映画『パターソン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「パターソン」のネタバレあらすじ結末と感想

パターソンの概要:ニュージャージー州のパターソンに住むバスの運転手が、日常の中から詩を紡ぎだす姿を通して、平凡な日々に潜む輝きを描く。ジム・ジャームッシュ監督らしい独特なテンポとタッチが、とても日常的だ。

パターソンの作品情報

パターソン

製作年:2016年
上映時間:118分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ジム・ジャームッシュ
キャスト:アダム・ドライヴァー、ゴルシフテ・ファラハニ、バリー・シャバカ・ヘンリー、クリフ・スミス etc

パターソンの登場人物(キャスト)

パターソン(アダム・ドライバー)
バスの運転手。詩を書くのが好きだが、その詩は誰にも読ませたことはない。詩人は誰でも好きだが、パターソン出身のウィリアム・カルロス・ウィリアムズは特に好み。自分が決めたことや、ルーチンからはみ出すことに、少し抵抗がありそう。
ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)
パターソンの妻。アーティスト気質で、部屋のカーテンや壁紙なども、自分でペインティングする。服も自分で作る。新しいことにどんどん挑戦するチャレンジャー精神が強い。
エヴァレット(ウィリアム・ジャクソン・ハーパー)
マリーに恋い焦がれる男。マリーとは幼馴染だが、気持ちは届かない。
マリー(チャステン・ハーモン)
エヴァレットの幼馴染。エヴァレットから強く思われているが、その気はなし。

パターソンのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『パターソン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

パターソンのあらすじ【起】

パターソンは、ニュージャージー州のパターソンに住んでいる。パターソンという名前は、あだ名やペンネームではない。本名だ。彼はバスの運転手をしている。魅力的で美しい妻のローラと、詩を愛している。彼は日常に転がる様々なものから刺激を受け、秘密のノートに詩を書き綴っていた。パターソンのいつも変わらない、ルーチンワークに満ちた一週間が始まろうとしていた。

月曜日。いつもと変わらず、パターソンは6時過ぎに目を覚ます。ローラにキスをすると、彼女は双子の夢を見たという。自分たちに双子の子供たちができると。パターソンはベッドを抜け出すとシリアルを食べた。愛犬のマーヴィンは、いつものお気に入りの椅子からこちらを見ていた。

パターソンはバスの運転席に座ると、いつものルートを走り始めた。いつもの道で、いつものバス停で客を拾う。この単純な繰り返しのような日々を輝かせる術を、彼は持っていた。それは身近にある些細な物や、バスに乗ってきた客たちが話す会話をインスピレーションにして、詩を生みだすこと。

仕事から戻ったパターソンは、ローラと一緒に夕食を楽しむ。ローラは週末のバザーで、自作のカップケーキを売り出すことを楽しみにしていた。食事のあと、マーヴィンの深夜の散歩に出かける。散歩の途中でバーに立ち寄るのがパターソンの決まり事だ。ビールを飲んで、家に帰り、眠りにつく。こうして、パターソンの日々は続いていく。

パターソンのあらすじ【承】

火曜日。ローラは銀色のゾウの夢を見たと言った。パターソンはマッチ箱から詩を紡ぎだす。仕事場では同僚の愚痴を聞き、乗客の男たちの話に耳を傾ける。帰宅したパターソンは、地下室で詩を書く。ローラがギターをほしがりだして、ちょっと困るパターソン。散歩中に寄ったバーでは、マリーとエヴァレットの痴話げんかに遭遇。

水曜日。滝を見ながら詩を書くパターソン。仕事を終えて家に着くと、ローラがギターを注文したと言ってきた。夜、散歩中にコインランドリーで詩人と遭遇する。ラップという手法で詩を紡いでいた。

木曜日。バスの車内にて大声で話す大学生の話が、パターソンの耳に流れ込んでくる。詩を書きながら昼食を取るパターソン。今日はローラのカップケーキが入っていた。一口食べて、パターソンは思わず、残りを弁当箱に戻した。帰り道、通りで家族を待つ少女に声をかけた。少女は詩が好きで、自分だけの秘密のノートに詩を書いていた。少女が作った詩を聞かせてもらったパターソンは、その素晴らしさに感動する。夕食にはローラがパイを作ったが、パターソンの口には少し合わなかった。

パターソンのあらすじ【転】

金曜日。パターソンが目覚めると、いつも隣で寝ているローラの姿がない。彼女は台所でカップケーキを作っていた。バザーはいよいよ明日だ。バスはいつも通りに走り、滞りなく車庫に戻るかに思われたが、今日は違った。ルートの途中で、電気系統のトラブルでバスが動かなくなってしまったのだ。だが、代わりのバスを手配して、事なきを得る。家に戻ると、ローラはギターをつま弾いていた。

夜、バーに行くと、マリーとエヴァレットに再び遭遇する。よりを戻すことができないと悟ったエヴァレットは、懐から銃を取り出し、自殺しようとした。しかし、パターソンが咄嗟の判断で取り押さえる。銃はおもちゃだったが、パターソンは自分がとった行動に、自分でもびっくりしていた。

土曜日。ローラに起こされて台所へ行くと、そこには山ほどのカップケーキ。パターソンはウィリアム・カルロス・ウィリアムズの詩集から、ローラの好きな詩を読んでバザーへと送り出した。日中、マーヴィンの散歩に出かけるが、マーヴィンはいつもと反対の道へとパターソンを引っ張っていった。散歩から戻ったパターソンは、地下室でローラへの愛の詩を書き綴る。

カップケーキは大人気で、ローラは上機嫌で帰ってきた。二人はお祝いに食事と映画に行くことにする。古いホラー映画を観て帰ってきた二人は、床に散らばった紙屑を見つけた。それはパターソンが詩を書いていたノートの残骸だった。外出の際、うっかりソファに忘れてしまい、それをマーヴィンが食い破ってしまったのだ。パターソンは、ひどく落胆してしまう。

パターソンの結末・ラスト(ネタバレ)

日曜日。パターソンの心は、暗く落ち込んでいた。パターソンは一人で外出し、町をぶらつき始める。そして、いつもの滝に辿りつき、ベンチに座ってぼんやりと滝を眺めていた。そこに、日本人の男が現れる。隣に座った男は、ウィリアム・カルロス・ウィリアムズの本を取り出して読み始めた。男はパターソンに“あなたは詩人ですか?”と尋ねてきた。“違う”と答えるパターソン。詩が好きなのかと問いかけたパターソンに、男は自分が書いているという詩のノートを見せてくれた。男は去り際に、贈り物だと言って一冊のノートをパターソンに手渡した。そして言った。“白紙のページに広がる可能性もある”と。

パターソンはペンを取り出し、そのノートに詩を書いた。古い歌についてのその詩は、歌詞の一行を深く憶えているというものだった。“君は魚になりたいかい?”と問いかけてくるその一行は、パターソンの心を大きく揺さぶっていた。

月曜日。また、朝がやってきた。また、いつものルーチンワークを繰り返す、一週間の始まりだ。だが、本当にそうだろうか。いつもと同じ朝だと思っていたとしても、本当は“いつもと同じような朝”なのかもしれない。パターソンは、そっとベッドを抜け出した。一体、どんな朝を、どんな一日を、どんな一週間を迎えたのだろうか。

この記事をシェアする