映画『オリエント急行殺人事件(2017)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「オリエント急行殺人事件(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

オリエント急行殺人事件(2017)の概要:ミステリーの女王アガサ・クリスティーの代表的な小説を映画化。予測できない殺人事件の結末と、その裏にある悲しい物語。監督、主演を演じるケネス・ブラナーと個性的な俳優たちの共演で話題となった。

オリエント急行殺人事件の作品情報

オリエント急行殺人事件

製作年:2017年
上映時間:114分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:ケネス・ブラナー
キャスト:ケネス・ブラナー、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ etc

オリエント急行殺人事件の登場人物(キャスト)

エルキュール・ポワロ(ケネス・ブラナー)
名探偵。休暇を取っていたが、事件で急遽イギリスに戻ることになりオリエント急行に乗車する。
ブーク(トム・ベイトマン)
オリエント急行の責任者。ポワロの友人。
キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)
美しい未亡人。
エドワード・ラチェット / カセッティ(ジョニー・デップ)
美術商を名乗る富豪の男。過去に悪事を働き、身の危険を感じている。
エドワード・ヘンリー・マスターマン(デレク・ジャコビ)
ラチェットの執事。
ヘクター・マックイーン(ジョシュ・ギャッド)
ラチェットの秘書。
ドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・リンチ)
年老いた愛犬家の公爵夫人。
ヒルデガルデ・シュミット(オリヴィア・コールマン)
ドラゴミロフ夫人の使用人。
メアリ・ハーマイオニー・デブナム(デイジー・リドリー)
バグダッドから来た家庭教師。
ドクター・アーバスノット(レスリー・オドム・Jr)
戦時中は狙撃兵だった。現在は医者。
ピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)
以前は乳母をしていたが、現在は宣教師。
ゲアハルト・ハードマン(ウォレム・デフォー)
工学部のオーストリア人教授。
ビニアミノ・マルケス(マヌエル・ガルシア・ルルフォ)
米国で車のセールスマンとして成功している。
ルドルフ・アンドレニ伯爵(セルゲイ・ポルーニン)
ダンサー。繊細な妻のエレナの支えになっている。
エレナ・アンドレアニ伯爵夫人(ルーシー・ボイントン)
ルドルフの妻で群舞の踊り子。バルビタールを常習的に使用している。
ピエール・ミシェル(マーワン・ケンザリ)
オリエント急行の車掌。

オリエント急行殺人事件のネタバレあらすじ

映画『オリエント急行殺人事件(2017)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

オリエント急行殺人事件のあらすじ【起】

1934年。名探偵のエルキュール・ポワロは、エルサレムで教会の遺物窃盗の事件を解決していた。几帳面で徹底した性格のポワロは、些細な手掛かりも見逃さず、人間の心理というものを熟知している。

仕事が終わると、休暇を満喫するため船でイスタンブールに出発したポワロ。彼は船を待つ間に、バグダッドで住み込みの家庭教師をしていたメアリ・デブナムという女性と会話する。彼女はポワロが一目自分を見ただけで、家庭教師であること、地理に最も力を入れていることを言い当てられ驚いた。船には、アーバスノットという医者も乗っており、他人のふりをしているが二人に接点があることをポワロは見透かす。

休暇を満喫しようとイスタンブールに着いたポワロは、偶然友人であるブークという男に出くわす。彼はオリエント急行の責任者として1時間後にイスタンブールを出発する予定だった。そこへ英国領事館から事件の知らせ。ポワロは休暇を辞め、ブークの計らいでオリエント急行に急遽乗車、イギリスに戻ることとなる。

豪華絢爛なオリエント急行。ポワロは1等車に案内されるが、満室であったため富豪であるラチェットの秘書マックイーン氏と同室になる。だが翌日にはマックイーン氏はブークの部屋に移動し、ポワロは一人部屋となった。

オリエント急行殺人事件のあらすじ【承】

朝、列車内のレストランには乗客が集まっていた。ラチェット氏と秘書のマックイーン。彼の執事であるマスターマンは別に座っていた。ハバード夫人は優雅に朝食を、そしてポワロの隣では、年老いたドラゴミロフ公爵夫人とグルメな様子の使用人のシュミットがいた

ドクター・アーバスノットは、車のセールスマンとして成功しているビニアミノ・マルケスと話していた。目の前にいた教授であるハードマンは、黒人であるアーバスノット医師と同席なことに腹を立て、それを聞いたメアリ・デブナムは、人種差別主義の彼に軽蔑心を露わにしていた。彼女と同席しているのは、宣教師のピラール・エストラバドスである。

朝食後、ポワロが読書に耽っていると、デザートを持ったラチェットが話しかけてくる。
ラチェットは脅迫状を受け取っており、身の危険を感じた彼は、ポワロに警護を頼んだのだ。美術商をしていると言うが、悪事で稼いでいるラチェット。人を見抜く力のあるポワロは悪人に力は貸さないと、彼の申し出を断るのだった。

夜になり、列車は雪山を走っていた。0時37分、隣のラチェットの部屋で物音がしたポワロは自室から顔を出す。見張りをしていた車掌のピエールがラチェットの扉を叩いたが、中から「なんでもない」という声が聞こえた。

ようやく眠りについたポワロだが、ハバード夫人の部屋の呼び鈴の音で目が冷める。さらに、また大きな音がして廊下に出ると、今度は赤いガウンの女が猛スピードで廊下を走り去り、車掌はハバード夫人の部屋から出てきたところだった。

その後、雪崩に列車が巻き込まれ、レールを外れてしまう。列車は救助が来るまで、足止めとなった。夜が開け、集まった乗客たちは、到着が遅れることに口々に不満を言う。

その頃、執事のマスターマンは朝食をラチェット氏の部屋に運んでいた。しかし、ドアをノックしてもなんの返事もない。ちょうど部屋から出て来たポワロは、ドアの下から冷気が漏れていることに気がつき、大急ぎでドアを開ける。ラチェットは死んでいた。

彼は刺殺されていた。浅い傷や深い傷など一貫性のない傷跡が12箇所にも及んでいた。犯行時刻は、アーバスノット医師によると夜中の0時から2時の間であった。

オリエント急行殺人事件のあらすじ【転】

事故と殺人事件が同時に起きたオリエント急行。責任者のブークは警察がやって来る前に犯人を特定して欲しいと、ポワロに頼み込むのだった。

ラチェットの部屋を捜査すると、飲み物に睡眠薬であるバルビタールが盛られていた。さらに床にはイニシャルHが入った女性用高級ハンカチと、煙草のパイプのクリーナー。だが、ポワロが興味を示したのは灰皿の中にあった焼けた紙切れだった。

ポワロは、紙切れを炙り文字を浮かび上がらせた。それは脅迫状であり、その中身から2年前に起きたアームストロング事件が絡んでおり、ラチェットがその事件の犯人だと言うことを推理する。ラチェットの本名はカセッティだった。

アームストロング事件とは、裕福なパイロットのアームストロング氏の娘のデイジーが誘拐され、両親は身代金を払ったが娘は殺された事件だ。当時妊娠していた妻のソニアはショックで亡くなり、絶望したアームストロング氏も自殺した。その後、カセッティは行方をくらましたままだった。

ポワロは乗客に話を聞き始める。だが、皆アリバイがあり、犯人を特定するのは難しかった。ハバード夫人は、夜中にラチェットを殺した犯人が部屋の中にいたと言う。ハバード夫人とラチェット氏の部屋は隣り合わせで間には扉があり、その男は寝ているハバード夫人の部屋からラチェットの部屋に入ったのだ。昨夜、呼び鈴を鳴らしたのは、そのことがあったからだった。その時車掌は信じなかったが、ハバード夫人は証拠として、部屋に落ちていた車掌の制服のボタンを差し出した。ミシェルは制服を着ていたが、それは彼のボタンではなかった。

その後、ポワロはドラゴミロフ公爵夫人の使用人であるヒルデガルデ・シュミットからミシェルとは違う車掌を見たという情報を聞き出した。彼は犯人が車掌になりすまして犯行に及んだと考えるが、探していた車掌の制服と、彼が見た赤いガウンは、ヒルデガルデとポワロ自身の部屋に隠されていた。

謎は深まっていくが、ポワロは乗客たちに話を聞くうちに、彼らが亡くなったアームストロング氏に関わりのある人物たちであるということを突き止める。これまで分かっているのは、ドラゴミロフ公爵夫人が殺されたデイジーの名付け親であったことと、マックイーン氏の父親が事件のせいで仕事と名誉を奪われたという事実。彼の父親は検察側の責任者であったが、無実のフランス人のメイドを捕らえ、そのメイドが自殺したことで失脚していた。

マックイーン氏はラチェット殺しの犯人として疑われるが、取り調べ中ハバード夫人の叫び声が聞こえる。彼女は背中をナイフで刺されていた。命に関わるほどではなかったが、ナイフはラチェット殺しのものと一致。ポワロと居たマックイーン氏の疑いは晴れ、事件はまた暗礁に乗り上げる。

ポワロはルドルフ伯爵と、その妻エレナ・アンドレアニ伯爵夫人に聞きに行くが、彼女はバルビタールを常に服用するほど心が病んでいた。ポワロは彼女が亡くなったアームストロング氏の妻ソニアの妹だと気がつく。そして、彼女の家庭教師に地理を教わったという話から、デブナムがアームストロング家の家庭教師だったのではと推測するのだった。

それからポワロの灰色の脳細胞には次々と真相が浮かび上がっていった。彼はデブナムを呼び出し、彼女の犯人説を論じて反応を見ていた。しかし、その時アーバスノット医師が突然現れ、ポワロに銃を撃つ。銃弾は腕を翳めた。彼は自分が犯人だと言い、ポワロに自分にとってアームストロング氏は上官で親友であり、そして医学部に通わせ未来を与えたてくれた恩人だったと語った。

オリエント急行殺人事件のあらすじ【結】

救助隊が来て、列車をレールに戻す間、乗客は近くのトンネル内で待機していた。ポワロは乗客たちに話し出す。彼は元々狙撃兵であるアーバスノット医師の銃が自分に当たらなかったのは、彼が人を殺害するような人間ではないからだと結論づけていた。

彼が導き出した推理は二つだった。第一の推理は、ラチェットを狙うマフィアが列車に忍び込み、殺人を犯して姿を消したというもの。第二の推理は、ここに居る全ての乗客が犯人であるということだった。

アーバスノット医師にとってアームストロング氏は恩人。デブナムはデイジーの家庭教師で母親同然の存在。エレナはソニアの妹であり、ドラゴミロフ公爵夫人はデイジーの名付け親だった。そして、そのメイドはアームストロング家の料理人。デイジーの乳母であったピラール・エストラバドスは、事件の夜同じ部屋に居たにも関わらず救えなかったことに今でも苦しんでいる。

マスターソンは戦時中アームストロング大佐の当番兵で、戦後は従者として仕えていた。運転手だったマルケスも彼のおかげで今の成功があった。ハードマンは無実の罪で捕まり自殺したフランス人メイドのスザンヌの恋人、車掌のピエール・ミシェルはスザンヌの弟だった。

そして、ハバード夫人はソニア・アームストロングの母親だった。彼女は事件が起きるまで女優だったが、娘家族を亡くし、生きる希望を失っていた。失意の中、ラチェットを憎む者たちを集め、このオリエント急行で復讐するため一世一代の芝居を仕掛けたのだった。

あの夜、ラチェットを刺したのは、乗客全員の犯行であるとポワロは推理した。しかし、彼らを裁くことが正義なのか。幼い子供を殺害し、両親を死に追いやったラチェット。その報いを彼は受けたのではないか。ポワロはこれまで善と悪ははっきり分かれているものと考えていたが、目の前にいる犯人たちは傷つき、今もなお苦しんでいる善人たちだった。

ポワロは、このまま真相を知った自分を殺せば皆が自由になれるだろうと、乗客たちの前に銃を差し出す。だが、ハバード夫人はその銃を自分に向け撃ったのだった。ポワロは弾を抜いており、彼女は死ななかった。ポワロは彼らの心を確かめたかったのだ。

悩み抜き、ポワロは警察に第一の推理を話し、警察もそれを受け入れた。彼は初めて善と悪のアンバランスを受け入れる、と彼らに言う。そして「ここに殺人者はいない、傷を癒す人々だけです」と言い残し、オリエント急行を降りるのだった。

この記事をシェアする