「スペシャル・フォース」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

スペシャル・フォースの概要:フランス人ジャーナリストのエルサは、タリバンを批判する記事を書いたことで、アフガニスタンで武装組織に拉致される。救出のため、仏軍特殊部隊が派遣されるが、そこは世界で最も危険とされる危険地帯だった。

スペシャル・フォースの作品情報

スペシャル・フォース

製作年:2011年
上映時間:104分
ジャンル:アクション、戦争
監督:ステファヌ・リボジャ
キャスト:ダイアン・クルーガー、ジャイモン・フンスー、ブノワ・マジメル、ドゥニ・メノーシェ etc

スペシャル・フォースの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『スペシャル・フォース』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年4月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

スペシャル・フォースの登場人物(キャスト)

エルサ(ダイアン・クルーガー)
タリバンを批判したことで拉致されるフランス人ジャーナリスト。監禁から救出された後、隊員と共に国境を目指して逃げることになる。
コバックス(ジャイモン・フンスー)
海軍コマンドー所属隊員。エルサを救出する特殊部隊「スペシャル・フォース」を率いる。
ザイエフ(ラズ・デガン)
タリバンの武装勢力のリーダー。批判記事を書いたエルサを拉致・監禁する。

スペシャル・フォースのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『スペシャル・フォース』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

スペシャル・フォースのあらすじ【起】

アフガニスタンのカブール。フランス人ジャーナリストのエルサはアフガン人女性から、タリバンによる人身売買の現状を取材する。取材が終わって建物を出ようとすると、彼女らは武装集団に拉致されてしまった。

監禁された場所は、パキスタンの村。この辺りで最も危険とされる地帯だった。武装集団のリーダー・ザイエフが、エルサに言葉をかける。「なぜ私に直接取材しないのか。なぜこそこそと取材するのだ」と、不快感を露わにする。用意した文章をエルサに読み上げさせ、その様子を録画しようとしたが、彼女は頑なにそれを拒否した。

一方パリでは、フランス政府が拉致の一報を聞き、すぐさま現地に部隊を派遣することを決定した。メンバーはベテラン海軍隊員コバックスが率いる特殊部隊「スペシャル・フォース」の6人。彼らは通常の実戦より2倍多い銃弾を用意した。アフガニスタンとパキスタンの国境付近の上空から、パラシュートで降下。着陸後すぐに村の偵察に向かった。

スペシャル・フォースのあらすじ【承】

部隊は慎重に村に入った。エルサが取材した女性が、アジト付近でタリバンに銃殺されている瞬間を目撃する。一刻も早く救出しなければと、彼らは強行突入を決めた。見張りのタリバン兵を片っ端から狙撃し、アジトに侵入した。

監禁部屋にはエルサ以外に、アフガン人男性のアミンもいた。タリバン兵ではないと分かると、彼も救出することにした。

その後、ザイエフがアジトに戻ってきた。彼はタリバン兵が多数殺害され、エルサも奪われた惨状を見て、怒り狂った。

彼はタリバン兵を集め、追撃を開始した。本隊と離れた場所にいたエリアス狙撃手は合流できず、ひとりで逃げることになった。タリバン兵はエリアスを見つけるとその数を増やして、彼を追い詰めた。

エルサら7人は、敵の追跡を振り切った。安全な国境付近を目指すため、山岳地帯に向けて歩くことにした。

「国境に行くには、あの山を越えなければならない」と、コバックスが指さしたのは、極寒の雪山だった。

スペシャル・フォースのあらすじ【転】

数日が過ぎたが雪山までは遠く、険しい岩山をひたすら歩き続けた。途中、小規模の攻撃を受けるが、反撃をして切り抜けた。

しばらく歩き続けると、小さな村が見えてきた。コバックスらは入ろうかどうか躊躇していたが、エルサとアミンは堂々と正面から村に入った。

「我々は敵でも、客人はもてなすのだ」と村長は誇らしげに言い、彼らを村に招き入れた。興味深げに取り囲む村人を見ると、子供の姿がいない。兵士として育てるため、タリバンが連れ去ったのだという。

村人たちは彼らに飲み物と着替えを与え、和やかな交流が始まった。しかしその時、そこに一発の銃声が響いた。タリバンが侵入したのだ。隊員のマリウスは銃殺されてしまった。

コバックス一行は村を出ようとするが、アミンはタリバンと戦うため村に残ると言った。そこで隊員2人も加勢に加わった。

ザイエフは兵を増やして村を襲撃。激しい銃撃戦となった。村長やアミンを含め、多くの死傷者が出た。隊員のビクトールも重傷を負った。

スペシャル・フォースの結末・ラスト(ネタバレ)

村を後にしたコバックス一行は、標高3900メートルの雪山を歩き始めた。重傷のビクトールは、吹雪の中でみるみる衰弱していく。雪を掘って眠り、朝を迎えると、ビクトールがいない。迷惑をかけまいと外に出て、凍死していたのだ。

残る4人で歩き続けた。エルサの足が凍傷となり、交代で背負いながら、一行はようやく雪山を降りた。しかしそこに、ザイエフが待ち構えていた。

ザイエフは隊員のリュカを撃ち殺した。妻の妊娠が分かり、喜んでいた矢先だった。怒るコバックスは、ザイエフを銃殺した。

リーダーを失い武装集団は散ったが、安全とされる国境はまだ先だった。隊員のティタクは怪我を追い、コバックスも崖崩れで負傷した。

エルサの足は回復。2人は彼女に、「一人で行け」と銃と羅針盤を渡した。彼女は必ず戻ると約束し、国境を目指して歩き出した。

道なき道を歩くエルサ。砂漠の真ん中で倒れたところで、1台の車に助けられた。最初の救出から12日が過ぎていた。

エルサは病院で目覚め、捜索を要請。ヘリの上から元気な2人を発見し、生きて再会できたことを喜び合った。

スペシャル・フォースの感想・評価・レビュー

タリバン兵に背後から追われる中、あらゆる災難が降りかかり、隊員が一人ずつ死んでいくという状況が、なんとも絶望的だった。タリバン兵だけでなく、厳しい自然も彼らの前に立ちはだかった。雪山では衰弱した隊員が凍死し、エルサも凍傷となってしまうのに、それでも諦めずに歩き続ける姿に、スペシャルフォースのタフさを感じた。多くの人が死んだが、ラストは絶望のままで終わらず、生き残った隊員の笑顔が見られたのが救いだった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする