「Only 4 you」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

Only 4 youの概要:新進気鋭の若手監督4人による、人生のターニングポイントの瞬間を描いたオムニバスムービー。落語家の夢に破れた青年が自信を取り戻す様や、若者が世界を見る目を改める瞬間、子供から大人へと移り変わる瞬間など、様々な設定のポイントを切り取った作品集。

Only 4 youの作品情報

Only 4 you

製作年:2015年
上映時間:85分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:豊島圭介、熊谷まどか、藤田容介、勝又悠
キャスト:Micro、大村彩子、樋口裕太、山崎大輝 etc

Only 4 youの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『Only 4 you』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年11月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

Only 4 youの登場人物(キャスト)

泰介(Micro)
落語家の父を持つ青年。スーパーで宣伝販売を行っている。過去に六遊亭すけ坊という名前で落語家を目指していたが、夢に破れ父親の死に目にも会えず、自信を失っている。
杏子(木村彩子)
泰介の元恋人。夢を追う泰介を思い、別れを決意した過去を持つ。シングルマザーで、息子の父親は恐らく泰介。
ユウタ(樋口裕太)
茶髪の青年だが、博識で光の屈折のことを仲間達に知らせる。
タイキ(山崎大輝)
黒髪の青年で、スマホで写真を撮るのが趣味。仲間達がくつろぐ姿やトラックの穴を撮影したりする。
ケイ(小川慧)
背が高く、やんちゃで小狡い性格。イクノスケのお茶を勝手に飲んだりしてしまう。
イクノスケ(育之介)
働き者で落ち着いている。少々、潔癖なところがあり、ジュースの回し飲みができない。
犬飼(徳永ゆうき)
非常に歌が上手い学生で、のど自慢に出場を控えている。川原で出会った負傷兵に人の心を打つ歌ではないと指摘され、ショックを受けるも人の心を打つ歌を唄うため、マドロス酒場へ潜入する。
ゆかり(花影香音)
奄美大島へ転校にてやって来る。りんの家に預けられ、生活を共にする。無口で無表情でいることが多い。
りん(山川未菜)
奄美大島にて祖母と2人暮らしをしている。明るくて物怖じせず、祖母の手伝いを良くしている。

Only 4 youのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『Only 4 you』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

Only 4 youのあらすじ【起】

『すけ坊』

落語家の父親を持つ泰介は、スーパーで包丁の宣伝販売を行っていたが、商品の紹介が上手くできずにいた。年かさの主婦には、突っ込まれ放題でタジタジ。
そこへ、店内をスケボーで走り回る少年が現れ、ツナ缶を持って来る。何でも切れる包丁なら缶も切れるだろと言われるが、切れるはずがない。

少年は泰介をおちょくって店の外へ逃走。泰介は少年を追って外へ出て、スケボーとはこうするのだと見本を見せる。だが、その場面を店長に見つかってしまい、泰介はこっぴどく叱られてしまう。

再び宣伝販売のブースへ戻った泰介。そこへ、ある女性が通りかかる。杏子は泰介の元恋人であった。その昔、泰介は夢を追いかけるために彼女と別れたのである。
彼は父親の後を追って落語家を目指していたが、夢に破れ落語家を諦めたという経緯を持っていた。

そこへ、スケボーに乗った少年が再び現れ、杏子のことを母ちゃんと呼ぶ。彼女は我が子が父親に似てうんざりと言って去って行くが、泰介はその言葉に驚愕。まさか自分が父親なのかと疑念を抱きつつ、去って行く杏子を見送った泰介。だが、そこにかつての兄弟子の姿を発見してしまう。

泰介は六遊亭すけ坊という名前で落語家を目指していたが、様々な出来事により落語界から去っていた。彼は兄弟子に笑われ、肩を落とすのである。仕事も落語も上手くできない。自分は何なのか。そう思っていたところへ少年が現れる。泰介は彼を目にし、勝負に挑むことにした。

泰介が身の上話を始めると、スーパーの客が集まって来る。知らず客たちは彼の話に聞き入ってしまう。噺が上手くまとまったところで、お客さんからは暖かい拍手をもらう泰介。そのお陰で彼が販売する包丁も売り上げを伸ばすのであった。

Only 4 youのあらすじ【承】

『色はヒカリ』

引っ越しのアルバイトに勤しむユウタ、タイキ、ケイ、イクノスケの4人。エレベーターのない団地では階段を何往復もして荷物を運ぶため、一仕事終えた段階で、すでにくたくたである。だが、次もあると聞かされがっかり。

次の現場には2人いればいいと言われるが、全員が全員帰りたいと思っていた。4人は引っ越しトラックの荷台に乗り込み、暗闇の中でジャンケン。
だがその途中、車からおかしな音がしてトラックが停車してしまう。

そんな時、荷台の中でネジが外れそうな箇所を発見したユウタが、ネジを外してしまう。暗闇の中、外の様子も分からない。ケイが悪乗りをして中にあったボールを投げてしまい、荷台の中は大騒ぎ。そのせいで立てかけてあったパネルがタイキの上に落ちて来る。

そこで、4人はパネルに外の様子が映し出されるのを発見した。
この現象は暗闇の中に穴を開けると、光の屈折によって向こう側の映像が映し出されるというもので、写真の原理ともなった現象である。幸い、車に異常はなく無事に発車。

彼らはパネルに映し出される外の様子に見入ってしまう。博識であるユウタが映像を見ながら語る。世界には絶えず光が当たっており、そのお陰で色を見ることができている。光がなければ、色の判別もできず世界は認識もされないだろう。

車は次の現場へ到着。トラックの荷台は開かれ、眩い光が4人を照らす。それは彼らの目を眩ませたが、今まで何気なく見ていた景色を改めて見直す機会になった。
残るのは2人で良いと言われていたが、4人は全員残って仕事をするのであった。

Only 4 youのあらすじ【転】

『まどろす』

昭和32年12月。犬飼は翌週に開催されるのど自慢大会への出場に向け、川原で歌の練習をしていた。それには学友が2人付き添っていたが、彼らは犬飼の歌の上手さに将来の空想を語り合う。犬飼の歌ならば、優勝も間違いない。優勝したら音楽事務所からスカウトされ、美空ひばりに次ぐ大スターになるだろう。

そんな大それたことまで言う始末。だが、そこへ戦争にて負傷し足を失くした男が現れ、犬飼に『港町十三番地』という曲がどういう歌なのかを聞く。
この曲は美空ひばりの持ち歌だが、負傷兵曰く美空ひばりが歌を発表した時、彼は戦争へ向かう戦艦に乗り込もうとしていた時だった。その時に聞いた『港町十三番地』は、酷く心に残り深みのある歌だったと言う。

それに比べて犬飼の歌には、そういうものが全く無い。彼は歌を深く理解せず、ただ曲を正確に歌っていただけだったのである。人の心を打つ歌を唄うには、学生である犬飼には経験が少なすぎるのであった。彼は負傷兵に言われたことに衝撃を受け、倒れてしまう。

学友の助けにより復活した犬飼。学友たちは彼を励まそうと言葉を尽くすが、犬飼は自分に足りないものを自覚。どうしたら良いのか思い悩む一同。そこで、1人の学友がマドロス酒場へ行ってみようと提案。マドロスとは船員、いわゆる船乗りのことである。3人は一旦帰宅し、酒場へ向かう衣服へと着替え再集合するのである。

マドロスと言えば、白地に赤の横縞模様が定番である。3人は衣服を揃えいざ酒場へ。しかし、酒場の中はどうにも怪しい雰囲気。酒の味も知らない犬飼達は、大人には様々な苦労があるのだと仲間を励ました。

だが、酒場の中にマドロスを装った偽物がいるという話が持ち上がる。学友は恐怖に戦き、口にしたビールを思わず吐き出してしまうが、店に潜入捜査官がいることが判明し、店内では銃撃戦が繰り広げられる。犬飼達は学生だと必死に叫び、見逃してもらうのであった。

朝、3人は魂が抜けたように海を眺めている。一晩で一気に大人になったような気がする。犬飼は海に向かって、しみじみと歌を唄うのであった。

Only 4 youの結末・ラスト(ネタバレ)

『ゆらい、ほしぼし、笑うまで』

沖縄から奄美大島に転校して来たゆかりは、同い年のりんが祖母と暮らす家に居候することになる。りんはとても明るく、祖母の手伝いをする良い子だった。だが、ゆかりは大人しく無口。2人の性格は全くの正反対なのである。

島の各地をりんの案内で巡り、ゆかりと仲良くしようと奮闘するりんだったが、ゆかりは彼女に対して無反応を貫き通す。彼女はどうやら誰とも関わりたくないと思っているようだった。

りんの祖母が2人を慮って赤いマフラーを編んでくれた。りんは大げさに喜んで見せたが、ゆかりは笑みを浮かべるだけ。その夜、寝る間際にゆかりはりんにあなたのことが嫌いだと告げる。以降、2人の関係は進展せず、距離を置いて生活することになるのだった。

その日は、300年に1度と言われる2つの流星群が観測できる特別な日だった。観測時刻は深夜の23時頃。2人は流星群を見るため、祖母に見送られて家を出た。

何もない野原へやって来た2人。だが、時間になっても流星群は見られない。2人は互いの存在に日々、苛立ちを募らせていたため、ここにきて鬱憤を晴らすかのように、互いに本音を叫び取っ組み合いの喧嘩をした。だが、その最中。夜空を星が一斉に流れて行く。その光景はそれまでの思いを覆すほどに壮観だった。

翌朝、りんは祖母に昨夜、目にした光景を語って聞かせる。そこへゆかりが現れたので、同意を求めた。いつもの彼女なら、きっとりんの言葉を無視したに違いない。だが、昨夜の光景は2人の関係を結びつけるものでもあった。ゆかりはりんの言葉に頷き、満面の笑顔を見せるのであった。

Only 4 youの感想・評価・レビュー

ショートムービー4本で1作品となる映画で、それぞれに異なる設定で描かれている。1本を単独で観ても満足のできる作品ばかりだが、4本を続けて観るとかなり圧巻で肉厚的な印象。

観終わった後は非常に爽やかな気分になり、どの作品でも共感できる。個性的な作品が多く、テーマを的確に捉えており、明日へと希望を抱かせる作品ばかりである。4本のうち、必ず好みの作品が見つかるのではないかと思われる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする