映画『子宮に沈める』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「子宮に沈める」のネタバレあらすじ結末と感想

子宮に沈めるの概要:実際に起きた大阪2児遺棄事件を基にした作品。子供思いの良き母だった由希子は、夫との離婚を経て次第に育児、家事、仕事に追われ日ごと精神が破綻してゆく。そんな彼女はある日、まだ幼い2人の子を置き去りにし男の元へ逃げてしまう……。

子宮に沈めるの作品情報

子宮に沈める

製作年:2013年
上映時間:95分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:緒方貴臣
キャスト:伊澤恵美子、土屋希乃、土屋瑛輝、辰巳蒼生 etc

子宮に沈めるを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『子宮に沈める』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

子宮に沈めるの登場人物(キャスト)

由希子(伊澤恵美子)
どこにでもいるような、ごく普通の優しい母親。まだ幼い2人の子供にも愛情をもって接し、育児や家事に追われながらも幸福そうであった。しかし、夫とは不仲だったようで、彼との別離が引き金となり徐々に追い詰められていく。やがて当初とはまるで正反対な程に派手な身なりになり、外に男を作り子供を置き去りにして出て行ってしまう。
幸(土屋希乃)
まだ3歳の由希子の娘。母親のことが大好きで、彼女に捨てられた後も最後まで母を信じ続けていた。置き去りにされた後は由希子に代わり弟・蒼空の面倒を見たり、飢えを凌ぐため粘土やマヨネーズを食べて生き永らえる。
蒼空(土屋瑛輝)
幸の弟。恐らくまだ1歳程度。まだ話すこともできず、泣くことと笑うことだけしかできない。

子宮に沈めるのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『子宮に沈める』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

子宮に沈めるのあらすじ【起】

どこにでもいるようなごく普通の主婦、由希子。その日も幼い娘、幸(さち)が作ってきたテルテル坊主を一緒に飾って歌を口ずさみながらそれを並べたり、あやとりを教えてあげたりと幸福そうな家族でしかない。更にはもう1人、幸よりも小さい男児の蒼空(そら)を抱え、遊んであげている。

夕食の光景。サランラップのされたオムライスが映り、幸の「パパ遅いね」という台詞が聞こえ、それを無視するように由希子が「明日のお弁当何がいい?」と尋ねかける。オムライス、と答える幸にまた?と笑う由希子。幼い我が子を寝かしつける時間にも、夫の姿は見当たらない。それから、どこかに電話している由希子の姿が映し出される。恐らく夫にでもかけているのだろうか。電話には誰も応じることがなく、結局切ってしまう。

翌朝、気合の入ったキャラ弁を作ってあげる由希子。家の中でピクニックごっこをしている、或いはテルテル坊主のシーンがほんの一瞬挟まれることから不意な雨により中止にでもなったのか、家の中で親子3人、その弁当を食べる。嬉しそうに喜ぶ幸と蒼空。

ある晩、突然化粧を始める由希子。不意に、ここでやっと唐突に姿を見せる夫の俊介。鞄に何かを詰め立ち上がる俊介に抱き着き、「あたしのこと、好き?」と聞いた後キスをする。長いこと夫婦生活もぞんざいだったのか、「最後いつか覚えてる?子供たちはもう寝てるから。ね?」と行為を迫るが俊介は「疲れてるんだやめてくれ!」と彼女を突き飛ばす。起き上がってから、俊介にビンタをして「嫌いになったならちゃんと言って」と寂しげに呟く由希子。俊介は彼女を抱きしめながら「愛してる」と言うが、何故か由希子は逆上し俊介を叩き鞄を奪い放り捨てる。それでも、何も言わず、まるで由希子を空気か何かでも扱うかのように邪険にしその場を去る俊介。どうやら俊介はアパートを出て行ったらしい。……遠くで蒼空の泣き声が聞こえるのに、覗きに行く気力すら沸かない由希子。由希子の静かな泣き声と共に画面は暗転する。

子宮に沈めるのあらすじ【承】

アパートからの引っ越しを決めた由希子。子供達が寝付いてから、新しい移転先で編み物をしているとアパートのチャイムが鳴り響く。どうやら由希子の高校時代の友人のようであった。派手な身なりの友人は、資格の勉強中だという由希子に「夜の仕事やれば?」と水商売の仕事を奨める。話の途中で泣き出してしまう蒼空の声に慌てて連れ出してきてあやしつける由希子。正反対に、能天気そうな友人は「いいなー、私も子供欲しい」等と笑い、煙草を吹かし笑うだけであった。由希子は彼女の言葉もあってなのかキャバクラで働くようになり、夜の帰りが遅くなる。娘の幸は、母の帰りを待ちわび暗い部屋の中であやとりをして過ごしている。帰ってきた母へ「おかえり」と告げに来る幸に「こんな時間まで起きてちゃ駄目じゃない」と優しく幸を寝床へ戻してやる由希子。しかし、幸は言うことを聞かず、寝ようとしない。ママの言うことを聞いて、と言っても「嫌。ママと一緒」と彼女の傍を離れようとはしなかった。朝晩の仕事に育児、家事、そして資格の勉強に追われ日に日に疲弊していく由希子。全てが段々と上手くいかなくなっていく。朝から思うように言うことを聞かない子供達に苛立ってばかりの由希子。由希子は日々の疲れと寂寥感を埋めるよう、外に男を作り家に連れ込むようになる。その男、カナメは幸にケーキを買ってきたと優しくするが父親以外の男に不安を感じ、逃げ出して由希子の背後に隠れてしまう。この時、由希子の姿は前と比べると少し派手な身なりになっているのが分かる。幸は買ってきたケーキの苺だけを食べて後は残してしまう。子供達が寝ついたと知るや構わず性行為を求めるカナメ。子供達が起きるから、と拒む由希子に「分かりゃしないって」と行為を続ける。

母親の真似をして、化粧をした鏡の前で洋服を選んだりしては退屈を凌ぐ幸。この時、幸が出した洋服や靴は以前の由希子と比べると明らかに派手なものばかりである。幸は蒼空に、由希子が男達にしていたような性行為を真似て腹部にキスしたりじゃれついたりし始める。由希子の疲労を表すかのように、それまでは綺麗に片付いていた部屋も徐々に散らかり始め、少しずつ歯車が狂い始める。由希子の元にはまた新しい男が現れ、別室では幸がまだ起きているのにも構わず無理やり性行為を行う。行為が終わると、蒼空の泣き声を聞き「帰るわ」とあっさり部屋を後にしていく男。由希子は「次はいつ会えるの?」と蒼空を放って男に縋りつく……くちゃくちゃに広がった室内、泣き喚く蒼空をあやそうともしない由希子。広がった部屋の中で絵を描いている幸。ある日、由希子は幸に昼ご飯に何を食べたいか尋ねる。幸はオムライスと答えるが「面倒だからチャーハンでいい?」とメニューを変更し、子供達に与えてから自分は席にはつかず煙草を吹かす。その姿はもはや以前のような「母親」だった由希子ではなく、一見して派手な「女」になっていた。彼女は大量のチャーハンを作り置きし、仕事に行くふりをして男の元に遊びに行くつもりだった。幸はそんな母に何かを覚えたのか、由希子の服を掴み「早く帰ってきてね」と呟く。

