「黄昏(1981)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

黄昏(1981)の概要:晩年を迎えた老夫婦が、娘の連れ子とひと夏を過ごし、いずれ訪れる死と向き合ってゆく。夫婦役を務めたヘンリー・フォンダとキャサリン・ヘプバーンは、共にアカデミー主演男優・女優賞を受賞。黄昏時の焼けるようなオレンジを始めとした、映像の色彩美に目が離せない。

黄昏の作品情報

黄昏

製作年:1981年
上映時間:110分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:マーク・ライデル
キャスト:ヘンリー・フォンダ、キャサリン・ヘプバーン、ジェーン・フォンダ、ダグ・マッケオン etc

黄昏の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『黄昏(1981)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

黄昏の登場人物(キャスト)

ノーマン・セアー・ジュニア(ヘンリー・フォンダ)
毎年、妻と共に夏を別荘で過ごす。物忘れが進行し、迫る死への恐怖を感じている。誰彼構わず毒舌を発揮する。
エセル・セアー(キャサリン・ヘプバーン)
ノーマンの妻。皮肉屋な夫を心から愛し、気丈に支える。ノーマンとは違って活動的。
チェルシー・セアー・ウェイン(ジェーン・フォンダ)
ノーマンとエセルの娘。父とは昔から不仲であり、そのことを気にしている。恋人とその連れ子を伴って、別荘を訪れる。
ビリー・レイ(ダグ・マッケオン)
医者で、チェルシーの恋人。息子のビルを、セアー夫婦の元に預ける。
ビル・レイ(ダブニー・コールマン)
ビリーの息子。都会じみており、セアー夫婦に生意気な態度をとるが、徐々に打ち解けてゆく。
チャーリー・マーティン(ウィリアム・ラントゥ)
郵便配達員で、チェルシーの幼馴染。セアー夫婦のところまでボートで手紙を届けにくる。

黄昏のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『黄昏(1981)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

黄昏のあらすじ【起】

セアー夫婦は、避暑地である湖畔の別荘に帰ってくる。妻・エセルは緑豊かな環境に生き生きとするが、夫・ノーマンは老いへの焦りを抱えていた。ノーマンが皮肉を口にして本心を隠すことを、エセルはよく理解しており、また深く愛していた。二人は湖にボートを出し、アビという鳥のつがいを眺める。仲睦まじく寄り添うアビたちの姿は、セアー夫婦そのものであった。

ノーマンは働くことで自信を取り戻そうと、毎日新聞の求人広告ばかり見つめる。見兼ねたエセルは、いちご狩りを頼んで外出させるが、彼は収穫も無しに帰ってきてしまう。そこへ郵便配達員のチャーリーが手紙を届けにくる。差出人は娘のチェルシーで、ノーマンの誕生日に別荘へ来るが、その際に新しい恋人も連れてくるという。

記憶力がすっかり衰えたノーマンは、よく知っているはずの道にすら出られなくなっていた。不安からエセルに怒りをぶつけてしまうが、彼女はノーマンを優しく抱きしめ、懸命に励ます。

黄昏のあらすじ【承】

チェルシーが別荘にやってくる。彼女は医者の恋人・ビルだけでなく、彼の連れ子である13歳のビルも連れてきた。ビル少年は、年老いた夫婦を厄介に感じ、生意気な態度をとる。一方チャーリーも、父・ノーマンと長年の確執を抱えており、ぎこちない対応を見せる。

ノーマンの毒舌は、ビリーに対しても発揮される。それでもビリーは彼を魅力的だと賞賛するが、チェルシーは不満を募らせる。幼馴染のチャーリーとも再会し、別荘での滞在を満喫するが、ノーマンに苛立ちをぶつけてしまう場面もあった。彼女は、父親に認めてもらえないという実感に未だに苦しんでおり、そのことをエセルに泣きながら訴える。

