「凛 りん」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

凛 りんの概要:原作、又吉直樹の戯曲『凛』を映画化。村に住む子供が忽然と姿を消し、古来より村に伝わる神隠し伝説ではないかと疑念を抱いた5人の男子高校生。真相を解き明かそうと現場検証へと向かうが、事態は思わぬ方向へと向かう。

凛 りんの作品情報

凛 りん

製作年:2018年
上映時間:83分
ジャンル:サスペンス、青春
監督:池田克彦
キャスト:佐野勇斗、本郷奏多、須賀健太、亀田侑樹 etc

凛 りんの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『凛 りん』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

凛 りんの登場人物(キャスト)

野田耕太(佐野勇斗)
幼い頃に父が出て行ってから、母と2人暮らし。ゴミ捨てを手伝うなど親孝行息子。新任の保健教師に好意を抱いている。隣家の同級生とは幼馴染で互いに相談し合うほど仲が良い。
天童義男(本郷奏多)
東京からの転校生でクラスに馴染もうとしない。どこか暗い影を落とし口数も少ないが、口を開けば常にきざったらしいことを話す。直截な言葉で仲間を鼓舞する。
石倉優太(須賀健太)
大仏というあだ名で、いつも笑っている平和主義者。実は継母にいじめられており、辛い生活を送っている。非常に優秀で神童と呼ばれていた。なぞなぞが得意。
折田竜二(亀田侑樹)
八百屋の息子で噂好きの情報通。一番、平凡な少年。それが悩みで仲間達を羨んでいる。家業の八百屋を継いで一生を村で生きる覚悟を決めている。
真島泰輔(櫻井圭祐)
耕太の親友。父親と2人暮らしだが、父親に命令され窃盗で稼いでいた。喧嘩が強く柄は悪いが、性格は良い。頼りになる存在。

凛 りんのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『凛 りん』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

凛 りんのあらすじ【起】

母と2人暮らしの野田耕太は地元の高校生。彼は親友の間島泰輔、噂好きで情報通の折田竜二、常に笑顔で大仏というあだ名の石倉優太の4人でいつもつるんでいる。だがある日、先生に言われて東京からの転校生、天童義男をグループへと入れることに。天童は転校して来てからクラスに馴染もうとせず、いつも1人だった。

昼休みもなぜか天道を入れた5人で摂ることになり、他愛無い話で盛り上がる。その中で先日、忽然と姿を消し行方不明になった少女が保健教師の娘だったという話を竜二がする。この村には古くから伝わる神隠しの伝説があった。100年に一度、傘を被った化け物が現れ村から5人の子供を連れ去る。子供は忽然と姿を消して見つからない。しかも今年が丁度、100年目だと言う。

現実的に考えて、耕太はそんなことがあるはずがないと思っているが、面白がった間島が事件の真相を突き止めようと言い出す。週末に集まって現場検証することになった。
そんな時、休業してしまった保健教師の代わりに新しい教師がやって来る。若くて綺麗な女性の保健教師だった。

週末、5人は少女が消えた現場に集まり検証を行うことにしたが、手がかりなど何もなかった。仕方ないので並んで釣り糸を垂らす。思いがけず天童に魚が釣れ、記念にスマホで撮影。そんな時、川に千切った紙片が落ちてくるのを目にした耕太。橋の上には大仏の弟がいた。弟は兄に向かって辛辣な口を利く。実は大仏は幼い頃、非常に優秀で神童と呼ばれていたが、父が再婚して以来、馬鹿な振りをしていると言う。対して、継母の連れ子である弟は塾に通っているにも関わらず勉強が苦手だった。

凛 りんのあらすじ【承】

大仏は継母と仲良くなりたいと思っていたが、どんなに継母の望み通りにしても気に入られず、大仏を虐めているらしい。
そこで、天童は大仏の家に向かい石を投げつけてしまう。彼は自分に正直に生きるべきだと怒鳴りつける。ところが、投石した家は大仏の隣家であったため、怒った家主に追いかけられる。川原まで逃げて来た5人。大仏は泣きながら天童に礼を言うのだった。

翌日、神社の境内で少年が姿を消すという事件が発生。伝説通りだとすれば、あと3人の子供が消える。5人は下校時に現場の神社へと向かった。すると、神主は歴史を語り始める。神社がある一帯はその昔、山伏の集団が治めており年の初めに村の子供を1人、山の神に生け贄として捧げていたらしい。だが、若い山伏が裏切り生け贄の子供を逃がそうとした。山伏たちは裏切り者を捕まえて殺してしまう。以来、山には山伏の亡霊が現れ、子供を攫うという話だ。

5人は噂の山でしばし、時を過ごすことにした。ところが、深夜になり大仏が姿を消す。4人は周辺を探し回り2階建ての倉庫を発見。2階へ上ると子供達の鞄などがあった。そこで、間島が危険だから帰ろうと言い出す。4人は捜索を諦めて帰宅。しかし、翌日になっても大仏は登校しなかった。

凛 りんのあらすじ【転】

その日の放課後、間島の家へ遊びに行った耕太。間島の父親が帰宅してしまい帰ることにしたが、父親の拳が腫れていた。間島の口元にも傷があったため、父親に殴られているのではないかと疑念を抱く。

その帰り、ふと思いついた耕太は昨夜見つけた倉庫へ。すると、そこへ竜二も現れる。2人で倉庫の2階へ向かうとあったはずの荷物が全て消えていた。そこへ、階下から足音が聞こえ焦りを募らせた2人。だが、姿を現したのは天童だった。
大仏が消えても冷静だった天童に不審を募らせる耕太。彼は不機嫌になってその場から去ってしまう。

翌朝、登校すると竜二が昨夜から帰宅していないと担任に知らされる。耕太が去った後、倉庫には竜二と天童が残ったはずだ。だが、天童は知らないと言うのだった。
そこで、幼馴染が耕太を呼び出す。天童が前の学校から転校した理由が、同級生の女子を殺したかららしい。話はクラス中に回ってしまい、天童自身も肯定してしまったため、クラスには衝撃が走った。

帰宅後、思案に耽った耕太。ふと学生服から落ちた学生手帳を拾いはっとする。彼は天童に連絡を入れ、神社で待っていると留守電を入れた。だが、耕太は神社についた途端、後ろから殴られて意識を失ってしまう。

凛 りんの結末・ラスト(ネタバレ)

気が付くと全身をガムテープで拘束され、室内では練炭が燃やされていた。傍には大仏と竜二、攫われた子供達が横たわっている。焦った耕太だったが、扉を開ける人物が現れる。相手はなんと天童だった。

同じ頃、警察では誘拐犯が逮捕され、指示されて行ったと証言。その指示した者というのが、天童だと言う。警察は天童を逮捕しようとしたが、耕太や大仏、竜二は彼を犯人ではないと叫ぶ。

そこへ、間島が現れ証拠を持って来る。実は間島は父親に命令され窃盗を働いていた。盗んだ財布の中に新任の保健教師の物があり、その中に娘と一緒に撮った写真があったのである。保健教師は我が子との写真を目にし、天童が前の学校でいじめたせいで、自殺した女子生徒が自分の娘だったと明かす。彼女は自分の娘を間接的に殺した天童を貶めようと、伝説を利用して画策したと明かすのだった。

天童は前の学校で死んだ女子生徒に恋心を抱いていた。だが、近づくきっかけが作れず、いじめてしまったらしい。そのせいで追い詰められた女子生徒は自殺してしまった。取り返しのつかないことをしたと深い後悔を抱く天童に、保健教師はもう二度と娘に会えない苦しさを吐露。
そこで、耕太は少女が映っている写真から、母親が贈った鈴をお守り代わりに持ち歩いているのを発見。更に天童が携帯に保存していた動画により、保健教師は泣き崩れるのだった。

後日、自分を信じた理由を耕太から聞いた天童は、耕太たちを発見した経緯を説明。留守電を聞いた彼は神社へと向かい、そこで山伏の釈の音を聞いた。その音に導かれ仲間を見つけたと言う。耕太たちは一瞬、固まったが、それはないと笑い合うのだった。

凛 りんの感想・評価・レビュー

沖縄国際映画祭の1作として制作された作品。子供が行方不明になった真相と、村に伝わる神隠し伝説の真相を明かそうとする過程で、5人の男子高校生がそれぞれに抱える闇や不安が明らかになっていくというストーリー。

流れがとてもスムーズで、見ていても違和感がない。ただし、5人の高校生たちが抱える問題は結構シビア。小さな田舎の村に、こんなにいるだろうかと思うくらいである。転校生が口を開けば気障で熱い言葉を放つため、そのギャップに面白さを感じた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする