映画『ロマンスX』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ロマンスX」のネタバレあらすじ結末と感想

ロマンスXの概要:1999年に公開されたフランス映画。監督のカトリーヌ・ブレイヤは、本作で女性の本能的な欲求をストレートに描き、女性が持つ性への認識を大胆に表現している。エロティックなシーンが話題を呼んだが、あくまでストーリーのドラマ性が重んじられている。

ロマンスXの作品情報

ロマンスX

製作年:1998年
上映時間:95分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:カトリーヌ・ブレイヤ
キャスト:キャロリーヌ・デュセイ、サガモア・ステヴナン、フランソワ・ベルレアン、ロッコ・シフレディ etc

ロマンスXを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ロマンスX』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ロマンスXの登場人物(キャスト)

マリー(キャロリーヌ・デュセイ)
小学校で教師として働いている女性。恋人・ポールとの関係に悩まされ、肉体的にも精神的にも不満を抱いている。マゾヒストの傾向がある。
ポール(サガモア・ステヴナン)
マリーの恋人。マリーとは付き合って3ヶ月になる。欲求不満のマリーから体を求められるが、応じようとしない。
ロベール(フランソワ・ベルレアン)
マリーが勤める小学校の校長。ハンサムではないが、口が上手いので女性にモテる。
パオロ(ロッコ・シフレディ)
深夜のバーでマリーと出会った男性。マリーが初めて浮気相手に選んだ人物。

ロマンスXのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ロマンスX』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ロマンスXのあらすじ【起】

カフェで重苦しい雰囲気を漂わせる1組のカップルがいた。女性はマリー、男性はポールという名前だった。

彼らは付き合ってからまだ3ヶ月しか経っていないが、セックスレスに陥っていた。原因は、ポールがセックスに嫌悪感を示すようになったからだ。

マリーは「浮気してやれば良かった」と感じる一方、ポールの愛を理解できないことに悲しみを覚えていた。

帰宅し、同じベッドで寝る2人だったが、ポールは衣服を身に纏い、マリーとのセックスを頑なに拒む。マリーは「私を嫌っているの?」と問うが、ポールは「違う、その気になれないだけだ」と語る。そのポールの言葉を聞き、マリーは惨めな気分を味わった。

“愛しているのに愛してくれない”という絶望を抱え、耐えきれなくなったマリーは、深夜に部屋を飛び出し、バーへ向かう。そこでパオロと名乗る男性と出会い、談笑した後、2人は秘密のキスを交わす。元々“見知らぬ男に抱かれたい”という願望があったマリーだったが、その夜はキスだけで終わる。

翌日、夜更かしをしたせいで、マリーは教師として通う小学校を遅刻してしまう。校長のロベールのフォローもあり、なんとか授業を進める。

帰宅後、珍しくポールがマリーに迫るが、「子供が欲しい」と言うだけで、結局彼女を抱くことはなかった。

ある日、ポールと共にバーへやってきたマリーは、ポールに熱い視線を送りながら、彼を束縛し、いつも一緒にいたいと考える。マリーが強い独占欲を向けるのは、それだけ彼を愛しているからだった。

ロマンスXのあらすじ【承】

その後、マリーはパオロと再会し、薄暗い部屋の中で彼と情事に耽る。“夫がいる”という嘘を吐き、浮気をしたマリーだったが、ポール以外との子供は欲しくなかったため、パオロにはしっかりと避妊具を着けさせ、行為に及んだ。

マリーは、「夫は私を抱いてくれないの」と切なげに語る。正しくは夫ではなく恋人なのだが、そんな嘘も気にならなくなる程、マリーはパオロと共に快楽に溺れる。

パオロとキスをしている時、一瞬だけポールの存在がマリーの頭から消え去った。しかし、一番愛しい相手はポールであることを思い出し、以後彼女はパオロと会うことはなかった。