都会育ちのビル少年は、ノーマンに普段の遊びを聞かれると、ナンパだと答える。そんな彼は、夏の間だけ、セアー夫婦の元に預けられることになる。ビリーとチェルシーを笑顔で見送ると、少年は再び無愛想な顔つきに戻る。邪魔者扱いされていると思い込み、夫婦に悪態をつく。

黄昏のあらすじ【転】

夫婦はビルを釣りに連れていく。最初は気が進まないビルだが、慣れないボートでの移動や、魚が釣れる喜びに魅了され、すぐに笑顔を見せる。さらに、宙返りでの飛び込みをノーマンに教わる。ビルは自然豊かな暮らしに馴染んでゆく。

ノーマンとビルは、毎日のように二人で釣りに出かける。ノーマンは、「ウォルター」と名付けた巨大なニジマスを釣り上げるために、長年格闘していることをビルに話す。すっかり打ち解けた彼らだが、ノーマンは理不尽なことでビルに怒鳴ってしまう。機嫌を損ねるビルを、「彼は自分自身の人生に怒っているのよ」と優しく諭すエセル。

二人はウォルターを釣るために、「地獄の入り江」にやってくる。そこは大きな岩ばかりの浅瀬で、座礁の恐れがあるため、普段は人が近づかない場所である。釣り糸を垂らし、獲物を待つ間、ノーマンはビリーのことをチェルシーの名前で呼ぶ。呆けているノーマンは、さらに自らの死を予感させるようなことを言い、ビルは不安を隠せない。そしてビルの竿に、アビの死骸がかかる。二人は家に帰ろうとするが、ビルが操縦を誤り、船は大きく座礁する。ノーマンは湖に転落し、頭を怪我してしまう。ビルは湖に飛び込んでノーマンを支えると、岩にしがみついて救助を待つ。

帰りの遅い二人を案じて、エセルはチャーリーと共に船を出す。勘を頼りに、見事彼らを見つけて救出する。

黄昏の結末・ラスト(ネタバレ)

事故から1週間が経つ。エセルが出かけたのを見計らって、こっそりと釣竿を持ち出すノーマンとビル。相変わらず釣りへの熱意を失っていなかった二人は、浅瀬での釣りのみエセルに許される。

チェルシーが別荘に戻ってくる。ビリーとの結婚をエセルに伝えるが、ノーマンは喜んでくれないだろうと思い込み、彼のことを罵る。エセルはそんな娘を叱り、頬を叩く。変化したビルの様子を見たチェルシーは、ノーマンと打ち解けたいという自分の本心に気づく。

その頃、ビルはついにウォルターを釣り上げる。大興奮するノーマンとビルは、ウォルターを再び湖に返すと、岸に戻ってくる。チェルシーが結婚を報告すると、ノーマンは予想外にも大喜びする。彼に本心を伝えたチェルシーは、子供の頃にできなかった飛び込みに挑戦し、成功させる。一同は彼女に心からの拍手を送る。

ノーマンは、ビリーに釣竿を与え、昔飛び込みで表彰された時のメダルをチェルシーに贈る。チェルシーはノーマンを初めて「パパ」と呼ぶ。若い二人は別荘を去ってゆく。

夏も終わりに近づき、別荘の片付けを始めたセアー夫婦だが、ノーマンが発作で倒れてしまう。薬のおかげで発作は治まるが、エセルは喪心し、迫る死を実感する。二人は手を取り合って湖のほとりへ向かうと、アビのつがいを眺める。

黄昏の感想・評価・レビュー

冒頭の映像から目を奪われる。湖に燃える夕焼けや、青々と揺れる草木、水面を優雅に泳ぐアビなど、それらの瑞々しい生命力に胸を打たれる。老夫婦に待っている死の予感すら、生のエネルギーの中で前向きに描き出され、「生きる歓び」を感じずにはいられない。

この映画はあらゆる面でやさしい。節々の会話や音楽により、キャラクターの心情が丁寧に説明される。それでいて簡潔な印象を与えるのは、ささやかな日常に寄り添い、普遍的なテーマに真摯に向き合っているからだろう。これからを生きる多くの若者、そして夫婦に見てほしい映画だ。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする