映画『スマイル、アゲイン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「スマイル、アゲイン」のネタバレあらすじ結末と感想

スマイル、アゲインの概要:ジョージはサッカーのスター選手として長年活躍していたが、怪我で引退を余儀なくされる。その後、長年放ったらかしにしていた息子の元を訪ねて交流を深めているうちに、息子が所属するサッカーチームのコーチを任されることになる。

スマイル、アゲインの作品情報

スマイル、アゲイン

製作年:2013年
上映時間:106分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
キャスト:ジェラルド・バトラー、ジェシカ・ビール、ユマ・サーマン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ etc

スマイル、アゲインの登場人物(キャスト)

ジョージ(ジェラルド・バトラー)
サッカーのスター選手だったが、怪我で引退する。選手だった頃は家族を放ったらかしにしていたため、息子であるルイスとの間に溝ができている。ルイスが所属するサッカーチームのコーチを任される。
ステイシー(ジェシカ・ビール)
ジョージの元妻。ジョージとルイスの間にできた溝を埋めるため心を砕く。
ルイス(ノア・ロマックス)
ジョージの息子。サッカーが大好き。
カール(デニス・クエイド)
ハンターの父親。親バカ。自身は浮気をしているが、妻の浮気は許さず嫉妬深い性格。
パティ(ユマ・サーマン)
カールの妻。浮気を繰り返す夫に悩んでいる。
デニース(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
サマンサの母親。元スポーツキャスター。
マット(ジェームズ・タッパー)
ステイシーの婚約者。
バーブ(ジュディ・グリア)
ビリーの母親。夫と離婚している。情緒不安定な性格でジョージを振り回す。

スマイル、アゲインのネタバレあらすじ

映画『スマイル、アゲイン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スマイル、アゲインのあらすじ【起】

1993年から2005年まで、ジョージはサッカーのスター選手として第一線で活躍していた。だが、現在のジョージは怪我で選手をクビになり、家賃もまともに払えない状態だった。今までのユニフォームや使用したシューズを売るが、300ドルにしかならなかった。ジョージはショックを受けながら、息子のルイスに会いに行く。

ジョージはルイスをサッカーの練習場まで送るが、長年放ったらかしにしたせいで、車中には気まずい空気が流れる。練習後、一緒に食事をするが会話はあまり弾まなかった。しかも、元妻のステイシーが恋人のマットと再婚する話をルイスから聞いてしまう。ジョージはルイスを家に送ると、動揺しながらもステイシーに祝福の言葉を贈った。

ジョージは解説者としての仕事を得るため、元同僚で現在解説者として活躍しているチップを訪ねた。そして、自分で撮った解説のデモテープを渡して、見てくれるように頼んだ。ジョージがルイスの練習を見に行くと、コーチは電話をしながら片手間に子供達に指導しているだけだった。その姿を見て、ジョージは自ら子供達にサッカーを教えた。

その夜、ステイシーから電話があり、ジョージはチームのコーチを頼まれる。少年達の親が子供達に指導をするジョージを見て気に入ったのだ。ジョージは断ろうとするが、ステイシーから一度でいいからルイスのために父親らしいことをしてくれと頼まれる。

スマイル、アゲインのあらすじ【承】

ジョージはコーチを引き受け、今までのコーチがアシスタントになった。自由な子供達に圧倒されながらもジョージが指導していると、ハンターの父親であるカールが見学に現れる。カールはジョージを知っており、コーチを引き受けてくれたことに感謝をした。そして、毎年の寄付として封筒に入った札束を渡した。カールはハンターをキーパーにして欲しいと頼んで、笑顔で去っていった。

ジョージが家に帰ると、チームに所属する子供達の親から、意見や要望が留守電にたくさん残っていた。次の日、ジョージはビリーの母親であるバーブから声を掛けられる。ビリーの調子について話していると、バーブが突然泣き出した。バーブは離婚して情緒不安定になっていた。

