカスキー(ジャレッド・ギルマン)
島に住む孤児の少年。ボーイスカウトに所属しており、活動の一環で劇場に行った際スージーと出会う。
スージー・ビショップ(カーラ・ヘイワード)
島に住む少女。サムと恋に落ち、駆け落ちを試みる。
シャープ警部(ブルース・ウィリス)
島で生活する警察官。スージーの母親と密会する様子が度々スージーによって目撃されている。

ムーンライズ・キングダムのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ムーンライズ・キングダム』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ムーンライズ・キングダムのあらすじ【起】

時代は少し遡り1965年。12歳の少女、スージーは少し変わった女の子で、趣味はファンタジー小説を読み空想にふける事、そしていつも持ち歩いている双眼鏡で、様々なことを観察する事でした。

彼女はアメリカのニューイングランド沖にある小さなニューペンザウス島という離島に、厳しく頑固者の父親ウォルトと、口うるさい母親ローラ、そして3人の弟達と暮らしていました。いつものように双眼鏡から世界を覗いていたスージーは、母親と島の警 警察官であるシャープ警部が、何故かこっそりと密会をしている場面を見つけてしまいます。しかし彼女はあくまでも傍観者である事に徹していますので、その事を特に父親に言うわけでもなく、あくまでもただただ眺めているだけでした。

一方同じ頃、島にあるボーイスカウトのキャンプ場でもちょっとした事件が起きていました。ウォード隊長が率いる隊のメンバーの1人、サムという少年が置き手紙を残してキャンプ場から姿を消してしまったのです。

ムーンライズ・キングダムのあらすじ【承】

実はこのサムという少年とスージーは知り合い同士でした。それは一年前のこと、ボーイスカウトの活動の一環で劇を見にいったサムは、その劇にカラス役で出演していたスージーと出会ったのです。互いに一目惚れをした2人は、文通を始めます。そしてその文通で、2人は一年後に駆け落ちをしようと決め、今まで大人に隠れて秘密裏に計画を練ってきたのでした。そしてその一年後と言うのが、サムがキャンプ場から消えた今日この日だったのです。

一方スージーもサムと落ち合う為に家を出ました。彼らは草原で落ち合い、「3.25海里 潮流口」という場所を彼らの愛の拠点としました。2人はその潮流口を『ムーンライズ・キングダム』、日が昇る王宮と名付け、海で遊び、ダンスを踊り、口づけを交わし、夢のような時間を過ごします。

しかし翌朝、彼らを探しにきたボーイスカウトや親など大人達の手によって、2人の王国『ムーンライズ・キングダム』は終わりを迎えてしまいます。

ムーンライズ・キングダムのあらすじ【転】

こうして離れ離れにされてしまった2人は、それぞれの場所に戻ることになりました。しかし、実の両親と暮らし実家に戻ることになっていたスージーとは違い、サムは孤児で里親と暮らしていました。しかしその里親は、この件の事もありサムを再度引き取る事を拒否してしまいます。

問題を起こし里親に断られたサムは、少年収容所に戻される運命となりました。しかし、今回の事の顛末を知っており、サムを引き取ると言う大人が現れました。それはスージーの母親と密会していたシャープ警部でした。シャープ警部は自分が1人で済むトレーラーハウスでサムと共に暮らす決意をします。2人は愛について語らい合い、サムはようやく相談できる人間ができたのでした。

一方、スージーも母親に初めて自分の気持ちについて打ち明けるのでした。その頃、今までボーイスカウトでサムを仲間はずれにしていたメンバーが今回の事を知り、何とかサムとスージーをもう一度会わせてあげよう、と計画を練り始めていたのでした。

ムーンライズ・キングダムの結末・ラスト(ネタバレ)

そして計画を練ったボーイスカウトの少年達は、ボートを出してスージーとサムを島から脱出させます。そして少年達の見守りのもと、2人は結婚式を挙げるのでした。本来であればその後、大人達の手が届かない様に違う島へと移動する予定だった一行でしたが、サムを嫌っている1人が警報を出し、大人に彼らの場所を知らせてしまったのでした。

島には大型ハリケーンが襲ってきていました。2人と大人達はその嵐の中、激しい逃走劇を繰り広げます。教会に身を隠していたスージーとサムでしたが、とうとうその教会にも大人達が雪崩れ込んできました。その場には福祉局の人間もいて、サムを捕まえ、少年収容所に連れ戻そうとしていました。

しかし、短い間ですがサムとトレーラーハウスで同居していたシャープ警部が、サムを本当の養子にする事を決意します。そのおかげで、サムは少年収容所ではなく、スージーの家の近くにあるシャープ警部のトレーラーで本当に暮らせることになりました。そして2人は引き離されることなく、幸せに暮らすのでした。

ムーンライズ・キングダムの感想・評価・レビュー

大人のもとでしか生きられない子どもたち、思春期に差しかかった危うい年頃の少年少女が描かれた作品。
ウェス・アンダーソン監督の世界観なので、リアルとは言えないのですが、ひょうひょうとした動き、ぶっきらぼうなセリフ、そこから見える子どもたちの心の声がちゃんと聞こえます。
観終わったあと温かい気持ちになれます。
完全にハッピーエンドなのもすごくいい。
あの島に、あのムーンライズ・キングダムに行ってみたい。(女性 40代)


ウェス・アンダーソン節炸裂の今作です。
監督との共作が多いビル・マーレイやエドワード・ノートンらも当然のように出演します。独特の世界観に共感を得たキャスティングなのかな、と思うと嬉しくなります。今回も子役達を主役としたファンタジーともシリアスとも言い難い、不思議な感覚を覚える作品でした。シナリオはともかくとして、この美術作品を多くの人に観てもらいたいです。(女性 20代)


サムとスージーの駆け落ち冒険物語。
子どもの頃、大人のいない世界に逃げ出したいと思ったことがあるので、ムーンライズ・キングダム島で過ごす二人の姿が羨ましくて、微笑ましかった。
子どもの好奇心、冒険する行動力、こういったことは大人になっても忘れないでいたい。
それと、海で音楽にのって踊る時のサムのおかしな動きがクスッと笑えた。
本作でもウェス・アンダーソンの独特の世界観を観れて、彼は本当に素晴らしい芸術家だと毎回感心して止まない。(女性 20代)

この記事をシェアする