帰宅後、マリーはベッドの上でポールと会話を始めると、そろりと彼の下半身へ手を伸ばす。しかし、ポールはそれを嫌がり、マリーはショックを受ける。

翌日、小学校で国語の授業をしていたマリーは、授業後、校長のロベールに呼び出される。ロベールとの会話で、自身が失読症の疑いがあることを知る。

その後、ロベールはマリーを自身の書斎へ招待し、独自の男女観を述べる。ロベールはハンサムではないが、口が達者な男で、今まで抱いた女性は1万人を越えると語った。

ロマンスXのあらすじ【転】

ロベールは、“女性とは何か”という内容が書いてある本を取り出すと、マリーに読ませようとするが、彼女に拒否される。

マリーは心の中で、女を知り尽くしているロベールのことを“不快な男”だと称した。しかし、ロベールに迫られ、快感を抱いた彼女は、されるがままに彼に体を許す。

猿ぐつわを噛まされ、全身を縛られたマリーは、突然死の恐怖に襲われ、泣き出してしまう。元々縛られたい願望はあったものの、初めての経験にショックを受けてしまったのだ。

ロベールはマリーに謝罪し、「綺麗だったよ」と優しい声で告げる。マリーは涙を流しつつも、落ち着きを取り戻していく。

パオロとの浮気、ロベールとの遊戯、マリーは大きな秘密を抱え、まるで生まれ変わったような気分を味わっていた。一方、ポールは何も変わらないままで、孤独を楽しんでいた。

ある夜、暗い道を歩いていると、マリーは怪しい男に声をかけられ、痛々しい暴行を受ける。号泣するマリーだったが、見知らぬ相手に辱められたいという願望があったため、悲しみと悦びが入り混じる感情を抱いていた。

ポールに言えない新たな秘密を抱えたマリー。しかし、もうポールが独りを楽しんでいようと、何をしていようと、彼女は気にしていなかった。

ロマンスXの結末・ラスト(ネタバレ)

マリーは再びロベールの書斎に訪れ、危ない遊びを始める。ロベールは、箱の中身を探り、マリーを縛るための道具を取り出す。両肘と両手首を縛られたマリーを見て、ロベールは「美しい」と溜め息を漏らした。

ロベールとマリーの関係は不思議なもので、2人は情事の後にレストランに赴き、楽しく食事を摂ることが当たり前となっていた。

帰宅後、いつもは乗り気でないポールが、珍しく積極的になり、マリーに迫る。マリーは、今までの恨みを返すかのように、「私、今夜はそんな気分じゃないの」と言い返す。マリーの挑発は終わらず、「私が男で、あなたが女、私があなたを抱くの」と言い放つと、ポールは激怒し、ベッドから彼女を突き飛ばしてしまう。

その後、マリーが妊娠していることが発覚し、ポールは誰よりもそのことを喜んだ。しかし、その頃からポールの様子が豹変し、毎日酔いつぶれるようになり、マリーを悩ませた。

出産の日、マリーは慌てて病院へ行く支度をする。ポールは1人でベッドに寝ころび、何も手伝おうとしなかった。そんな彼に怒りを感じたマリーは、家のガス栓を開き、そのまま家を出る。

無事出産したマリーだったが、自宅にはガスが充満し、大きな爆発が発生。酔いつぶれて眠っていたポールは、その爆発に巻き込まれ死亡。これは全てマリーが仕組んだことだったが、真相を知る者は誰もいなかった。

ロマンスXの感想・評価・レビュー

物語序盤のマリーは、ポールに依存していたかのように描かれていたが、ストーリーが展開していくのと同時に、彼女の心に自由が生まれ、彼から自立していく様子を見ることができる。この映画には正義や悪が存在しないが、もし仮に悪役を選ぶのであれば、それはポール一択だろう。彼は最初から最後まで自己中心的に物事を考え、マリーを心身共に追い詰めていた。ラストで、マリーの復讐に遭ったポールは亡くなるが、悲しさは微塵も感じられず、逆に心がスッキリする仕様となっている。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする