映画『ティアーズ・オブ・ザ・サン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ティアーズ・オブ・ザ・サン」のネタバレあらすじ結末と感想

ティアーズ・オブ・ザ・サンの概要:ナイジェリアで紛争が起きたため、米国大使館員は避難を開始した。アメリカ軍の大尉のウォーターズは、ナイジェリアで人命救助に当たっている医師のリーナの救出を命じられる。ウォーターズは仲間と共にリーナの元に向かった。

ティアーズ・オブ・ザ・サンの作品情報

ティアーズ・オブ・ザ・サン

製作年:2003年
上映時間:118分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ、戦争
監督:アントワーン・フークア
キャスト:ブルース・ウィリス、モニカ・ベルッチ、コール・ハウザー、イーモン・ウォーカー etc

ティアーズ・オブ・ザ・サンの登場人物(キャスト)

A・K・ウォーターズ(ブルース・ウィリス)
アメリカ軍の大尉。命令を守ることを何よりも大切にしている。最初は自分の指示に従わないリーナに手を焼くが、ナイジェリアの悲惨な現状を目の当たりにし、リーナの考えを受け入れるようになる。
リーナ・ケンドリックス(モニカ・ベルッチ)
国際救済奉仕団に所属している医師。夫を反乱軍に殺されている。国籍関係なく人命を救うために行動する、優しく逞しい女性。
ビル・ロード(トム・スケリット)
アメリカ軍の大佐。ウォーターズの上官。ナイジェリアにいるリーナの救出を、ウォーターズに命じる。

ティアーズ・オブ・ザ・サンのネタバレあらすじ

映画『ティアーズ・オブ・ザ・サン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ティアーズ・オブ・ザ・サンのあらすじ【起】

ナイジェリアで内紛が起こった。最大の火種となったのは、イスラム教系フラニ族とキリスト教系イボ族の反目だった。フラニ族はクーデターに勝利し、散発的な武力行使を継続した。イボ族は数万人が虐殺された。殺戮を恐れたイボ族は、家を捨て安全な避難先を求めて彷徨った。ナイジェリアにいる米国大使館員達も、避難を開始した。

軍人のウォーターズ大尉は仲間を連れて、ナイジェリアの布教センターにいるリーナ・ケンドリックス医師、神父、尼僧2人の救助に向かうことになった。脱出ルートや交戦時の確認をビル・ロード大佐とした後、ヘリに乗ってナイジェリアに向かった。

ウォーターズ達は布教センターに辿り着くが、手術中だったため、リーナに同行を拒まれてしまう。仕方なく衛生兵のドクが縫合手術を行い、その間にウォーターズがリーナに逃走する手筈を話した。だが、リーナは70人ほどいる患者を置いていけないと、再び同行を拒否し、歩ける患者だけでも連れて行ってくれとウォーターズに頼んだ。だが、ウォーターズは命令以外のことはできないと、リーナの訴えを拒否した。2人の会話は平行線を辿った。ウォーターズはロード大佐と連絡を取り、患者を連れて脱出することを決める。だが、それはリーナを納得させるための嘘で、患者が乗り込めるヘリは用意されていなかった。

神父と尼僧の2人は動けない患者のために残ることを決める。ウォーターズ達は歩ける患者とリーナを連れ、合流地点に向かった。だが、脱出に手間取り、予定の時刻を大幅に遅れてしまう。ウォーターズ達は脱出を急いていたが、リーナの訴えがあったため、仕方なく30分の休憩を取ることを決める。だが、そこに敵兵が近づいて来てしまう。ウォーターズ達は皆を茂みに隠し、敵兵が通り過ぎるのを静かに待った。

最後尾を歩いていた敵兵に、リーナが見つかってしまう。ウォーターズが敵兵を刺殺し助けるが、前を歩いていた多くの敵兵が、仲間がいないことを不審に思って戻ってくるのは時間の問題だった。ウォーターズは仲間のレイクに、避難場所を探すよう指示を出した。リーナは目の前で人が殺されたことに恐怖心を抱き震えていたが、敵兵が布教センターに向かっている筈だとウォーターズに訴え、止めて欲しいと頼んだ。だが、ウォーターズは他所へ行く可能性もあると、真面に話を聞こうとはしなかった。

ティアーズ・オブ・ザ・サンのあらすじ【承】

ウォーターズ達は無事に迎えのヘリと合流を果たした。リーナはウォーターズが騙していたことに気づき、顔を殴って抗議するが、ウォーターズはリーナを無理矢理ヘリに乗せ離陸を指示した。ヘリに乗せてもらえなかった現地の人達は絶望し、泣き崩れた。ウォーターズ達は任務を全うしただけだが、苦い気持ちが胸に広がった。その時、敵兵の襲撃に遭った布教センターが燃やされ、多くの遺体が地面に転がっているのが見えた。ウォーターズはヘリを戻すよう指示を出した。

ヘリの定員は12人だったため、ウォーターズは年寄りや子供から乗せるよう指示を出した。リーナはウォーターズを抱きしめ感謝の気持ちを伝えるが、ウォーターズの表情は戸惑いで満ちていた。ウォーターズはリーナの腕をぎこちなく振り解き、急いでヘリに子供達を乗せるよう伝えた。仲間達はウォーターズの指示に驚きながらも、大人しく従った。

ロード大佐は指示を無視したウォーターズに腹を立てていた。ウォーターズは現状を上手く説明できなかったため、ヘリ3機を迎えに寄越して欲しいことだけを伝えた。だが、敵の攻撃が激しかったため、救助のヘリが行けない状況になっていた。ウォーターズ達は自分達の手で脱出しなければならなくなる。

ウォーターズ達は同行者達に食料を分け与えながら、山を越えてカメルーンを目指した。だが、それに気づいた敵兵が、後を追って来ていた。ウォーターズはリーナに尾行される理由はないか尋ねた。しかし、リーナには追われる当てなどなく、問いには答えられなかった。

ティアーズ・オブ・ザ・サンのあらすじ【転】

ウォーターズ達は途中、村人を襲っている敵兵を発見する。迂回して逃げることは可能だったが、ウォーターズは7人の仲間と共に村人を救出することを決める。その村では多くの人が殺され、女性は乱暴されていた。そして、妊婦は子供を育てられないように、傷つけられていた。敵兵の中には少年の姿もあった。ウォーターズ達はあまりにも悲惨な状況に、言葉を失くした。

リーナはウォーターズの怪我の手当てを行った。その時、なぜアフリカに来たのか問い掛けられ、夫と奉仕活動のために来たことを話した。夫は反乱軍からリーナを守ろうとして、殺されていた。リーナは話を変え、良いことをしたと今日の行いを褒めるが、ウォーターズは素直に喜ばなかった。ウォーターズは何年も命令に従って行動していたため、自分の判断が正しいのか分からず苦悩していた。

敵兵は暗闇も進行を続け、ウォーターズ達の元に迫っていた。ウォーターズは同行者にスパイが紛れ込んでいると睨み、捜索を行った。すると、リーナの友人の現地人の1人が家族を人質に取られ、敵兵に情報を流していたことが判明する。しかも、敵兵がウォーターズ達を執拗に追っていたのは、大統領の1人息子であるアーサーが紛れ込んでいたからだった。“大統領一家は処刑された”と報じられていたが、本当は反乱軍に殺されていた。異変を察知した大統領が、息子と警護役のオケーズ大佐を逃がしていたのだ。そのことはリーナも知っていた。

ティアーズ・オブ・ザ・サンのあらすじ【結】

ロード大佐がアーサーの情報を得て、ウォーターズに連絡を取ってきた。ウォーターズ達の行動は内政干渉と解釈され、アメリカの外交問題に発展する恐れがあった。ロード大佐は暗に、アーサーと同行者を見捨てるよう指示してきたのだ。腹を立てたウォーターズは、任務の遂行も行う代わりに同行者も守ると言い切った。ウォーターズは改めて窮地に追いやったことを仲間達に謝罪し、これからのことを相談した。仲間達もウォーターズと同じ意見で、同行者を救うことに同意した。リーナはアーサーの件をウォーターズに謝罪し、仲直りをした。

ウォーターズ達は追って来た敵兵と交戦した。ジー(ウォーターズの仲間)は肩を撃たれてしまうが、手当てを受けた後、再び立ち上がり戦いの場に向かって行った。リーナは激しい銃撃音に、悲鳴を上げて蹲った。攻撃が落ち着いた後、ウォーターズは気絶していたリーナに駆け寄り、急いで逃げるよう指示を出した。仲間のスローが腹を撃たれており、ウォーターズの腕の中で息を引き取ってしまう。その他にも多くの同行者と、オケーズ大佐が亡くなった。

ウォーターズ達は敵兵と戦い、同行者が逃げる時間を稼いだ。だが、逃げ遅れた女性を守ろうとして、レイク(ウォーターズの仲間)が撃たれ、フリー(ウォーターズの仲間)も弾に当たって死んでしまう。ウォーターズは自身も撃たれるが、爆撃によって気絶したリーナを抱えて逃走した。

銃が扱える同行者も必死に援護射撃を行い、皆で必死に逃げるが、ウォーターズの仲間の兵士が次々と亡くなってしまう。ウォーターズはリーナとアーサーを国境に逃がすと、仲間の元に戻った。敵が迫り絶体絶命の中、応援の戦闘機が現れる。ウォーターズは生き残った3人の仲間と共にリーナの元に戻った。助けられた同行者は、ウォーターズ達に感謝を示した。

ロード大佐は傷ついたウォーターズ達に手を貸し、手当てをさせるよう指示を出した。リーナはウォーターズを抱きしめ、一緒にヘリに乗り込んだ。

この記事をシェアする