試合当日。親達はジョージの指導のおかげで、子供が父親と練習する時間が増えたと喜び合っていた。それを聞いたステイシーは、ジョージこそ子供と練習をしていないのにと密かに呆れていた。カールの妻であるパティは、試合中のジョージの熱心な指導を褒めるが、カールはヤキモチを妬く。試合終了後、ジョージがルイスと帰宅していると、サマンサの母親であるデニースから声を掛けられる。デニースは元スポーツキャスターで、ジョージも見覚えがある人物だった。デニースはジョージに挨拶すると、サマンサと帰っていった。

ジョージの家にルイスが泊まることになり、ジョージはルイスのために用意した部屋を紹介した。そこには家族3人で出掛けたときの写真が飾られていたが、ルイスはまだ幼かったため記憶になかった。2人でホラー映画を見た後、ジョージはルイスを寝かしつけるが、怖い夢を見たルイスがジョージの部屋を訪ねてくる。そして、ルイスがママの元に帰りたいとぐずりだしたため、家に送り届けた。ステイシーは落ち込むジョージに、ルイスに時間をあげて欲しいと頼んだ。

スマイル、アゲインのあらすじ【転】

次の日、ジョージが練習場に行くと、カールからパーティーに誘われる。バーブからも声を掛けられるが、すぐに泣き出してしまう。そして、ジョージが子供達の練習を見ていると、今度はデニースから声を掛けられる。デニースはチップと知り合いで、ジョージのデモ映像のコピーを持っていた。デニースから仕事のツテを紹介されることになる。

カールはジョージがパーティーを楽しむ姿を見て好感を持った。そのため、機嫌よく自身の浮気相手をこっそりジョージに教えた。その後、ジョージはパティからカールの浮気相手について聞かれるが、誤魔化してその場をやり過ごした。パティはジョージのことを、いい人だと褒めて去っていく。パーティー終了後、ジョージはカールの高級車を借りてステイシーの自宅を訪ねた。だが、深夜遅い時間なので訪問するか迷っていると、高級車の警報が突然鳴り響きマットに声を掛けられる。

ステイシーはイライラしながらジョージに何をしに来たのか尋ねた。ジョージはかつて高級車に乗ってデートに出掛けたことを思い出し、家族と離れて暮らす現状を悲しんでいた。ステイシーにとってもジョージは簡単に忘れられる人ではなかった。だが、マットに声を掛けられ、ステイシーは自宅へと戻っていった。

ジョージが家に帰ると、バーブが待っていた。子供は父親の家に居るため、近くで暮らすジョージを訪ねてきたのだ。ジョージはバーブに押し切られるまま家に招き入れる。バーブの情緒不安定な様子を見て、ジョージはもう少し自分に自信を持てばいいとアドバイスを送った。バーブは嬉しそうに微笑み帰っていくが、すぐに戻ってきてジョージにキスをした。

ジョージが目を覚ますと、バーブは既に帰った後だった。その時、カールから電話が掛かってくる。パティに色目を使う男性に暴力を振るい、拘置所に入れられたのだ。保釈金を家から持ってきてくれと頼まれ、ジョージは断り切れずパティに会いに行く。カールは無事に保釈されるが、ジョージはルイスとの約束に遅れてしまう。

ジョージはルイスを元気づけるため、ルイスを膝の上に乗せて一緒に高級車を運転した。広い場所で運転を楽しんでいたが、道を逸れてしまい慌てて車を停止させた。運転を止めて池のほとりに並んで座ると、ルイスからママの再婚は悲しいか聞かれる。ジョージは素直に悲しいと答えた。だが、マットはいい奴だと褒めた。ルイスはママと相談して、マットをパパと呼ばないことを打ち明けた。

