映画『ショーガール』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ショーガール」のネタバレあらすじ結末と感想

ショーガールの概要:華やかなラスヴェガスのショーの舞台裏を描いた作品。嫉妬と欲望が渦巻く世界で、ダンサーとしての成功を夢見る主人公ノエミの、パワフルで激しくセクシーなダンスシーンが必見である。

ショーガールの作品情報

ショーガール

製作年:1995年
上映時間:131分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
キャスト:エリザベス・バークレイ、カイル・マクラクラン、ジーナ・ガーション、グレン・プラマー etc

ショーガールの登場人物(キャスト)

ノエミ・マローン(エリザベス・バークレー)
ダンサーとしての成功を夢見てラスヴェガスへやってきた。到着して間もなくスーツケースを盗まれ自暴自棄になっていたところを「スターダスト」の衣装係として働いているモリーに助けられ、共同生活を始める。生活のためトップレスラウンジ「チーター」でストリップダンサーとして働き始める。
クリスタル・コナーズ(ジーナ・ガーション)
「スターダスト」のショー「女神」に出演するトップダンサー。興行重役のザックと付き合っている。ノエミのダンスの才能と魅力に興味を持ち、ショー出演のチャンスを与えるが、徐々に嫉妬心を膨らませていく。
ザック(カイル・マクラクラン)
「スターダスト」の興行重役。ショー「女神」に出演のトップダンサーであるクリスタルと付き合っている。一見優しいが、裏の顔は非情で冷酷。のちにノエミと深い仲になり、ノエミの成功に一役買う。
モリー(ジーナ・ラヴェラ)
服飾の学校に通いながら「スターダスト」の衣装係として働く。持ち物を全て盗まれてしまったノエミに同居を提案し、一緒に暮らし始める。アンドリュー・カーバーの大ファン。優しく思いやりがあり、ノエミの良き友達である。
ジェームス(グレン・プラマー)
一流ダンサーの下でレッスンを受けていた過去を持つ。用心棒として働いていたクラブでノエミと出会い、すぐにその才能に気づく。お互いに惹かれ合うが、女癖が悪いせいで恋愛には発展しない。

ショーガールのネタバレあらすじ

映画『ショーガール』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ショーガールのあらすじ【起】

ダンサーとしての成功を夢見て、ヒッチハイクでラスヴェガスへやってきたノエミ。到着早々スーツケースを盗まれ、ヤケを起こして道路に飛び出したところを、偶然居合わせたモリーが助ける。服飾学校に通いながら「スターダスト」の衣装係として働いているモリーは、ノエミにしばらく一緒に暮らさないかと提案する。

2ヶ月後、ノエミはトップレスラウンジ「チーター」でダンサーとして働いていた。オーナーのアルとは反りが合わず、しょっちゅう口喧嘩をするが、生活のため仕方なく仕事を続けていた。

そんな時、モリーに職場である「スターダスト」に見学に来ないかと誘われ、ショーの舞台裏に足を踏み入れる。煌びやかな舞台で繰り広げられるショーの世界。初めて見るその光景にノエミは激しく心を揺さぶられる。

モリーはショーのトップスターであるクリスタルにノエミを紹介するが、クリスタルは「チーターで働くなんてろくなものじゃない」とノエミに言う。

悔しい気持ちを晴らしに踊りに行ったクラブには、用心棒として働くジェームスがいた。一流ダンサーの元でダンスを習った経験のあるジェームスは、すぐさまノエミのダンスの才能に目をつける。俺がダンスを教えてやるとノエミと踊りだすのだが、ジェームスの高慢な言葉に腹を立てたノエミはダンス中に蹴りを入れ、そのせいで警察に連行されるのだった。

ショーガールのあらすじ【承】

翌日、「チーター」の舞台に立つノエミの前に、「スターダスト」の興行重役であるザックを引き連れ、クリスタルがやってきた。500ドルを払いプライベートダンスを申し込むクリスタル。初めは拒むものの、オーナーのアルに丸め込まれ、二人を相手に挑発的なダンスを披露する。大金を稼いだノエミだが心は沈んでいた。

そんな中、「スターダスト」のプロデューサーが現れ、ショーのオーディションを受けないかとノエミを誘う。クリスタルの差し金と気づくノエミだが、憧れの舞台に出演するチャンスを掴むため、オーディションを受けに行くのだった。

だが、そのオーディションも途中で放棄してしまうノエミ。オーディション会場を出たところに、またしても偶然ジェームスが居合わせ、悪態をつきながらも意気投合する。彼の自由奔放で明るい性格に、落ち込んでいた気持ちも励まされ、ダンスレッスンを受けるうちに体の関係に発展しそうになる。だが、ノエミは愛のないセックスは嫌だとその場を後にするのだった。

帰宅したノエミは放棄したはずのオーディションに合格した事を知り、大喜びする。
ジェームスに報告するため再び彼の家を訪れたノエミだが、彼女が見たのは彼のベッドから出てきた裸の女性だった。

ショーガールのあらすじ【転】

激しいレッスンを受け、ついにスターダストの舞台に立ったノエミ。その一方でショーのプロデューサーから売春を匂わせる誘いを受ける。すぐさま重役のザックに報告し、対処してもらう。ザックのスマートな対応や優しさに惹かれていくノエミ。ある晩ついに彼の自宅に行き一線を超えるのだった。

ザックの計らいでクリスタルの代役の座を手に入れたノエミ。だが、ザックを奪われ嫉妬に狂っていたクリスタルは、それを許さなかった。弁護士を立ててノエミを代役座から引きおろす。

嫉妬と怒りのボルテージが最高潮に登ったまま、ショーの舞台上でお互いを威嚇しあい火花飛び散る激しいダンスを踊る二人。昂ぶった気持ちが収まらないノエミは、舞台から降りる階段で、前にいたクリスタルを突き落としてしまうのだった。

クリスタルが入院することになり、事態は一変。急遽主役に抜擢されたノエミは、チャンスを掴み、「スターダスト」のトップスターとなる。

そんな中、モリーがショーの打ち上げパーティーで、憧れのスターであるアンドリュー・カーヴァーにレイプされてしまう。アンドリューがスターであるためその事実をもみ消そうとするザック。ショックを隠せないノエミに、ザックはさらにノエミの身辺調査で明らかになった過去の売春、コカイン保持、暴力による逮捕歴を突きつける。
「生きるためだった」と涙するノエミに「君の値段はいくらだった?」と問うザック。ザックの卑劣な本性を知ったノエミは彼に唾を浴びせその場を去るのだった。

ショーガールのあらすじ【結】

ラスヴェガスの街で自分を見失いかけていたことに気づくノエミ。やっと掴んだスターの座だが、ノエミはこの場所にもう未練のなかった。

ノエミはモリーをレイプしたアンドリューを激しく暴行し復讐を果たす。そして、未だ意識が朦朧としている入院中のモリーに会いに行き「大好きよ」と優しく見つめ、その場を去るのだった。

その後、クリスタルの病室も訪れる。野心的なノエミに過去の自分を重ねていたクリスタルは、階段から突き落とされた事実について「自分も昔同じ事をして役を取った」と告白する。そして、クリスタルもショービジネスの世界で生きることに限界を感じており、引退を決めていたのだった。

本当は似た者同士だった二人。これまで嫉妬しあい、戦ってきた二人は最後にお別れのキスを交わす。

煌びやかで憧れていたショービジネスの世界は、嫉妬と欲望にまみれた世界だった。ノエミはラスヴェガスを後にし、来た時同様、生きる場所を探しに、新たな旅を始めるのだった。

この記事をシェアする