「妻の愛、娘の時」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

フイインは亡くなった母を父と同じ墓に入れるため、父の墓を自宅の近くに移すことにした。娘と夫と共に父の墓がある故郷を訪れるが、父の先妻と村人の反対に遭う。フイインは諦めず、母が本妻だと証明することにした。

妻の愛、娘の時の作品情報

妻の愛、娘の時

タイトル
妻の愛、娘の時
原題
相愛相親 Love Education
製作年
2017年
日本公開日
2018年9月1日(土)
上映時間
121分
ジャンル
ヒューマンドラマ
監督
シルビア・チャン
脚本
シルビア・チャン
ヨウ・シャオイン
製作
不明
製作総指揮
不明
キャスト
シルビア・チャン
ティエン・チュアンチュアン
ラン・ユェティン
ウー・イエンシュー
ソン・ニンフォン
レネ・リウ
製作国
中国・台湾合作
配給
マジックアワー

妻の愛、娘の時の作品概要

シルビア・チャンは本作品で監督・脚本・主演を務め、「第12回アジア・フィルム・アワード、主演女優賞&生涯貢献賞」を受賞している。監督として活躍しているティエン・チュアンチュアンや、女優の前はピアニストとして活躍していたラン・ユェティンなど、異色の経歴の持ち主が多数出演している。本作品では主人公の父の墓を巡って争う3世代の女性の姿が描かれている。その根底には、3世代に渡り紡がれる「愛」についての物語がある。

妻の愛、娘の時の予告動画

妻の愛、娘の時の登場人物(キャスト)

ユエ・フイイン(シルビア・チャン)
定年間近の学校教師。気が強い女性。母を父と同じ墓に入れようと奔走する。
イン・シアオピン(ティエン・チュアンチュアン)
フイインの夫。自動車教習所で働く。
ウェイウェイ(ラン・ユェティン)
フイインとシアオピンの娘。テレビ局で働いている。ミュージシャンの恋人がいる。母と上手くいっておらず、口論が絶えない。
ツォン(ウー・イエンシュー)
フイインの父の先妻。田舎の村で1人で暮らし、フイインの父の墓を守ってきた。

妻の愛、娘の時のあらすじ(ネタバレなし)

フイインは亡くなった母を父と同じ墓に入れるため、父の墓を自宅の近くに移すことにした。娘のウェイウェイと夫のシアオピンと共に父の故郷を訪れ、その手筈を整えようとした。そこで、父の先妻と彼女の知り合いの村人達の反対に遭ってしまう。先妻のツォンは、1人で村に残り墓を守り続けていた。フイインは自分の母が本妻だと証明しようと役所に行くが、都市開発によって役所が移転しており、なかなか手続きが思うように進まなかった。その一方で、フイインはシアオピンが女性と仲良くしている現場を目撃してしまい、浮気をしているのではないかという疑いを持つ。

ウェイウェイはミュージシャンの恋人がおり、結婚も考えていた。しかし、朝帰りを母に咎められてしまい、喧嘩になってしまう。そんな時、ウェイウェイが働くテレビ局が、「お墓を巡るトラブル」と題してフイインとツォンのことを取材しようと乗り出す。ウェイウェイはその過程で、ツォンと交流を深めていく。

妻の愛、娘の時の感想・評価

シルビア・チャン

本作品で監督・脚本・主演を務めているシルビア・チャンは、素晴らしい才能の持ち主である。今までにも『ツイン・ドラゴン』(1992)や『フルムーン・イン・ニューヨーク』(1989)など数々の映画に出演し、『20.30.40の恋』(2004)や『君のいた永遠(とき)』(1999)など数々の作品で監督を経験している。

シルビア・チャンは本作品で、母を父の墓に入れるため、父の先妻と争う女性(フイイン)を演じている。フイインは少し気が強く、母の墓のことだけではなく娘や夫との関係についても悩んでいる女性である。シルビアはこの少し気難しい主人公の女性を見事に演じ、「第12回アジア・フィルム・アワード、主演女優賞&生涯貢献賞」を受賞している。

フイインの夫のシアオピン

シアオピンは妻のフイインから浮気を疑われてしまう。だが、実際シアオピンは浮気をしている訳ではない。逆に妻の定年退職祝いをしようとメッセージカードを用意するほど、愛妻家で良い人なのである。フイインが浮気だと思った相手の女性は、シアオピンが働く自動車教習所の生徒に過ぎなかった。

そんな心優しいシアオピンを演じたのは、主に映画監督として活躍しているティエン・チュアンチュアンである。ティエン・チュアンチュアンは1950年代から60年代を舞台にした映画『青い凧』(1993)を制作し、「1993年・第6回東京国際映画祭・グランプリ」を受賞した。世界的には高い評価を受けることになったが、中国当局からは批判を受け、10年間の映画撮影の禁止を言い渡されてしまう。

3世代の女性達

本作品はフイイン・フイインの娘のウェイウェイ・フイインの父の先妻のツォン、3世代に渡る女性達の物語になっている。ツォンは夫が出ていった後も1人家に残り、ひたすら墓を守り続けた女性である。フイインはツォンの存在を否定し、自分の母が本妻だったと信じている女性である。ウェイウェイは母や先妻がいるのに祖父の傍にいた祖母の気持ちが理解できず、困惑した感情を抱えている女性である。世代が違うからこそ理解できず、ぶつかってしまう3人の姿がそこにはあった。

テレビの取材を通して、ウェイウェイはツォンと交流を深めることになる。そこをきっかけに、ツォンとフイインも話し合いの場を持つことになる。色んな複雑な思いを抱える彼女達が、どんな結論を導き出すのか気になる作品になっている。

妻の愛、娘の時の公開前に見ておきたい映画

映画『妻の愛、娘の時』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『妻の愛、娘の時』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

ツイン・ドラゴン

シルビア・チャンが出演している、日本でも特に有名な作品。ジャッキー・チェンが主役を演じており、初めて1人2役に挑戦している。シルビア・チャンはジャッキー・チェンの母親役を演じている。ジャッキー・チェンお得意のアクションシーンも満載で、迫力がある映画に仕上がっている。

マー・ユーは世界へ羽ばたく音楽家としての才能が有り、世間からの注目を集めていた。一方、ボー・ミンは自動車修理工で働くチンピラだった。2人は全く同じ顔をしていたが、真逆の人生を歩んでいた。実は、2人は幼い頃に事件に巻き込まれ、離れ離れになってしまった双子の兄弟だった。生まれてから28年が経ったある日、2人は兄弟とは知らないまま偶然再会を果たす。

詳細 ツイン・ドラゴン

楊貴妃 Lady Of The Dynasty

ティエン・チュアンチュアンが監督の1人として名を連ねており、中国・韓国・日本が合作で作った作品。主人公の楊貴妃を演じたのは、『わたしは潘金蓮じゃない』(16)で「第64回サンセバスチャン国際映画祭、シルバー・シェル賞」を受賞したファン・ビンビン。本作品は楊貴妃の波乱万丈な人生を描いており、アカデミー賞を受賞したことがあるワダ・エミが衣装を担当している。

1200年前の中国。栄華を極めた大唐帝国の根幹を揺るがした大乱の中心に、傾城の美女と呼ばれた女性がいた。その女性・玉環は類まれない美貌を持っており、唐の皇帝・玄宗の心を掴んだ。夫の様子に危機感を抱いた皇后の武恵妃は、玄宗が動く前に玉環を皇子・寿王の妃にした。玉環は王宮入りを果たしてからも、美しい見た目と明るい性格から周囲に愛されていった。しかし、寿王が次期皇帝候補となったことで、玉環は王宮内の争いに巻き込まれていくことになる。

詳細 楊貴妃 Lady Of The Dynasty

美しき運命の傷痕

幼い頃に父を失った3姉妹が、それぞれ問題を抱えながら生きている姿を描いたヒューマンドラマ作品。『美しき運命の傷痕』(05)はポーランド出身の映画監督クシシュトフ・キェシロフスキ原案の作品で、彼が亡くなった後ダニス・タノヴィッチ監督が映画化した。

ソフィ・セリーヌ・アンヌの3姉妹は、幼い頃父を事故で亡くした。それから22年後。長女のソフィは夫とその間に生まれた2人の子供と幸せに暮らしていた。だが、実は夫が浮気していることに悩んでいた。次女のセリーヌは結婚せず、擁護院にいる母親の面倒を見ながら暮らしていた。そんな彼女の前に、1人の男性が現れる。三女のアンヌは、大学生だった。魅力的な女性に育ったが、恋に落ちたのは既婚者の大学教授だった。

詳細 美しき運命の傷痕

妻の愛、娘の時の評判・口コミ・レビュー

妻の愛、娘の時のまとめ

主人公の父の墓を巡っての争いを軸に、親子の関係や夫婦の関係についても問う物語になっている。なぜ父は先妻を捨て主人公の母を選んだのか、なぜ主人公の母は先妻がいるのに父を選んだのか。母娘なのになぜ口論になってしまうのか。色んな視点から物語が描かれているため、親子関係や恋人関係など、悩みを抱えるありとあらゆる人が共感できる物語になっている。この映画は見た後、ふと自分の家族のことを思い出してしまうような「愛」が溢れた映画になっている。

この記事をシェアする