ジョージはデニースから解説者の仕事を紹介されることになる。ルイスをデニースの家に預けて、デニースと共にデモ撮影をするためスタジオに向かった。デニースはジョージの解説者としての姿に魅力を感じ誘惑した。ジョージ達はセックスをしていたため家に帰るのが遅くなり、ルイスは不貞腐れてしまっていた。

ジョージがルイスを家に送り届けた後自宅に戻ると、大家から家賃の件を詰問される。そこに、パティから連絡があり自宅に忍び込んだと言われる。だが、大家さん家と間違って侵入していた。ジョージは時間を稼ぐため、カールの寄付金を大家さんに渡す。その後、パティが家にやって来て服を脱ぎだしたが、ジョージは彼女を宥めて家に帰した。

スマイル、アゲインのあらすじ【結】

ルイスは車からジョージとデニースがキスをしている場面を見てしまい、昨夜遅くなった理由を理解して傷つく。しかも試合中、ジョージは電話をしていてルイスのシュートを見ていなかった。ルイスは拗ねて、試合で無茶なプレーをしてファウルになってしまう。ジョージは何があったのかルイスに尋ねるが、ルイスはパパもサッカーも嫌いだと叫んで走り去る。

ジョージはルイスの対応に困り、ステイシーを食事に誘う。ステイシーはどんな時でも親は子供の傍に居るべきだとアドバイスを送った。ジョージはルイスをサッカーの練習に誘った。雨が降り始めため、ステイシーがジョージ達の様子を見に行くと、そこには親子で仲良くサッカーを練習する姿があった。ステイシーは密かに涙を流した。

試合終了後、ルイスの提案でジョージとステイシーの3人で出掛けることになる。ルイスはパパみたいなサッカー選手になりたいとはしゃいでいた。その後、ルイスはママを連れてパパの家に帰ると、自分の部屋を紹介した。そこには、ルイスが描いた家族3人の絵があった。ステイシーはジョージにキスされそうになるが、顔を背けて拒んだ。そして、涙を流しながら家へと帰っていった。ジョージの家にデニースが訪ねてきて、解説者の仕事が決まりそうだと教えられる。また誘惑されそうになるが、ジョージは拒みルイスの元に戻った。ルイスは部屋から抜け出し、ジョージのベッドに寝転んでいた。2人は仲良く一緒に眠った。

ジョージは解説者としての初仕事を行った。自分のプレー経験を活かしたコメントが見事に受けて採用が決まる。その帰り、ウェディングドレスを試着しているステイシーの元を訪ねた。ジョージは仕事のために引っ越すことを話し、ルイスと一緒に来て欲しいと頼んだ。ステイシーは悩みながらもジョージにキスをした。

チームの最終試合当日。ジョージが行くと、バーブと大家さんが一緒に観戦に来ていた。ジョージが子供達を試合に送り出すと、そこにカールが現れ、パティがジョージの家で下着姿になっている写真を見せた。ジョージは誤解だと弁明するが、カールは殴りかかってきて馬乗りになる。ルイス達は見事勝利を収め、ジョージ達がじゃれていると勘違いして一緒に馬乗りになる。異変を感じたステイシーがジョージの元に行き、写真を見て別れを告げた。

ジョージは家の引っ越し作業が終わると、ステイシーの家に行き別れを告げた。最後にルイスと散歩に出掛け、ジョージが最初にもらったメダルをルイスに贈った。ステイシーはジョージが去っていくのを見て涙を流した。その姿を見たマットは、今でも彼が好きなのか問い掛けた。ステイシーはずっとジョージのことを愛していると打ち明けた。

ジョージは道を引き返し、ルイスの元に戻った。別の場所でも仕事があるなら、ここで仕事を探すと告げた。ステイシーはジョージの元に行き、忘れられない人がいるから結婚式が中止になったと告げた。ジョージ達は家族3人で仲良くサッカーを楽しんだ。

数か月後。ローカル局でチップと共に解説者の仕事をしているジョージの姿があった。

この記事をシェアする