映画『天使の恋』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「天使の恋」のネタバレあらすじ結末と感想

天使の恋の概要:友人達を言葉巧みに操り、援助交際、斡旋、恐喝をして荒稼ぎしているヒロイン。ある日、彼女は運命の男性と出会う。ヒロインは男性と恋仲になり束の間の幸せを満喫。しかし、彼は彼女の前から忽然と姿を消してしまう。命を懸けた歳の差ラブストーリー。

天使の恋の作品情報

天使の恋

製作年:2009年
上映時間:119分
ジャンル:ラブストーリー
監督:寒竹ゆり
キャスト:佐々木希、谷原章介、山本ひかる、大石参月 etc

天使の恋の登場人物(キャスト)

小澤理央(佐々木希)
今時の女子高生17歳。3年前にレイプ被害に遭い妊娠、堕胎をきっかけに、援助交際をするようになり荒稼ぎしている。美人でスタイルが抜群に良い。光輝に恋をする。
小澤光輝(谷原章介)
日本史専攻の大学教授35歳。脳に腫瘍を抱え、後遺症に怯える日々を送っている。人付き合いが苦手で不愛想。理央に惹かれる自分に抗うも、徒労に終わる。
鮎川友子(山本ひかる)
奈緒子に虐められていた地味なクラスメイト。理央に助けられ、友人になる。健気。
芝田奈緒子(加賀美早紀)
理央のクラスメイトで素行が悪く、虐め役をしていた。理央のことが大好き。母親の恋人に性的虐待を受けていた。

天使の恋のネタバレあらすじ

映画『天使の恋』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

天使の恋のあらすじ【起】

14歳でレイプ被害に遭い、妊娠と堕胎を経験した小澤理央は現在17歳。若く美しい彼女は、援助交際で荒稼ぎしていた。しかも、虐められている可哀想なクラスメイトを助け、友情を装って援助交際を斡旋。男を手玉に取り、大人を脅して更に金を巻き上げるのだ。

そうして稼いだお金で、友人達に高額なプレゼントを贈り、自分に引き付けておく。彼女は言葉巧みに、友人や男達を操る。友人達にとって、理央は孤高の存在だった。

そんなある日、現像を頼んだ写真屋の店員が、間違って同じ小澤性の見知らぬ男の写真を渡してくる。相手の名前は小澤光輝。理央は彼に直接連絡をつけ、写真の交換をするために待ち合わせの約束をした。

その日は雨。やって来た小澤光輝に一目惚れしてしまった理央は、傘を忘れたふりをして、彼と相合傘をする。びびっときた瞬間、何としてもお近づきになりたいと思ったのだ。

天使の恋のあらすじ【承】

しかし、小澤光輝が突然、会話中に倒れてしまう。理央は彼に付き添い、思い出深い病院へ。心配でずっと待っていたが、看護師から帰っても良いと言われ、仕方なく仕事へ向かった。

仕事中に光輝から電話が入ったため、お客と別れ急いで病院へ戻った理央。自分がこんな行動をどうしてとってしまったのか、分からなかった。それでも、光輝と様々な話をすることができる。

光輝は日本史を専攻している大学教授だった。後日、彼の講義へ聴講に向かった理央。彼女は彼の教授室へ押しかけ、日本史を教えて欲しいと強引に頼み込み約束を取り付ける。だが、そこへ見知らぬ大人の女性が入室して来たため、理央はかっとなり怒って帰ってしまう。
友人達にあらましを話すと、彼女達は口を揃えて理央は恋をしていると言うのだった。

個人授業の日、熱心に歴史を語る光輝を見つめる理央。彼と密な時間を持つことにより、恋心が加速。次のテストで100点をとったら、デートして欲しいと光輝に願い出る。無邪気な理央の姿に、光輝の中でも心境の変化が起こり始めるのだった。

真面目で堅物な光輝を思い、援助交際をすることに罪悪感を覚えた理央は、友人達に事情を説明し仕事を辞めることにした。幸い、お金なら余っている。
その後は熱心に勉強を励んだ。そんな彼女の姿に心を動かされる光輝。

天使の恋のあらすじ【転】

歴史のテストが戻ってきた。だが、結果はなんと99点。理央はがっかりしつつ、光輝へと真面目に報告をした。すると、彼は間違えた問題と答えを見て、自分だったら丸にすると言い、答案用紙を100点に直す。そして、約束を守り彼女とデートすることにした。

デート当日。理央は光輝が行きたい所へ行きたいとリクエスト。すると、光輝は意気揚々と趣味である、歴史探訪の旅へ理央を連れて歩いた。2人はそこで初めて手を繋ぐ。
次の図書館デートでは、初めてのキス。浮かれた理央は彼にオーダーメイドのスーツを送り、一緒に映画館デートを楽しんだ。

気軽に光輝の自宅へ遊びに行けるようになった理央は、彼の部屋で数字が減るカレンダーを発見。なぜ数字が減るのかを聞いてみたが、光輝は寝てしまったのか何も答えない。
数字はどんどん減って行き、数日経った頃、急に彼の態度が冷たくなった。

翌日、学校をしばらく休んでいた奈緒子がナイフを持って登校する。彼女は友人へとナイフを振り回し、誤って理央を傷つけてしまう。奈緒子は恐慌状態に陥り、学校の屋上へ。
彼女は理央に自分の事情を話した。母親の恋人にレイプされていた奈緒子。母親は恋人にフラれ、その原因を娘のせいにした。彼女は自分の存在意義を失い、母親の恋人を殺してきたと言う。奈緒子は理央との触れ合いを唯一、心の支えとしていたのだった。

理央は必死に彼女を引き止めようとする。しかし、奈緒子は理央を思い、屋上から投身自殺を図るのだった。
このことがあって、理央は自分の考えを改める。彼女は友子に本当のことを明かした。奈緒子が友子を虐めていたのは、理央が命令していたからである。友子に援助交際をさせるためだった。当然、友子は激怒し理央の話を一切、聞かなくなってしまう。

その日の放課後、理央は光輝の家へ。中へ入ると彼の荷物が無くなっており、部屋にはゴミだけが残されていた。

天使の恋のあらすじ【結】

翌朝、懲りずに友子へ声を掛けた理央だったが、意識を失い倒れてしまう。ストレス性の貧血だった。意識を取り戻した理央は、友人に光輝が姿を消してしまったことを明かす。理央は友人を苦しめた罰が当たったのだと言うが、友人達は理央を思い、光輝を探す手助けをしてくれるのだった。

理央の病室前に光輝の従妹が立っている。友人達は彼女を引き止め、理央と会うように説得。従妹は仕方ないという態度で、理央と会うことにした。
従妹は光輝の居場所を知っている。理央は光輝への恋心を赤裸々に語った。すると、従妹は彼女の本気を認め、彼の居場所を教えてくれる。

後日、友人達の助けもあり、光輝と会うことができた理央。彼と会って自分の過去を明かした。そのせいで随分と荒れた生活を送って来たが、光輝と出会い自分は変わることができた。しかし、光輝は彼女をやんわりと拒否。理央は彼の意を汲み、別れることを決意した。
だが、バスに乗り込み光輝を振り返ると彼が倒れている。理央はバスを止めて彼を病院へ搬送した。

同じ苗字であったため、病院で妹と勘違いされた理央。光輝の脳に悪性の腫瘍ができており、余命幾ばくもないことを医師に知らされる。
意識が戻り状態が安定した頃、見舞いに訪れた理央に光輝が自分の本心を語る。

彼は自分の死を受け入れ、静かに逝こうと決めていた。しかし、理央という誤算が生じる。彼女と初めて会った時から、光輝は理央に恋をしていたのだった。こんなはずじゃなかったと彼は呟く。理央は彼に手術を受けるよう話した。彼は悩みながらも、理央の説得に応じ、摘出手術を受けることに同意した。

それから1年後。理央は高校を卒業後、光輝へ会いに行った。
その日も雨が降っている。光輝は病院から出て来て、理央に会釈をして微笑んだ。手術を受けた彼は、理央との記憶の一切を失ってしまったのである。それでも理央は、初めて会った時と同じように相合傘で駅まで向かい、帰宅する彼を見送った。
涙が零れて止まらなかった。駅のホームへ出て雨に濡れながら、泣き続ける理央。そこへ、傘を差し出す人がいる。振り返ると不思議な表情をした光輝がいた。理央は思わず、彼に抱きついてしまうのだった。

この記事をシェアする