映画『NANA』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「NANA」のネタバレあらすじ結末と感想

NANAの概要:矢沢あいの爆発的ヒットとなった大人気コミック、『NANA』を実写化第一弾として話題となった。主演は歌姫中島美嘉で、実際に作中の楽曲のボーカルも担当している。TRAPNESTのボーカルには歌手の伊藤由奈を起用。

NANAの作品情報

NANA

製作年:2005年
上映時間:114分
ジャンル:ラブストーリー
監督:大谷健太郎
キャスト:中島美嘉、宮崎あおい、成宮寛貴、松山ケンイチ etc

NANAを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『NANA』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

NANAの登場人物(キャスト)

大崎ナナ(中島美嘉)
バンド、Blackstonesのボーカル。地方で活動していたが、レンの引き抜きをきっかけに上京、新生Blackstonesを始める。
小松奈々(宮崎あおい)
ナナとルームシェアしているもう1人の”なな”。先に上京した彼氏、章司の後を追い東京へ。
本城蓮(松田龍平)
元Blackstonesのメンバーでナナの恋人。現在はTRAPNESTの一員として活躍している。

NANAのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『NANA』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

NANAのあらすじ【起】

小松奈々は、大学時代から付き合っている彼氏、遠藤章司を追い新幹線で東京へと上京している最中でした。そんな時、全身を真っ黒のゴリ系のコスチュームで固めた女性と隣の席になります。彼女の名前は大崎ナナ。彼女は地元でBlackstonesという人気バンドのボーカルを務めている人材でした。

Blackstonesはデビュー以来、その実力で徐々にファンを獲得、揺らぎない人気を獲得しつつありましたが、ある日そのうちの1人、大崎ナナの恋人でもある本城蓮にだけ他のバンドからの引き抜きの声がかかります。そして蓮はその誘いに乗り、結果ナナと蓮は別れる事になったのでした。ナナはたまたま、東京で自分の力で成功するため小松奈々と同じ新幹線に乗り合わせていたのでした。

ゆるふわ系の小松奈々とパンク系ファッションの大崎ナナ、外見も性格も全く異なる2人でしたが、何故だか2人の息はあいました。新幹線における2人の旅は、お互いのとりとめない話を語り合いながら楽しいものとして過ぎていきます。

NANAのあらすじ【承】

無事に新幹線も降り、2人の短い出会いは終わりを迎えたかのように見えました。しかし数日後、大崎ナナと小松奈々は同じ家を借りようとしてしまい、再び顔を合わせることとなったのです。優先権としてはナナにあったのですが、新幹線で気があったということもあり、2人はこの家でルームシェアする事となります。

ナナは奈々に、東京で1人でバンドマンとして成功するという夢を語りますが、ナナを追い、元Blackstonesのギター、ノブが上京してきます。その後同じくドラム担当であったヤスも上京、更に岡崎真一という青年をレンの代わりに新しくベースとして加入します。他のメンバーの熱い思いを聞き、ナナは新生Blackstonesを立ち上げる決意をします。

一方奈々は憧れの彼氏との生活に胸を躍らせていましたが、元来の菜奈のわがままな性格もあり章司と噛み合わない日々が続きます。一方章司は、同じバイト先の幸子という見た目も可愛く話も自分と会う女の子に心惹かれ始めていました。

NANAのあらすじ【転】

幸子と奈々の間で心揺れる章司ですが、今まで付き合ってきた奈々に誠意を見せる為にも幸子との関係性を終わらせようとします。しかし、章司の事を本気で思っている幸子は、「彼女がいてもいい」と章司との関係を続ける事を望みました。章司もその幸子の強い想いに流されてしまい、とうとう2人は関係を持ってしまいます。

その事を知らない奈々は、章司にナナを紹介しようと章司と幸子の働くバイト先を訪れました。幸子は初めて章司に恋する奈々の姿を見て、自分のしている事に罪悪感を感じ、章司と別れようと決意します。しかし今度は章司がそんな幸子を「奈々と別れるから」と留めます。そのやり取りを目にしてしまった奈々は、呆然としながらも章司との関係を終わらせました。

その後、奈々をサポートしたのはナナと新生Blackstonesでした。そんな時奈々は大好きなバンド、TRAPNESTのチケットを手に入れます。しかしナナはそれに対して何とも微妙な表情を浮かべています。実はTRAPNESTはレンが移籍したバンドだったのです。

NANAの結末・ラスト(ネタバレ)

迷うナナですが、決意を固めて奈々とTRAPNESTのコンサートへと向かいます。そしてやはりステージの上では、長年見続けてきたレンの姿がありました。スポットライトを浴びながら楽器を奏でるレンの姿に、ナナは静かに涙を流します。そんなナナの手を、奈々は黙って握りました。

一方、レンもステージの上からナナの姿に気がついていました。実はナナがずっとレンに想いを寄せていたように、レンもナナに変わらぬ愛情を持ち続けていたのでした。しかし素直になれない2人はそのまま発展を見せようとしません。そこで2人の間にヤスが仲介に入り、とうとう2人は再開を果たします。そしてレンは長年の想いをナナへと伝え、2人はようやく関係性を取り戻すのでした。

数日後、奈々は仕事から疲れ果てて帰ってきました。そして自宅の玄関を開けると何とそこには憧れていたTRAPNESTのベース、一ノ瀬巧の姿がありました。実はナナがレンを通して、巧との出会いをセッティングしていたのでした。奈々は喜びのあまり嬉し涙を流します。そんな奈々を、ナナは優しく抱きとめるのでした。

NANAの感想・評価・レビュー

キャストに違和感も無く、逆に漫画では味わえなかったトラネスとブラストの曲が聞けるのが良い。
性格も考えも相反する中島美嘉扮するブラストのナナと、宮崎あおい扮する奈々の再現度が高く、漫画から見ていた側としては嬉しい限りである。
又、漫画では味わえなかったライブの臨場感も映像として楽しめるので、この作品の映画化は成功といえるだろう。
音楽ものとして楽しむというよりは、恋愛関係を含めた人間関係に重きを置いた作品である。(男性 30代)


たまたま新幹線の隣に座った人が同じナナという名前だった所から物語が始まる。矢沢あい先生の漫画をアニメ化し、そして映画化されたのだが、一ファンとしてはやっときたかという思いである。性格も見た目も交友関係も、全く正反対の二人が共同生活をし、それぞれの友人たちとの交流や恋愛、音楽の仕事などを描いている。一人一人の個性も強く、漫画やアニメを見ずに映画を見ても、分かりやすくまとまっており、また原作の漫画を読みたくなる作品でもある。(女性 20代)


中島美嘉はナナそのもので、宮崎あおいもハチだった。
漫画の人物通りのはまり役。
原作漫画のファンにとって実写化はドキドキものだけど、二人のはまり役のおかげで楽しめた。
ハチの一途さに可愛いなと思う反面イライラするところもある。
ナナの切なく気高い姿ながらも心の中にある脆くピュアな立ち姿。
とにかく二人がイメージ通りで大満足。トラネスとブラストのライブシーンも漫画では体感できなかったので映画化されて嬉しかった。(女性 40代)

関連作品

次作 NANA2

この記事をシェアする