映画『貞子VS伽椰子』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「貞子VS伽椰子」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

貞子VS伽椰子の概要:2016年製作の日本映画。世界でも人気のJホラーから貞子と伽椰子を取り上げ、呪いにかかった少女達を助けるため、化け物と化け物を対峙させようとする面白い視点で描かれた呪いのホラー映画。

貞子VS伽椰子の作品情報

貞子VS伽椰子

製作年:2016年
上映時間:99分
ジャンル:ホラー
監督:白石晃士
キャスト:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里 etc

貞子VS伽椰子の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『貞子VS伽椰子』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

貞子VS伽椰子の登場人物(キャスト)

倉橋有里(山本美月)
普通の大学生だが、ある日たまたま買った中古のビデオデッキの中に入っていたテープを友人が見たことで呪いにかかり、その呪縛を解くために奮闘する。
高木鈴花(玉城ティナ)
引っ越した先の近くにある家が気になる高校生。そこは住む人が死ぬ呪いの家で、彼女もこの家に呼ばれてしまう。

貞子VS伽椰子のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『貞子VS伽椰子』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

貞子VS伽椰子のあらすじ【起】

大学の仲良しの友人・夏美から頼まれたのは、ビデオテープの中身をDVDにダビングすることだった。
そのためリサイクルショップに出かけた有里。
今更VHSの機械など置いているところはリサイクルショップくらいなもので、機械が得意の有里は中でも一番安いデッキを捜し購入した。

自宅に戻り夏美とそのビデオデッキを設置すると、中から出し忘れのテープが出てくる。
気味悪がる夏美をよそに有里は面白半分でつけようと提案したが、実際ビデオテープが再生されると有里は携帯に夢中で夏美だけがその映像を見ることになる。

見終わった後、その独特の嫌な感じに夏美はこのテープが「呪いのビデオテープ」であることを確信した。
調度大学で呪いのテープに詳しい講師の授業を聞いたばかりだったのだ。
見るとすぐに電話がなり、2日後に死ぬというもの。
ビデオを見終わった夏美の携帯の着信がなった。

一方で突然引っ越してきた高校生の鈴花。
自宅の前にある空き家には、何故か立ち入り禁止の看板が立っている。
鈴花はその家が気になって仕方なかった。
調度転校先のクラスメイトから家の話しを聞く機会があった鈴花は、その家が住む人全員死んでいると聞かされて驚く。

その帰り、鈴花はその自宅の前に小学生くらいの男子が4人集まっているのを見かける。
仲良く遊んでいるように見えず気になり声をかけたが、大丈夫そうだったので自宅に戻ることにした。

貞子VS伽椰子のあらすじ【承】

翌日、有里達は昨日ビデオを購入したリサイクルショップを訪れてみると、臨時休業という張り紙を見つける。
しかし倉庫の中に人がいるのに気が付いた有里は、店主に昨日経験した出来事を話した。
すると店主は実はそのテープを確認したスタッフが急死し、しかもその前の持ち主や鑑賞した人間全てが死んでいることを教えてくれた。
いよいよ呪いが真実めいてきて怯えだした2人は。大学まで行き呪いに詳しい森繁教授に指示を仰ぎに行く。

森繁教授は伝説の貞子に会いたがっている人間だった。
有里が持参したあのテープを喜んで一人で見た後、夏美が助かる方法を考える。
そこで確かな除霊での腕を持つ霊媒師の元を訪ねると、一連の出来事を話した。
何かを感じたのか、事の重大さに急ぎだしたその霊媒師はすぐに助手たちに支度をさせ、寺に集まるように言う。

除霊が始まってすぐのこと。
鈴花に異変が現れる。
何者かに乗り移られたような表情になり、恐ろしい形相に変わっていった。
その瞬間、霊媒師も助手たちも自ら首をしめだし次々と死んでいく。
止めに入った森繁も殺され、夏美と有里だけが残った。
夏美は恐怖に怯え、全てを有里のせいにし始める。

友人の呪いは自分のせいだと思った有里は、除霊をするため神棚に飾ったあのビデオテープを夏美に手渡してもらいそれを近くの部屋で鑑賞することにした。
森繁の研究では「人から渡されると呪いが解ける」という話があったためである。

