映画『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のネタバレあらすじ結末と感想

プルーフ・オブ・マイ・ライフの概要:デビッド・オーバーンの戯曲を映画化。キャサリンは、精神のバランスを崩した、かつては天才数学者だった父ロバートを看病し、死を看取る。同じ数学者としての道を歩む彼女には、父との間に誰にも言えないことあった。

プルーフ・オブ・マイ・ライフの作品情報

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

製作年:2005年
上映時間:103分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ジョン・マッデン
キャスト:グウィネス・パルトロー、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール、ホープ・デイヴィス etc

プルーフ・オブ・マイ・ライフの登場人物(キャスト)

キャサリン(グウィネス・パルトロー)
ロバートの娘。大学で父を同じように数学を学び、その道を志すが、父が心を病んでしまったため、学ぶことを諦め、父の介護をし、その死を看取る。
ロバート(アンソニー・ホプキンス)
若くして様々な証明を打ち立てた天才数学者。しかし、晩年精神を病み、ノートに数学とはかけ離れた、どうでもいいことを書きつづけ、そのノートが遺品として多く残っている。
ハル(ジェイク・ジレンホール)
ロバートの教え子。ロバートの死後、彼の遺品の中に最後の数学的証明が残っていないかと、キャサリンに残されたノートを見せてもらっている。バンドのドラム担当でもある。
クレア(ホープ・デイヴィス)
キャサリンの姉。実業家として成功を収め、シカゴを離れニューヨークに住んでいる。ロバートの死後、キャサリンをニューヨークに連れて行こうとする。

プルーフ・オブ・マイ・ライフのネタバレあらすじ

映画『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

プルーフ・オブ・マイ・ライフのあらすじ【起】

深夜、テレビをザッピングしているキャサリン。そのキャサリンに、父ロバートが声をかける。0時をすぎ、誕生日を迎える。シャンパンを開け、ラッパ飲みをするキャサリン。ロバートは、自分は心を病んでいるが遺伝するものではないと、キャサリンに告げる。

実は、ロバートは死んでいた。葬儀は明日。キャサリンは、そのロバートと話しているのだった。キャサリンの想いは過去へ飛ぶ。初めてハルと出会った日、彼は父と一緒に大学の教室にいた。

ハルが、キャサリンに声をかける。ハッとするキャサリン。現実では、ハルはロバートの部屋にいて、残されたノートに、発表されていない証明が書かれていないか調べていたのだった。数学的天才だったロバートは病的にメモ魔だった。彼の部屋には大量のノートが残されていた。キャサリンは、ハルが父のノートを持ち帰るのではないかと疑い、彼のバックの中身を床に広げるが、そこにはノートは入っていなかった。ハルに詫びるキャサリン。しかし、ノートはハルのジャケットのポケットに入っていた。そのノートには、3年前のキャサリンの誕生日に、少しだけ正気に戻ったロバートが、彼女に感謝をする言葉が綴られていた。

プルーフ・オブ・マイ・ライフのあらすじ【承】

翌朝、葬儀のために姉のクレアがやって来る。ニューヨークで忙しく働いているクレア、キャサリンとは生き方が違う。些細なことで言い争いをするが、葬儀のための服を買うために出かける二人。クレアはキャサリンのことを心配していた。昨晩、キャサリンはハルとのことで、警官とトラブルになっていた。そのことを追求するクレア。クレアは、ハルはキャサリンの妄想で、彼女の精神が病んでないかを心配をしているのだった。しかし、二人が家に帰ってきたところに、ハルが訪ねてきて、妄想の疑いは晴れる。

教会でロバートの葬儀が行われる。スピーチするキャサリン。キャサリンは、心を病んだロバートの介護で自分の人生を台無しにされたと感じていた。「死んで幸いだ」と言い放ち、キャサリンは教会を出るのだった。

夜、葬儀の後のパーティーが行われる。ハルのバンドが演奏をする。ロバートへ「虚数」という曲を捧げるバンド。

パーティーは続いていて、ハルと話をするキャサリン。ハルは、キャサリンの部屋に入れてもらう。キスをする二人。ずっと好きだったと告白するハル。キャサリンも、かつて大学の教室で会ったときのことを覚えていた。そして、二人は一晩を共にするのだった。翌朝、キャサリンはハルに父の引き出しの鍵を渡すのだった。

プルーフ・オブ・マイ・ライフのあらすじ【転】

クレアは、キャサリンにニューヨークに引っ越すことを提案する。すでにクレアは、キャサリンとロバートが暮らしていたこの家を売りに出していたのだった。クレアは、キャサリンもロバートと同じように精神が不安定だから、施設への入所を勧める。それを聞いたキャサリンは激昂するのだった。

そこに、数学の証明が書かれたノートを見つけたと、ハルがロバートの部屋から戻って来る。そのノートは、自分が書いたと言うキャサリンだったが、証拠がないとクレアにもハルにも言われてしまう。キャサリンは、二人を罵倒しふさぎ込むのだった。

まだ父が元気だった頃、課題のことでキャサリンは、大学から呼び出しを受ける。キャサリンは課題とは関係のない数式を書いていたのだった。

ロバートが、一週間電話に出ないことを心配したキャサリンは車を走らせ、家に向かう。家に着き、探すが、父の気配がない。ロバートは雪が積もり、小雪がちらつく屋外で、ノートを書いているのだった。ロバートは、正気に戻ったように見えた。新しい数学の証明が閃いたと言う。そして、お前が誇りだ、研究を手伝って欲しいとキャサリンに言い、ノートを見せるのだった。

ハルが見つけたノートが、ロバートの書いたものか、キャサリンの書いたものか、3人は言い争っていた。字も似ているし、ロバートの書いたものではないかと、キャサリンはハルにも信じてもらえずにいた。ハルは、そのノートを大学に持って行き、検証を始めるのだった。

プルーフ・オブ・マイ・ライフのあらすじ【結】

家の中は片付けられ、引越しの準備は整っていた。留守電にハルの声が響くが、キャサリンはとらない。家を出ようとしたとき、ハルが走って来る。証明が検証され、間違いがないことが解ったのだった。そしてハルは、この証明はロバートが精神を病んでいる時の理論が使われており、キャサリンが書いたものと確信したのだった。ハルはキャサリンを疑ったことを謝るが、手遅れだと言い放つキャサリン。そして、ニューヨークへ向かうため車に乗りこむ。走り出す車を追いかけるハル。ハルは、キャサリンが開けた窓にノートを投げ込むのだった。

空港であの日を思い出すキャサリン。証明が完成したと言うロバートは、気の乗らないキャサリンにノートを読ませる。それは数学の証明とは程遠いものだった。ロバートには、数学的能力はすでになかった。キャサリンは、自分の数学的証明が書かれたノートを父の引き出しに入れ、鍵をかけるのだった。

ノートを持って空港を飛び出し、一人キャンパスに佇むキャサリン。彼女は、ハルの姿を見つける。ハルもキャサリンを見つける。キャサリンはハルに言う、時々ひらめくが、時々狂っている、父と似ていて、それが怖い。ハルは、あの証明が書けるのはキャサリンだけだと言い、二人は最初から検証を始める。キャサリンは思うのだった。「振り出しに戻ってやり直そう。1行ずつ検証をすれば遠回りを省ける。前向きに生きよう」と。

この記事をシェアする