映画『楢山節考(1983)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「楢山節考(1983)」のネタバレあらすじ結末と感想

楢山節考(1983)の概要:山中のある寒村。ここは気候に恵まれず、村人達は貧困に苦しめられていた。樽山参りを控えた老婆の家族は、村の掟によって様々な問題を抱えていた。そして老婆は、強い決意で楢山参りに向かう。

楢山節考の作品情報

楢山節考

製作年:1983年
上映時間:131分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:今村昌平
キャスト:緒形拳、坂本スミ子、あき竹城、倉崎青児 etc

楢山節考の登場人物(キャスト)

辰平(緒形拳)
寒村に住む家族の長男。前妻を事故で亡くし、玉やんと再婚する。二人の息子と一人の娘がいる。短気な性格で、父親を殺してしまった過去を持っている。楢山参りのため、母親のおりんをおぶって山へと向かう。
おりん(坂本スミ子)
辰平の母親。70歳になり、楢山参りを控えている。楢山参りを前に、村の掟が原因で抱えた様々な家族の問題を解決するために骨を折る。自ら楢山参りに行く意気込みを見せるほど、芯の強い老婆。
玉やん(あき竹城)
辰平のもとに嫁いできた2番目の嫁。明るい性格で、仕事も良くできる女。見た目は美しくないが、辰平との体の相性は良い。
利助(左とん平)
辰平の弟。長男以外は子孫を残せないという村の掟に苦しむ。自分の性欲を、動物で処理している。口臭が酷く、村人達から馬鹿にされている。
けさ吉(倉崎青児)
辰平の息子。能天気な男で、真面目に仕事をしない。自分が長男であることをいいことに、いろんな女と遊んでいる。自己中心的な男。
松やん(高田順子)
けさ吉の妻。家族が貧困に苦しみ、辰平の家から食料を盗んでいる。村人に盗みがバレた一家と一緒に、土に埋められてしまう。顔に大きな痣がある。
おかね(清川虹子)
辰平の家の近所に住む女。病気で死にかけるが、白米を食べて復活する。馬小屋で、性欲の捌け口に困っていた利助の相手をする。

楢山節考のネタバレあらすじ

映画『楢山節考(1983)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

楢山節考のあらすじ【起】

新屋敷から、山中の小さい村にある自宅の小屋へと帰ってきた辰平。そこで筵を編んでいる母親のおりんから、どんな用事だったのかと尋ねられる。大したことはないと答え、辰平は草鞋を編み始める。

辰平は馬小屋に行き、弟の利助を起こす。昨日新屋敷に行ったかと利助に聞く辰平。しかし、利助は行ってないと言い張る。利助は農家の下男で、新屋敷の先代の父親が過去に娘を夜這いしに来た農家の下男を殺したことがあることから、辰平は心配していたのだ。

利助は、自分の田んぼで水子を発見する。農家の下男である常という男が犯人だと知った利助は、常に文句を言う。

玉やんという女が辰平の嫁にくると、おりんが辰平に知らせる。辰平の前の嫁は事故死してしまい、生まれてきたゆきという赤ん坊をおりんと共に育てていた。

山菜摘みに出かけた辰平とおりん。辰平は、父親が失踪した本当の理由を尋ねる。当時、辰平の父親の利平はひどい不作で生活に苦しんでいた。行商人の塩屋に女児を売り飛ばし、母親の樽山参りを面倒に思っていた利平は、臆病者のように逃げ出したのだとおりんは語る。

楢山節考のあらすじ【承】

近所のおかねという女が死にかけ、おりんがお見舞いに向かう。70歳まで生きて、御山で死を迎えたいとおかねは話す。しかし翌日、白米を食べたおかねは病気が治り、元気に畑仕事を始める。

玉やんが嫁にやってくる。そろそろ御山に行かなければと玉やんに伝えるおりん。しかし彼女は、ゆっくりで良いとおりんに言う。おりんは自分で前歯を砕き、歯がダメだから御山に行かなくてはと改めて玉やんに話す。

辰平の息子のけさ吉は、松やんという女と結婚をする。しかし、二人はよく仕事をサボるし、松やんは家事が苦手で使いものにならない。

ある日、辰平は松やんが食料を盗んで実家に運んでいるのを発見する。辰平は松やんを懲らしめ、もう二度と同じことをするなと言う。松やんの家は子沢山で、長い間貧困に苦しめられていたのだ。

松やんの家族は、村の各所から盗みを行なっていた。村の人間は、松やんの家族の処分について考える。辰平は友人に、松やんの身も危ないかもしれないと忠告される。

楢山節考のあらすじ【転】

村の人達は、松やんの家族を襲撃する。松やんは、おりんに言われて食料を届けるために実家にいた。そのため、被害に遭ってしまう。その襲撃に鉢合わせたけさ吉は、松やんのお腹に新たな命があるのだと叫んで止めようとする。しかし、松やんの家族は全員土に埋められてしまう。

辰平の弟の利助は、村の掟で妻を持てないことを嘆いていた。極度の欲求不満になると彼は、自分の性欲を動物で満たしていた。犬で性欲を満たすため、頻繁に新屋敷に足を運んでいたのだ。おりんや辰平は、どうにか一晩だけでも利助の相手をしてくれる人を探し回る。

近所の人がおりんのもとに、利平を見つけたぞと言いながら駆け込んでくる。おりんは急いでその場所に向かう。そこには、利平の魂の姿があった。一緒に駆けつけた辰平はおりんに、15歳の時に利平を殺してしまったと告白する。おりんは、利平を殺したのは山の神様だと答え、そのことは誰にも言うなと辰平に言う。

おりんは、玉やんを川に誘う。そこで、魚の獲れる穴場を教える。おりんは玉やんに、もし辰平に利助のために体を貸せと頼まれても、絶対に断れと忠告する。

楢山節考のあらすじ【結】

いよいよおりんの樽山参りが始まろうとしていた。夜、村人達が集まって樽山参りの儀式が始まる。その頃利助は、馬小屋でおかねを抱いていた。

夜中、辰平がおりんを背負って家を出発する。二人は会話のないまま、黙々と山道を進んでいく。

途中、二人は渓流で休憩を取る。辰平はおりんに、25年後は自分がけさ吉に背負われてここへきて、その25年後はけさ吉がくるのだと嘆く。父親を殺し、母親まで殺すのかと辰平は独り言を呟く。

さらに奥へと進むと、そこには多くの人骨が転がっている。ようやく終着点に着いた二人。辰平はおりんを降ろし、強く抱きしめる。泣き崩れる辰平におりんは、辰平の頬を叩いて帰るように命ずる。

帰り道、雪が降ってくる。それを見て、辰平はおりんのもとへと走って戻る。おりんは、目を閉じて静かに手を合わせながら座っていた。雪が降ってきたぞとおりんに話しかける辰平。おりんは、早く帰れと辰平に合図をする。

村へと帰った辰平。村はすでに白銀世界になっていた。家には、辰平の家族とけさ吉の新しい女房がいた。その女のお腹と、玉やんのお腹を見た辰平は、おりんの姿を思い浮かべるのだった。

この記事をシェアする