貞子VS伽椰子のあらすじ【転】

有里が一人ビデオを見終わると、例の通り有里の携帯に電話がかかってきた。
恐怖に怯えているとそこに、見たこと無い男と盲目の少女が入ってきてその電話を壊してしまう。
その男の名は経蔵と言い、住職が生前手に負えない状況を考え読んでいた男だったのである。
その男こそ最後の頼みの綱というわけだ。

経蔵が有里と夏美を自宅に帰し、家から出るなと厳しく言う。
そして自分たちはあの鈴花が気にしている「住むと死ぬ」呪いの家へ向かった。
その家の裏には井戸があり、今度の呪いを解くためにはその井戸が最終手段として使えると踏んだのである。

その家の前に鈴花が立っているのを見つけた経蔵たちは、彼女もまた家に呼ばれ呪いにあけられることを予想している。
その後経蔵たちが有里の家に帰ると、夏美が死んでいた。
自殺しようとして反対に貞子に呪い殺されたのである。

一方で鈴花はあの家の中に少年たちの姿を見たように気がした。
以前門の前で会った後、どうやら行方不明になっているようである。
鈴花はいてもたってもいられなくなり、夜、その家の中に入ってしまう。

すると中には全身真っ白の男の子の幽霊がいた。
思わず腰を抜かし叫ぶ鈴花だったが、そこに彼女が出て行くのを見た両親が後を追い家に入って来る。
すると鈴花より先に、両親が突然さらわれ消えてしまった。
この心霊現象を起こしているのが、伽椰子というこの家に住んでいた霊だった。
たまたま井戸を調べに来ていた経蔵たちにより、鈴花だけは何とか助け出してもらえる。

貞子VS伽椰子の結末・ラスト(ネタバレ)

鈴花が気が付いた時、自分の部屋のベッドに寝かされていた。
周りには経蔵、盲目の少女、有里がいる。
状況を説明され、現実を受け入れざる負えない鈴花は、呪いを解かなくてならないと決意した。
しかし経蔵たちの提案はあまりに突拍子もないもので、半信半疑の2人。
だがやるしかない。
2人には時間が無いのであるから。

計画はこうだ。
貞子も伽椰子も自分の呪いを邪魔されることを嫌う。
そのため化け物同士を対決させたら殺しあうのでは?というものである。
既に貞子の呪いにかかっている有里は、伽椰子の呪いにかかっている鈴花と死ぬ時刻寸前にあの呪いの家に入る。
そして一緒に入った鈴花はその家で呪いのビデオテープを見るのだ。
すると両方の呪いにかかった二人を巡って、化け物同士が闘うという異例の計画だ。

しかし両方の化け物が2人に襲い掛かった時、この計画は失敗だったと誰もがいが付くことになる。
闘いあっても中々消えないのだ。
経蔵はもはや終わりだと、2人に井戸に来るように指示し「どちらかが犠牲になれ」と無茶なことを言う。
有里は自分がやると手を上げ、井戸の上に立った。
彼女を狙って二つの化け物は互いに飛び出す、そして有里は井戸の中に飛び込んだ。
有里は何とか助かったが、貞子と伽椰子はぶつかったことで混ざり合ってしまう。
そして今までよりも力を強くしてしまった。

経蔵は二つの化け物がドッキングした反動でフっ飛ばされたことで体が切断され、死んでしまう。
鈴花は井戸の中に潜った合体化け物を封じ込めるため蓋をするが、もはやそんなものでは止めることなどできない。
二つは混ざり合い、呪いあい、今までのものよりも更なる力を持った恐ろしいモンスターに変化してしまったのだった。

貞子VS伽椰子の感想・評価・レビュー

物理攻撃が得意な肉体派の加椰子、アクティブさには欠けるが強力な超能力で相手を陥れる貞子、この二人が共演し、バトルを繰り広げた事実は多くのホラー映画ファンの心を動かした。
フレディVSジェイソン』に続くホラー映画の悪役対決として描かれた本作であるが、日本の怨霊同士の戦いは派手さよりも禍々しさが勝っており、地獄の底まで引き込まれてしまいそうな恐怖がある。
貞子と加椰子のバトルは決着こそ着かないものの、まさか最後に二人が合体するなんて誰が想像出来ただろうか。最凶のコンビが手を組んでしまった以上、世界は助からないと思うが、もし二人を倒す方法があるとしたら是非知りたいものである。(女性 20代)


ホラー界の有名な二大悪霊(子供1人)が登場する、なかなか斬新な話。
映画上映前から、SNS上でひたすら2人で対決するという試みなども展開されていた。

両方の美味しいところを引き出してはいるが、少し演出が派手めになっている事もあり、恐がりたい為のホラー作品では無いのかもしれない。

闘いのシーンでは、何とか2人を井戸に閉じ込め、倒したかに見えるのだが、実は、中で貞子と加椰子が合成され、恐ろしい悪霊が誕生して終了する。
続編は無いと思うが、この途方も無い悪霊がどうなっていくのかを見届けたい。(男性 30代)


まさに夢の対決が実現する呪いと呪いの戦い。

これは『フレディVSジェイソン』を彷彿とさせるが、ジャパニーズ・ホラーだからこそできる怖さがあります。

ちゃんと貞子と伽椰子の良さを上手く引き出しています。

物語の中心には「呪いのビデオ」が展開し、そこからもう一つの物語である「呪いの家」が登場し、交わる事のなかった二つの呪いが交わった時、そこで起きた作用は誰も予想もしなかっただろう。

両者の対決は短かったが、そのお膳立てするストーリーが非常に秀逸で、気付いたら引き込まれているだろう。

それほど本作は上手く両者の長所を引き出した作品である。(男性 30代)

関連作品

前作 貞子3D2
前作 呪怨 ザ・ファイナル

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    手に汗握るバトル!・・・というほどでもなかったが、あの貞子と伽椰子が対決する場面は、やはり興奮した。

    それから、凄腕霊媒師の常盤経蔵を演じた安藤政信が男前だった。殺された人達を前にして平然と貞子を挑発するあたりなんて、つい「兄貴!」と呼びたくなるほど格好良かった。

    そしてホラー映画お決まりの入浴シーンのサービスも忘れていない。山本美月がシャワーを浴びる姿があるだけでも、この映画を観る価値があるだろう。

    そんな、男の子の好きなものが詰まった今作。興味本位で挑戦してみるのもありだろう。

  2. 匿名 より:

    物語は、「呪いのビデオ」と「呪いの家」によって呪われてしまった人達をジワジワと追い詰めながら進んでいく。ホラーに必要不可欠な「タメ」を随所に散りばめ、不穏な音楽も用いて恐怖心を煽る。女性霊媒師が意味不明な除霊をしたり、女子高生が深夜に一人で廃屋を探索したりと、「ありえないだろ!」とツッコミたくなるような場面もあるものの、しばらくは日本独特のホラーを楽しませてくれる。

    問題は、貞子と伽椰子の対決だ。ここはもう、賛否両論覚悟だろう。呪いの力を持つ両者が、なぜかハリウッド映画ばりのアクションバトルを披露するのだ。そしてラストのあの結果には、ほとんどの人が納得しないだろう。いや、ホラー映画ファンは喜ぶかもしれない。

    他の人にはオススメしづらいが、観客を楽しませようとする監督の、その迷いのなさは清々しくてまた観たいと思わせるパワーを持っている。あと5年くらいは遠慮しておくが。

  3. 匿名 より:

    映画の手法で、モキュメンタリーというものがある。「偽の」という意味を持つ「モック」と「ドキュメンタリー」を組み合わせた造語なのだが、簡単に言うと架空の人物や出来事を、さもドキュメンタリー映像のように見せる手法だ。

    今作でメガホンを握った白石晃士監督はこのモキュメンタリー手法を用いたホラー映画を作るのが上手い(たまにとんでもなく面白くない作品もある)のだが、今回はこの手法を封印している。今回はジャパニーズホラーを代表する2大スター(?)を描くということで、正統的なホラーに挑んでいる。

    と、思っていた。ラスト10分までは。そもそも『貞子vs伽椰子』は、ふざけ半分でエイプリルフール用に立てられた、その場限りの企画だった。それを映画化するという時点で、正統的なホラーなんて誰も期待していない。貞子と伽椰子がどんなバトルを繰り広げてくれるのか。そこが肝だ。

    だが、その肝である貞子と伽椰子が、監督の手に負えないほど暴走するのだ。この2人を対決させたのは成功か失敗か、それは観た人によって意見が分かれると思う。