映画『東京喰種 トーキョーグール』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「東京喰種 トーキョーグール」のネタバレあらすじ結末と感想

東京喰種 トーキョーグールの概要:ヒトを食糧とする喰種と呼ばれる化け物が存在する東京。平凡な大学生である主人公は、ある事故に巻き込まれ喰種の臓器を移植されてしまう。そのせいでヒトから半喰種として生きることになり、喰種としての悲しき性を知ることになるのだった。

東京喰種 トーキョーグールの作品情報

東京喰種 トーキョーグール

製作年:2017年
上映時間:119分
ジャンル:SF、アクション、ホラー
監督:萩原健太郎
キャスト:窪田正孝、清水富美加、鈴木伸之、桜田ひより etc

東京喰種 トーキョーグールの登場人物(キャスト)

金木研(窪田正孝)
読書好きの冴えない大学生。喰種である神代利世に襲われた挙句、鉄骨の落下事故に巻き込まれ重体となる。利世の臓器を移植され半喰種となってしまう。左目だけが喰種特有の赤目になるのが特徴。
霧嶋薫香(清水富美加)
通称トーカ。喫茶店「あんていく」にてアルバイトをしている女子高生。気が強く負けず嫌い。腕っぷしも強くいつも金木を痛めつける。ヒトである同級生を親友に持ち、大切に思っている。
亜門鋼太郎(鈴木伸之)
喰種対策局CCGの捜査員。実直で真っすぐな性格で、上官の真戸を尊敬している。趣味は身体を鍛えること。こん棒のような武器クインクスを軽々と振り回す。
笛口雛実(桜田ひより)
喰種の少女。父と母をCCGに殺され、天涯孤独となる。金木が好きな作家の本を好んで読み、漢字を教えてもらうなど懐いていく。
神代利世(蒼井優)
通称大食いと呼ばれる喰種。普段は清楚を装っているが、喰種化すると妖艶になる。とにかく若い男を好んで狙い、必要以上に喰い荒らす特性を持つ。回復力に優れている。
真戸呉緒(大泉洋)
CCG捜査官で亜門の上官。妻を喰種に殺されており、駆逐対象を酷く憎んでいる。そのため、喰種を蔑むような言動が多く、情け容赦ない。
永近英良(小笠原海)
金木の幼馴染で親友。ヒデと呼ばれている。洞察力に優れ、さり気なく気遣いのできる人物。普段は底抜けに明るくムードメーカーでもある。金木の心の支えとなる存在で金髪が特徴。

東京喰種 トーキョーグールのネタバレあらすじ

映画『東京喰種 トーキョーグール』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

東京喰種 トーキョーグールのあらすじ【起】

ヒトを食糧とする人種の存在が認められたのは、遥か昔のこと。ここ東京にも存在し、彼らはいつしか「喰種」グールと呼ばれるようになり、見えない恐怖の対象となっていた。
そのため、国家は喰種対策局CCGを組織。通称ハトと呼ばれるCCGは多くの喰種を駆逐するも滅亡させるには至らず、喰種は人に紛れ密かに存続しているのだった。

金木研は読書好きの冴えない大学生だった。彼は奥手な性質で、いきつけの喫茶店「あんていく」で見かける美しい女性、神代利世に憧れを抱いている。親友の永近英良のお陰もあり、利世とデートの約束をした。
後日、金木は利世とぎこちないながらも楽しい時間を過ごす。だがその夜、人気のない場所で利世に噛みつかれてしまう。彼女は捕食者の表情で笑い、両目を赤く光らせた喰種だった。

喰種は赫子(カグネ)と呼ばれるものを持っている。それは彼らにとって腕と同じようなもので、自在に動かし攻撃や防御を行う。金木は利世の赫子によって追い詰められ、彼女に喰われて死ぬはずだった。しかしその時、建設中のビルから鉄骨が落下。利世が下敷きとなってしまう。

病院へ搬送された金木は、利世の臓器を移植されどうにか助かる。異様な速さで回復し退院するも、それまで摂取できていた食べ物が食べられなくなっていることに気付く。
そもそも、喰種はヒトと舌の作りが違う。彼らの食糧は飽くまでヒトであり、ヒトの食べ物を受け付けない構造になっているのである。必死で食べ物を口にする金木は、鏡に映った自分の姿に愕然とする。左目が喰種化していたのだ。そそられる匂いはヒトの肉の匂い。飢えに耐え切れなくなった金木は、裏通りで喰種の桐嶋薫香と出会うもヒトを食べることができず、逃げ出してしまうのだった。

東京喰種 トーキョーグールのあらすじ【承】

トーカは「あんていく」でウェイトレスをしている。金木は彼女に助けを求めることにした。喫茶店のマスターの好意でコーヒーをご馳走になった彼は、初めておいしいと思えるものを口にして涙する。ヒトの食べ物の中で唯一、コーヒーだけは味わうことができるらしい。彼はマスターからひと塊の肉を受け取って帰宅。
喰種の飢えはヒトとは比べものにならない。マスターにそう言われていたが、どうしてもその肉を口にできない金木。彼は誘惑を遮り、肉を捨ててしまった。

親友から頼みごとがあると言われ大学へ登校した金木。ヒデの先輩が以前、裏通りで会った攻撃的な喰種であることを知る。警戒していた金木だったが、昼食を摂りに行こうと立ち上がったヒデが先輩によって痛めつけられてしまう。
産まれながらの喰種である先輩は、金木に向かってヒデは餌だと豪語。しかし、金木は元ヒトであるため、餌だという認識はなかった。

喰種の世界は弱肉強食である。弱い者は駆逐され、強い者が生き延びる。自在に赫子を操る先輩によって、暴行されしまう金木。だが、ヒデが喰われそうになったため、彼は初めて自らの赫子を発生させることに成功する。喰種はヒトと同じ相貌を持ちながら、ヒトではない化け物だ。金木は喰種の本能に任せ、先輩へとやり返しヒデを助けた。しかし、ヒトの匂いは魅惑的である。喰種の飢えに負け、親友を食べてしまいそうになった金木は、駆け付けたトーカによって意識を奪われるのだった。

ヒトであり喰種でもある金木。彼は「あんていく」にて喰種の世界を知るため、マスターの世話になることに。「あんていく」はこの地域で喰種の駆け込み寺のような場所だった。ヒトの生活をよりよく知るため、ヒトとして擬態し生き延びるための店だと言うマスター。彼は喰種の中でも穏健派で、ヒトを捕食できない喰種のために自殺したヒトの遺体を回収し、食糧として提供しているのだった。

「あんていく」に来店する喰種の母子、笛口親子はヒトを捕食できない喰種である。彼女らのためにも店の存在は必要だ。少なくとも幼い喰種の少女、笛口雛実はヒトを食べることは良くないことだと認識していた。
そんな折、喰種対策局CCGが笛口親子を捜索していることが判明する。彼女らを守るため、「あんていく」では警戒を強めることにした。

東京喰種 トーキョーグールのあらすじ【転】

一方、CCGでは笛口親子の捜査が進められていた。捜査官の真戸呉緒と部下の亜門鋼太郎は、その道のプロである。喰種の行動や特性を良く知っており、行動範囲の特定をして僅かな手掛かりを血眼になって探していた。

ある夜、雛実の希望でハトに殺された父親の墓参りをしたいと頼まれた金木。駆逐された喰種の遺体は、赫子の元である赫包を取り出されクインケという武器に作り替えられる。その武器でなければ、喰種の身体を傷つけることができないため、主に捜査官の武器として使われるのだ。故に、遺体は欠片も残されないのである。
金木は雛実の代わりに墓へお参りをした。しかし、その行動を捜査官が目撃。笛口親子の行動が掴まれてしまう。

親子が別の区へ出発。雨が降ったために雨宿りした笛口親子だったが、彼女らはそこで真戸と亜門に声をかけられる。母親は幼い娘を助けるため、自らの身を挺して捜査官の足止めをした。傘を届けるため、親子の後を追っていた金木は逃げ出して来た雛実と遭遇し、彼女の母親が捜査官によって無残にも殺される場面を目撃してしまう。それは駆逐というよりも、ただの人殺しにしか見えなかった。

幼い少女の母親を無残にも殺したハトに憤りを隠せないトーカ。彼女はマスターの制止も聞かず、単独で亜門と捜査官を襲撃してしまう。
怪我を負って帰って来たトーカを見つけた金木は、彼女を助けようとするも拒絶される。トーカは無害な笛口親子が一方的に駆逐されるのが許せないと言うのだった。

東京喰種 トーキョーグールのあらすじ【結】

喰種は確かにヒトを食糧とする化け物である。だが、例え喰種であっても、笛口親子のように全ての喰種が危険なわけではない。ハトは喰種の全てが危険だと一口に言うが、その認識は間違っている。喰種の世界では、ハトに手を出した者はよほど腕に自信があるか、ただの死にたがりだと言われていた。トーカは全てを承知でハトに挑んだのである。

トーカの力になりたくて戦う決意を固めた金木は、彼女から戦う方法を習うことにした。喰種の身体はヒトと違って回復力に優れている。骨折程度では短時間で治癒してしまうので、まずは基礎体力をつけ痛みに慣れることから始まった。そして、ある程度の基礎が身に着いたら、次は赫子の使い方を覚えることに専念。

そんなある日、真戸が仕掛けた罠により雛実が外へ誘き出されてしまう。地下水路へ逃走した彼女は真戸に追い詰められ、駆逐されそうになるもトーカが姿を現し助けてくれるのだった。

一方、亜門の足止めをするため、彼の前へマスクを着用した金木が現れる。即座に激しい戦闘を繰り広げた。金木は亜門に対し、喰種は確かに間違った行動を取っているかもしれないが、ハトが必ずしも正しいとは限らないと言う。そして、彼は捜査官へと噛みつきエネルギーを補給。赫子を使って戦うことにした。

同じ頃、真戸と戦うトーカは奴に追い詰められていた。真戸は喰種を化け物と呼び、蔑んでいる。しかも、雛実の両親をクインケとして使用。雛実はその非道なやり方に憤りを隠せず、赫子を使って真戸の左腕を切り落とすのだった。しかし、幼い少女は奴の息の根を止めることができなかったため、代わりにトーカがとどめを刺すことにした。

亜門と激しい戦いを展開していた金木は、奴を追い詰めることに成功する。だが、金木は喰種の本能に翻弄され狂ったように笑うのだ。そんな自分の姿を垣間見た彼は、ふと正気に戻って震える声で言う。自分を人殺しにしないでくれと。亜門は慟哭する金木を目にし、茫然としていた。人殺しが正しいと言う世界なら、この世界は間違っている。金木はそう叫び、涙を流して亜門の前から去るのだった。

この記事をシェアする