映画『仮面/ペルソナ』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「仮面/ペルソナ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

仮面/ペルソナの概要:舞台上にて言語障害になってしまった女優エリザベート。彼女の看護するため、看護師のアルマが付きっきりで担当することになった。2人は医師の別荘へと移り住み、生活を共にすることで親密になるが、1枚の手紙によって決定的な破綻へと進み始める。

仮面/ペルソナの作品情報

仮面/ペルソナ

製作年:1966年
上映時間:82分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:イングマール・ベルイマン
キャスト:ビビ・アンデショーン、リヴ・ウルマン、グンナール・ビョルンストランド etc

仮面/ペルソナの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『仮面/ペルソナ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

仮面/ペルソナの登場人物(キャスト)

エリザベート(リヴ・ウルマン)
女優として名を馳せていたが、舞台出演中に言語障害となる。夫と一人息子がいるが、息子には愛情を抱けず、遠ざけている。実は言語障害は演技であり、本当は話ができる。
アルマ(ビビ・アンデショーン)
25歳の若い看護師。大女優の看護を付きっ切りで行うことになり、少々浮かれ気味。話し好きで働き者。姉のようなエリザベートを慕っている。

仮面/ペルソナのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『仮面/ペルソナ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

仮面/ペルソナのあらすじ【起】

女優のエリザベートは舞台の出演中に突如、言語障害へと陥り翌日には、起き上がることができなくなってしまう。3か月間、回復は見られず精密検査でも異常は見られなかった。エリザベートの状態は全てにおいて原因不明と診断される。

そんなある日、25歳の若き看護師アルマがエリザベートの担当になる。アルマは彼女と実際に会い、自分が担当するには荷が重すぎると上司へ訴えたが、聞き入れてもらえなかった。仕方ないので、アルマは強い不安を抱きつつもエリザベートの看護を開始。

エリザベートは女優業に対し、複雑な心理を抱えていた。女優としての自分と素の自分との間に大きなギャップを感じ、その差が開くほど自意識を強く保たなければならない。抑えつけるために演技を重ね、やがてどれが本当の自分であったのか分からなくなってしまう。そうして、彼女は外界から自らを守るために言葉を封じ、自らの身体機能を封じたのだ。そうすることで、何も演じる必要がなくなると思ったのだろう。

仮面/ペルソナのあらすじ【承】

そんな彼女の心理状態を詳細に把握している医師は、エリザベートを退院させ、アルマをつけて自分の別荘で療養させることにした。すべてお見通しである医師は、エリザベートへいつまで演じ続けられるかと挑戦的な言葉を投げかけるのだった。

自然に囲まれた海辺の別荘でアルマと2人暮らしを始めたエリザベート。身体機能は回復し生活に支障はなくなったものの、言語障害だけは未だ回復せず。普段はアルマが独り言のようにずっと話し続けている。

看護師のアルマは、これまでずっと話を聞く側だった。自分の話など誰も聞きたくないし、聞いてくれる者はいなかったが、別荘へ来てからはひたすらエリザベートが話を聞いてくれる。アルマは次第に身の上話を明かすようになりそうして、2人は親密さを増し寄り添いながら、支え合うようになっていく。

仮面/ペルソナのあらすじ【転】

ある日、エリザベートの手紙を投函しに向かったアルマ。彼女は内容が気になって手紙を盗み見てしまう。そこには、今の静かな生活が理想だった。アルマは自分を崇拝しているようで、様々な話をしてくれるが、そんな彼女を観察するのが楽しいと書いてあった。

アルマは赤裸々に綴られた内容を目にし、エリザベートから裏切られたような気になる。そこで、彼女は傷ついた自分と同じように、エリザベートも傷つけば良いのだと考えた。自分を見下しているエリザベートに対し、アルマは手紙について強く詰問し責め立てる。エリザベートの心は病んでおり、健康であるように演技をしているだけだと。

すると、さすがのエリザベートも顔色を変え、別荘を飛び出してしまう。アルマはすぐ失言したことに気付き、彼女を追いかけ謝罪したが、簡単に許してくれそうになかった。
以降、2人の間には陰鬱な空気が漂い、一切の会話がなくなってしまう。

仮面/ペルソナの結末・ラスト(ネタバレ)

それから後、別荘にエリザベートの夫がアポなしで訪ねて来る。エリザベートには一人息子がいたが、彼女は息子に愛情をかけることができずにいた。それでも息子は母親に会いたいと言い続けている。夫は我が子の願いを叶えるため、密かに別荘へとやって来たのだ。
そうして、アルマを捕まえエリザベートと呼ぶ。アルマもまたエリザベートの夫へと愛を囁くのだった。

エリザベートは2人の傍に寄り添い、その様子を見ているだけ。夫が帰った後、アルマはエリザベートに真実を突きつけた。何も語らないエリザベート。彼女は女優であり続けたいがため、子供を妊娠しても愛情を持てずにいた。生まれるまでずっと存在を否定し、産まれてからも息子を可愛がることができず、むしろ厭っていた。

アルマはエリザベートではない。エリザベートもアルマではない。だが、アルマはエリザベートであり、エリザベートはアルマでもあった。2人は1人であり、女優エリザベートと素のアルマだったのだ。

アルマは飽くまでも自分は看護師で、決してエリザベートとは相入れないと言う。エリザベートは我が子にも愛情を抱けない冷たい女だが、素の自分は愛情深く救いを求める人を助けたいと思う。そこで、アルマはエリザベートを酷く罰し、無になるよう諭した。

そして翌日、エリザベートでありアルマでもある1人の女は、荷物をまとめて別荘から出て行くのだった。

仮面/ペルソナの感想・評価・レビュー

ドッペルゲンガーを題材に描かれた作品ではあるものの、個人的には1人の女が、女優の自分と素の自分が乖離してしまったので、静かな環境で己を見つめ直すという内容だったのではないかと思う。映画の構成としては、序盤に流されたモンタージュで圧倒された後、本編に入るという感じで、1966年当時ではかなり強烈なものだったと思われる。

ストーリー自体はそれほど難しくはないし、最初の方で医師がすでに答えを明かしているため、そのつもりで観ることができる。ダブルキャストである2人の女優の演技合戦は確かに見物だ。見事に静と動の対比ができており、なかなか面白いが、アルマのおしゃべりには少々辟易とした。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする