映画『アリー スター誕生』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「アリー スター誕生」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アリー スター誕生の概要:1937年に公開された『スタア誕生』の3作目のリメイク作品。輝く才能を持った若者(レディー・ガガ)がその才能を見出され、スターへの階段を駆け上がっていく構図は一作目から変わらない。

アリー スター誕生の作品情報

アリー スター誕生

製作年:2018年
上映時間:136分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、音楽
監督:ブラッドリー・クーパー
キャスト:ブラッドリー・クーパー、レディー・ガガ、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイヴ・シャペル etc

アリー スター誕生の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『アリー スター誕生』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

アリー スター誕生の登場人物(キャスト)

アリー(レディ・ガガ)
歌手を目指しながらウエイトレスとして働いている。バーで歌声を披露していた際、ジャクソン・メインに才能を見出され、スターダムを駆け上がっていく。
ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)
カントリー歌手として活躍している。アルコール依存症で、難聴を抱えている。バーでアリーの歌を聴いてその才能に惹かれ、自らのツアーに同行させる。
ロレンツォ(アンドリュー・ダイス・クレイ)
アリーの父。かつて自らも歌の才能がありながらルックスのせいでブレイクできなかったとし、アリーにスターになることの難しさと語る。現在はドライバーの仕事をしている。
ボビー(サム・エリオット)
ジャクソンの兄。自らの成功のために幼いジャクソンを残して家を出て行った過去があるが、その後ジャクソンと仕事を共にする。
レズ・ガヴロン(ラフィ・ガヴロン)
大手レコード会社の敏腕プロデューサー。ジャクソンと共にツアーに出演したアリーのマネージャーを申し出て、彼女を売り出していく。

アリー スター誕生のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アリー スター誕生』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アリー スター誕生のあらすじ【起】

カントリー歌手のジャクソン・メインは絶大な人気を誇りながらも、日々酒とドラッグに溺れている。

一方、アリーはウエイトレスとして働きながらもいつかスターになることを夢に見て、仕事の合間に定期的にドラァグ・バーで歌声を披露していた。

ある日、ジャクソンがコンサート後にアルコールを探し求めていたところに一軒のバーを見つける。そこはドラァグ・バーで、演者は口パクでパフォーマンスをする中、生歌で圧倒的な歌唱力を披露するアリーに出会う。

ジャクソンはアリーの楽屋で彼女を誘い、夜の街で飲み明かす。そこでジャクソンはアリーが歌だけではなく作曲の才能があることを知り、アリーに翌日の自分のコンサートを見に来てほしいと招待する。

翌日、アリーはジャクソンの誘いを断っていたものの、ジャクソンの運転手の強い勧誘もあり仕事を放り出してコンサートへ向かう。舞台袖まで案内され、コンサートを楽しんでいたアリーだったが、ジャクソンは一度聞いたアリーのオリジナルソングをその場で演奏し始め、半ば強引にアリーをステージに立たせた。

そして、アリーは戸惑いはしたもののジャクソンと共に見事に曲を歌い上げ、一夜にして大勢に才能を認められた。

アリー スター誕生のあらすじ【承】

ステージの後、ホテルに戻ったアリーとジャクソンは結ばれ、恋に落ちていく。

アリーの初ステージは動画サイトにもアップされ大変な視聴回数をたたき出す。アリーの父もそれまで彼女が売れるわけがないという態度を一変し、彼女を応援する。

その後、アリーはジャクソンのコンサートツアーに同行し、次々に自分の曲も披露していきステージを重ねていく。それと同時に二人の絆も深まっていくのであった。

ツアー中、ジャクソンの故郷へ向かった二人だったが、ジャクソンの兄に管理を任せていた実家の牧場と彼の父の墓はすでに売却され、見る影もなくなっていた。
ジャクソンはコンサート会場に戻るなり兄ボビーと言い争いになり、ボビーを解雇した。

その後、アリーは敏腕プロデューサーのレズ・ガヴロンからマネジメントの申し出を受け、メジャーデビューを果たすこととなった。しかし、その知らせを受けたジャクソンはアリーが歌手としてのステップを急速に昇っていくのを手放しでは喜べない様子であった。

アリー スター誕生のあらすじ【転】

アリーはメジャーデビューを果たし、プロとしての仕事が次々と増えていく。

レコーディングにもまだ慣れず当惑するアリーだったが、ジャクソンの助け舟のおかげでなんとか乗り切っていく。

また、マネージャーのレズはアリーをポップ歌手として売り出そうとダンサーを付けたり、アリー自身にもダンスのレッスンを受けさせるが、アリーはあくまで自分の才能は歌であると主張する。

アリーは自分の思い描いていたものとは違う姿でパフォーマンスを行うことに葛藤も覚えるが、ジャクソンの変わらない支えによって順調に人気を獲得していった。

一方、ジャクソンは他の若いミュージシャンの台頭や、日に日に深刻になっていく難聴のせいでますますアルコールに溺れていく。

そして、ついにアリーのもとへグラミー賞新人賞のノミネートが舞い込み、授賞式の日がやってくる。この日、ジャクソンは授賞式で酔っぱらった状態で演奏を披露し、新人賞を受賞したアリーの受賞スピーチ中に乱入し酔いつぶれてしまう。せっかくのアリーの受賞のひとときは台無しとなり、世間の笑いものになってしまった。

アリー スター誕生の結末・ラスト(ネタバレ)

グラミー賞の授賞式の後、ジャクソンはアルコール依存症を治療すべく施設に入所していた。アルコールを断ち、グループセラピーや運動をこなして徐々に回復していく中、アリーが面会に来た時には涙を流して彼女に謝罪し、彼女も彼の出所を心待ちにしていた。

治療が終わり、ジャクソンは家に戻ることとなった。アリーは彼を歓迎し、また以前のように一緒にステージに立とうとするのであったが、マネージャーのレズはアリーのキャリアを傷つけたジャクソンをステージに一緒に立たせることなど論外だと諭す。

また、レズはジャクソンに、アリーのスターとしての人生にはもはやジャクソンは邪魔な存在であることを告げ、次にアルコールに手を出したらアリーの前から去るよう釘を刺した。
アリーが自分といたいがためにツアーをキャンセルしたことも知り、ジャクソンはこれ以上アリーの重荷にならないよう首吊り自殺をしてしまう。

そして時が経ち、ジャクソンの追悼ライブのステージでアリーが歌ったのはジャクソンが治療施設から戻った時、アリーに向けて贈った最後のラブソングだった。

アリー スター誕生の感想・評価・レビュー

これまでミュージックビデオ等でしかレディ・ガガの顔を見たことがなかったが、ここまで演技ができるとは思ってもみなかった。また、本作はブラッドリー・クーパーの初監督作品だが、無駄のないストーリーや一貫して矛盾のないキャラクター描写など、初とは思えないくらい粗のない作品に仕上がっていたと感じた。そして何より、レディ・ガガの本物のプロとしての歌唱力や劇中歌の製作にもプロの歌手が参加している中で、ブラッドリー・クーパーの歌声が全く遜色のない上手さだったことに驚いた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする