「闇金ウシジマくん Part3」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

闇金ウシジマくん Part3の概要:人気漫画『闇金ウシジマくん』を原作とした実写映画の3作目。実写ドラマの続編となっているが、完結する2つのストーリーで構成されている。闇金を営む丑嶋と、顧客との間の話を描く。

闇金ウシジマくん Part3の作品情報

闇金ウシジマくん Part3

製作年:2016年
上映時間:131分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:山口雅俊
キャスト:山田孝之、綾野剛、本郷奏多、白石麻衣 etc

闇金ウシジマくん Part3の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『闇金ウシジマくん Part3』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

闇金ウシジマくん Part3の登場人物(キャスト)

丑嶋馨(山田孝之)
闇金業者カウカウファイナンスの社長。10日で5割という超高金利で金貸しをしている。基本的に笑うことがあまりなく、取り立ての際は容赦ない。
戌井(綾野剛)
丑嶋の幼なじみであり情報屋。丑嶋に情報を提供する。
沢村真司(本郷奏多)
工事現場などで肉体労働をしているが、将来に不安を感じている若者。金持ちになるという夢を叶えるために、ネットビジネスのセミナーに参加する。
天生翔(浜野謙太)
月収1億円稼ぐ男として、ネットビジネス商材を売っているカリスマ。セミナーに参加した真司にもビジネス商材を売り込む。
加茂守(藤森慎吾)
メーカー勤務のサラリーマン。結婚しているが不倫関係にある女性がおり、更にはキャバクラ嬢にも入れ込んでいる。
曾我部(水沢慎吾)
加茂守の同僚。度々加茂から金を借りている。

闇金ウシジマくん Part3のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『闇金ウシジマくん Part3』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

闇金ウシジマくん Part3のあらすじ【起】

闇金業者カウカウファイナンスの社長丑嶋は、10日で5割という高金利で金貸しをしていた。毎日借金の取り立てのために、多くの債務者を訪ね容赦なく金をむしり取っていく。

人材派遣会社に登録し、肉体労働で何とか生活を送っていた沢村真司は、将来に不安を感じていた。正社員とは違い、何の保証もない今の生活からどうにかして抜け出したかった。

真司がいつものように同僚の男と飲みに行っていた時、同僚の男が闇金業者の丑嶋から取り立てを受ける。返済が間に合わない同僚の男に5000円貸してくれと頼まれるが、真司は5000円貸す余裕すらなかった。それを見た丑嶋は金に困ったら貸してやると言った。

そんなある日、真司は天生翔のネットビジネスセミナーの広告を見る。胡散臭いと思った真司であったが、セミナーが無料であったため、参加してみることにした。セミナーに参加したのは良いものの、実践的な講習を受けるためには100万円が必要だと言われる。

真司は金持ちになりたかったため、両親に頼み込んで95万円を用意し、残りの5万円を丑嶋から借金をすることで100万円を用意した。

闇金ウシジマくん Part3のあらすじ【承】

真司は講習を受け始め、自分のブログを開設するが、なかなかうまくいかない。それでも真司は努力を重ね、地元の友達などに商材を売りつけることで成功していく。しかし、その際真司は更に丑嶋から借金を重ねてしまう。

真司以外にも、天生翔のセミナーを受けてから金を借りに来る債務者がいたこともあり、丑嶋は情報屋の戌井に天生翔について調べさせる。その結果、天生翔のセミナーを受けても成功するものは少なく、ねずみ講のようなこともやっていることがわかる。

そして真司は、天生翔の真似をすればよいことに気づき、沢村真司塾を立ち上げた。ネット弱者にネットビジネスのDVDを売りつけ、真司は大金を手にする。そんなある日、天生に呼び出された真司は、天生の生誕祭のチケットを売りさばくように言われる。しかし、天生は投資に失敗したことでもう金がなくなってしまったため、生誕祭は引退式となった。

しかし実際には天生は金を隠し持っており、愛人と共に海外に逃亡する計画を立てていた。それに感づいていた丑嶋と戌井は、天生の愛人の家に行き、天生に関わった者達の損害賠償金として金を回収する。

その後真司は、誰かを踏み台にして生きていく人生に嫌気が差し、新たなビジネスを一から始めようと決めるのであった。

闇金ウシジマくん Part3のあらすじ【転】

メーカー企業の人事に勤務している加茂守は、曽我部に金を渡していた。加茂は結婚していたが、保険会社の女性と不倫しており、その不倫現場を曽我部に目撃されてから度々金をたかられていた。また、加茂はいたずら電話が数十件かかってくるなど、嫌がらせを受けていた。この嫌がらせも曽我部が行っていると、加茂は考えていた。

曽我部に貸す金に困った加茂は、丑嶋のもとに借金をしに行くが、加茂は現在不倫相手以外にキャバクラ嬢に入れ込んでいた。加茂はキャバクラ嬢をアフターに誘うために、更に借金を重ねていった。

そして加茂がいつものようにキャバクラに行こうとしていた時、探偵から声を掛けられる。キャバクラ嬢とホテルに入るところを写真に撮られており、口止め料として30万円を要求される。

ただでさえ借金があり、曽我部にも金を貸している加茂はどうすることもできなくなり、丑嶋に30万円を借りに行く。しかし丑嶋には金を貸してもらえないどころか、返済を催促される。

頼みの綱であった丑嶋にも断られてしまった加茂は、取引先に200万円の水増し見積りを作るように言い、200万円を手に入れる。

闇金ウシジマくん Part3の結末・ラスト(ネタバレ)

その後、曽我部に再び呼び出された加茂は、これ以上金を払えないと怒る。しかし、曽我部は今まで借りた分の金を加茂に返すつもりであった。曽我部は加茂を脅していたわけではなく、金を借りていただけであった。また、加茂に嫌がらせをしていたのも曾我部ではないことが発覚し、加茂は安心した。

しかし、嫌がらせをしていたのは曾我部ではないとすると、誰なのか加茂は疑問に思った。そんなある日、急に加茂は何者かにさらわれる。加茂に嫌がらせを繰り返していたのは、以前加茂が借金をし、踏み倒した闇金であった。さらわれた加茂はすぐに金を用意しろと脅される。

会社で不正を働き得た200万円があるものの、お金が足りなかった加茂は、丑嶋に事情を話し、金を手に入れる。金を用意した加茂は、指定した場所に金を置いていった。そこに加茂を脅した闇金が金を回収に来るが、そこに丑嶋も現れる。そして加茂が用意した金を巡って争いになるが、最後は丑嶋が金を持って行く。

加茂は、会社で行った不正が発覚し、社員を退職に追いやるための部署に異動させられる。また、妻にも離婚を言い渡されてしまう。

闇金ウシジマくん Part3の感想・評価・レビュー

漫画原作の実写映画であるが、キャスティングが良く違和感なく映画を楽しむことができる。特に、主人公の丑嶋役の山田孝之は、初めこそ少し違和感があるが、漫画の雰囲気を上手く出している。原作ファンも、原作を知らない人でも楽しめる内容になっている。ストーリーも、2時間程に2つの話を上手くまとめていると感じた。闇金業者が主人公ということもあり、話の内容は少し重いものになっているが、闇金や借金の怖さを実感することができる。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

次作 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル
前作 闇金ウシジマくん Part2

この記事をシェアする