映画『テス(1979)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「テス(1979)」のネタバレあらすじ結末と感想

テス(1979)の概要:数多くの名作を送り出してきた、ロマン・ポランスキー監督によるヒューマン・ドラマ作品。第53回アカデミー賞では、なんと6部門にノミネートされた名作。激しく、悲しく、凛々しいテス・ダービフィールドの一生を描く。

テスの作品情報

テス

製作年:1979年
上映時間:171分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ロマン・ポランスキー
キャスト:ナスターシャ・キンスキー、ピーター・ファース、リー・ローソン、デヴィッド・マーカム etc

テスの登場人物(キャスト)

テス・ダービフィールド(ナスターシャ・キンスキー)
貧しいダービフィールド家に生まれた美しい女の子。家族を養う金を手に入れるため、親族であるダーバヴィル家に奉公に出される。
アレック・ダーバヴィル(リー・ローソン)
テスが奉公に向かったダーバヴィル家の子供。美しいテスに目をつけており、彼女を無理やり犯し情婦として扱った。
エンジェル・クレア(ピーター・ファース)
傷ついたテスの前に現れた牧師の息子。心優しい性格で、テスと次第に惹かれ合う。

テスのネタバレあらすじ

映画『テス(1979)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

テスのあらすじ【起】

1870年。大不況の波に飲まれた貧しい農夫であるジョン・ダービフィールドに、ある日突然転機となる出来事が起こる。田舎道を歩いていた彼は、偶然出会った牧師からとんでもない事実を知らされた。なんと、ジョンはかの有名な貴族、ダーバヴィルと親族関係にあるというのだ。

家へと帰ったジョンは、早速その話を家で待つ妻へと話した。夫婦はその事実に大喜び。ダーバヴィル家を訪ねれば、自分達も金を手に入れられ、この貧乏な生活と決別できると考えたのだ。ダービフィールド家は多くの子供を抱え、明日も厳しい毎日を送っていたのだった。そこで、母親は自分達の娘であるテスことテレサを、ダーバヴィルの家へと連れて行くことにする。

彼女は、ダービフィールド家の子供の中でも一等美しかったのだ。そして、話は母親の望んでいたように進み、テスはダーバヴィル家に迎え入れられることとなる。しかし、それは家族の一員としてではなく、奉公人としてであった。

テスのあらすじ【承】

まだ幼いテスだったが、家族を養うために、ダーバヴィル家でキツイ雑用をこなすこととなるのだった。そして、テスに襲いかかった苦難はそれだけではなかった。実は、テスのあまりの美貌に、ダーバヴィル家の息子であるアレックが恋に落ちていたのだ。そして、なんとアレックは、テスを無理矢理犯してしまうのだった。その後も、テスはアレックとの関係を断ち切れないまま時間は流れ、アレックはテスを情婦として扱うようになってしまう。

しかし、ある日テスはとうとう、アレックとの仲を清算するためにもダーバヴィル家を出て自宅へと戻る決心をしたのだった。しかし、なんとその時テスはアレックの子供を妊娠していた。自宅へと戻ったテスは、自宅でその赤ん坊を出産することになる。必死の思いで産んだその赤ん坊だったが、数週間のうちにこの世を去ってしまうのだった。勿論、ダービフィールド家に未だ余裕があるはずもない。テスはまた、違う場所へと奉公に行くことになるのだった。

テスのあらすじ【転】

彼女が次の奉公先として見つけたのは、家から遠く離れた酪農場だった。決して楽ではないその仕事だったが、テスは真面目に日々の業務に取り組んだ。そして、彼女はそこで運命的な出会いを果たすのだった。牧師の息子、エンジェルと出会ったのである。

エンジェルは牧師を父親に持っていたものの、自分は農場主になりたいという夢を持っていた。そして、心優しいエンジェルとテスは、いつしか恋に落ちるのだった。それは、今まで厳しい日々を送ってきたテスにとって奇蹟のような出来事だった。二人の交際は順調に進み、ある日エンジェルがテスに結婚を申し込む。

好きな相手との結婚が嫌なはずもない。しかし、テスにはどうしても結婚に踏み切れない理由があった。それは、かつての自分とアレックとの関係、そして、早くにして亡くした自分の子供のことだった。迷ったテスだったが、全てを告白しよう、と手紙をしたためてエンジェルの部屋に置いておいた。しかし、翌日になってもエンジェルのテスへの態度には、一切変化はないのだった。

テスのあらすじ【結】

エンジェルは本当の自分を受け入れてくれたのだ、と安心したテスは、エンジェルのプロポーズを受け入れることにする。しかし、それは誤解だった。実は、エンジェルは彼女の書いた手紙を読んでいなかったのである。そのことに気がついたテスは、結婚式の当日、勇気を出してエンジェルに直接その告白をするのだった。しかし、エンジェルはそのことにショックを受け、そのままテスの前から姿を消してしまう。

そして、再び一人になってしまったテス。必死に働くテスの前に、あのアレックが再び姿を現した。アレックのことを憎んでいるテスだったが、彼女の生活は困窮しており、彼に頼るしか手がなかった。しかし、アレックの言葉に激昂したテスは、思わず彼を刺してしまう。そんな彼女に手を差し伸べたのは、再び彼女の前に戻ってきたエンジェルだった。二人は愛の逃避行を繰り広げるが、とうとうアレック殺しの罪でテスが警察に捕まってしまう。そして、テスは絞首刑に処され、この世を去るのだった。

この記事をシェアする