映画『ロードキラー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ロードキラー」のネタバレあらすじ結末と感想

ロードキラーの概要:ルイスは車で帰省するため、思い人で幼馴染のヴェナがいるコロラドに向かった。その道中、ひょんなことから兄のフラーを車に乗せることになる。フラーは無線機を使い、ルイスに女性の振りをさせてトラックの運転手をからかって遊んだ。

ロードキラーの作品情報

ロードキラー

製作年:2001年
上映時間:97分
ジャンル:サスペンス、ホラー
監督:ジョン・ダール
キャスト:ポール・ウォーカー、スティーヴ・ザーン、リーリー・ソビエスキー、ジム・ビーヴァー etc

ロードキラーを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ロードキラー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

ロードキラーの登場人物(キャスト)

ルイス・トーマス(ポール・ウォーカー)
バークレー大学の学生。幼馴染のヴェナのことが好きだが、思いを伝えられずにいる。
フラー・トーマス(スティーヴ・ザーン)
ルイスの兄。破天荒な性格で、酔っ払って逮捕されていた。ルイスとは5年ぶりに再会する。
ヴェナ(リーリー・ソビエスキー)
コロラド大学の学生。恋人とは別れたばかり。ルイスに車で送ってもらい、帰省する予定。
ラスティ・ネイル(役:マシュー・キンブロー / 声:テッド・レヴィン)
トラック運転手。ラスティ・ネイルは本名ではなく、CB無線用のハンドル名。ルイス達にからかわれたことに激しい怒りを見せ、執拗に追いかけ回す。

ロードキラーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ロードキラー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ロードキラーのあらすじ【起】

ヴェナは恋人と別れたばかりで傷心中だった。幼馴染のルイスは車で旅行に行きたいと言ったヴェナの願いを叶えるため、車を購入した。そして、コロラドでヴェナを拾い、ネブラスカへ帰省することにした。

ルイスの兄のフラーが、ソルトレークシティで酔っ払って逮捕された。父は怒っていて迎えに行く様子はなく、母は困っていた。ルイスはヴェナを拾う前に、フラーの保釈金を払いに行くことにした。フラーを好きな場所で降ろしてヴェナを迎えに行こうとするが、フラーは一緒に行くことを望んだ。

フラーは無線を使い、女性の声色を真似て他の車の運転手をからかうようルイスに頼んだ。始めは嫌がっていたルイスだったが、ラスティ・ネイルと名乗る運転手が引っ掛かったことでノリノリになって騙すのを楽しみ始めた。だが、話している途中で無線が切れてしまう。

フラー達がモーテルに行くと、店員を怒鳴りつけている男(エリングハウス)がいた。フラーはエリングハウスを無視して受付に話しかけ口論になってしまう。エリングハウスは話し終えると、フラーを押しのけて部屋に向かった。その時、車の無線が入り、ラスティ・ネイルが話しかけてきた。フラーは押しのけられたことに腹を立てていたため、エリングハウスが泊まっている17号室にラスティ・ネイルを向かわせることにした。ルイスはフラーに言われるまま、女性の声色を真似てラスティ・ネイルに話しかけた。

ロードキラーのあらすじ【承】

フラー達はラスティ・ネイルが来たことに気づき、壁越しに会話を聞いた。ラスティ・ネイルはエリングハウスと揉めていた。だが、途中から様子がおかしくなる。ルイスは受付に電話をかけ、隣の部屋から大きな物音が聞こえてきたことを伝えた。受付が確認するが、異常は見当たらなかった。

エリングハウスは高速の中央分離帯で倒れていたところを発見された。死んではいなかったが、意識不明の重体だった。保安官はモーテルで聞き込み調査を行った。フラーは物音が聞こえたことを話すが、ラスティ・ネイルのことは明かさなかった。

フラーはエリングハウスと揉めていたところが目撃されていた。そのため、保安官は何か情報が出るかも知れないと思い、2人を病院に連れて行くことにした。エリングハウスは顎を切り取られ、酷い状態で発見されていた。

リッター保安官は悪戯でエリングハウスが酷い目に遭ったことを知り、フラー達を怒鳴りつけた。分かっているのは、CB無線のハンドル名とトラック運転手ということだけだった。ルイスは自分達のせいだと落ち込んでいたが、フラーは関係ないと言って気にも留めていなかった。ルイスはそんな兄に失望し、デンバーで降ろすことを伝えた。

ロードキラーのあらすじ【転】

ラスティ・ネイルが再び無線を使って話しかけてきた。ルイスは真実を明かし、騙していたことを伝えた。すると、ラスティ・ネイルが謝罪を要求してきた。ルイスは謝罪しようとするが、フラーが怒りを煽るような暴言を吐いてしまう。フラーは見つからないと思っていたのだが、ラスティ・ネイルはルイス達の車のテールライトが壊れていることを言い当てた。後ろを振り向くと、ラスティ・ネイルが乗っているかは不明だがトラックが走っていた。

ルイス達は恐怖を抱きながらトラックとは別の道に行き、ガソリンスタンドに車を止めた。フラーがガソリンを入れている間、ルイスがリッター保安官に電話をかけることになった。だが、電話で話す前に、長い棒を持った怪しい男が「ICE」と書かれたトラックから降りて店に入ってきた。ルイス達は急いでその場を逃げ出した。すると、先程の男が追いかけてきて、ルイス達は追い詰められてしまう。絶望したルイス達だったが、先程の男はクレジットカードを忘れたルイスを追いかけてきただけだった。ルイス達は安堵した。

大型トラックが、クレジットカードを届けに来た男のトラックを壊しながらやって来た。ルイス達はラスティ・ネイルが追いかけてきたことを悟り、急いでその場を逃げ出した。しかし、木にぶつかり追い詰められてしまう。ラスティ・ネイルはトラックを押し当て、ルイス達の車を潰そうとした。フラーは無線を使い、謝罪した。すると、ラスティ・ネイルは2人を見逃し、去っていった。

ルイスは落ち込んだフラーも連れて実家に帰ることにした。フラーは無線機を車の外に投げ捨てた。ヴェナを迎えに行くが、怖がらせたくなかったためラスティ・ネイルのことは話さなかった。

ルイス達はバーに行くが、ヴェナが男性に絡まれてしまう。フラーは恋人の振りをしてヴェナを救った。フラーはヴェナに惹かれつつあった。ルイスが眠った後、ヴェナの部屋を訪ねた。ルイスは電話が鳴る音で目を覚ました。電話の相手はラスティ・ネイルで、フラーがヴェナと一緒にいることを知っていた。

ロードキラーの結末・ラスト(ネタバレ)

ルイスはヴェナの部屋に行き、フラーに事情を説明した。すると、部屋の電話が鳴った。ルイス達は困惑しているヴェナを連れて急いで逃げ出した。すると、案内板にスプレーで「トランクの中を見ろ」と書いてあった。車を止めて確認すると、捨てたはずの無線機が入っていた。

ラスティ・ネイルはヴェナの友人のシャーロットを人質に取っており、警察に連絡するなと脅しをかけてきた。さらに、フラーとルイスは裸で飲食店の中に入り、商品を注文するよう指示される。ラスティ・ネイルは笑い者にされたことを怒っていた。ヴェナは店に行った2人の代わりに謝罪するが、ラスティ・ネイルの怒りは収まらなかった。

夜、3人は車から降りて指示された場所に向かった。すると、トラックが猛スピードで追いかけてきた。3人は身を隠しながら必死に逃げた。ルイスとフラーは無事だったが、ヴェナが捕まってしまう。ラスティ・ネイルはルイス達の車は燃やし、メドフォードのモーテルの17号室に夜の12時までに来るよう指示をした。

ルイス達は車を盗み、メドフォードに向かった。だが、そこにはたくさんのモーテルがあった。ルイス達はモーテルの17号室を確認して回った。その頃、ラスティ・ネイルはヴェナを椅子に括りつけてドアが開いた瞬間銃で撃たれるよう細工を施し、警察に「死体を見つけた」と電話をかけていた。

ルイス達は鍵が開いている部屋を見つける。すると、ラスティ・ネイルから電話がかかってきた。ラスティ・ネイルは隣の部屋にいる様子だった。ルイスは電話で話している間に、隣の様子を見るようフラーに頼んだ。しかし、フラーは物音を立ててしまい、ラスティ・ネイルに見つかってしまう。ルイスは物音を聞きつけ、隣の部屋に行こうとした。フラーはラスティ・ネイルの拘束を解くと、ドアを開けないよう叫んだ。

フラーはパイプを足に刺された状態で柵に引っ掛けられた。トラックが向かって来ようとしたため、ルイスは助け出そうと奮闘した。その間に、警察がモーテルに駆けつけ、遺体が発見される。警官達は各部屋を開けていき、不審な点はないか確認した。ヴェナはドアを開けられると撃たれるため、拘束を解こうと奮闘した。

ルイスは警察の声を聞き、ヴェナの椅子を倒して救出した。そして、フラーを救出しに戻った。保安官が銃で撃つが、トラックは止まらなかった。トラックはモーテルに突っ込んで停止した。ルイス達も無事でシャーロットも発見されるが、運転手は亡くなっていた。運転手はジョージという名前で、氷を運んでいた男だった。ルイス達が「氷(ICE)」という言葉に引っ掛かりを感じたとき、救急車の無線機からラスティ・ネイルの声が聞こえてきた。

ロードキラーの感想・評価・レビュー

ラスティ・ネイルの顔がはっきりとは映し出されないため、それがさらに怖さを倍増させていた。ラスティ・ネイルの異常性としつこさは不気味だったが、ルイスとフラー兄弟の性格が最悪であまり同情できなかった。一番可哀想なのは、2人のせいで巻き込まれたヴェナとシャーロットである。ルイスも一見優しくて真面な性格なのかと思いきや、最後にはフラーと一緒になってからかって遊んでいたのでなかなか酷い男だと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする