映画『長い散歩』あらすじとネタバレ感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『長い散歩』あらすじとネタバレ感想

映画『長い散歩』の概要:2006年の日本映画。奥田瑛二監督の3作品目で主役は緒形拳が演じている。初老の男が自分の人生を振り返り、虐待を受ける少女の魂を救う感動の物語。

スポンサーリンク

映画『長い散歩』 作品情報

長い散歩

  • 製作年:2006年
  • 上映時間:136分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:奥田瑛二
  • キャスト:緒形拳、高岡早紀、杉浦花菜、松田翔太 etc

映画『長い散歩』 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

映画『長い散歩』 あらすじ(ストーリー解説)

映画『長い散歩』のあらすじを紹介します。

名古屋で高校の校長を勤めてきた安田松太郎(緒方拳)。
彼は仕事人で厳格であった。
そのため実の娘が万引きしたときも理由も聞かずに手をあげ、そのせいで彼の妻はアルコール中毒になってしまいすでに亡くなっている。
定年を迎え家族を壊してしまった贖罪のため唯一の財産である家を娘に渡し、1人小さなアパートに引っ越すことにした。

新しい孤独な生活を始めた松太郎の隣の部屋には水商売をいている母親と5歳の娘が暮らしていた。
幼稚園にもいかずいつも階段で空を見ている少女を不思議だと思いつつそのままにしていた松太郎。
しかしその娘は母とその彼氏に虐待されていたのだ。

あるとき松太郎は虐待を受けそうなところ彼女を救い、一緒に来ないかと尋ねる。
しかし心身共に傷つけられてきた症状は心を開くことも、言葉を発することもなくただ着いてきた。
松太郎が向かったのは昔家族でいった山だった。
幸せだった頃の自分を振り返りたいのか、彼女を救いたいのか。
二人の長い散歩が始まったのだった。

旅の途中にはアメリカ帰りで悩んでいる謎の青年ワタル(松田翔太)と出会い、心を通わせるようになる。
しかし彼は自殺してしまう。
この物語は、登場人物それぞれが苦しむ人生を描いたロードムービーである。

映画『長い散歩』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『長い散歩』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『長い散歩』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『長い散歩』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

緒形拳の演技を見るだけでも価値のある作品

あまり知られていない作品であることが残念である。
公開当時は緒方拳もベテラン俳優という認識しか無く、まさか亡くなることなんて誰も想像していなかったため皮肉にも死後鑑賞されるようになった映画であるだろう。
本作品は過去を後悔し続ける老人と虐待を受ける少女、世の中に不満や疑問を持つ若者がそれぞれの人生を悩み考え生きているという強いメッセージが込められている。
そのメッセージを軽いものにしていないのが緒方拳の演技である。
その刻んできた長い時間が本人の俳優人生とだぶって見えてしまったのは自分だけではないはず。

手作りで作った現実逃避の道具、天使の羽を背負っている少女の手を引き山を登っていくシーン。
この後ろ姿を見ただけで不思議と泣けてしまったのである。
特に自殺をするとか少女に何かあるかもしれないという危機的なシーンでは無いのにも関わらず、どこか危うい雰囲気を出している。

ただ歩いているだけのシーンでこんなに感銘を受けたことが無い。
映画というものは俳優の演技で評価がどうとでも変わってしまうものだと痛感した瞬間でもあった。

結果的にはバッドエンド、少女の行く末が気になる結末

虐待をしている母親は少女が誘拐されたと通報。
一緒に姿を消した隣人の松太郎が疑われるのに時間はかからなかった。
この映画は最初に松太郎が出所したところから始まっているため、ここで逮捕されてしまうというところに繋がるようになっている。
虐待をしていた母親とその娘の行く末も気になるところだし、人生や法の理不尽さに思わず悔しさを覚えてしまう。
首に絞められた跡が残っていた娘と母親は一緒には暮らせないはず。
その後の彼女の様子を少しだけ見せて欲しいという気持ちになる映画である。

映画『長い散歩』 まとめ

久しぶりに号泣した邦画であった。
どうしてこのような素晴らしい映画が日の目を見ないのか、悔しくてたまらない。
日本の社会問題をうまく取り上げていて、よくまとまっている。
人生はこんなものなのだと落胆する反面、小さな希望も与えてくれる。
まるで今生きている自分たちのことを描かれているかのような気分にさせられてしまうのだ。
奥田瑛二監督の作品は初めて鑑賞したが、俳優業よりも向いている気がする。
何が伝えたいのかわかりやすく、感情を込めやすいのかもしれない。
またキャスティングの良さも見事で、少女役の女の子も非常に作品に溶け込んでいてリアルな映画となっている。
このような社会問題を描く監督はたくさんいるかもしれないが、ぜひ奥田瑛二というネームバリューを使って広めていって欲しいものである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました