「ゾンビ・ストリッパーズ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ゾンビ・ストリッパーズの概要:セクシーな女性ゾンビが登場するホラーコメディ。世界各地で戦争を起こし、兵員不足に陥るアメリカでは、ゾンビ兵員を作り出す計画が密に行われていた。しかし、そのゾンビウィルスがストリップクラブに流出し、ゾンビストリッパーが誕生。ストリップクラブは混乱に陥るのだった。

ゾンビ・ストリッパーズの作品情報

ゾンビ・ストリッパーズ

製作年:2008年
上映時間:94分
ジャンル:コメディ、ホラー
監督:ジェイ・リー
キャスト:ジェナ・ジェイムソン、ロバート・イングランド、シャムロン・ムーア、ジョーイ・メディナ etc

ゾンビ・ストリッパーズの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ゾンビ・ストリッパーズ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ゾンビ・ストリッパーズの登場人物(キャスト)

ジェシー(シャムロン・ムーア)
祖母の人工肛門手術代を稼ぐためにストリッパーになった少女。純粋で優しい性格をしており、まだ脱ぐことに抵抗がある。
デイビス(ジョニー・D・ホークス)
ジェシーの友人である少年。想い人のジェシーを追いかけてストリップクラブへ赴く。
キャット(ジェナ・ジェイムソン)
ストリップクラブ「ライノ」で一番の人気を誇るストリッパー。自信家で気が強い。
ジェニー(シャムロン・ムーア)
ライノのNO.2のストリッパーで、キャットに強い対抗心を持っている。
イアン(ロバート・イングランド)
ライノの支配人である男性。違法と知りながらストリップクラブを運営している。

ゾンビ・ストリッパーズのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ゾンビ・ストリッパーズ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ゾンビ・ストリッパーズのあらすじ【起】

そう遠くない未来。アメリカのニュース番組では、4期当選を果たしたジョージ・H・W・ブッシュ大統領と副大統領に昇格したアーノルド・A・シュワルツェネッガーがタッグを組み、戦争の終わらない地獄のような世界情勢が伝えられていた。

世界中に軍を送り、慢性的な兵員不足に頭を抱えていたアメリカ政府は、怪しい実験を行っているW産業という企業と手を組み、日夜実験を繰り返していた。

その実験内容は、ホームレスや不法入国者など、社会的に立場の弱い者達に人工ウィルスを感染させ、ゾンビとして蘇らせるという禁断の実験だった。

アメリカ政府の狙いは、死滅した細胞を蘇らせるそのウィルスを用いて、ゾンビ兵員を作り出し、兵力の足しにすることだった。しかし、ゾンビ兵員達は隔離部屋から逃げだし、W産業の施設は危機に陥る。

そこで、アメリカ政府は、Z分隊という優秀な兵員が揃った部隊を召集し、彼らにゾンビを倒すように命令する。ゾンビをあっさり倒したZ分隊だったが、新入りの青年バードフルーがゾンビウィルスに感染し、その場から逃げ出してしまう。

バードフルーは、自分が感染したことを悟られないように逃げ続け、最終的に辿り着いた先は、薄暗いストリップステージだった。

ゾンビ・ストリッパーズのあらすじ【承】

バードフルーが辿り着いたそこは、「ライノ」という名のストリップクラブで、セクシーな女性ストリッパーが情熱的なポールダンスを踊っていた。

ライノで絶大な人気を誇るキャットは、客の男性達から大金を稼ぎ出す看板娘だった。他のストリッパー達は共用の控え室を使用していたが、キャットだけは自分の控え室を持っていた。

共用控え室で、ストリッパー達が各々の席で化粧をしていると、彼女達のマネージャーであるマダム・ブラヴァツキが入室し、新入りとしてやってきた少女ジェシーを紹介する。

ジェシーを好いている少年デイビスは彼女がストリッパーになることを反対していた。ジェシーがストリッパーになった理由は、愛する祖母が病気になり、人工肛門の手術を受けなくてはならず、その手術代を稼ぐためだった。しかし、いざステージに立つと、ジェシーは涙を流し、尻込みしてしまい、控え室に逃げ帰ってしまう。

落ち込んだジェシーを見たキャットは、「恐れの知らない戦士になって戦うのよ」と語ると、彼女に代わってステージに赴き、客を喜ばせる。

しかし、キャットがステージに立った途端、店に潜り込んでいたバードフルーが、彼女を襲い、そのまま首に噛みついてしまう。バードフルーは既にゾンビ化しており、キャットにもゾンビウィルスが感染してしまう事態に陥る。

ゾンビ・ストリッパーズのあらすじ【転】

ライノのメンバー達は、キャットを襲ったバードフルーを地下室に閉じこめ、事態の悪化を阻止しようとする。ストリップクラブは法律で禁止されているため、警察にも頼れず、支配人のイアンは困り果てる。

しかし、死んだはずのキャットは蘇り、何事もなかったかのようにステージに上がると、前人未到のハイクオリティなダンスを見せる。

ゾンビストリッパーとなったキャットは、その後も過激で力強いパフォーマンスを行い、客から熱狂的な人気を得る。しかし、ゾンビの本能から、キャットはステージ裏で客を襲い、その客達もゾンビ化する事態に追い込まれてしまう。

キャットに好意的なリリスは、自ら彼女に近づき、噛みついてもらうことでゾンビ化し、キャットと共にステージに立つことになった。

ゾンビストリッパーの人気は止まらず、ゾンビ化していないストリッパーは無視され続け、No.2のジェニーでさえ客に相手をしてもらえなかった。

ゾンビストリッパーは増え続け、最終的にはジェニーも仲間入りを果たし、ゾンビストリッパー同士で戦いが起きる事態に突入。

No.1のキャットとNo.2のジェニーはステージを戦場に変え、腐りかけた体を大きく動かし、どちらがよりすごいストリッパーなのかを賭けて、お互いにポールダンスを披露する。

キャット達にゾンビにされた客達も暴れだし、ストリップ劇場は混乱を余儀なくされ、ゾンビ化していない支配人のイアンやジェシー、デイビスは、銃を持ってゾンビと格闘することを迫られる。

ゾンビ・ストリッパーズの結末・ラスト(ネタバレ)

キャットとジェニーはお互いの体を損傷させ、バトルを続けるが、そこにゾンビ退治に訪れたZ隊が現れ、2人を含む店内のゾンビは次々と死滅させられていった。

ゾンビストリッパーは残り2人となり、支配人のイアンに襲いかかるが、Z分隊の女性兵員の活躍によって2人は倒される。

一方、ジェニーとデイビスの元にもZ分隊の男女が現れ、ゾンビだと疑われてしまう。「人間らしいことを話せ」と言われ、ジェシーはポエムを読み始め、なんとか人間だという証明を得る。

ゾンビストリッパー2人に襲われたイアンは、命は助かったものの、感染を疑われたため、Z分隊の副長に捕らえられてしまう。

ライノ店内のゾンビは全て倒され、Z分隊は店に居合わせたW産業の博士から話を聞くことに。博士は、施設にウィルスをばら撒いた張本人であり、ウィルスが世界中に広がれば、その分災害対策などで、多額の予算が国から落ち、軍事に関わる我々(博士とZ分隊)は儲かると語った。

Z分隊の面々は呆れ果て、博士だけを店内に残したまま、その場を立ち去る。1人残された博士は、足元に落ちているゴミ袋に気がつき、手を伸ばすが、何かに噛みつかれ「痛い」と叫ぶ。博士のその後を知る者はいない。

ゾンビ・ストリッパーズの感想・評価・レビュー

ゾンビウィルスに浸食されていくストリッパー達は、グロテスクだが美しく、ゾンビとストリッパーの融合がこんなにもしっくり来るものだとは思わなかった。血みどろでグロテスクな描写が多いが、ギャグシーンのおかげで怖さが緩和されるため、ホラーコメディとして観ることができる。この映画の主人公はジェシーだと思われるが、ゾンビストリッパー達の個性が強烈なので、誰が主人公なのか分からなくなる。そんなところも、本作の個性で面白い点でもある。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする