映画『飼育の部屋(2002)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「飼育の部屋(2002)」のネタバレあらすじ結末と感想

飼育の部屋(2002)の概要:1人暮らしの女性が、見知らぬ男性に拉致監禁され、飼育されるという衝撃的な内容を描いた作品。加害者男性と被害者女性の心理・行動が細かく描写されており、監禁事件の闇に深く迫っている。

飼育の部屋の作品情報

飼育の部屋

製作年:2002年
上映時間:105分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:キム・テグワン
キャスト:小沢和義、桜井真由美、山口祥行、鈴木一功 etc

飼育の部屋(2002)を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『飼育の部屋(2002)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

飼育の部屋の登場人物(キャスト)

佐川松男(小沢和義)
郵便局員として日々真面目に働く男性。まどかに心底惚れており、彼女を拉致監禁する。思い込みが激しく、監禁さえすれば、まどかが自分を愛すると思い込んでいる。
鈴木まどか(桜井真由美)
短大に通う若い女性。松男に誘拐され、厳しい監視下に置かれる。松男からの一方的な愛に嫌悪感を示している。

飼育の部屋のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『飼育の部屋(2002)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

飼育の部屋のあらすじ【起】

佐川松男はどこにでもいるような平凡な男性で、郵便局員として働いていた。しかし、彼は人一倍執着心が強く、特に好意を寄せる女性には剥き出しの執着心を見せていた。

そんな松男は、アパートで1人暮らしをする鈴木まどかという女性に恋をしていた。松男は郵便局員の特権を乱用し、まどか宛に送られる郵便物を集めては、全て開封し、中身のチェックを行っていた。

まどかを拉致監禁し、自分の恋人に育てることを夢見た松男は、彼女の“飼育計画”を念入りに立てる。

ついに誘拐する準備を整えた松男は、嘘を吐いて仕事を休み、仕事着を身に纏うと、まどかが住むアパートに訪れた。

インターホンを押すと、薄着で不用心な姿のまどかが玄関から現れる。まどかに偽物の郵便物を差し出し、サインをさせると、松男はスタンガンを取り出し、彼女を気絶させる。

玄関から移動し、室内まで彼女を抱いて運ぶと、ソファに寝かせ、ロープで両足首を固定する。松男はまどかの口にガムテープを貼ると、彼女の携帯電話を操作し、バイト先や彼氏に偽のメールを送り、アリバイ工作をする。

飼育の部屋のあらすじ【承】

まどかは夜まで眠り続け、松男の部屋で目を覚ます。目にはアイマスク、口にはガムテープ、両手首には手錠、両足首にも拘束具を付けられ、体の自由を奪われたまま、まどかはベッドに寝かされていた。

松男の部屋は物が少なく、すっきりしていたが、壁には防音設備として、卵の紙パックがぎっしり貼られており、歪な空間が生み出されていた。

まどかは、自身の置かれている状況に恐怖を抱き、身をよじって暴れる。落ち着かない素振りのまどかを見た松男は、イラつきを隠せず、彼女につらく当たるが、すぐに平静を取り戻す。松男は監禁することで、まどかの純粋な愛を得ることを、心から望んでいた。

地獄の監禁生活が始まった。まどかは、松男が出勤している際は拘束具を着けられ、大人しくしていることを求められた。

松男はまどかとの間でルールを作った。それは、彼女が抵抗するごとに、彼女の携帯電話の連絡先を少しずつ消していくというルールだった。

まどかの携帯電話には250件の連絡先が登録されており、松男は「50件消えたら君を触り、連絡先が消える度に君に近づいていく。半分以上消えたら君を襲う」と、まどかを脅迫する。

飼育の部屋のあらすじ【転】

ある日、部屋の本棚から犯罪心理学の本を見つけたまどかは、その本を広げ、ある項目を目にする。そのページには、“ストックホルム症候群”という現象の説明が載っており、“監禁下に晒された被害者が加害者に好意を抱く”という症例が記載されていた。松男はまどかをストックホルム症候群に仕立て上げようとしていたのだ。

松男の思惑を知った後、まどかはなるべく愛想良く振る舞い、松男の機嫌を取るように努めた。ある夜、松男の隙を狙い、まどかは松男のアパートから脱走する。しかし、外には人がおらず、まどかを助けてくれる者は誰もいなかった。

松男に捕まり、観念したまどかは、彼の車に乗せられ、車内で一晩を過ごす。海辺に車を止めると、まどかは海の方向へ走り、海に身を投げようとする。しかし、松男の制止もあり、まどかが命を落とすことはなかった。

2人は海辺で抱き合い、お互いを愛する覚悟を決めたかのように、体を重ね合い、愛し合った。その件を境に、2人は頻繁に体を重ねるようになり、松男とまどかは穏やかな生活を送るようになった。

飼育の部屋の結末・ラスト(ネタバレ)

まどかが誘拐されてから1年が過ぎようとしていた。その頃、松男の住むアパートの1階に山田という青年が引っ越してくる。その山田から「猫飼ってません?」と聞かれ、松男は一瞬たじろいでしまう。

帰宅すると、松男は新居を建て、そこに2人で住む計画をまどかに聞かせる。「これでもう私達は正式な恋人だね」と言うまどかの表情は穏やかそのものだった。

そんなまどかを見た松男は、彼女が自分を愛していることを確信し、これまでにない程の幸せを感じていた。松男の外出時には、いつも手錠をされていたまどかだったが、その日は手錠を外され、優しい表情で彼の出勤を見送るのだった。

仕事帰り、アパートの1階を通った松男は、隣人の山田から「上から何か水が漏れている」と聞き、慌てて階段を上り、室内を確認すると、そこにまどかの姿は見当たらず、彼女が逃亡していることに気がつく。

部屋から飛び出し、階段を駆け下りて1階へ向かった松男だったが、アパートに駆けつけた警察に取り押さえられ、そのまま警察署へ連行される。

取り調べ室にポツンと座る松男。すると、女性の弁護士が現れ、まどかの真意を語り始める。まどかは最初から最後まで松男を愛していなかった。愛する演技をひたすら続け、助かるタイミングを探していたのだ。

1年後、松男には懲役7年の実刑判決が下されたものの、世間の怒りは収まらず、彼を重刑に処すことを望む声が相次いだ。

一方、自由の身になれたまどかは、平和な生活を取り戻したが、地獄のような監禁生活がトラウマとなり、日常的に悪い思い出が蘇るフラッシュバック現象に悩まされていた。まどかが受けた傷は大きく、彼女の苦しみは続くのであった。

飼育の部屋の感想・評価・レビュー

恐ろしいことに、女性が誘拐監禁される事件は映画に留まらず、世界中で起きている。『飼育の部屋』はもちろんフィクションだが、まどかのような被害者がこの世にいることは事実だ。彼女達はトラウマを抱え、普通の生活を送ることが難しいことも少なくない。松男の機嫌を取るために、まどかは愛想良く振る舞うが、全て自身を守るための演技であることを考えると、切なさを感じる。監禁下に置かれた被害者は、暴力を受けないために加害者に従う他なく、その苦しみは計り知れない。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする