「劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろう」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうの概要:黄色い帽子のおじさんことテッドは、おさるのジョージと一緒に暮らしていた。ある日、グローバルスペースエージェンシーのヒューストンが訪ねてきた。ヒューストンはジョージにあることを依頼した。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうの作品情報

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろう

製作年:2015年
上映時間:80分
ジャンル:コメディ、アニメ
監督:フィル・ワインスタイン
キャスト:フランク・ウェルカー、ジェフ・ベネット、アンジェラ・バセット、ジョン・グッドマン etc

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろう』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年1月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうの登場人物(キャスト)

ジョージ(フランク・ウェルカー)
サル。ピーナッツバターバナナサンドが大好物。悪戯や冒険が大好きで、じっとしていることが苦手。
テッド(ジェフ・ベネット)
「黄色い帽子のおじさん」として有名。ジョージの友達であり飼い主。ジョージによく振り回されている。博物館に勤務している。
クリンダ(アンジェラ・バセット)
中央アフリカのジャングルで、動物保護区の管理人として暮らしている。動物達を助けているため、懐かれている。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろう』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうのあらすじ【起】

風が強い日、黄色い帽子のおじさん(テッド)はおさるのジョージにせがまれ、凧を揚げに行った。テッドが凧の紐を持っていると、ジョージが1人で持ちたいと訴えてきた。何だか嫌な予感を感じながらも、1人で紐を持たせた。すると、ジョージは風に乗って飛んで行ってしまう。テッドは慌ててジョージを追いかけた。

ジョージが飛んでいたことにより、色んな人に迷惑をかけてしまう。テッドはジョージを叱り、人々に謝罪した。テッドはへとへとになりながら博物館に戻り、汚れた服を着替えた。

グローバルスペースエージェンシーのハル・ヒューストンと技術アシスタントのアンドリューが訪ねてきて、ジョージに宇宙での任務を任せたいと言い出した。中央アフリカは雨の多い地区で、川が氾濫して洪水が起きる場所だった。ヒューストン達はダムを操作するコントローラーを開発し、それを人工衛星に搭載した。自動でダムの水の量を調整するためだった。だが、肝心の機械を搭載した人工衛星が壊れてしまった。ヒューストンはジョージに、機械を持ち帰って地上にある通信タワーに移設することを頼んだ。

テッドが心配する中、ジョージは宇宙飛行士になるための訓練を行った。練習が全て終わり、テッドはジョージを送り出すことにした。ジョージが1人で行くのを寂しがったため、テッドは2人で撮った写真を渡した。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうのあらすじ【承】

ジョージは宇宙に飛び立ち、機械を回収した。皆は任務の成功を喜び安堵した。だが帰還途中、ジョージが水で遊んだためスペースカプセル内の機械が壊れてしまう。操縦が効かなくなり、スペースカプセルは地球へと落下した。アンドリューとテッドは、緊急脱出ボタンを押すよう声を上げた。ジョージはボタンを押し、無事に外へと脱出した。その時、スペースカプセルがぶつかり、通信タワーが折れた。

テッド達はジョージを探しに行くことになった。ジョージが落ちたのは、中央アフリカだった。一方、ジョージはヘルメットや手袋などを地面に落とし、ジャングルの中にいた動物達の元へ向かっていた。

中央アフリカに降り立ったテッドは、町でヘリコプターを見つける。乗せてもらおうとするが、パイロットがいなかった。テッドが困っていると、グローバルスペースエージェンシーの入館証を服につけたままだったため修理をしていた男性から宇宙飛行士だと誤解されてしまう。テッドはジョージを探すため、自分で操縦することにした。

テッドは上空から、木にかかっているパラシュートを見つける。何とか水上に着陸するが、カバを避けたため岩にぶつかってしまう。テッドは地図を持ち、歩いて移動することにした。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうのあらすじ【転】

ジョージは動物達と遊んだり、泥の沼から抜け出せなくなっているサイの親子を助けたりした。そして、テッドから貰った写真を手元に置き、眠りについた。一方、テッドは蛇に襲われそうになったり木から落ちたりしながら、ジョージの行方を捜し続けた。そして、木の近くに葉っぱを敷き詰め、ジョージを思って眠りについた。

テッドは無事にジョージと再会し、喜び合った。だが、2人は迷子になってしまう。テッドは地図を確認し、村を見つけることにした。だが、ジョージが自由に動いてはぐれそうになる。テッドはジョージを叱り、言う通りに行動するよう注意した。そんな中、テッドはジャングルにあった罠にかかってしまう。ゴリラに襲われそうになり怯えるが、後から来た女性に大丈夫だと笑われる。後から来た女性は動物保護区の管理人クリンダで、ゴリラはクリンダに懐いていた。

クリンダはテッドのことを密猟者ではないかと疑った。テッドは違うことを証明するためジョージに話を振るが、怒られたことに拗ねたジョージはテッドを無視した。クリンダはジョージを保護し、テッドはゴリラに運ばれることになった。テッドは言い過ぎたことを謝罪してジョージと和解するが、クリンダからの疑いは晴れなかった。何とかヒューストンと連絡を取り誤解を解きたかったが、電話が通じなかった。

クリンダは宇宙に飛んだサルの話を知っていた。テッドはジョージがそのサルで、自分はジョージの友達だと説明した。黄色い帽子のおじさんのことは有名だったため、クリンダは2人が友達だと信じた。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうの結末・ラスト(ネタバレ)

テッド達は通信タワーが折れていることによって電話が通じないことに気づく。しかも、その近くにはスペースカプセルがあった。ジョージはスペースカプセルの中に置いたままになっている機械を取り行こうとするが、スペースカプセルは「渡れずの谷」と言って誰も行けない場所にあった。テッドとクリンダは行くことを反対した。

嵐が近づいてきていた。このままでは洪水が起きて、スペースカプセルが流される恐れがあった。ジョージは機械を取りに行きたいと訴えた。テッドは反対するが、ジョージの意思は固かった。テッドは仕方なく一緒に機械を取りに行くことにした。その間、クリンダは動物達を保護していった。

テッド達は危険を掻い潜り、スペースカプセルの元に辿り着く。機械を回収するが、ライオンに襲われそうになる。2人はその場を逃げ出した。しかし、ライオンが橋から落ちそうになってしまう。ジョージがライオンを助けようとしたため、テッドも手伝った。ライオンは助かった。テッドはジョージを褒めた。

テッド達は通信タワーに向かうが、川に流されて逆方向に行ってしまう。絶望した2人だったが、テッドが乗って来たヘリコプターがあった。ジョージは動物達の助けを借りて岩に引っかかっているヘリコプターを移動させ、テッドと一緒に飛び立った。

雨が降り始めた。通信タワーに辿り着いたジョージは、アンテナに登ろうとするが滑って上手くいかなかった。テッドは凧にジョージを乗せ、飛ばすことにした。ジョージは機械を無事にセットさせることに成功する。それによりダムが自動で制御され、川の氾濫が収まった。テッドはジョージと抱き合って喜んだ。

テッドとジョージにはヒーローメダルが贈られ、人々から称えられた。さらに、空を飛ぶことができる靴も贈られた。テッド達は靴を装着し、空を自由に飛んだ。

劇場版 おさるのジョージ3 ジャングルへ帰ろうの感想・評価・レビュー

冒頭で出てきた凧が、物語のラストで活躍するとは思わなかった。何度見ても、言葉を話せないジョージのことを理解しているテッドは凄いと思う。ジョージが町の中をついに飛び出し、宇宙に行くところが良かった。だが、どうせ宇宙を登場させるのだったら、もう少し宇宙での活躍が描かれていて欲しかったなと思う。ジョージは悪戯好きでテッドに迷惑をかけてばかりいるが、可愛くて優しい心を持っているため憎めない性格だなと感じた。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 劇場版 おさるのジョージ2 ゆかいな大冒険!