「ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)の概要:ミックはスピード違反で自分を捕まえようとした警官達を惨殺した。次に標的にしたのは、ウルフ・クリークの近くでテントを張っているカップルだった。ミックは彼氏を殺し、逃げた彼女を追いかけた。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)の作品情報

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)

製作年:2013年
上映時間:106分
ジャンル:サスペンス、ホラー
監督:グレッグ・マクリーン
キャスト:ジョン・ジャラット、ライアン・コール etc

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)の登場人物(キャスト)

ミック・テイラー(ジョン・ジャラット)
オーストラリアに対して並々ならぬ愛着を持っている。何をするか分からないほど危険な人物。観光客を襲い、監禁または惨殺を繰り返している。
ポール・ハマースミス(ライアン・コア)
イギリス人。偶然ミックの犯行現場に遭遇し、標的にされてしまう。世界史を専攻しており、博識な青年。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)のあらすじ【起】

この作品は実話を元に作られている。オーストラリアでは毎年3万人が行方不明となり、その9割は1ヶ月以内で見つかっている。だが、何人かは行方不明のままである。

2人の警官がスピード違反の取り調べを行っていた。その時、1台の車が走り抜けていった。違法なスピードではなかったが、警官達は点数稼ぎのために捕まえることにした。警官は車を止めると、運転手の男(ミック)を詰って違反切符を切った。怒ったミックは警官の頭を撃ち、もう1人の警官を刺した。そして、パトカーに火を点けた。

カテリーナとルトガーはヒッチハイクを行った。一瞬止まった車(ミックが乗っている)は、ルトガーが近づくと走り去っていった。ルトガーは腹を立てながらも、止まってくれた別の車に乗って移動した。

カテリーナ達はウルフ・クリークを訪れた。広大な景色を楽しんだ後ヒッチハイクを行おうとするが、車に轢かれそうになってしまう。カトリーナは怒るルトガーを宥めながら車を探した。結局車は見つからず、テントを張って寝ることにした。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)のあらすじ【承】

夜、ルトガー達の元にミックがやってきて、国立公園にテントを張っていることを注意される。ミックは町まで送ることを提案するが、ルトガーは断った。地図で違法な場所ではないと確認していたからだった。すると、ミックの表情が険しくなる。ルトガーは異変を察知し、カトリーナに警察を呼ぶよう頼んだ。ミックはルトガーを襲った。

カトリーナはミックに乱暴されそうになる。その時、ルトガーがミックに殴りかかった。ミックはルトガーを始末し、カトリーナを気絶させた。目を覚ましたカトリーナは、ミックがルトガーの遺体を解体している現場を目撃する。その光景に涙しながらも、その場を逃げ出した。しかし、ミックに見つかり追いかけられてしまう。

ポールは運転中、ボロボロの状態で歩いている女性(カトリーナ)を保護する。そんな時、ミックの車が現れた。カトリーナが恐慌状態に陥っていたため、ポールは何が起きているのかよく分からないままミックの車から逃げることになった。ポールは必死に車を走らせるが、ミックに追いつかれてしまう。カトリーナは頭を撃ち抜かれて亡くなった。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)のあらすじ【転】

ポールはカトリーナの遺体を降ろし、血痕が付いた窓ガラスを割った。そして、自分の車を置いてヒッチハイクを行った。だが、現れたのは大型トラックに乗ったミックだった。ポールは自分の車に戻ると、必死にミックの車から逃げた。しかし、パンクを起こし、動けなくなってしまう。ミックは車ごとポールを崖から突き落とした。

ポールは生きており、逃げ切ったことを喜んだ。そんな時、崖の上からトラックが落ちてきた。ポールは間一髪助かり、足を引きずりながらその場を逃げた。ミックは崖の上からポールの姿を眺めていた。

老夫婦は玄関先に倒れていたポールを見つけ保護した。ポールは老夫婦の優しさに感動しながら食事を御馳走になる。そんな時、ミックの声が聞こえてきた。夫はポールの怯えようを見て、異常な男が家に来たことに気づく。威嚇射撃を行い、ミックを追い払った。だが、そんなことで諦めるミックではなかった。ミックは家に侵入すると、老夫婦を射殺した。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)の結末・ラスト(ネタバレ)

ポールはミックに捕まってしまう。目を覚ますと、腕と足が拘束され椅子に座らされていた。ミックはカトリーナを連れ去ったポールを非難した。そして、楽しませないと舌を切ると脅した。ポールは恐怖を抱きながら、必死にジョークを話した。

ミックは博識でユニークなポールを気に入り、オーストラリア歴史クイズをすることにした。10問出題し5問答えられれば解放するが、間違えれば1本ずつ指を切ることにした。ポールは世界史が専攻だったため、ミックの問題に次々と答えていった。途中でお酒を勧められるが、頭をクリアにするため飲んだ振りをして床に捨てた。

ポールは正解を述べたが、ミックはその答えが気に入らずポールの指を切った。ポールは問題に答えるために、必死に痛みに耐えた。問題を答え終えるが、ミックは始めからポールを解放する気はなかった。ポールは隙を突いてハンマーを掴むと、ミックを殴って逃げ出した。通路を走っていくと、多くの死体があった。そこで、鍵の束を見つける。ポールは辛うじて生きていた女性に助けを求められるが、戻ってくることを約束して逃げることしかできなかった。

ポールは物陰に隠れ、追ってきたミックを襲おうとした。だが、誤って先程助けを求めてきた女性を殺してしまう。ミックはポールを捕まえた。その後、ポールが目を覚ますと、下着姿の状態で町に放置されていた。手には「負け犬」と書かれた紙があった。

イギリス人観光客であるポール・ハマースミスは、オーストラリア奥地で連続して起こった事件に関して証言を行った。にも関わらず、真犯人と疑われ尋問を受ける。だが、激しく精神を衰弱していたため、イギリスに強制送還されアシュワース病院にて完全看護の状態で治療されることになった。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(ウルフクリーク2)の感想・評価・レビュー

2005年に公開された『ウルフクリーク 猟奇殺人谷』の続編に当たる作品。残酷さも不気味さも前作よりも遥かにパワーアップしている。途中までは、ミックの人間離れした強さにあまり恐怖を感じなかったのだが、ポールが指を切られる場面から一気に気持ち悪さと恐怖を感じた。特にミックによって監禁された人の遺体が並んでいる場面は、夢に見そうなほど怖かった。オーストラリアへの悪印象を抱いてしまいそうなほど不気味な作品である。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 ウルフクリーク 猟奇殺人谷

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ラストでなぜ逃がしたのかだけ意味不明だった。