映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話の概要:県立福井中央高校に進学した友永ひかりは、思い人でサッカー部に入部する山下を応援するためチアダンス部に入部した。だが、そこには厳しい指導を行う顧問の早乙女がいた。早乙女は「全米大会での優勝」を目標に掲げていた。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話の作品情報

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

製作年:2017年
上映時間:121分
ジャンル:青春、スポーツ
監督:河合勇人
キャスト:広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生 etc

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話の登場人物(キャスト)

友永ひかり(広瀬すず)
県立福井中央高校の1年生。思い人でサッカー部に入部する山下を応援するため、チアダンス部に入部する。笑顔が素敵な女の子。口が悪い。争うことが苦手。
玉置彩乃(中条あやみ)
県立福井中央高校の1年生。中学生の頃チアダンス部に入部していた。頭が良く美人で真面目な性格。男子からの人気が高い。
山下孝介(真剣佑)
県立福井中央高校の1年生。サッカー部に入部する。友永の中学時代の同級生。友永のことを友達だと思っている。
早乙女薫子(天海祐希)
県立福井中央高校のチアダンス部の顧問。鬼のように厳しい指導を行う。だが、本当は生徒思いで、涙もろい。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話のあらすじ【起】

アメリカ、カリフォルニア。全米チアダンス選手権が開催されていた。そこに県立福井中央高校の生徒達の姿もあった。3年前。高校に入学した友永ひかりは、中学の同級生で思い人の山下孝介と再会する。山下はサッカー部に入部することを決めており、友永は彼を応援するためチアダンス部に入部することを決めていた。

チアダンス部顧問の早乙女薫子は、全米大会での優勝を目指していた。しかも、校則の順守を徹底するよう指示した。ネイルや恋愛は禁止で、服装についても細かく指定があった。早乙女は違反した者は地獄に落ちろと、話を聞きに来た新入生達を脅した。チアダンス部に所属している先輩達は、明日から校則を守るよう指示され退部することにした。

友永は早乙女の厳しさに不満を覚えるが、山下から期待していると言われチアダンス部に入部することを決める。早乙女は部員達に、全米チアダンス選手権3位に入賞したグループのダンスビデオを見せた。友永は同じ高校生が踊っているとは思えないほど上手いことに驚いた。チアダンスはチアリーディングとは違い、アクロバティックな動きは禁止だった。元体操部の生徒は物足りなさを感じ、入部するのを止めた。

チアダンス部には様々な生徒が集まった。玉置彩乃は中学生の頃チアダンスを経験しており、村上麗華は子供の頃からバレエを習っていた。紀藤唯はストリートダンスを踊ることができ、永井あゆみはアイドルのようなダンスが得意だった。ちょっとぽっちゃりしている東多恵子も、軽やかにダンスを踊った。友永も必死に踊るが、あまり上手くはなかった。皆のダンスを見た早乙女は、玉置を部長に指名した。そして、村上と紀藤にチアダンスを教えるよう指示した。他の者達は早乙女の指導の下、基礎練習を行うことになった。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話のあらすじ【承】

玉置は勉強ができて美人で真面目な女の子だった。山下が玉置を褒めるのを聞き、友永は動揺する。しかも、付き合っていると思っていたのは友永だけで、山下は友達だと思っていた。ショックを受けた友永は、チアダンス部を退部することにした。しかし、玉置や永井達に引き止められる。山下からももう止めるのかと言われ、友永は退部を止めた。

玉置はチアダンスの楽しさを体感してもらうため、皆に踊りを指導した。そして、皆で基礎練習をしっかり行った。その甲斐あり、皆で一曲ダンスを踊り切ることができた。友永はへとへとになりながらも、楽しそうに笑っていた。

山下はサッカーで上手くいかず、友永を誘って遊びに行こうとした。だが、友永はそれを拒否した。友永は去っていく山下を密かに応援した。一方、チアダンス部でメンバー同士のいざこざが起きてしまう。村上は踊れない部員を蔑み、笑顔を見せない紀藤に注意した。友永は紀藤が鏡に向かって笑顔の練習をしていることに気づき、笑顔を作るアドバイスをした。

玉置が諌めるが、村上の踊れない部員に対する辛辣な態度は変わらなかった。部員達は緊張しており、上手く踊れないことを打ち明けた。友永はそんな部員達にアドバイスをした。友永は部員達を支えており、玉置は部長として自信を失くす。

早乙女は福井大会に向けて用意した衣装を部員に見せた。友永達は興奮して喜んだ。大会当日。チアダンス部は出場するが、ミスの連続で散々たる結果に終わる。玉置は自分勝手に帰ろうとした紀藤や、他の部員を見下して責めている村上を叱った。その結果、部員間の亀裂は決定的なものとなり、皆バラバラになってしまう。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話のあらすじ【転】

練習に顔を出したのは、玉置、友永、永井の3人だけだった。玉置は皆が来ないのは自分のせいだと落ち込んだ。友永はこんなときに練習を見に来ない早乙女に不満を持つ。そんな時、早乙女が校長先生達と話している声が聞こえてきた。早乙女は全米を目指し、生徒達に夢を見させてあげたかった。だが、退部続きの指導方法を問題視され、全米を目指すのは止めるよう注意を受けていた。しかも、バトン同好会に戻されようとしていた。

山下はサッカー部の部員に頭を下げ、もう一度仲間に加えて欲しいと頼んだ。友永はそんな山下の姿に刺激を受け、学校を休んでいる玉置の家に向かった。だが、玉置はいなかった。友永が自宅に帰ると、玉置が来ていた。玉置と友永は、一緒に校長先生を説得することにした。

友永達はストリートダンスを踊っている紀藤に会いに行き、一緒にダンスを踊った。紀藤は自然な笑顔を見せた。次に、3人は東の家を訪ねた。その少し前、東の家には早乙女が来ていた。東がバイトしていることを知り、東の母を叱りに来たのだ。母が友永達に酷い言葉を浴びせかけたため、東は初めて母に文句を言った。その次は、村上の家を訪ねた。だが、村上は戻るのを拒否し、バレエで世界に行くことを宣言した。

友永達は集まった部員と共に、部の存続を求めて校長先生に直談判に行った。その結果、部が存続することになった。早乙女は「全米優勝」という熱い思いを抱いている友永達の心の変化を喜び、チーム名を授けた。その名も「JETS」。「高校3年間という短い期間でジェット噴射のごとく世界へ羽ばたく」という意味が込められていた。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話の結末・ラスト(ネタバレ)

山下と友永は、全米大会が終わったら遊びに行く約束をした。そんな中、アメリカで活躍していたチアダンスのプロコーチ、大野が月一で指導してくれることになった。2年目、新入生達がやってきた。紀藤はダンスは踊れるが上手く笑えない新入生の絵里に、笑顔のアドバイスをした。

「JETS」は福井大会で優勝し、全国大会に出場することになった。友永達は揃ったダンスを踊ることができたと喜ぶが、結果は4位だった。早乙女は仲良くなりすぎて向上心を失くしている部に危機感を抱く。お互いのダメなところを言い合い、自分の夢(目標)をノートに書いて達成するよう指示した。

玉置は全米優勝を叶えるため、あえて嫌われ役に徹して皆のダメなところを指摘した。友永はチアダンスに懸ける熱い玉置の思いを受け、心を入れ替えて踊ることにした。だが、膝を痛めてしまい、2ヶ月踊れなくなる。友永はダメだしされて落ち込んでいる部員達を励ます役に徹するが、早乙女から邪魔だと言われる。友永がやっていることは、仲が良すぎる部に戻ることに繋がるのだ。友永は頑張る部員達を見て、踊れないことが悔しく感じた。

山下は試合に負けてしまい、引退することになった。全国大会3日前、チアダンス部は練習を行っていた。友永は皆とダンスを合わせることができず、メンバーから外される。落ち込んでいる姿を、玉置には見せなかった。友永は家で食事をしているとき、父から励まされる。

大会当日。友永は試合に出場する仲間を明るく送り出した。「JETS」は全国大会で優勝し、全米大会に出場することが決まった。仲間達が喜ぶ中、友永は1人で練習を行った。山下はそれに気づき、友永の姿を見守った。友永は皆と踊りたいという熱い思いで練習を行っていた。

アメリカで予選大会が開催された。友永もメンバーとして試合に参加した。「JETS」は予選突破するが、7チーム中7位という結果だった。早乙女は勝利を掴むため、友永をセンターにして玉置とポジションを入れ替えることにした。友永は納得できなかったが、玉置は勝つために受け入れた。玉置はセンターの心得が書いてあるノートを友永に託した。

ノートを読んだ友永は、やはり玉置がセンターをやるべきだと感じた。早乙女に訴えるが、早乙女の考えは変わらなかった。早乙女は全てを賭けて頂点に立った者にしか見えない風景を、生徒達に見てもらいたいと思っていた。友永には早乙女の気持ちが理解できなかった。しかし、大野から早乙女の今までの姿を教えられる。早乙女は同好会だったときから、生徒達のことを思って一生懸命頑張っていた。大野がコーチを引き受けたのも、早乙女が毎日手紙を送っていたからだった。本当は玉置をセンターから外したのも辛かったのだ。

決勝。「JETS」のメンバーは笑顔でダンスを踊った。早乙女は彼女達の姿を、涙を浮かべながら見守った。試合終了後、友永は早乙女に会いに行き、抱き合って喜び合った。2人は泣きじゃくっていた。ワールドチャンピオンは「JETS」に決まった。他のメンバー達も早乙女に駆け寄り、喜びを分かち合った。

数年後、玉置はCAの夢を叶えた。報告を聞いた早乙女は、車に座って泣きじゃくって喜んだ。友永はチアダンス部の指導を行っていた。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話の感想・評価・レビュー

厳しくて怖い早乙女先生が、本当は生徒思いで涙もろいところがある優しい先生として描かれていたところが良かった。だからこそ、生徒達は早乙女を信じてついて行けたのだろうなと思えた。ダンスシーンは圧巻で、女優達の頑張りがしっかりと伝わってきた。あそこまできちんと揃えるのは大変だったろうなと思う。ぜひダンスシーンは一度見て欲しい。挫折する部分もきちんと描かれていたところが良かった。何より、女子同士の熱い友情が素敵だなと思える作品だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする