映画『レンタネコ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「レンタネコ」のネタバレあらすじ結末と感想

レンタネコの概要:大都会で一人寂しい思いをしている人々に、ネコを貸し出すレンタネコ屋を営むサヨコ。ネコとサヨコを中心に、多くの人が心を動かされていく。「さみしいまま、なんてゼッタイいけません」がキャッチコピー。

レンタネコの作品情報

レンタネコ

製作年:2011年
上映時間:110分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:荻上直子
キャスト:市川実日子、草村礼子、光石研、山田真歩 etc

レンタネコの登場人物(キャスト)

サヨコ(市川実日子)
レンタネコ屋という一風変わった店を営む女性。一人で寂しい人たちに、ネコを貸し出しては癒しを提供している。
吉岡寿子(草村礼子)
長年連れ添った夫とネコに先立たれてしまった上品な老婆。自分が死ぬまでの間、ネコをレンタルしたいとサヨコに声をかける。
吉田五郎(光石研)
妻と娘を残し、一人単身赴任をしている中年男性。家族内で孤独感を感じており、1ヶ月間ネコをレンタルすることにする。
吉川恵(山田真歩)
サヨコが立ち寄ったレンタカー屋で受付をしていた女性。サヨコから三毛猫を借りるが、その直後奇跡的なことが起こる。
吉沢シゲル(田中圭)
サヨコの中学時代の同級生。ある日突然サヨコの前に現れる。実は、窃盗犯として警察に追われる身。

レンタネコのネタバレあらすじ

映画『レンタネコ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

レンタネコのあらすじ【起】

サヨコは、一人大都会の片隅に暮らしていた。数年前までは祖母と生活を共にしていたものの、そんな祖母も既に他界。しかし、彼女は決して一人ではなかった。彼女の家には、たくさんのネコがいたのだった。サヨコはネコに気に入られる体質らしく、幼い頃からネコに囲まれて生活をしていた。しかし、ネコだけではなく人間とも距離を縮めたいサヨコは、結婚という大きな目標を掲げていたのだった。

そんなサヨコは、一風変わった仕事をしていた。それは、ネコを貸し出す、レンタネコ屋。一日千円でネコを貸し出すそのサービスは、寂しい毎日を送っている人々からは中々好評だった。

そんなサヨコの元に、ある日一人の依頼人がやってくる。それは、吉岡という上品な老婦人で、ぜひネコを一匹レンタルしたいという。しかし、サヨコも誰にでもネコを貸し出すわけではない。その借主がしっかりとネコの面倒を見られるか、環境は整っているのかなどのチェックの上、ネコを貸し出すかを決めるのである。

レンタネコのあらすじ【承】

そして、サヨコはそのチェックのため吉岡の家へと向かうことになる。家を確認しながら、吉岡とサヨコは世間話を交わしていた。吉岡は長年連れ添った夫が亡くなってからというもの、モモコというネコと共に生活をしていた。モモコは夫を失った吉岡にとっては心の癒しであり拠り所であり、そんなモモコを吉岡は大層可愛がったという。

しかし、モモコもとうとう、吉岡を置いて先に亡くなってしまったのであった。そんな吉岡の希望は、吉岡が亡くなるまでネコをレンタルしたい、というものだった。そして、吉岡ならば大丈夫と判断したサヨコは、モモコと同年齢位のネコを吉岡に貸すのだった。

念のため前金も取っているサヨコだが、それですら千円という破格の設定。借りる側の吉岡が、安すぎるのではないかと逆に心配するものの、サヨコは「株で儲けているから大丈夫」と答えるのみだった。そして、それは決して嘘ではなく、彼女は株で苦労しないだけのお金は設けているのだった。

レンタネコのあらすじ【転】

そして、それから暫くした頃、サヨコの元を一人の男性が訪ねてくる。その男は、吉岡の息子だという人物で、吉岡が借りていたネコを返しにやってきたのだ。先日、ネコと家族に見守られながら、吉岡は静かにこの世を去ったのである。

それから暫くした頃、街を歩いていたサヨコの目に、川辺で一人たそがれている男性が目に入る。放っておけなかったサヨコが声をかけると、その男、吉田は事の顛末をサヨコに話し始める。吉田には妻と一人の娘がいるが、現在単身赴任をしているという。とうとう1ヶ月後に家族の待つ家へと帰ることが決まった吉田。しかし、思いの外妻も娘も、吉田の帰宅を喜んではくれないのだった。

特に娘は現在思春期真っ盛りで、そんな彼女の行動は吉田の心を傷つけていたのだ。そんな吉田に、サヨコはネコを貸し出すことにする。期限は吉田が帰宅するまでの1ヶ月間。しかし、暫くネコと暮らした吉田は、どうしてもそのネコが欲しくなり、サヨコに譲って欲しいと頼みに来る。そして、サヨコはそれを承諾するのだった。

レンタネコのあらすじ【結】

次にサヨコがネコをレンタルしたのは、レンタカー屋で受付をしている吉川だった。吉川が借りたのは、可愛らしい三毛猫だった。しかし、なんと吉川が自分の店で初めて車をレンタルしてみると、キャンペーンでやっていたハワイ旅行が当たってしまう。そして、吉川は帰ってきたらまた三毛猫を借りよう、と思いながら、ハワイへと旅立ったのだった。

そんな頃、サヨコは懐かしい人物と再会する。中学校時代の同級生、吉沢である。吉沢はネコをレンタルしたい、とサヨコの家へとやってきた。二人は共にビールを飲みながら昔話に花を咲かせる。しかし、吉沢はそのまま、ネコを借りることなく帰っていくのだった。

日が変わり、警察がサヨコの元を訪ねてきた。なんと、現在吉沢は窃盗犯として警察に追われる身だというのだ。結婚を夢見るサヨコは、吉沢と過ごした時間を楽しいと感じていた。しかし、もう吉沢が自分の前に現れることはないだろう、と思いながらサヨコは今日も店を開けるのだった。

この記事をシェアする