映画『ペット・セメタリー』あらすじネタバレ結末と感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ペット・セメタリー』あらすじネタバレ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『ペット・セメタリー』の概要:家族を思うあまり、ペットの墓地の奥に隠された腐った土地で蘇りの儀式を行った男の悲劇を描いたホラー映画。原作はスティーヴン・キングのホラー小説。原題は「PET SEMATARY」。

スポンサーリンク

映画『ペット・セメタリー』 作品情報

ペット・セメタリー

  • 製作年:1989年
  • 上映時間:103分
  • ジャンル:ホラー、サスペンス
  • 監督:メアリー・ランバート
  • キャスト:デイル・ミッドキフ、デニース・クロスビー、フレッド・グウィン、ブラッド・グリーンクイスト etc

映画『ペット・セメタリー』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『ペット・セメタリー』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ×
dTV×
TELASA×
TSUTAYA DISCAS×
ビデオマーケット×
Netflix×

※動画の配信情報は2022年5月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『ペット・セメタリー』 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★★☆☆

映画『ペット・セメタリー』 あらすじネタバレ(ストーリー解説)

映画『ペット・セメタリー』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

映画『ペット・セメタリー』 あらすじ【起・承】

新しい家に越してきた医者のルイス・クリード、妻レイチェル、娘エリー、息子ゲイジとペットの猫のチャーチ。
だが、引っ越した家の目の前にはトラックの通りの激しい道路があり、庭からは“ペットの墓”に伸びる道があった。
そして、道路を挟んだ家に住む老人ジャドと親しくなった一家。

出勤初日、ルイスはトラックに轢かれた青年ビクター・パスコウの治療をするが、彼は息を引き取った。
その夜、ルイスの夢の中に現れたパスコウは、最後まで見捨てなかったお礼にと、ルイスを“ペットの墓”に連れていく。
そして“ペットの墓”の先にある場所には、決して入らないようにと忠告する。

感謝祭を、シカゴにある実家で祝う事になったレイチェルと子供たち。
ルイスはレイチェルの父と折り合いが悪く、家で留守番することにした。

レイチェルたちを見送った後、ジャドからチャーチが死んでいると知らせが入る。
ジャドは思いついたように“ペットの墓場”の先、夢でビクターに入るなと言われた場所へ案内する。
ミクマク族の墓地だというその土地に、チャーチを埋めるルイスとジャド。

翌朝、死んだはずのチャーチは戻ってきた。
ジャド自身も昔、愛犬スポットを失くした時に儀式を行った。
しかし中身は、スポットではなくなっていた。

映画『ペット・セメタリー』 結末・ラスト(ネタバレ)

その後、通いの家政婦をしていたミッシーが自殺。
レイチェルは幼い頃に不治の病だった姉ゼルダの面倒を見ていて、最期を看取ったという経験から、必要以上に死に敏感だったために寝込む。

ミッシーの死のショックも和らいだ頃、ゲイジがトラックに撥ねられて命を落とす。
ゲイジの葬儀でルイスはレイチェルの父に責められ、レイチェルとエリーは実家で過ごす事に。
正気を失いつつあったルイスは、ミクマク族の墓地にゲイジを埋めて蘇らせる。

ジャドは昔、墓地での儀式で蘇った青年ティミーが人間ではなくなっていて、殺すしかなかったと言って止める。
パスコウの霊にも止められるが、ルイスは儀式を行った。

エリーはパスコウの霊からのSOSを受け取り、泣き付かれたレイチェルは自宅に戻ることに。
パスコウの霊が陰ながら助けていたが、墓地の悪霊の力のほうが強かった。
それでも何とか自宅までたどり着いたレイチェル。

蘇ったゲイジはジャドを殺害し、レイチェルもおびき寄せて殺してしまった。

疲れて眠っていたルイスが目を覚ますと、土まみれの足跡からゲイジが戻ったと喜ぶ。
しかしゲイジからの、ジャドとレイチェルを殺したという電話に驚愕。

2人の遺体を見つけたルイスはゲイジに2度目の死を与え、レイチェルの遺体で儀式を行った。
パスコウの声もルイスには響かない。

戻ってきたレイチェルと抱き合うルイスは、彼女が刃物を手にした事にも気付かなかった。

映画『ペット・セメタリー』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『ペット・セメタリー』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

ホラー小説の王様S・キングが描く父の狂気と家族愛

原作を書いた小説家スティーヴン・キングが脚本も手掛けた作品。

ミクマク族の墓の土地が腐っている理由などには一切触れず、その土地に遺体を埋めてはいけないというタブーと、過去に起こった出来事だけしか語られない。
そこを使って猫チャーチ、息子ゲイジ、妻レイチェルをよみがえらせていく、ルイスの狂気じみた家族愛が表現されているストーリー。

ミッシーの自殺が、レイチェルの過去を語らせるきっかけ程度にしかなっていないのが残念。
また、最後まで見捨てなかったという理由でルイス家族を助けるパスコウも、見た目がグロテスクなままなので、いい幽霊というイメージに結び付きにくい。

ゲイジをよみがえらせてからのルイスの暴走には違和感を覚え、あれだけ執着していたゲイジはきっぱりあきらめて、レイチェルだけよみがえらせるのは不自然。
よみがえって別のものになったゲイジを、容赦なく殺すのはツッコミどころ。
別の魂になったとはいえ、引っ越しのシーンでは歩くのもおぼつかなかったゲイジが機敏に動けるのもツッコミどころのひとつ。

特殊メイクのクオリティが高い

1989年の映画にしては、頭が割れた状態のグロテスクな外見のパスコウがリアルで、完成度が高い。
また、猫のチャーチの遺体のぬいぐるみ感も少ない。

よみがえったゲイジが殺人を犯していくシーンの残酷描写は、苦手な場合は目を瞑りたくなるようなもの。
レイチェルの目に映るゲルダの不気味な怖がらせ方も、驚くほどよくできている。

ラストでよみがえったレイチェルのグロテスクな見た目も、パスコウ同様に完成度が高いものになっている。


内容は少しヘビーではあるが、少しユーモラスな幽霊、パスコウで上手く緩和されていた。段々と不穏な雰囲気になっていく演出は分かりやすく、展開も予想できてしまうが、設定ならではの切なさもあり、感情移入してしまった。

80年代の映画だからといって見くびってはいけない。ホラーとしての怖さだけでなく、人間の生に対しての欲も、ある意味恐ろしく描かれている。怖すぎてリメイク版は観れないだろう。(女性 20代)

映画『ペット・セメタリー』 まとめ

原題が「PET SEMATARY」とあるが、墓地(セメタリー)の本来のスペルは「CEMETERY」。
子供たちが、大切にしていたペットの墓を作ったという設定から、子供が間違えやすいスペル間違いを使っている。
原作小説は「ペット・セマタリー」。

1989年らしからぬリアルな残酷描写たっぷりに、狂気に駆られた父ルイスの家族愛を描いているが、その狂気に感情移入しにくい。

グロテスクな外見に似合わず陽気な性格をしていて、ルイスたちを助けようと奮闘するパスコウというキャラクターが印象に残る。

関連作品

次作 ペット・セメタリー2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サスペンス映画ホラー映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. くれい より:

    現在公開中の「ジャスティス・リーグ」でこの映画の話が出てきたので、思わず懐かしくなってしまいました。
    邪悪な存在として生き返るのがまさか「あの人」だなんて怖すぎる…w
    ところで、1989年にしては…と言いますが、ハリウッドの技術は既にエクソシストの時代から全身アニマトロニクスの少女の特殊メイクを駆使しながら誰にも気付かせないレベルだったので、特殊メイクという概念すら存在しなかった当時の日本人には想像も出来ないほどのオーバーテクノロジーがあの頃から当たり前のように確立していました。
    1989年ともなれば、この映画程度のクオリティなんて朝飯前ですね。

  2. ペンギン より:

    子供のころテレビで見てショックを受けたのを覚えています。よくテレビでやったなあと思います。大人になってから見ると、ルイスやレイチェルの背景や感情が入ってきてただただ悲しい。

  3. ばーびー より:

    ふと、ホラーが観たくなり借りてみました。
    ホラーの大道といった感じがしました。妙な小細工がなく、見やすかったです。
    個人的には主役の男の人がカッコ良かったのが見入るポイント。
    ゲイジが可愛い分、蘇ったあとの残酷さが印象に残りました。
    やっぱりあの時代のアメリカのホラー映画は名作揃いだと思いました。

タイトルとURLをコピーしました