子宮に沈めるのあらすじ【転】

由希子のいなくなった室内で、甲斐甲斐しく蒼空の面倒を見る幸。抱き上げようにもまだ小さな身体ではままならず、精々がベビーベッドを揺らしてあげることでしか彼をあやしてあげられない。ゴミだめのような部屋、由希子の戻ってこない家の中。トイレに向かった幸だったがドアにガムテープされていて先へ入れずに、その場でお漏らししてしまう。子供達が外に出ないために、由希子が封鎖していったのだろう。戻らない母の代わりに、見よう見まねで粉ミルクを手づかみで哺乳瓶に入れ水を注いでミルクを作り、いないないばあをして蒼空に遊んであげる。夜になっても帰ってこない由希子を待ち、ドアの前で立ち続ける幸。次の日になっても由希子の姿はない。「ママ、どこ?」とカーテンを開き何度も由希子の姿を求める幸だったが窓にはガムテープで目張りがしてあり人の目に晒されぬような状態になっていた。幼い知恵だけを頼りに、生き延びるためにも幸は缶詰を引っ張り出し包丁で蓋を開けようとするが、開け方も分からず横から切断しようとしても当然開かない。幸は蒼空のミルクを飲み始め、飢えを凌ぐ。独り占めにはせず、ミルクを分け合いながら、2人はそれでも懸命に由希子が帰るのを待ち続ける。

そんなある晩。暗がりの部屋。テレビの砂嵐が流れる中、幸が「ハッピーバースデー、蒼空」と誕生日の歌を口ずさみながら粘土のケーキでお祝いをするが、蒼空はもう衰弱死していた。動こうとしない蒼空にそれでも歌を歌い続ける幸。幸は蒼空が寝ているだけなのだと思い、「蒼空起きて、蒼空起きて」と何度も無邪気に呼びかける……。

子宮に沈めるの結末・ラスト(ネタバレ)

インターフォンが鳴り、ママ、ママ、と言いながらドアへと向かう幸だがインターフォンに手が届かない。食料も徐々に底を尽きていき、幸は虫の沸いたゴミ袋を漁ったり、食べられそうなものならば何でも口にした。それでも由希子を信じ続け、幸はマヨネーズを飲みながら由希子の帰りを待つ。ゴミだらけの部屋で家族の写真を切り貼りしたスケッチブックに絵を描く幸は、空になったマヨネーズの中に水を入れそれを飲み、粘土を食べて腹を満たす。

虫が飛び交う音、不衛生なその室内で幸の体力もほとんど限界に近付いていた。ぐったりとうなだれている幸だったが、いよいよ由希子が帰宅する。ママ遅いよ、ママ遅いよと変わらず母に甘える幸だったが由希子は無言のまま部屋の中にしてあったガムテープを剥がしていく。幸は「ママ、蒼空動かないよ。蒼空どうしちゃったの?」と不思議そうに尋ね、由希子は蒼空に沸いた蛆を無言で取り続けると、蒼空の遺体にガムテープを巻きつける。洗濯機の中に蒼空の遺体を入れ洗ってやる間、由希子は浴槽に水を張った。由希子は無言のまま幸の服を脱がせ、「ママと一緒がいい。ママと……、」と言い残す幸を浴槽に沈めて殺害した。洗い終えた蒼空の遺体に丁重にガムテープを幾重にも張り付ける由希子。それから広がった室内を淡々と片付け続け、幸の遺体を椅子に座らせ、自身も静かに座った。椅子の上で由希子は脚を広げたかと思うと、編み物に使っていた針を己の陰部に深く深く抉るように突き刺した。嗚咽を上げながら、何度も何度も何度も――それを終えた由希子はシャワーへと入り、恐らく子宮にまで達していたのであろうその傷口から流れ出る鮮血を洗いながら泣き続けた。さっきまでとは打って変わって、綺麗に片付いた部屋。シャワーから上がり、裸のままで2人の子供達の遺体を幸せだった頃に使っていた緑のピクニックシートに包む由希子。開け放された窓の外、由希子の視線は只そこにだけ呆然と注がれたままだった。

子宮に沈めるの感想・評価・レビュー

こういった事件のニュースを見る度「加害者ばかりのせいじゃない」とコメントする人がいて、若かった頃の自分は「ふざけるな全部親が悪い!」と胸糞が悪くなっていた。しかし数年が経ち、自分自身も理不尽なことに連続して遭遇し当たる先もない状況になったり、そういった経験を重ねるうち「母」ではなく「女」になった由希子の心境も一理あるとは思う。勿論由希子を援護はできないし、子供には何の罪もない。とにかく辛い、長い、何度も目を逸らしたくなる作品だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする