「パラサイト 半地下の家族」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

パラサイト 半地下の家族の概要:2019年公開の韓国映画。韓国の貧困格差をテーマにしており、貧乏なキム一家と富豪のパク一家の格差をブラックジョークとして描いているブラックコメディ映画。前半はコメディ要素があるが、後半になるにつれ一変していく。

パラサイト 半地下の家族の作品情報

パラサイト 半地下の家族

製作年:2019年
上映時間:132分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:ポン・ジュノ
キャスト:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク etc

パラサイト 半地下の家族の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『パラサイト 半地下の家族』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

パラサイト 半地下の家族の登場人物(キャスト)

キム・ギテク(ソン・ガンホ)
貧乏家族の父親であり、大黒柱。失業中で金もないが楽天的な性格で、何とかなると考えている。ギジョンの紹介により、パク一家の運転手として雇われることになる。
キム・ギウ(チェ・ウシク)
キム家の長男。大学受験に失敗してから浪人生として勉強しているが、未だ大学には合格できずにいる。学歴はないが、受験経験は豊富なため教えるのは上手く、家庭教師としてパク一家に気に入られる。
キム・ギジョン(パク・ソダム)
ギウの妹。美大を目指しているため絵が上手いが、予備校に通うお金がないため美大に合格することができない。絵が上手いことからパク家の息子の絵の家庭教師となる。
キム・チュンスク(チャン・ヘジン)
キム一家の母親。楽観的で甲斐性のない夫ギテクに喝を入れる。家政婦としてパク家に侵入することとなる。
パク・ドンイク(イ・ソンギュン)
富豪のパク一家の大黒柱。IT企業の社長であり、誰もが尊敬するようなエリート。
パク・ヨンギョ(チョ・ヨジョン)
若く美しいパクの妻。能天気な性格で人を疑うことを知らないため、キム一家を次々と家に入れてしまう。
ムングァン(イ・ジョンウン)
パク一家の家政婦。パク一家が入居する前から豪邸の家政婦をしており、家のことを知り尽くしている。

パラサイト 半地下の家族のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『パラサイト 半地下の家族』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

パラサイト 半地下の家族のあらすじ【起】

キム一家は貧困に苦しめられていた。父親のギテクと母親のチュンスクは失業中であり、ピザの箱を組み立てる内職でなんとか食いつないでいた。家は道路から半分地下に入っているような作りになっており、道路の消毒液や酔っ払いがした尿などが家の中に入ってきてしまう始末であった。またトイレは水圧の関係で家の中で1番高い位置にあり、ひどい有様だった。

そんな貧困のせいで、息子のギウは受験のテクニックなどを学ぶことができず、浪人生として大学を目指していた。そんなある日、ギウは友人に家庭教師をやらないかと誘われる。その友人が留学に行っている間だけ、友人の代わりとして家庭教師をやるよう勧められるギウであったが、まだ大学生ではない自分では役不足であると迷っていた。

しかしながら、報酬が良いこともあり、ギウは友人の代わりに家庭教師をやることを引き受ける。ギウが家庭教師として勤務する家は、IT企業の社長の家で、豪邸であった。大学生ではないギウは、美大を目指している妹ギジョンに大学の証明書を偽造してもらい、なんとか家庭教師として働き始める。

パラサイト 半地下の家族のあらすじ【承】

ギウが家庭教師として勤務しているパク一家は、4人家族で娘と息子が1人ずついた。ギウは女子高生である娘に英語を教えており、パク夫人は家庭教師として誠実に娘に教えるギウを気に入っていた。そんなある日、パク家の息子が絵を習いたがっていることを知ったギウは、パク夫人に絵の家庭教師を紹介できると言った。

ギウのことを信頼していたパク夫人は、早速ギウに紹介してもらうことにする。そして、ギウはパク一家に妹のギジョンを紹介し、パク夫人は妹ギジョンのこともすぐに気に入った。ギウとギジョンは、互いに家族であるということを知られないように家庭教師として働いた。

そんなある日、ギジョンがパク家の運転手に家に送ってもらうことになる。その車の中で、ギジョンは自分の下着を脱ぎ、車の中に隠した。翌日、車の中で下着を発見したパク氏は、運転手が車の中で如何わしいことをしたと考え、運転手を解雇してしまう。新しい運転手が必要になったパク氏に、今度はギジョンが父親のギテクを紹介する。

パラサイト 半地下の家族のあらすじ【転】

パク一家の信頼を勝ち取り、徐々に内部に入り込んでいったキム一家は、最後に母親のチュンスクも内部に入れようと考えた。しかしながら、パク一家には長年家政婦として働いているムングァンがおり、その女性がいる限り、チュンスクを雇ってもらうのは難しそうであった。

そこでギテク達は、ある作戦を決行する。ムングァンは桃アレルギーであったので、桃の粉末をふりかけ、結核を発症しているように仕立て上げたのである。それにより、ムングァンが結核であると思い込んだパク氏は、ムングァンをクビにしてしまう。その後、ギテクは家政婦を紹介するていで、母親のチュンスクを雇わせることに成功する。

そんなある日、パク一家が家政婦のチュンスクに家を預け、旅行に出かけることになる。パク一家がいなくなった家で、富豪生活を満喫していたキム一家は、幸せな時間をおくっていた。するとそこに、前の家政婦のムングァンがやって来る。チュンスク以外の家族は隠れ、ムングァンを迎え入れた。彼女は地下室に忘れ物をしたと言い、その秘密の地下室に行くと、ムングァンの夫がいた。彼はパク一家に隠れて地下室に住んでいたのである。

パラサイト 半地下の家族の結末・ラスト(ネタバレ)

ムングァンは、隠れて夫を地下室に住まわせていたことを秘密にしておいて欲しいと懇願する。すると、その時隠れていたギテク達が見つかってしまい、ギテク達4人が家族であることをムングァンに知られてしまう。それにより、ムングァンは自分が貶められていたことに気づき、パク一家に暴露すると脅し始める。

そこに、パク夫人から家に帰ると連絡が来る。ギテク達は、ムングァン夫妻を地下室に押し込み、急いで部屋の片付けをした。なんとかパク一家が帰って来るまでに片付けることができたが、パク一家が帰って来てしまう。チュンスク以外のギテク達3人は、パク一家に見つからないように家に隠れてやり過ごした。

翌日、パク一家は息子の誕生日パーティーを開くことにし、その準備にギテク、ギウ、ギジョンの3人も参加する。地下室に閉じ込めたムングァン夫妻のことが気になったギウが、地下室の様子を見に行くと、待ち伏せしていたムングァン夫妻に殴られ、気を失ってしまう。

そして地下室から出たムングァンの夫は、包丁を奪いギジョンを刺す。それを見たチュンスクはムングァンの夫を、串で刺し殺す。パニック状態に陥ってしまった豪邸で、ギテクはパク氏に貧乏人であると蔑まれたと感じ、衝動的にパク氏を殺してしまう。

この事件により、ギウとチュンスクは執行猶予付きの判決を下され、ギジョンは死に、ギテクは豪邸の地下室に身を潜めたのであった。ギウは、いつか金持ちになって、父が隠れている豪邸を買うことを誓った。

パラサイト 半地下の家族の感想・評価・レビュー

韓国の貧困格差問題をコミカルに描いており、前半は笑えるシーンもあるが、後半になり家政婦ムングァンの秘密が明らかになることで、登場キャラクター達が狂い始める。前半までの雰囲気と一変するため、ラストの結末など予想だにしていなかった。前半のコミカルな展開も格差社会を上手く映し出しており引き込まれるが、後半のサスペンス的な展開に目が離せなくなること間違いなしである。普段韓国映画やドラマを観ない方でも、楽しめる内容になっているので、忌み嫌わずに観ることをお勧めしたい。(MIHOシネマ編集部)


劇場で鑑賞した初めての韓国映画。しかも誕生日当日。素敵な誕生日パーティに招待してもらいました。観た理由はもちろん「アカデミー賞」作品賞をまさか韓国映画が取るなんて想像もしていませんでした。
観終わっての感想は、ああこれは取って当然だと。最初から最後まで上手く出来すぎています。無駄なシーンが1つも無い。最初のシーンでもう作品の世界観に引き込まれ、あっという間に終わってしまいました。
あえて、作品の内容には触れませんが最初のシーンに出てくる靴下。薄汚れていて少し臭いそうなアシックスの靴下。この時点で匂いを感じた私は間違っていませんでした。(女性 30代)


アカデミー賞を獲ったから、と軽い気持ちで観てみたらしばらくダメージで動けなくなってしまった。そのくらい衝撃的な作品だった。
頭を抱えたくなるシーンはたくさんあるのだが、やはり一番は父親が社長を刺してしまうシーンだろう。あの一瞬の、ともすれば唐突にさえ思える人間の負のエネルギーの爆発が、凄まじいほどのリアリティを持って描かれていた。それはあまりにも理解できる人間らしさであり、見覚えのある崩壊だった。
かなりメンタルが疲弊する作品だが、観て良かったと思う。
水浸しのトイレで一人煙草を吸うギジョンの惚れ惚れするような美しさが忘れられない。(女性 30代)

この記事をシェアする